*

「 海外パーク 」 一覧

マジックキングダム独立記念日ゲスト分散大作戦


4th of July、アメリカ独立記念日はカウントダウンに次ぐお祭りの日です。
WDWのマジックキングダムでは、7/3,4の2日間、360°花火に包まれる、超豪華な花火Fourth of July Concert in the Skyが公演されます。
そんなお祭りに2018年に行ってきました。
7/4の独立記念日当日は、EPCOTのIlluminations: Reflections of Earthも特別版が公演されます。
というわけで7/3にマジックキングダム、7/4にEPCOTに行くと両方観られるのです。
パークは7/3に行こうが4日に行こうが当然激混み。
できる限り混雑を分散させるためのマジックキングダムの手法がなかなかすごいものでした。

分散を促す高度な情報戦

配布されるタイムガイドは7/3,4専用のもの。
裏面には花火の鑑賞スポットガイドが書かれています。
おすすめの鑑賞スポットは、フロンティアランド、ファンタジーランド、トゥモローランド。
城前のハブは書かれていません。
なるべくハブ以外の場所で観させて分散させたい意思を感じます。
さらに19時〜24時はフロンティアランドとトゥモローランドでのダンスパーティーが告知されていました。
ダンスパーティーしてそのまま花火観られるよ!ということですね。
ちなみに花火は21:15から、閉園は朝2時(エキストラマジックアワー)です。

2時間前から立ち上げる妙技

7/3、昼にスコールがあったせいでショースケジュールがずれていたのですが、18時頃最後のMove it Shake itが終わると、ハブは花火待ちモードに。
じわじわと地蔵が出始めます。
しかし、花火が立ち見なのに場所取りは座って行うため、立ち上げ時にスペースが大量に生まれて混乱するという問題あります。
毎日Happily Ever Afterの30分前にこれが起きていますが、さすがに独立記念日の混雑ではかなり早い段階で立ち上げないと収集がつかなくなります。
この点をどうするのか心配していましたが、解決策はすごいものでした。

19:00、フロンティアランドとトゥモローランドのダンスパーティー開始に合わせて、キャッスルのステージでもダンスパーティーを開催。
独立記念日のお祝いとしてわいわいみんなが踊っていたのですが、これが実質的な立ち上げの効果をもたらします。
ここから2時間ノンストップでダンスパーティーが続いたわけですが、最初動き回る指示が多かったダンスも徐々に手振りだけになり、最後にはシングアロングへと移行していきました。
花火の1時間前には完全起立と前に詰めるよう指示が入り、花火の鑑賞位置が確定しました。
その後もみんなで盛り上がり、花火の場所取りなのに周りの知らない人達との仲間感も生まれていきました。

写真はサークル・オブ・ライフを合唱しながら子供を抱え上げるゲストの様子

終わっても帰らせない

DJは花火が21:15から始まることを煽りながら、フロンティアランドやファンタジーランド、トゥモローランドでもよく観えるという発言は欠かしませんでした。
そして、花火終了後もダンスパーティーが再開され24時まで続くこと、花火で帰ると車が超混雑するから踊ってから帰ろうという告知を繰り返していました。
しつこいくらい花火後も踊ろうと繰り返していました。
そしていよいよ花火本番。
圧倒的すぎる花火に大興奮していると、花火終了2分後にはDJパーティーが再開します。
花火では帰さないという強い意思を感じました。
ちなみに22時からはDJパーティーが中断されてワンス・アポン・ア・タイムの公演もありました。

フロンティアランド会場も24時までダンスパーティー

7/4には、21時以降に使える50%オフのフードクーポンも配布されたそうです。


とにかく花火終わりに帰さないためにあらゆる手を使ってきました。


帰宅しようとするとタウンスクエアにはライト入りの縦長バルーンが。
かなり目立つバルーンで、バス・フェリーとモノレールのゲストが予め分かれて進めるように誘導していました。
このバルーン、花火前にはフロンティアランド、ファンタジーランド、トゥモローランドに置いてあり、花火鑑賞エリアの表示をしていました。

・花火の鑑賞場所を分散させる
・鑑賞エリアでは早い段階で起立させる
・帰宅時間を分散させる
独立記念日のマジックキングダムの混雑対策はかなり有効だったと思います。
キャストが頑張るといった人海戦術ではなく、エンターテイメント性もあり合理的なやり方でとてもよかったです。
DJのお兄さんの体力は心配でしたが。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジは6月オープン エリア詳細も明らかに

BARRON’Sがボブ・アイガーCEOへのインタビューとギャラクシーズ・エッジ建設現場への取材を行いました。

Disney’s Bob Iger Talks Streaming, Park Plans, and Learning From Kodak – Barron’s
アイガーへのインタビューは主にストリーミング(Disney+)に関連する話ですが、後半でパークについても触れられています。
その中で、「When Star Wars opens in Anaheim in June and in Florida later in the year」という発言が。
スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジはアナハイムが「夏」、フロリダが「晩秋」とアナウンスされていましたが、アナハイムのオープン時期がより具体的になってきました。
Barron’sは別途ギャラクシーズ・エッジの記事でオープン時期を「6月上旬」(perhaps by early June)と報じています。
ちなみに、最近のアナハイムのアトラクション追加は、2017年(ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ミッション・ブレイクアウト!)が5月27日、2018年(ピクサー・ピア)が6月23日でした。


Here’s a Sneak Peek of Disneyland’s New ‘Star Wars’ Attraction – Barron’s
現地レポートでエリアの詳細も明らかになっています。
ギャラクシーズ・エッジの舞台となるのは惑星バトゥー(Batoo)のBlack Spire Outpostというエリア。
モロッコやイスタンブールを参考にエイジングが施されているとのこと。
ギャラクシーズ・エッジは古代の木々が石化した塔が印象的ですが、実際に南カリフォルニアの木を使っており、取り替えるのに9,000ドルかかる代物だそうです。

「ミレニアム・ファルコン:スマグラーズ・ラン」は、ミレニアム・ファルコンに乗ってミッションに挑むアトラクション。
操縦席だけでなく
海賊ホンドー・オナカーがチューバッカからミレニアム・ファルコンを借り、ゲストに運転を任せます。
ゲストは6人でチームとなり、宇宙船でのミッションに挑みます。
マルチストーリーでゲストの動きがリアルタイムで反映されるとのこと。

「ライズ・オブ・ザ・レジスタンス」は、レジスタンスとファーストオーダーの戦いに入り込むアトラクション。
レジスタンスが対ファーストオーダー作戦の基地として作り変えた寂れた部屋を通ってライドへ。
トラックレスライドに乗車するゲストは『フォースの覚醒』でレイが体験したようなカイロ・レンからの拷問を受けることも。

他に「オガのキャンティーナ」ではディズニーランド初のアルコールを提供。
座席は少なく、ほとんどのゲストは立ち飲み形式になるとのこと。
ショップでは、自分でカスタマイズしてオリジナルのドロイドを作れるそうです。
実物大のR2-D2も販売予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ第2パークでアナ雪、マーベル、スター・ウォーズエリアの大拡張計画発表


ディズニーランド・パリの第2パーク、ウォルト・ディズニー・スタジオ・パークで大拡張が発表されました。
アナと雪の女王、マーベル、スター・ウォーズの3エリアが新たに誕生します。
2021年着工。


マクロン大統領も言及

マーベルエリア

こちらは拡張というより改修。
D23 Expo Japanで発表されたロックンローラーコースターのアイアンマンリニューアル(2019年オープン)はエリア改修の第1弾でした。
アルマゲドン、モーターショーがマーベルアトラクションになるのではないかと思います。
現在のモーターショーの場所にはシールドの飛行機(BUS)のようなものがあります。
香港のマーベルエリアもシールドが絡むと言われていますが一緒なのか違うのか…?
アイアンマンが香港はスターツアーズ形式、パリはロックンローラー改装と考えると、残り2アトラクションが同じものになる可能性はありそうです。
一方、以前から噂されていた、タワー・オブ・テラーの「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ミッション・ブレイクアウト!」リニューアルは見送られた模様。
改修エリアでは、トイ・ストーリーエリアでもリトル・グリーンメンのアトラクション(WDWハリウッドスタジオにオープン予定のもの)ができるようです。

スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ

アナハイム、フロリダに建設中のスター・ウォーズエリアがパリにも誕生。

アナと雪の女王エリア

香港で建設予定のアナ雪エリアも誕生。
基本的には香港と同じ形の模様。
アナ雪エリアはパークゲート正面で、現在のスタジオトラムツアーがなくなり、奥まで道が整備されます。
スター・ウォーズはアナ雪の隣、マーベルとの間。
アナ雪エリアの前には大きな湖が誕生。
ここでショーを行うと予告されています。

香港と同じ形のアナ雪エリアですが、どちらも水路形が整っていることが伺えます。
香港発表時に香港ディズニーランド大拡張発表。どうなるTDSアナ雪エリア|舞浜横丁で書きましたが、香港はTDSで予定されていた「北欧」エリアが移転したと思われるもの。
このエリアが海ありきで計画されていた=TDS用だったかがより明らかになったように思います。

湖はEPCOTのような形で、かなり大きめ。EPCOT同様に湖を横断する船が走っています。
この無駄に広い湖がショーのためだけに作られるのか…右側の通路とかほぼバクステへの道だし…
湖とバックステージを結ぶ運河はアレンデールの横にあり、湖との境には跳ね上げ式の橋ができる模様。
規模からしても、ショーはWorld of ColorやReflections of Earthのような噴水かパイロメインのショーになりそうです。
先日、ディズニーランドの眠れる森の美女の城のナイトショー「Disney Illuminations」が終了し、ホテル前のディズニー・レイクでのRivers of Lightのようなナイトショーに切り替わるのでは?という噂がDisney and moreなどで伝えられました。
新エリアは2021年から建設なのでタイミングが合いませんが、プロジェクションマッピングに代わる演者を使わないタイプのショーが新エリアに来るのではないかと思います。

東京の新エリアのハードルがどんどん上がっていきますが、大丈夫なのでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


D23 Expo 2017 パーク&リゾート講演まとめ

スター・ウォーズ・ランド


正式名称が「Star Wars: Galaxy’s Edge」に決定。
ディズニーランド(DLR)、ディズニー・ハリウッドスタジオ(WDW)共に2019年オープンですが、時期は異なりDLRが先にオープンします。
DLRは次回のD23 Expoの時点ですでにオープンしているとのことで、上半期にオープンの模様です。

アトラクションはスター・デストロイヤーとレニアム・ファルコンの2つ。
スター・ウォーズのキャラクターに会えるほか、キャンティーンのDJとしてスター・ツアーズのキャプテン・レックスが復帰します。

ミッキーマウス!アトラクション


ハリウッドスタジオに「ミッキーマウス!」のアトラクション「Mickey and Minnie’s Runaway Railway」が登場。
アトラクションのために作られた短編を元に、アニメーションの中とを行き来するGet A Horse!のようなストーリー。
新テクノロジーで、グラスをかけずに楽しむ「1 1/2D」映像が展開されます。
グレート・ムービー・ライドは2017年8/13でクローズ。

EPCOT改装


2021年のWDW50周年に合わせて拡張がかかっていない最後のパークEPCOTが変わります。


まずはフランス館にレミーのライドが登場。パリのやつです。
中国館のサークルビジョンも新映像になります。


そして、エレンのエナジーアドベンチャーがガーディアンズ・オブ・ギャラクシーに。
スター・ロードが幼少期にEPCOTにきたことがあるという設定が加わります。


ミッション:スペースには地球をソアリンのように見て回るコースが追加。
宇宙を見られる新レストランも登場します。

マジックキングダムにトロン&新シアター


マジックキングダムには上海のトロンが追加。
レースウェイ跡地、スペースマウンテンの隣に作られます。

さらにメインストリートUSAに新シアターも導入されます。

パリにマーベルホテル



パリのホテル・ニューヨークがArt of MARVEL仕様にリニューアル。
アイアンマンのアーマーの他、キャップのシールド、ロキの杖、ソーのムジョルニアなどが並んでいるイラストが公開されました。

WDW新ホテル&ゴンドラ




WDWにはスター・ウォーズのホテルが登場。


さらにカリビアンビーチにDVCの新ヴィラもオープンします。


そして、EPCOT、ハリウッドスタジオとアート・オブ・アニメーション、ポップ・センチュリーを結ぶゴンドラが登場。
ミッキーマウス!のデザインになります。

Uberのような個人移動車ミニーバンもアナウンスされました。

DLRにピクサー花火&DCAにPaint the Night


DLRでは2018年に新花火「Pixar Fest!」がスタート。
ピクサー・プレイ・パレードはディズニーランドに移動し、DCAにPaint the Nightが導入されます。

パラダイス・ピアがピクサー・ピアに


DCAパラダイス・ピアがテーマを一新し、来夏からピクサー・ピアに。
カーズ・ランドでは今年からハロウィーンが開催されます。

DCLが3隻追加

ディズニー・クルーズ・ラインのDisney Dream号では11月から実写版『美女と野獣』のミュージカルを公演。
さらにDCLは2021年と2023年に一隻ずつ追加の予定でしたが、2022年にさらに一隻追加されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

総括2016:世界最高のショーはクルーズにあった。Disney Dreams – An Enchanted Classic


会場のウォルト・ディズニー・シアターとなぜか仲良くなったトム(左)

昨年、香港のMickey and the Wondrous Bookを観て、現行世界最高のショーだと絶賛しました。
ラプンツェルとアリエルのデュエットにかなうものはありません。
しかし、今年ディズニー・クルーズ・ラインに乗り、真の世界最高のショーはここにあったと気付きました。
鑑賞後しばらく言葉が出ないほど感動した、ディズニーファンにとっての究極のショーです。

Disney Magic号を選んだ理由

今回乗ったのはDisney Magic号。
クルーズでは3本のミュージカルショーが上演されます。
Disney Magic号では、Tangled the Musical、Twice Charmed: An Original Twist on the Cinderella Story、そしてDisney Dreams – An Enchanted Classicが上演されています。
それぞれ1時間の濃密なミュージカル。
僕はTangled the Musicalが観たくてDisney Magic号を選んだのですが、思いがけず史上最高のショーに出会いました。
もちろん、Tangledも、Twice Charmedも素晴らしい作品でした。

定番「ディズニーの世界を巡る物語」なのに最高

Disney Dreamsは、ディズニーのショーでよくある、「主人公が様々なディズニー作品の世界を巡る物語」です。
様々な映画の名シーンを観られるので多くのショーがこの形式をとっていますが、この形式の問題点は、なぜディズニー作品の世界を巡っているのか脈略がないことです。
そこに対して、Disney Dreamsは他のショーにないアプローチを見せてくれました。それこそ、このショーが最高である理由です。

主人公への異常な親近感が伝えるディズニーの「夢と魔法」

主人公はエミリーという少女。
ディズニーが大好きで、部屋中ディズニーグッズで溢れています。
しかし、歳を経て子供心を失い、ディズニーの夢の世界は「夢の世界」での出来事であり、自分にはそんなことできないと考えています。
そんなエミリーのためにブルーフェアリーはピーターパンを遣わせ、彼女に自分の魔法を信じさせる、という物語です。

ここで重要なのが、主人公がDオタということ。
子供の頃からずっとディズニーが大好きで、ディズニーに囲まれて生きてきたけれど、本当の夢見る心、魔法を忘れてしまっている。
今までのどんなショーにもない、すさまじい感情移入をしてしまう主人公の設定です。

物心ついた時からずっとディズニーが好きで、何の話をしてもディズニーにたどり着き、頭の中で次々とディズニーの世界が展開できる。
けれども、何千回何万回と聞いてきた「夢と魔法」の本当の力を忘れてしまっていないか、あの頃の純粋な心は「夢と魔法」を感じていなかったか。
ずっとディズニーが好きで生きてきた自分にとって、自分がディズニーが好きな本当の理由は何かを心に問いかけてくれるようなショーでした。

ディズニークルーズの舞台ならではの演出

エミリーのためにピーターパンはエミリーに好きなディズニーの物語を語らせます。
ディズニーの物語を嬉々として語り、ピーターパンの力も借りながら自分の中の想像力を膨らませていくエミリーの前に、次々とディズニー作品の世界が現れていきます。
ディズニー大好きな女の子が語る、映画の名シーンの数々。
なぜディズニーの名シーンを旅するのかも理由は明白。
エミリーは、何度も何度も観てきたシーンの中にある「夢と魔法」にだんだん気付いていきます。

子供部屋の中で様々な世界が広がる様子は、舞台装置が大きく動かせない舞台ならではの表現。
エミリー自身の魔法で夢の世界が現れていく様子が描かれます。
アラジンと空を飛び、アリエルとPart of Your Worldを歌い、エミリーの夢の力はどんどんはっきりしていきます。
最後、ティンカーベルの魔法の粉がかかる演出も素敵でした。
ディズニーに囲まれた3泊4日の最後に、ディズニーいっぱいの空間で繰り広げられる、このシアターならではのステージです。

こんなに素晴らしいディズニーの世界、まさに「夢が叶う場所」での休日を楽しんでいますが、本当の「夢が叶う場所」は自分の心。
エミリーの部屋こそ夢が叶う場所だということをこの舞台が教えてくれます。

ディズニーの良さと再び向き合える最高の体験

幼い頃からずっとディズニーに囲まれて生きてきて、ディズニーがくれた力は何なのか。
心の中にある夢と魔法の力を改めて思い出させてくれる、本当に素晴らしいショーでした。
ショーが終わる頃には、星に願いをの音楽がまた変わって聞こえてきます。
クルーズからWDWに戻り、再び観たWishesはより強いメッセージを届けてくれました。

ディズニー大好きな主人公と一緒に、自分の魔法を思い出させてくれる、まさにDisney Magic号で楽しめる究極のショー。
素晴らしい最高の体験をさせてくれました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加