*

「 東京ディズニーリゾート 」 一覧

TDLバスターミナル、11/1より拡張・再編

【公式】バスで帰る | 東京ディズニーランド
東京ディズニーランド・バスターミナルが2019年11月1日より拡張されます。
これに伴い、バス停の整理が行われ、各バスでダイヤ改正が予定されています。

現在のバス停

現在のバスターミナルは、イースト(舞浜駅側)が1〜13、ウエスト(駐車場側)が14〜22。
1番:東京・神奈川・埼玉・茨城県内
2番:新宿、池袋、横浜、武蔵浦和
3番:ディズニーアンバサダーホテル
4番:東京ディズニーセレブレーションホテル
5番:東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾート
6,7番:東京ディズニーリゾート・パートナーホテル
8番:羽田・成田空港、長距離
9番:亀有、小岩、新小岩、浦安
10〜12番:東京ディズニーリゾート・グッドネイバーホテル
13番:臨時駐車場シャトルバス
14〜22番:長距離夜行バス(予約制)

グッドネイバー、長距離バスが新バス停に移転

11/1より、ウエストに23〜28の6つのバス停が追加されます。
この追加枠を、東京ディズニーリゾート・グッドネイバーホテルが使用します。
グッドネイバーホテル用バス停はイーストの10〜12→ウエストの22〜25に移転。
さらに8番の長距離バスもウエストに移転し、長距離は全てウエストに集約されます。
利用ゲストはは大きな変更となり、注意が必要です。
長距離夜行バスは18〜22,25〜28。
14〜17番は使い道の記載がありません。
なお、東京ディズニーシー・バスターミナルも11/1より長距離バスが全てサウスに集約されます。

近郊行きのバス停を整理

空いた10〜12のバス停は関東近郊行きのバスを整理。
利用者の多い横浜駅は2番を単独利用に。
9番も長距離バスが移転し、羽田・成田の空港バスのみになります。
1番:新宿、池袋、武蔵浦和、調布、吉祥寺
2番:横浜駅
8番:羽田・成田空港
9番:大宮、川越、甲府、茨城県
10番:蒲田、川崎、たまプラーザ
11番:錦糸町、スカイツリー、東京、秋葉原、松戸
12番:亀有、小岩、新小岩、浦安

新規バスも就航

バス停に余裕ができたことで、新規バスも就航します。
吉祥寺駅、松戸駅から新たにバスが登場。
「吉祥寺駅~TDR」の高速バス開設 1日6往復、約70分で直結 | 乗りものニュース
京成バス、松戸駅~東京ディズニーリゾート間直通バスを11月1日から運行開始 – TRAICY(トライシー)
夜行バスも浜松便が増えます。
遠鉄の夜行高速バス横浜線 11月からTDLに乗り入れ:日本経済新聞

全体として分かりやすくなった印象。
横浜駅と空港リムジンが単独利用になったのは特に便利な気がします。
さらに新規路線も増え、交通アクセスが向上しています。
10/21には飛び石連休・代休月曜・平日が重なり、TDRを起点とした大規模な渋滞が発生しました。
さらにクリスマスなどは舞浜駅の入場規制が恒例になりつつあります。
夜行バスの快適性に差はあるものの、アクセス手段の選択肢が増えることは、パーク自体のキャパシティ増に合わせて必要になっていきそうです。
となるとシー側の設備が足りない印象。バス停もですが駐輪場が毎日溢れているのなんとかなりませんかね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


ミートミッキー、11/18のみファストパスを発行

【公式】「ミッキーの家とミート・ミッキー」では、2019年11月18日のみファストパスⓇを発行します | 東京ディズニーリゾート
11/18のミッキーの誕生日、「ミッキーの家とミート・ミッキー」が1日限定でファストパスを発行します。

アプリでのファストパス発行を利用した施策。
当日はスタンバイはなく、全てファストパスでの入場になります。
これまで整理券を配布していたものが、アプリファストパスを利用した形になります。
アプリを使わない発券方法についてはアナウンスされていません。
誕生日にミートミッキーいくような人は全員アプリ入れてる前提なのかな。

アプリの利点がかなり活かされた施策で、今回うまくいけば活用は広まりそう。
整理券には2種類あり、1つめはスタンバイの補助要素として整理券を活用する方式。
グリーティングなどで使われており、ゲストは列から離れられないものの、割り込みを防ぐために整理券で番号を確認するもの。
正確には「整列券」。
2つめは整理券に集合時間が書かれて、一旦解散する方式。
あまりにスタンバイが長い場合の混雑時に利用されます。
後者が今回のファストパス形式と変わらず、今後は今回の形式になっていきそうです。
ショーの初回とかもファストパスにしてもいいのかもしれません。

ホテルアーリー(ハッピー15エントリー)の場合も入園時からファストパスが取れるため、一般入園でどこまで取得できるのかは不明。
グリーティング施設は回転率が悪く、1人あたりの時間もぶれが大きいため、ファストパス通りの時間に進むのかも今回の気になるところ。
スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジに導入されたバーチャルQが有効かもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TDL/TDS台風に伴い10/12終日休園

東京ディズニーランド®/東京ディズニーシー® 10 月 12 日(土)の休園および 10 月 13 日(日)の運営時間変更について
台風19号の影響で2019年10月12日(土)の終日休園が決定しました。
13日(日)は「昼頃まで休園の見込み」で、12日正午を目処に運営時間が発表されます。

10/12(土)・13(日)の営業に関するお知らせ|施設案内|イクスピアリ・IKSPIARI
【公式】台風19号に伴うディズニーホテルの営業について | 東京ディズニーリゾート
イクスピアリもパークに合わせて営業休止。
ディズニーホテルはキャンセル料を請求しないことを発表しました。
むしろ休園しない限り飛行機も電車も止まってもキャンセル料取ってたんだ…

パークの休園は2011年の震災以来。
産経新聞によると、天候要因で計画休園するのは1984年1月22,23日の大雪への対応以来2度目とのこと。

12,13,14日のパークチケットについては、日付指定券の変更手数料が無料になります。
3連休で年間パスポート除外日(全ての年間パスポートが除外日対象になる初めての日)なので日付指定券は相当な枚数が出ていると思いますが、払い戻しの告知はありません。
他のテーマパークも軒並み休園で、関西のUSJも休園
USJはチケットが価格変動制のため、日付変更ではなく全て払い戻しになります。
TDRも価格変動制を検討しているそうですが、こういう時に影響が出てきそうです。
なお、クレジットカード決済が必要なショーレストラン、ビビディ・バビディ・ブティック(東京ディズニーランド ワールドバザール)、ガイドツアー、ディズニー仮装プラスは自動キャンセルでクレジットカード返金。
バケーションパッケージは自力でキャンセル処理、キャンセル料免除となります。

ついでに、USJの休園情報は分かりやすい。

追記

12日正午すぎ、13日は午後2時を目処に開園を目指すと発表。
13日11時、予定を早め正午を目処に開園と発表されました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


TDL「ベリー・ベリー・ミニー!」詳細発表 過去のショーがてんこ盛り

東京ディズニーランドで2020年1月10日(金)~3月19日(木)開催されるスペシャルプログラム「ベリー・ベリー・ミニー!」の詳細が発表されました。
2021年は美女と野獣のプログラムが発表されており、ベリー・ベリー・ミニー!は1年限定です。

イッツ・ベリー・ミニー!

ショーベースで公演されるショー。
ワンマンズ・ドリームが終了し、おそらくショーベースとして最後のショーになるのでしょう。
「ミニー・オー!ミニー、ブレイジング・リズム、ジュビレーション!、ミニーのティアラ・オブ・ドリーム、Dポップ・マジック!、スーパーダンシン・マニアといった音楽に合わせてレビューショーを展開。

公演場所:ショーベース
公演時間:約25分
実施回数:1日4~5回
出演者数:約25人

ベリー・ミニー・リミックス

こちらはパレード。
フロートは1台で途中6箇所で停止する七夕や初年度フローズンファンタジーのスタイル。
ショーモードは3パターンあり、日によって異なります(スケジュールは公開済み)。
さらに停止位置により2パターンのショーモードがあり、計6パターンを公演。
ラインナップがえぐい。
ミニーのトロピカルスプラッシュやディズニー・リズム・オブ・ワールドなど、シーのショーも使われているのは驚きです。

公演場所:パレードルート
公演時間:約40分
実施回数:1日1~2回
出演者数:約25人
フロート台数:1台

デコレーション

パレードルート上のバナーで過去のショー衣装を着たミニーのイラストが登場。
しかもプログラム期間中に2回入れ替わるとのこと。
過去衣装のブロマイドグッズも登場します。

久々に過去を振り返る系ショーが登場。
とはいえここまで凄いのは初めてかもしれません。
アメリカではEPCOTが変革期に際してパークの名曲を集めた新ナイトショー「EPCOT Forever」をスタートさせ、選曲が良いものの最後をホール・ニュー・ワールドで締めてしまい微妙な空気が流れていますが、ファンはこうやれば黙らせられるんだよと東京の本気を見せつけるかのような発表です。
なんかもう悔しい気すらしてくる内容。何パターンも観に行くんだろうな…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TDR、入園者数速報を終了

東京ディズニーランド®・東京ディズニーシー® 2019 年度 上半期入園者数(速報)
恒例の入園者数速報値が発表されました。
2019年度上半期は、15,735千人(前年同期比101.4% 218千人増)で、上半期過去最高の入園者数となりました。
今年度の入園者数の目標は3000万人(前年比-7.9% 256万人減)ですから、10連休があったとはいえ目標よりかなり多くなっています。
今年は入園者数を抑えて、2020年に過去最高を出す準備にあてるはずが、今年も過去最高を記録しそうな勢いです。

それより気になるのは最後の一文。
「なお、入園者数につきましては、半期ごとに各期の最終日の翌営業日に速報を発表していましたが、速報発表は終了し、今後は第2四半期決算及び期末決算の発表時にお知らせいたします。」
毎年4/1と10/1に速報値が出ていましたが、その速報を終了し、決算発表での発表だけにするとのこと。
今年度の年間入園者数は5月末の決算時に発表されます。

背景にあるのは、USJが入園者数の発表をやめたこと。
USJは2015年度にTDSの入園者数を超えたと発表していましたが、その後コムキャストが買収、入園者数を発表しない方針に転換しました。
日本のテーマパーク入園者数はTDRとUSJが圧倒的で、USJが入園者数を出さなくなった今、入園者数争いの意味がなくなってきています。
OLCは上場企業のためTDRの入園者数は決算に合わせて発表が続きますし、TEAの推計値でそれぞれの入園者数は分かりますが、入園者数が大きな意味を持たない流れになっていきそうです。
キャパが限界に近いTDRが入園者数を増やすには拡張しかなく、入園者数よりも1人当たり消費額を増やす方が利益になります。
端的に言うと入園者数が減っても年パスをワンデーに転換させた方が良い。
そう考えると季節イベントで稼ぐより、新アトラクションとアニバーサリーを毎年打ち出していく戦略が有効となり、2020年の年間スケジュールから見える流れも頷けます。
参考:TDR2020年度スケジュール発表|舞浜横丁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加