*

EPCOT、アベンジャーズ、クルーズまでD23 Expo 2019パーク講演まとめ


D23 Expo 2019

ディズニーランド新パレード


ミッキーのサウンドセーショナルパレードが終了したディズニーランド、2020年春から「Magic Happens」がスタートします。
モアナと伝説の海、リメンバー・ミーや眠れる森の美女のフロートが紹介されました。


音楽はトドリック・ホールが作曲。

ミッキー&ミニーのランナウェイ・レールウェイ


アナハイムでは2022年のオープンが発表済みのMickey & Minnie’s Runaway Railway。
トゥーンタウンにはエル・キャピタン・シアターならぬ「El CapiTOON Theater」が誕生し、新作短編「Perfect Picnic」のプレミアが行われるという設定になります。


Qラインではこれまでの映画のプロップスなどを展示し、ミッキーの家のムービーバーンのようになるようです。
また、2020年オープンのフロリダ ディズニー・ハリウッド・スタジオでは、チャイニーズシアターの新たなイメージが公開されました。

ズートピア


上海ディズニーランドのズートピアエリアは新イラストが公開されました。
ショップとフード施設もオープンします。

香港の新たな城は「Castle of Magical Dreams」


香港ディズニーランドの新キャッスルの名前が発表されました。
夜のイラストも初公開。

香港アナ雪エリアは2アトラクション


同じく香港ディズニーランドに建設中のアナと雪の女王エリア。
新アトラクションは「Oaken’s Sliding Sleighs」と発表。
オーケンのソリをモチーフにしたコースターです。
もう一つのボートライドはEPCOTの「Frozen Ever After」であることが発表されました。

この後マーベルに絡んでパリのホテルニューヨークArt of Marvelが紹介され、アメリカ国外パークは以上。
香港も上海も開業年を明言せず、香港マーベルエリアの今後の展開もありませんでした。
そして東京は安定のスルー。

シルク・ドゥ・ソレイユ


フロリダのディズニースプリングスで公演されるシルク・ドゥ・ソレイユの新演目。
ディズニーアニメーションをテーマとすることは発表されていましたが、その詳細が明らかになりました。


エリック・ゴールドバーグも会場に登場。
イマジニアリングとアニメーションスタジオ、さらにウォルト・ディズニー・ファミリー・ミュージアムも協力。
2020年3/20からトライアル公演が始まり、4/17から公演が始まることが発表されました。

アニマルキングダムに夜のショーが加わり、マジックキングダムとEPCOTで長年続いた夜のショーが変わる中で、ディズニースプリングスに新たなショーの選択肢が加わります。
WDWでの夜の計画の立て方が大きく変わりそうです。楽しみ。

アベンジャーズ・キャンパス


D23 Expoのパークブースで発表されたDCAとDLPのマーベルエリア「アベンジャーズ・キャンパス」。

スパイダーマンのアトラクションも新イラストが登場。

レストラン「ピム・テスト・キッチン」も。
これら2020年のオープンはフェーズ1で、フェーズ2のアトラクションが発表されました。

いよいよアベンジャーズがゲストをリクルートするアトラクションが誕生。
ゲストはクインジェットに乗り、ワカンダでの戦いに参加します。

アベンジャーズヒーローも大集結。

目玉アトラクションになることは間違いありませんが、香港で計画されていたアベンジャーズのアトラクションがDCAに引き抜かれた気もします。
パリもこれを作るのかな?

EPCOT


ここからは大リニューアルを行うEPCOT。


EPCOTの精神を継いでいくことを丁寧に説明しながら、リニューアルの内容を語りました。
現在はワールドショーケースとフューチャーワールドの2区画に分かれていますが、フューチャーワールドを3分割。
ワールドショーケース、ワールドネイチャー、ワールドセレブレーション、ワールドディスカバリーの4区画になります。
ネイチャーがランド館やシー館、セレブレーションがエントランスやスペースシップアースの中央区画で、ディスカバリーがテストトラックやミッションスペース側。

メリー・ポピンズ初のアトラクション


イギリス館にメリー・ポピンズのアトラクションが誕生します。

さくら通りも作られ、パーク史上初のメリー・ポピンズのアトラクションを体験できます。
公演ではStep in Timeが披露され、ディック・ヴァン・ダイクも登場し、大いに盛り上げました。

Step in Timeが披露されたことからすると1964年版のメリー・ポピンズのようですが、さくら通りのコンセプトアートはリターンズ版です。
英国館はメルヘンに寄りすぎている感があったので、霧の立ち込めるロンドンの雰囲気を作り上げてほしいです。

2020年1月からリニューアルがスタート

既報のものを。
カナダと中国の360度シアターの映像がリニューアル。
Oh Canadaは2020年1月リニューアル
フランス館にレミーのおいしいレストランのライドが追加。2020年「夏」
美女と野獣のシングアロングは2020年1月と発表。

新ナイトショーは「HarmonioUS」


ナイトショーIlluminations: Reflection of Earthは9/30で終了。10/1からEpcot Foreverを公演。
そして2020年から公演される新ショーのタイトルが「HarmonioUS」と発表されました。
ハーモニーとUs(私達)の造語のようです。

World Celebration


パークエントランスのエリアにはウォルト・ディズニーの像が設置されます。

新パビリオンは複数階建てで、様々な用途に使われます。
「HarmonioUS」も上から鑑賞可能。

スペースシップアースのアトラクションもリニューアルされますが、新たに「story light」が人類史を繋ぎゲストを導いていくことが明らかになりました。

World Nature

D23 Expo展示で発表されたモアナのパビリオン「Journey of Water, Inspired by “Moana”」はネイチャーに。
ランド館の新たな映像アトラクションは「Awesome Planet」で2020年1月スタートです。
シー・ウィズ・ニモ&フレンズとランド館は存続。
ジャーニー・イントゥ・イマジネーションがなくなりそうな予感…

World Discovery


ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのコースターは「Guardians of the Galaxy: Cosmic Rewind」というタイトルに決定。
EPCOTで初めてとなる「別の世界」のパビリオンで、Qラインは宇宙のプラネタリウム。
ノヴァ軍やミラノ号と共に宇宙を駆け巡ります。

ミッション・スペース横の宇宙を見られるレストランは「Space 220」という名前に。

「PLAY!」パビリオンは2021年オープン。
エドナ・モードや、ヒューイ、デューイ、ルーイそしてウェビーのクエストなどが設置されます。

スター・ウォーズホテル


ディズニー・ハリウッド・スタジオにできるホテル「Star Wars: Galactic Starcruiser」。
2泊コースとなっており、ホテルではライトサイドやダークサイドと遭遇し、その選択により体験のストーリーも変わります。
さらに、ルークがフォースを学んだ、目隠ししながら打たれるレーザーをライトセーバーで打ち返す体験などもできます。

クルーズ新船は「Wish」

ディズニー・クルーズ・ラインの新たな船は「Wish」になりました。
Wishは内装も大きく異なります。


船のロゴはこれまでファンタジアミッキーなどが描いていましたが、Wishはラプンツェルが担当します。
そしてキャスタウェイ・ケイに続き、バハマに新たな島「Lighthouse Point」を購入。
ジョー・ロードによるイマジニアリングで、アウラニのようにバハマの文化が体験できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


アナ雪2 楽曲披露、新作は「Raya and the Last Dragon」 D23 Expo 2019ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ発表まとめ

D23 Expo 2019のスタジオ公演、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ部分です。
SW、マーベル、ピクサー D23 Expo 2019映画プレゼンまとめ

Raya and the Last Dragon


2020年11月公開のディズニー長編アニメーション最新作が発表に。
「Raya and the Last Dragon」で、東南アジアをイメージした魔法の国Kumandraが舞台。


クレイジー・リッチ!の脚本家アデル・リムによる作品。
外部脚本家の名前が全面に出て監督が出てこないのは珍しいですね。

主人公Rayaと最後のドラゴンSisuの物語。
Sisuは人間の形をしており、ドラゴンに戻るためにRayaの助けが必要だそう。ブラザーベア?

アナと雪の女王2


最後は11月22日(金)日米同時公開のアナと雪の女王2
アナ雪1と2合わせて1つのストーリーとして完成するらしいです。
なぜエルサには魔法が備わり、アナには魔法がないのか?という疑問に答える物語。
アナとエルサの両親も回想として登場します。
会場では本編クリップを公開。
プロローグは声がエルサを呼んでいるところから。
アナたちはジェスチャーゲームで遊んでおり、オラフは体を入れ替えることで勝利。
エルサも一緒に遊んでいますが、声が聞こえるため集中できず。
一方クリストフはアナにプロポーズしようとしますが、アナはエルサの心配をしてプロポーズできる状況ではなく。
アナはエルサを見守り、昔母親が歌ってくれた子守唄をエルサに聞かせます。
エルサは寝ますが、やはり声に起こされてしまいます。
そこでエルサが歌うのが「Into the Unknown」。


Into the Unknownはイディナにより披露され、会場ではLet it Goに続く今回の名曲になると大絶賛。
さらに、アナ、エルサ、オラフ、クリストフによる新曲「Some things never change」も披露され、こちらも大絶賛の様子でした。


予告編の内容と全然繋がってきませんが、楽しみ度は上がりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SW、マーベル、ピクサー D23 Expo 2019映画プレゼンまとめ

D23 Expo 2019の2日目はスタジオ部門のプレゼンテーション。
今までは実写部門とアニメーション部門で別の講演でしたが、今回はまとめて1本になりました。時間としては半減(ただしDisney+が独立)。

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け


12/20公開、スター・ウォーズのエピソード9
新ポスターが公開されました。
レイとカイロ・レンが戦い、後ろには皇帝の姿が。
さらに上映された映像では、レイがダースモールのような赤いライトセーバーを持っていたそうで…
コミコンで発表されなかった予告編は今回もお預け。
かなり情報が絞られています。

ブラックパンサー2


マーベルからは新作が発表に。
ブラックパンサー2が2022年5月6日に公開されます。


さらに2020年11月6日公開エターナルズのキャストが登場。
キット・ハリントンがブラックナイトを演じることが明らかにされました。

ジャングルクルーズ

ここから実写化部門。
2020年7月24日公開ジャングルクルーズ
ドゥエイン・ジョンソンとエミリー・ブラントが登場。
それぞれのキャラクター視点の予告編が計2本上映されました。
お互いの性格やすれ違う様子が分かりやすいやり方ですね。

マレフィセント2


10月18日日米同時公開のマレフィセント2(Maleficent: Mistress of Evil)
オーロラ姫が20歳に成長し、結婚式を迎えることから話が展開されるようです。
マレフィセントの兄弟Feyとの関係が掘り下げられ、本当の家族は血縁とは限らないといった話になるよう。

ムーラン

2020年3月27日公開のムーラン
監督のみの登壇で詳しくは明らかにされていませんが、上映されたクリップの会場の感想を見ると大絶賛が多くありました。
期待。

クルエラ


2021年5月28日公開
101、102と101匹わんちゃんの実写化はされてきましたが、今回はクルエラのオリジン。
1970年代のロンドンを舞台に、若くパンクロックなクルエラが描かれるそうです。

Soul

続いてピクサー


2020年6月19日公開のSoul
ピート・ドクター監督の最新作は”Why am I here?”という難しいテーマ。
主人公はジョーという中学校の教師。
ニューヨークのジャズバーで演奏する夢がありました。
彼はうっかりマンホールに落ちてしまい、「You Seminar」に形而上学的にたどり着き、Soulを学ぶという話。
やっぱりインサイド・ヘッドの系統な感じがします。
音楽はトレント・レズナー。
ジャズが好きな主人公ということで、音楽も大事な要素になりそうです。

2分の1の魔法

2020年3月6日、日本は3月13日公開、2分の1の魔法(Onward)
トム・ホランドが“it’s been a crazy week but I love you 3000!”と言ったことでほとんど持っていかれていました。
かつて魔法があった世界の物語。
主人公の兄弟は幼い頃に亡くした父親に1日会うため、魔法の石を探す冒険に出ます。
冒頭8分の映像が上映されました。

ディズニー新作、アナ雪2

ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオは別記事で。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


「Disney+」新作&予告編が続々 D23 Expo 2019ディズニープラス講演まとめ

11/12スタート(日本は未定)の、ディズニーが社運を賭けた新ストリーミングサービス「Disney+」の講演がD23 Expo 2019にて行われました。
D23 Expoで最も大きなHall D23を使っての発表で、尺としてはスタジオ部門と同規模です。

ディズニー・チャンネル

ディズニー・チャンネルからスタート。
1000時間超もの過去作が配信されます。

ハイスクール・ミュージカル:ザ・ミュージカル:ザ・シリーズが目玉です。


フィニアスとファーブの新作映画は「Phineas and Ferb The Movie: Candace Against the Universe」と発表されました。

フォーキー&モンスターズ・インク


トイ・ストーリーからはフォーキーのシリーズ「Forkey Asks a Question」が登場。
フォーキーが素朴な疑問を聞いていくものです。公開された1話は「What is money」
さらに、モンスターズ・インクシリーズから「Monsters at Work」。
モンスターズ社が恐がらせ屋から笑わせ屋に変わる過程を描きます。

MCUに新作3本

マーベルからは「What If…?」の予告編。
アニメーションシリーズで、声優はMCUの俳優が務めます。


もしペギー・カーターがキャプテン・アメリカだったら?では、カーターがシールドを装備。
ユニオンジャックのシールドがかっこいいです。
「What If」は2021年夏。

「Loki」は2021年春。
エピソード数は不明ながら6時間あることが明かされました。
D23 Expo内のDisney+ブースでは4次元キューブを持ったロキが展示されており、「エンドゲーム」で4次元キューブを手にした「アベンジャーズ」後のロキを描くようです。

「The Falcon and the Winter Solder」は2020年秋。
サムとバッキーに加え、エージェント13ことシャロン・カーターが出演。
ジョン・ウォーカーという新キャラクターが明かされました。

「WandaVision」は2021年春。
ソーからダーシー、アントマン&ワスプからジミー・ウーが出演します。

上記作品+ホークアイはコミコンで発表されていたもの。
今回さらにMCUから「Ms. Marvel」「MOON KNIGHT」「SHE-HULK」の3本が追加で発表されました。

わんわん物語


ディズニー側の目玉が実写版「わんわん物語」。
予告編が初公開されました。
レディとトランプ役の犬も登場。

ナショナルジオグラフィック

ナショジオから「The World According To Jeff Goldblum」

ディズニーの「Noelle」

クリスティン・ベルによる「Encore」

マペット

マペットによる短編シリーズ「Muppets Now」が2020年スタート。
カーミットからのメッセージが寄せられています。黒塗りだらけだけれど。

スター・ウォーズ

Disney+の目玉「ザ・マンダロリアン」予告編が公開。

さらに、クローンウォーズのシーズン6が2020年2月にスタート。


さらに、タイトル未発表作として、「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」のメンバーによる新たな物語が描かれます。
そして、ユアン・マクレガーがオビワンを再び演じる新作も発表。
エピソード8〜ハン・ソロでこけて立ち消えになった企画がDisney+で復活していくようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

EPCOTに『モアナ』アトラクション、シークレットプロジェクトはキャストドキュメンタリー D23 Expo 2019いよいよ開幕


D23 Expo 2019がいよいよ8/23〜25に開催。
開幕に先駆けメディアプレビューが行われ、早速様々な新発表が行われました。

Epcot


Epcotは大胆にリニューアル予定。
今回のD23 ExpoのパビリオンでもEpcotに多くの場所が割かれています。
中でも新発表となったのが「Journey of Water, Inspired by “Moana”」。
『モアナと伝説の海』をモチーフにした新パビリオン「ジャーニー・オブ・ウォーター」が作られます。
水との共生をテーマにしたパビリオンのようです。

Playパビリオン、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのコースターも新イラストが発表されました。


さらに25日のパーク講演で明かされるポスターも隠されています。

カリフォルニアとパリはアベンジャーズ・キャンパス、フロリダはEpcotやトロン、ミッキー&ミニーのランナウェイ・レールウェイなど多数、さらに香港は新しいキャッスル、上海はズートピア、そして東京も拡張プロジェクトと、今回のExpoでは全パークの展示が行われています。

マーベルエリアは「アベンジャーズ・キャンパス」


ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー、ウォルト・ディズニー・スタジオ(パリ)に建設中のマーベルエリア。
エリア名が「Avengers Campus」となることが発表されました。
カリフォルニアのコンセプトアートでは、2020年オープン予定のスパイダーマンのアトラクションが。
さらに、アベンジャーズ・ヘッドクオーター、W.E.B.ワークショップ、ピム・テクノロジーズ、サンクタムも描かれています。
W.E.B.ワークショップはショップ、ピム・テクノロジーズはアントマン&ワスプのレストランです。


世界地図では、アベンジャーズ・キャンパス・カリフォルニア、アベンジャーズ・キャンパス・パリが登場。
さらに展開済みスタークEXPO香港、上海のミッションステーションが。
さらにフロリダには「ザンダリアン・アウトポスト」とあり、ガーディアンズのコースターでザンダー星が扱われ、アベンジャーズ・キャンパスに関わってくるようです。
大西洋上には、非公開の場所として、モバイル基地も記されており、

スター・ウォーズホテル


5月にカリフォルニアにオープンした「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」は、来週フロリダのディズニー・ハリウッド・スタジオにオープン予定。
フロリダではスター・ウォーズがテーマのホテルも建設中です。
コンセプトアートだけで名称も開業予定も不明でしたが、今回「Star Wars: Galactic Starcruiser Ship
という名称が発表されました。
このホテルはギャラクシーズ・エッジの裏側に建設され、宇宙船に滞在できるというコンセプト。
ホテルからギャラクシーズ・エッジへは小型の宇宙船を使って移動できます。
その輸送手段は先日リークが出ましたが、どう見てもバスです。
CONCEPT ART: First Look at Immersive Guest Transport System for the Star Wars Hotel at Disney’s Hollywood Studios – WDW News Today

シークレットプロジェクトは「One Day at Disney」

8/24にStage 28で予定されているシークレットプロジェクトも発表。
Disney+で配信されるキャストのドキュメンタリー「One Day at Disney」でした。
キャストの1日を追った本がドキュメンタリーとしてDisney+にやってきます。
予告編では東京の様子も映っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加