いただきますとごちそうさまのある国

旅行日記も最後です10日目。

パリから12時間、時差入れると20時間分のフライト。
ホビットとパシフィック・リム観て、それ以外はずっとアナと雪の女王。

エールフランスは案内放送のヘッドホン音量が調整できなくてめちゃくちゃ不便。
耳が痛いほどの大音量で流れるので、放送入るたびに慌ててイヤホン抜く。

夜モードになっても機内で大声立ち話している人がいてすごいなーと思った。
もはや感心。

成田が混んでてちょっと上空旋回したりしながら無事着陸。
預け荷物が出てくるときに日本のサービスを感じた。
そしてみんな日本語という素晴らしさ。
安心感。
雨降る前に帰れるか不安(結局帰れた

家かえったらとりあえずラーメン
そしてごろごろテレビを見ていたら(元の生活に戻るのが早すぎる)、なかなかの豪雨らしい。
これ半日ずれてたら飛行機とばなかったかもな…
意外と危なかったのかも。
あと飛行機が失踪していたりアメリカで邦人なくなっていたりと、海外旅行はやっぱり怖いようだ。

運にも天気にも恵まれて本当に何事もなく帰ってこられました。
この日記だけではなく舞横まで毎日更新する始末。
日本にいるときは全然更新しないのにな!

というわけで日記も終わり。
以降はここと舞横で分担しながら記録を残していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。