*

「 パーク外 」 一覧

ディズニーパークの魔法 #d23ej

パークの新要素を順番に見せてくれるプレゼンテーション。
パーク&リゾーツのボブ・チェイベックがプレゼンター。
内容的には8月の本国D23 Expoを日本語で説明してくれるようなものです。

最初から、今回は東京の存在を認めてくれている感がありました。
「東京の発表は明日ね」という一言だけでしたが。
まずは60周年。
ここで本国expoの世界パークナイトエンターテインメントソングメドレーを披露。

これをほぼ完全再現。
まさか日本でこれが観られるとは!!!
最後には60周年コスチュームのミッキーとミニーも登場!
分ってるな!
ただミッキーとミニーは日本対応ではありませんでした。
翌日のTDRショー、expo明けのクリスマスを観て、日本のキャラクターのポイントをついた動きに感嘆することになります。

上海からはボブ・エイス。
東京ディズニーランドの建設も担当したそうで、当時の写真も見せてくれました。
今回のexpoで一番TDLが取り上げられた瞬間。
上海も既出情報を通訳付きで教えてくれる内容でした。
大画面でコンセプトアートを見るとまた発見があります。
プーが多いとかいまだに見えるジュビレーション!とか。

アバター。
2年前もやたら押してきたアバター(Pandora – The World of AVATAR)。
今回もさらっとアトラクション名を世界初公表したりとなぜか日本にサービスが多いアバター情報。
ボートライドが「Na’vi River Journey」という名前だそうです。
ちなみにもう一方のアトラクションは「AVATAR Flight of Passage」。
せめてジョー・ロード出せばいいのに。

スター・ウォーズ
プレゼンターはスコット・トローブリッジさん。
前回に続き、日本語で話してくれました。
出世したね。
スター・ウォーズエリアと東京でも導入されるスター・ツアーズのアップデート。
ここで、ダース・ベイダーが登場!
反乱軍が近くに来た、今日は最高の日になると言って立ち去っていきました。
これ夜の新作映画ラインナップへの伏線だろうと思っていたら、expo期間中ダース・ベイダーが現れることはもうありませんでした。
反乱軍のくだりいる?
せりからダース・ベイダーがあがってきたとき、2年前の「和太鼓」の時間はこれがやりたかったのか…と思いました。
2年早かった。

アナと雪の女王
DCAでのミュージカルとEPCOTのノルウェー館。
東京の発表はないとわかっていても一瞬期待してしまうので、「Frozen」のタイトルと一緒にシーの北欧エリアのコンセプトアート出すのやめてください。

最後に、お楽しみ袋を開けろとの説明。
前回は弟子ミッキーがGlow with the Showイヤーハットに魔法をかけてくれたね!
今回は開けると雪の結晶。
・袋が開けにくい
・スイッチがわかりにくい
・首からかけようとするとすぐ本体が取れる
・先にかけるとスイッチが首裏にきて自力でオンにできない
・つけるだけでどうすればいいのかわからない
という状況で、まあ装着率の悪いこと悪いこと。
前回もイヤーハットは、袋が巾着式で開けやすく、開けると既にスイッチが入っており、すぐに被れるというものでした。
そして登場したのは、知らない人。
知らない人がLet it Goを歌い、知らない人たちが続々やってきてみんなでLet it Goを歌い、エルサも出てきてみんなでLet it Goを歌う。


オープニングから2連続でLet it Goが盛り上がらないという奇跡的展開です。

オープニングセレモニーでは、最もひどいショーを先頭に持ってきた点を評価しましたが、今回は逆。
素直にパークソングメドレーを最後にしていればよかったのに…
新規発表がなく本国expoをなぞるだけだと、確かに「お金を払って日本人向け旅行案内を聞いている」感じになります。
ですが、まあ本国未体験の身としては生で聞くのは良いね、という感想。
本国と日本のexpoどちらかだけでいいかな…という感じがします。
これだけをBチケットで購入していたらまた感想が違ったかもしれませんが、とにかくパークソングメドレーが生で観られただけで大満足です。
D23 Expo 2015パーク講演まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


オープニングセレモニー #d23ej

今年も映像からスタート。
様々なディズニー作品のシーンが出てきますが、ソフィアOPの階段を滑り降りるシーン、プー2011ではちみつから滑り降りるシーンが続いたのには驚きました。
そんな繋げ方があるなんて…

登場したのはポール・キャンドランド。
だんだんありがたみが薄れてきた。
前回はアイガーが出てきて日本よいしょを繰り広げましたが、WDJトップはひたすらツムツムの話。
日本人の5%が毎日ツムツムをプレイしているそうです。
ワールドプレミアとして「ツムツム ディスコ」を公開。
世界の誰も観ていないツムツム新作と言われても…
だいたいのツムツムアニメが日本で初出しだろうし…
特別感は特に感じませんでした。
そして、マーベル ツムツムが発表されました。
とはいえ、2時間前から展覧会に出ていた情報ですが。
こちらのOP映像は初公開。
こっちのほうが盛り上がっていた。
さらに、ツムツムが描かれた巨大風船が登場し、会場全体で遊ぶという今expo最大の謎コーナー。
みんな嫌な予感が広がっていきます。

ツムツムは終わり、新作映画。
ルーカスフィルムのキャスリーン・ケネディが登場。
expo最大の珍事件「南北戦争といえばキャプテン・アメリカ」という字幕が出たのがここです。
それはシビル・ウォーでいいんだよ…

続いてD23のアダム・サンダーソン。
米D23 Expoの紹介ビデオという、どういう気持ちで見ればいいのかわからない映像を見せて去っていきました。

実写版『美女と野獣』エマ・ワトソンの日本向けメッセージ。
その日の夜に、このメッセージすら使いまわしであることが判明するのですが…
美女と野獣の曲にのせて、ベルと野獣の衣装を着た2人が登場。
あの名前が脳裏をよぎります。
そう、May J.が美女と野獣を歌います。
あのアルバムです。相手はクリス・ハートです。
そして…
Power of Disney Musicと題して、芸能人がディズニーソングを披露。
expoのテーマ「Power of Story」の変形らしいですが、その後「Power of ○○」のような使われ方は一切なく。
本当に何だったのか今でも全くわかりません。
各曲の前に、映画の名セリフが表示されていくのが、いかにもDisneyMusicの深夜Twitterっぽくてとても悲しい気持ちになりました。
2013~2015の名曲を振り返るのかと思いきや、2011年のラプンツェルから。
どうやら「吹き替えの魔法」がある日曜日にしょこたんが別の仕事だったらしく、、、代わりにここに来たらしい。
まあここまでは良い。
続いて、2013年『アナと雪の女王』。
一応ちょっとは期待するじゃん。まさかインストゥルメンタルだと思わないじゃん。
バイオリンとサックス?による「とびらあけて」はアイデアが面白かった分、お互いの掛け合いに全くなっていなかったのが残念。
音楽の素人が見ても残念演出。
2014年『マレフィセント』から「ワンス・アポン・ア・ドリーム」。
なんと大竹しのぶ登場。
会場一番のどよめき。
しょこたん登場は想定の範囲内だったため、これがその時点で一番驚いた出来事。
『ベイマックス』からはStoryのインストゥルメンタル。
それもうただのJpopです。
2015年は豊富。
「マジックキャッスル マイハッピーライフ2」からSparkleをMay J.。
またか。
しかもゲーム主題歌か。
ゲーム発表会でもMay J.の生歌で聞いたのでこれが2回目でした。はい。
『インサイド・ヘッド』から「愛しのライリー」。インストゥルメンタル。
そういえばちゃんと聞いたことなかった。インストゥルメンタルだから分からない。
さっき大竹しのぶいたのに…
インサイド・ヘッドの名セリフの中に「その魔法は1923年にうまれ笑顔で未来はつくられる」がありました。
ライリーDオタかよ。
そして、『シンデレラ』から「夢はひそかに」。
なんのために年を順番に追ってきたのか。公開順とか関係ないのか。
さすがにゲーム締めはまずいと思ったのでしょうか。
それを考えられるのになぜこの企画いけると思った…

そのままアナウンスでD23 Expo Japan 2015の開幕が宣言され、
魔法使いの弟子ミッキー登場!
もうミッキー見られたからいいや!
ありがとうミッキー!

そんな感じのプレゼンテーションでした。
終わりよければすべて良し。その逆は…状態だった2年前に対して、最初にひどいものをもってきたところは2年前からの大きな成長だと思います。
2日目にはこのプレゼンテーションのこと忘れてたし。
「南北戦争といえば」といい、ライリーの誤表示といい、リハーサルすらなかったのかなと思います。
“わかっていない”人が作っていると感じさせるような内容でよく「究極のディズニーファンイベント」などと名乗れるものです。恥ずかしくないのか。
すべてがダメダメだったので、7スロットの先頭に持ってきたこと以外評価に値しません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キングダム ハーツ プレミアムシアター #d23ej

DSC_0307
11/3のD23 Expo Japan 2015開催記念「キングダム ハーツ プレミアムシアター」。
【写真27枚】王様ミッキーもやってきた! 「キングダム ハーツ プレミアム シアター」最新情報&限定イベントレポート – ウレぴあ総研
内容はこちらで細かめにレポートしました。

2年前は舞浜アンフィシアターでの全体に対するプレゼンテーションだったのが、シネマイクスピアリでの単独イベントに。
それに相応しい、ファン向けイベントになっていました。
2年前のディズニー・チャンネル文化祭に近いイメージです。

ピアノ演奏

DSC_0240
毎度おなじみWDJジャスティン・カルカポーネさんによる全体説明のあと、キングダム ハーツのコンポーザー下村陽子さんとピアニスト中山博之さんによるピアノ演奏。
「Dearly Beloved」、「The Other Promise」、「Musique pour la Tristessede Xion」の3曲でした。
その後は2人のトーク。非常に仲の良さそうな会話でした。
下村さんは1作目からコンポーザーとして10年以上関わってきました。
当時はシリーズ化されるとは知らされて(決まって?)おらず、まさかこんなに続くとは思わなかったとのこと。
中山さんはKHピアノコレクションCDのオーディションで選ばれたのが下村さんとの出会い。
今でこそ譜面を渡すだけで曲のイメージが分かるものの最初は苦労したとのこと。
最初は4時間ほどかけて演奏してもやり直しになるほど。
この時は最後になって急に音楽のイメージが変わり、これを残したいという想いから録りなおしたそうです。
時間を犠牲にしてでもよりキングダムハーツの世界を創り出すことを優先する想いが語られました。

プレゼンテーション

DSC_0251
シリーズディレクター野村哲也さんと最新情報を見ていきます。
スクリーンがメインのイベントということで、映像を多く使用しながら、最新情報が発表されました。

DSC_0249
PC版χにはビーストキャッスルが登場。
スマホ版ではd23ej開催記念イベントがスタートに。d23ej記念イベントがd23ejに忙しすぎて進められないという状況に陥りました。

さらにKH2.8と3について。
そういえば2年前はKH2.5の発表でした。
2年で0.3…2年後には3いってるかな…

KH3については、一般に見せることはほとんどないという、制作風景を公開。
ここでしか見られない情報、ファンならより細かく分かる情報というのもコアなファンイベントらしくて良かったです。

声優特別映像

声優によるコメント映像。
ソラ、リク、カイリ、アクア、テラ、ロクサス・ヴェントスそれぞれの声優が、それぞれのキャラクターへの想いを語りました。
2年前はここのトークショーでしたが、よりショーに近い内容となっていました。
単なる思い出話ではなく、キングダムハーツと一緒に人生を歩んできた声優たちによる、作品・キャラクターへの想い入れを重視した内容でした。

DSC_0272
そしてサプライズとして王様が登場。
客席をグリーティングまでしてくれました。
どんな客層でも一瞬にして空気を変えてしまうミッキーはすごい…

キングダムハーツへの想いを感じるショー

キングダムハーツはいわゆるディズニーファンとは層がかなり異なっており、最新映画情報やTDR、ブロードウェイなどが集うd23ejと同じ枠で募集するのに難があるのは否めません。
だからこそ別日での開催となりましたが、内容としては今年のd23ejらしい、ショーとプレゼンテーションのバランスがうまく取れたものになっていました。
関係者の登壇という点ではd23ejの全プレゼンテーションで一番豪華だったのではないでしょうか。
日本初の最強コンテンツらしい豪華さでした。
橋本さんや野村さんが直接話しながらの新情報提示は、いわゆる報道機関向けの発表ではなく、しっかりファン向け。
ファンに分かるように、ファンなら分かるような形で新たな情報を出してくれました。
橋本さんや野村さんが語るファンへの感謝の気持ちに呼応するように、ショー部分でもピアニスト対談や声優トーク映像でも語られるのはシリーズへの「想い」。
10年以上の「想い」がひとりひとりから感じられるショーでした。
ピアノや声優コメントといったショー、最新情報というプレゼンテーションが邪魔しあうことなく、全体としてキングダムハーツのファンイベントを形成していました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


パーム&ファウンテンがディズニーホテル化。東京ディズニーセレブレーションホテル2016年6月オープン

東京ディズニーセレブレーションホテル ロビーのイメージ
東京ディズニーセレブレーションホテル ロビーのイメージ ©Disney

昨日商標登録情報が出ていた「東京ディズニーセレブレーションホテル」のリリースが出ました。
新浦安エリアの現パーム&ファウンテンテラスホテルをディズニーホテルとして転換するというものです。

日本で4つめとなるディズニーホテルは宿泊特化型。
低価格層が売りのパーム&ファウンテンテラスホテルにディズニー要素を加えます。
新コンセプトは、「客室はもちろんロビーや中庭など、ホテル館内に東京ディズニーランドと東京ディズニーシーを彷彿とさせる装飾を施すことで、ゲストはパークで過ごした夢のような時間を思い返し、翌日のパークでの体験に心を躍らせる滞在を満喫する」というもの。

ファウンテンテラスホテルが2016年2月27日でクローズ、東京ディズニーセレブレーションホテルとして6月オープン。
パームテラスホテルが同6月クローズ、秋オープン。
ということで、ホテルの稼働数が0になることはないようです。
設備投資額は約30億円。

リリースでは、ディズニーホテルが年間稼働率9割超という現状を踏まえ、パーム&ファウンテンをディズニーホテルにすると理由を説明しています。
実際、30周年の2013年度は稼働率90%前半でしたが、2012年度は70%後半でした。
だいたいディズニーアンバサダーホテルの-5~10%の稼働率のようです。
また、ディズニーホテル化することで宿泊特化とはいえ当然単価は上げてくるでしょう。
WDWのオールスターやポップンセンチュリーのような、ちょっと遠いけれど安めのディズニーホテルという選択肢になりそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ディズニー・ダイニング・ウィズ・ザ・センス『リトル・マーメイド』予約開始

ディズニー・ダイニング・ウィズ・ザ・センス~ディズニー映画『リトル・マーメイド』より~②

ディズニー・ダイニング・ウィズ・ザ・センスの販売が6月26日10時よりスタートしました。
今年のテーマは『リトル・マーメイド』。

人間の世界へ行きたいと強く願い、その夢を叶えたアリエルは、愛するエリック王子や大勢の友達に囲まれて幸せに暮らしていました。
それでも時々、ふと懐かしい故郷、海の世界のことを思い出します。
そんな時、いつも彼女を幸せな気分にさせているのがお城でのお食事。
心優しいお城の料理人たちはアリエルのために、素晴らしいお料理を提供してきました。
今回の「ディズニー・ダイニング・ウィズ・ザ・センス」でゲストの皆さまにお楽しみいただくのは、まさにこのお料理。
マジカルシェフの魔法で、アリエルやエリック王子とともにお城のお料理をご堪能いただけます。
さらに、エリック王子はこの素敵なパーティーで、愛するアリエルに最高の幸せを感じてもらうためのサプライズをこっそり考えている様子。
はたしてエリック王子からアリエルへの愛のサプライズとは?

これまでダイニング・ウィズ・ザ・センスには行ったことがなかったのですが、先日ひと足先に行われたTwitterキャンペーンプレビューに参加させていただきました。

目隠しをして食事

目隠しをして食事。
バラエティ番組で見るような光景ですが、何の料理かを当てるのは本当に難しいです。
正解を当てる企画ではありませんが、これは何だろう?とテーブル内で話し合う風景が生まれていました。
その中でも、「熱い」「酸っぱい」といった単純な言葉で表現してしまうのが印象的でした。

料理は“味覚”はもちろん、“嗅覚”や“触覚”を使い食べていきます。
そこにも“聴覚”で楽しめるような、料理に音の要素を加える演出もあり驚きました。

視覚を奪われた状態でイマジネーションを働かせます。
ディズニーではイマジネーションを使うことは割と多くありますが、テーブルの(知らない)人同士でイマジネーションを補完しあうというのははじめてでした。

リトル・マーメイドはずるい

想像以上だったのが音響。
目隠しされているので、音がどの方向から、どれくらいの距離なのか、を見事にコントロールしていました。
アリエルたちが本当にすぐそばに来てくれたような、まさにディズニーらしい演出です。
パート・オブ・ユア・ワールドを大音量で聞くだけで泣きます。
音楽だけでもお腹いっぱいになれるほど、本当に豪華。
最後のあの曲のあのアレンジは特別に作られたものだそうです。CD売ってほしい。

しかし、唯一問題点があります。
アイマスクをして泣くと拭えなくて困る。

本当にリトル・マーメイドの後の世界が会場に広がっていました。
食事中のBGM含め、もはや食事に集中できないほど素晴らしい。

このようなプログラムは、謎解きのように1度参加するためのものだと思っていました。
しかし、同じプログラムでも複数回参加して良いなと思いました。
今回は取材のため冒頭の料理はアイマスクをせずに見て、その後目をつぶってから食べてみたのですが、これは分からないだろうなと感じました。
全ての料理がどのような色や形だったかはプログラム後に見せていただきましたが、再度チャレンジしてもその通りにイマジネーションを働かせられるか自信がありません。

イマジネーションに限界はない、目隠しでご飯を食べるだけでディズニーの神髄を味わえる、とても素敵な体験でした。

ディズニー・ダイニング・ウィズ・ザ・センス ~ディズニー映画『リトル・マーメイド』より~
会 場 : 東京ディズニーランドホテル 宴会場「シンデレラドリーム」
定 員 : 各回 108 名
価 格 : 1 名 13,000 円
※グループ限定回:2 名 26,000 円、3 名 39,000 円、4 名 52,000 円
※学生限定回:1 名 12,000 円
内 容 : 料理(コースメニュー)、飲み物(乾杯用スパークリングワイン、白・赤ワイン、
ソフトドリンクのフリードリンク)、オリジナルグッズ
※学生限定回の飲み物は、ソフトドリンクのフリードリンクのみ
対 象 : 20 歳以上のゲスト
※学生限定回は、18 歳以上の学生限定
購入方法 : ローソンチケット(インターネットまたはローソン・ミニストップ店頭「Loppi」)
販売開始 : 2015 年 6 月 26 日(金)10:00 より

  • このエントリーをはてなブックマークに追加