ビーサンで走る技術が役立つ日が来るとは

12日目

クルーズ3日目はキャスタウェイ・ケイ
5Kマラソンで開幕です。
僕的には5キロ走った。これ以上走ったらFunにRunできないし。
というわけで5K走り終えて、ミッキーたちに会いました。
15分おきに1kmほど離れた場所でキャラが出続ける恐ろしさを知った…列が思いの外空いていてよかったです。
グリは11:30には終わるので、ご飯。
クラブレースを見ました。クラブってヤドカリね。
どのヤドカリが早く動くかという非常にしょぼくて最高な内容。
クルーズのプログラムってクオリティが適度だね(褒めています)。
続いてディズニーキャラクターダンスパーティー
ミッキー出るのに開始時間になっても誰もいない。
てか始まっても人増えない。
踊っていたらミッキーとグーフィーが来ました。
きちんと踊っている人に対するサービスがすごい。楽しかった。

あとは泳ぎました。
たっぷりシュノーケルしました。
フィン付きのレンタルだったので楽。
ミッキーの像も見つけたよ。
ちょっと寒かったもののバケーションらしいバケーションを満喫。
最高かよ。

夜のショーはDisney Dream
まさにこの船を代表するショーです。
女の子が信じる心を得るためピーター・パンと一緒に様々なディズニー映画の世界を旅する物語。
テーマパークショーっぽいお話のようですが、とても良かった。
ディズニー好きの女の子が大好きな物語の世界を見ながら信じる心を得ていく物語。
ずっとディズニーだけを見て生きてきた僕にとって、いちばん近い主人公の姿でした。
それぞれの演出も素晴らしく終始泣きっぱなし。しばらく思い出し泣きするほど。
もう本当に素晴らしい最高のショーでした。
これを観られただけでもクルーズに来て良かった。

最後はTill We Meet Again。
夜ショーのキャストやクルーズディレクター(この職が実在したこともクルーズの発見)たちとも写真が撮れました。
最後はミッキーたちとお別れ。
でもミッキーにはさよならを言わず、また会おうね!と言います。
まあWDW戻るから明後日には会えるしな(台無し)

本当に充実した日々でした。
細かくは舞横にまとめます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。