*

 - pooh  - by poohya

くまのプーさんの本名がサンダースだという話が出回っている件について

Twitterで出回っています。
事の発端は、あるプーの絵本に書かれている一文「ほんとうの 名まえは、 サンダースと いいますが」。
後で原文と照らして訂正しますが、嘘です。

プーの本名については様々な話が飛び交っているので一通り確認しましょう。
まず、重要なのがプー原作は非常に言葉遊びが多いということ。特にプーの紹介が行われる物語冒頭では多くの言葉遊びが行われています。
では、プー原作「Winnie-the-Pooh」第一章の最初を見てみましょう。

HERE IS Edward Bear,coming downstairs now,
(中略)
and ready to be introduced to you.
Winnie-the-Pooh.
 When I first heard his name, I said, just as you are going to say, “But I thought he was a boy?”
“So did I,” said Christopher Robin.
“Then you can’t call him Winnie?”
“I don’t.”
“He’s Winie-ther-Pooh.” Don’t you know what ‘ther‘ means?”

1ページ目で2つの問題が出てきました。
まずEdward Bear。
この文章により、「プーの本名はエドワード・ベア」というネタも散見されます。
エドワード・ベアとは、テディ・ベアと同じ意味です。
テディ・ベアの由来がセオドア・ルーズヴェルト大統領、セオドアの愛称であるテディであることは有名ですが、エドワードの愛称もテディです。
ややこしく言うと、TedはTeddyの愛称、TeddyはTheodoreとEdwardの愛称。
というわけで、この文章は「階段からテディ・ベアが降りてきました(・・・)ではご紹介しましょう、くまのプーさんです。」というような訳になります。

続いてプーは女の子問題。
これまた英語の名前が原因なのですが、Winnieとは通常女の子の名前であることが、背景にあります。
実際、ウィニーの名の由来となったロンドン動物園の熊もメスでした。
これを踏まえて、名前聞いただけでは女の子に思うが実際は男の子だという会話が行われています。

この後の”ther”もややこしいところ。
ここにいたっては本編でも説明が行われていませんが、逆に言うとこれと同様、この物語における名前に関する議論も全てこの程度の冗談だということです。

そして、今回の問題の部分に入ります。

Once Upon a time, a very long time ago now, about last Friday, Winnie-the-Pooh lived in a forest all by himself under the name of Sanders.
(“What does ‘under the name’ mean?” asked Christopher Robin.
“It means he had the name over the door in gold letters, and lived under it.”)

“under the name of Sanders”が問題の部分。
「サンダースの名の下に」と訳せますが、ここが二つの意味をかけた言葉です。
まず、サンダースという名前でという意味。とはいえ「名の下に」と言われて本名だと思う人はいません。
普通はペンネームなどを使う際の表現です。
そして、もう一つが、物理的にサンダースという文字が書かれた板の下に、という意味。
この二つをかけた「名の下に」ですが、これまでの名前に関するジョークの数々からして、一つ目のサンダースという名前でというのは、そうとも取れるジョークだと解釈するのが妥当でしょう。

以上から、プーの本名は紛れもなく「Winnie the Pooh」「くまのプーさん」です。

ついでに、一昨年の夏に「知られざる!くまのプーさんの雑学」について検証を行った際のまとめを。
@pooh_1topiさん、「知られざる!くまのプーさんの雑学[チーズが嫌い]」について – Togetter
この時の元凶は日本テレビZIPとPON。プーが女の子、チーズが嫌いという話を放送したことが原因でした。
真偽は確かめましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加