*

「 くまのプーさん 」 一覧

リチャード・シャーマン死去

シャーマン兄弟の弟リチャード・シャーマンが2024年5月25日逝去しました。95歳でした。
言わずと知れたディズニー・レジェンドの作曲家。

「2ペンスを鳩に」そして「There’s a Great Big Beautiful Tomorrow」をはじめ、ディズニーを代表する名曲を作ってきました。
手がけた曲を挙げていけば枚挙にいとまがありません。

あえてプーに絞ってみると『プーさんとはちみつ』をはじめ『プーさんと大あらし』『プーさんとティガー』の全ての歌を作りました。
ウォルトは、原作「クマのプーさん」をなるべくそのままアニメーションとしてアメリカに届けようとしました。
ファンタジアがクラシック音楽のアニメーション化なら、絵本のアニメーション化をしようとしたのです。
その中で重大な問題が、プーが原作のあちこちでうたう詩でした。
現在「プーもの」と呼ばれるクリストファー・ロビン関連の作品は4つあり、「クマのプーさん」「プー横丁にたった家」以外の2作品は詩集です。
プーは地の文から詩的で、プーも詩人。全体がリズミカルで読み聞かせのように声に出して読むのが楽しい作品です。
この詩的な要素をアニメーションにしようとしたとき、ウォルトはシャーマン兄弟の音楽に託しました。
ただプーたちが動くアニメーションなのではなく、シャーマン兄弟の音楽を取り入れたミュージカルになったことで、原作の世界観を表現できたのです。
『プーさんとはちみつ』では、主題歌「くまのプーさん」という今もなおプーにとって重要な曲が誕生。プー作品では後にさまざまなアーティストが曲を手がけていきますが、ロペス夫妻含め皆が「くまのプーさん」を作品に取り入れながら自分の曲を作っていくことになる重大な基点となっています。
『プーさんと大あらし』では、ティガーのデビューに合わせるようにテンポの良い曲が入ってきます。「ワンダフル・シング・アバウト・ティガー」や「ズオウとヒイタチ」などが登場しました。

『プーさんとティガー』の頃には、シャーマン兄弟はディズニースタジオを離れていました。
『チキ・チキ・バン・バン』をはじめ、他スタジオの作品を手がけていく中で、テーマパークなどディズニーの楽曲も請け負っていました。
一方、ディズニーはプーの20年ぶりの長編を製作し、プー作品をスタジオに回帰させました。
そして『ベッドかざりとほうき』以来29年ぶりにシャーマン兄弟がディズニーに復帰。『ティガームービー』が製作されました。

『ティガームービー』では、中編映画には入りきらなかった「ワンダフル・シング・アバウト・ティガー」の2番を披露。さらに新曲も6曲を制作しました。
「ウープ・ディー・ドゥーパー」は呪文のように長いジャンプ名をティガーが歌いまくる曲。非常にシャーマン兄弟的な歌詞です。
主題歌となった「Your Heart Will Lead You Home」はケニー・ロギンスと共に制作しました。
そしてこの『ティガームービー』が、シャーマン兄弟として最後の長編映画になりました。

兄ロバート・シャーマンが死去した後も、リチャードは公の舞台にも何度も姿を見せ、精力的に活動していました。
『プーと大人になった僕』では、リチャードが新たに3曲を制作。冒頭の「はなれても いっしょ」で、プーアニメーションらしいテンポのミュージカルを甦らせました。
そしてエンドクレジットの「何もしないは忙しい」では、ピアノを弾きながら映画にカメオ出演。
最後の長編作品となった『プーと大人になった僕』では最後に、原題そのままのタイトル「クリストファー・ロビン」を制作しました。プーがクリストファー・ロビンに語りかけるような歌ですが、映画を観たとき、どこかリチャードがウォルトと音楽制作に勤しんでいた頃を懐かしんでいるように聞こえました。
輝かしい時代に思いを馳せながら世界を愛でるのはプーの根源的な世界観でもあります。ディズニーの「くまのプーさん」を作り上げたシャーマンが最後に自らその世界観に飛び込んでいったようです。

ディズニープーはシャーマン兄弟と共に生まれ、シャーマン兄弟の生涯においても重大な意味を持つ作品であったことが歴史からも伺えます。
もう新作を手がけることがなくなったのは残念ですが、これからも幾多のアーティストが「くまのプーさん」や「ワンダフル・シング・アバウト・ティガー」を取り入れながら、新たなプー音楽を作っていってくれることでしょう。
TTFN

  • Post
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミュージカル「くまのプーさん」日本開幕


ミュージカル「くまのプーさん」の日本ツアーが始まりました。
4月から7月まで全国を巡回します。

東京公演は座席で話題となってしまいました。
ゲネプロでS前方椅子席(前方誰もいない)、座席変更初日にVIB桟敷席、東京千秋楽S後方椅子席で観ました。
桟敷席は腰痛くはなるけれど、舞台の高さも下がった分イーヨーと目があうくらいの高さで、見にくさはありませんでした。
かっちりしたミュージカルではなく、ゆるく見られる雰囲気になっていて、これはこれでありだと思いました。
桟敷席の後方側だともっと違うのかもしれないけれど。

座席問題の要因でもあるのですが、プーミュージカルの大きな特徴は、小規模な公演だということです。
ディズニーミュージカルは大規模に舞台装置を組んで、舞台ならではの手法で作品を表現するものがほとんど。
それに対してプーは、観客との距離が近く、舞台を見にきたというよりもプーのアニメーションが目の前で展開されているようなものでした。

このミュージカルは、セサミやパディントンなどのパペットミュージカルを作ってきたジョナサン・ロックフェラーによる作品。
プーたちは全てパペットで表現され、パペット操者が声の演技も行います。
プーは元々ぬいぐるみで、「ザ・ブック・オブ・プー」などパペットを使ってプーを表現したアニメーション作品もあります。
パペットとの相性が良いのは明らかです。
演者は日本人キャストですが、かなり声も似せていてすごかったです。
パペットの動きも細かい部分までキャラクターの性格が出ていて、本当にプーたちが動いている様子を見ているようで、演者の存在を意識させませんでした。

ストーリーはオリジナルですが、プーのあるある展開を多く盛り込んでいます。
不安になるくらいバカな発想と、常識のあるピグレットがプーの謎論理に惑わされてしまう様子、何の伏線でもなく回収せずに進んでいく展開、どれも非常にプーの物語らしいものでした。
途中から客席も声を出して笑っていいんだという空気になってきて、プーの独特のツボで笑い声が出ていて良かったです。
プーの物語を見ながら多くの人と声を出して笑うなんて舞台でないと経験できなかっただろうなと謎の感慨までありました。

歌はアニメーションをそのまま使用。
いくつもの歌をそのまま使えることから、ストーリーがいかにプーのあるある展開で構成されているかわかります。
歌詞もアニメーション日本語吹き替え版を完全使用。1文字もずれないので聞いていて非常に心地よいです(映画実写版や四季版の方を見ながら)。

驚いたのは、『完全保存版』以外の要素も多く使用していること。
特に『ティガームービー』は要素が多く、1時間のミュージカルのうち一番のハイライト楽曲が「ウープディドゥーパージャンプ」になっています。
「ワンダフル・シング・アバウト・ティガー」の2番も使われていますし、途中では「Round My Family Tree」のイントロ音が流れます。
さらにティガームービー冒頭でティガーがカンガと挨拶するくだりまで再現されています。
細かいやりとりがしっかり映画から使用されていて、日本語もしっかり追いかけていて驚きました。

オフブロードウェイ開幕前の予告映像で「新くまのプーさん」の音楽が使われていましたが、ミュージカル本編でも「新くまのプーさん」OPテーマを要所要所のBGMに使っていました。
畑を巡るやりとりなど「新くまのプーさん」らしい展開です。
完全保存版を中心に、ティガームービーと新くまのプーさんを入れた舞台が生まれるとは。

新曲もありましたが、歌詞は「Tiddley Pom」が入っているものと「Sing Ho」が入っているものの2曲で、どちらもミルンが書いたプーの詩を使用しています。
そしてこの2つの詩は、『ピグレットムービー』でミルンの詩をベースに曲化されたもの。今回の音楽とは異なりますが、新曲も元の詩をこだわって選んだんだろうなということが伝わってきます。

作り手の愛が伝わってくる、見事な舞台化でした。
パペットという手法はプーにぴったりだし、ストーリーの作り方も、しっかりアニメーションの言葉を使いしっかり日本語に訳す姿勢も好きです。
素晴らしい作品でした。

今回、色々と取材したので、もっと深い話を書いて出す予定です。
まだ先の話でどこに出すか告知できないのですが、見つけたら読んでください。

  • Post
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新TV短編シリーズ「いっしょにあそぼう!くまのプーさん」「くまのプーさんといっしょ」2/4日本初放送

今月のおすすめ(2月分)|ディズニー・チャンネル|ディズニー

新シリーズ「いっしょにあそぼう!くまのプーさん」と「くまのプーさんといっしょ」の日本放送が決定。
2/4にディズニー・チャンネルで日本初放送されます。

アメリカでは8月に放送が始まったプーの新シリーズ。
日本ではディズニー・チャンネルで初放送ですが、番組ページはディズニージュニア扱いになっており、メインはディズニージュニア側になる模様です。


プーたちが子供になって一緒に遊ぼうといった趣旨のミニシリーズ。
見た目も声も大胆に変更しています。
プーの服もパーカー風です。

原題は、「いっしょにあそぼう!くまのプーさん」が「Playdate with Winnie the Pooh」。
「くまのプーさんといっしょ」が「Me and Winnie the Pooh」。

WDAS長編作品として1977年版『くまのプーさん』と2011年版『くまのプーさん』が共存するなど、タイトルがややこしいプー作品に、さらなるややこしさが登場。
TVシリーズの「プーさんといっしょ」があるのに、「くまのプーさんといっしょ」というタイトルをもってきました。
「プーさんといっしょ」の原題は、My Friends Tigger and Pooh。
原題は遠いのになぜややこしい邦題にしたんだ…
一応、原題の“Winnie the”の有無に合わせて邦題の“くまの”の有無も決まっているようです。

“くまの”が付いていたら白目がある方、付いていなかったらダービーがいる方です。覚えましょう。

  • Post
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プーミュージカル日本初演 10都市で4〜7月に決定

新作ミュージカル『ディズニー くまのプーさん』の日本初演の日程が発表されました。

このミュージカルは、「Winnie the Pooh: The New Musical Adaptation」として、2021年10月にオフブロードウェイで公演が始まったもの。
その後全米ツアーやロンドン、オーストラリア公演が行われています。

はらぺこあおむしやセサミストリートなどパペットを用いたミュージカルを得意とするロックフェラープロダクションが制作。ディズニーシアトリカルが共同制作し、音楽はシャーマン兄弟のアニメーション楽曲が使用されています。
非英語圏では初となる公演。日本人キャストによる操演・歌唱であることが明らかになりました。
日本版演出補は岸本功喜氏、翻訳は小島良太氏で、「シュレック・ザ・ミュージカル」の座組です。

日本初演は東京・日本橋三井ホールで2024年4月27日(土)に開幕。5月6日(月・休)までGWに東京公演が行われます。その後、愛知、千葉、大阪、埼玉、宮城、神奈川、福岡、広島、静岡を、7月14日(日)まで巡ります。
チケットは2月24日(土)一般発売。
VIB(Very Important Bear)席も発売されます。VIB席は、2021年の初演から発売されているチケットで、最前列〜6列目までの前方列確約と終演後の記念写真などが特典として付いています。原作で鉛筆をもらったプーが、鉛筆の「B」をBear、「HB」をHelping Bear、「BB」をBrave Bearのことだと思ったエピソードのような名前のVIP席です。
チケット価格はVIB席9,500円、S席5,500円、A席3,500円。10年前のディズニーライブ!がS席5,000円、A席4,500円くらいだったので、エンタメ物価上昇を考えると抑え目です。

東京公演はキャパ600席以上あるようで、GWに1週間以上のなかなか頑張る規模になりました。他地域は大阪以外土日ですが、海外でのツアーも小さな劇場を1日単位で回るスタイルが多く、やはり日本の需要は高めに見られているなと感じます。

  • Post
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Playdate with Winnie the Pooh」第1話を公開

ディズニージュニアの新シリーズ「Playdate with Winnie the Pooh」がスタートしました。
公式YouTubeで第1話が公開されています。

2分のミニシリーズで、プーたちが子供になった世界を舞台にしています。
第1話は三輪車の乗り方について。
プーはピグレットから三輪車の乗り方を習います。
ピグレットも三輪車で転んだトラウマを克服していきます。
乗り方は歌で説明。
TryとTricycleが掛かった歌です。

派生シリーズの「Me & Winnie the Pooh」も公開。
もっと短時間のシリーズかと思っていましたが、「Playdate with Winnie the Pooh」と同じ2分のようです。
初回は、Vlog形式で、プーが自己紹介をしています。
プーもピグレットもこれまでとまるで異なるツリーハウスに住んでいるようですが、舞台は100エーカーの森だそう。
友達紹介では、「ビー」という新キャラクターが登場。
ゴーファーのような姿なので地リスでしょうか。
なお、みんな子供になっているので、カンガは登場してもルーは登場しない模様です。

ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーでは、記念イベント「Disney Junior Playdate」に出演。
パレードでは、ミッキーとミニーの間にプーが立つ主役優遇です。
普段パークに出ているプーですが、服が新シリーズと同じパーカーになっています。

  • Post
  • このエントリーをはてなブックマークに追加