*

「 映画 」 一覧

ディズニー映画2020年日本公開予定が発表

『ムーラン』2020年春公開ほかディズニー+フォックス強力ラインナップ発表 | cinemacafe.net
WDJが映画ラインナップを発表しました。
20世紀FOXを買収してからWDJとしては初の発表。
「ディズニー・ライブアクション」「ディズニー・アニメーション」「ピクサー・スタジオ」「マーベル」「ルーカスフィルム」「20世紀フォックス」「フォックス・サーチライト・ピクチャーズ」「ブルースカイ・スタジオ」の8スタジオの体制となり、全てWDJ管轄であることが改めて明らかにされました。

新たなステップを踏み出した、ディズニー・スタジオが掲げる来季のテーマは、【映画を超えた特別なエンターテインメントへ】。今後予定されている映画作品で世界同時公開を目指していくことはもちろん、その映画を中心として、商品、ゲーム、書籍、テレビ、音楽、ライブコンサートなど、身の回りを取り巻くすべてのタッチポイントで同じ世界観を表現し、ディズニーならではの楽しみ方を提供する“360度のエンターテインメント体験”をさらに推し進めていくという。

映画は本国と同日公開を目指すとのこと。
公開本数が激増しましたし、もう4ヶ月待ちするような状況ではありません。
さらに、「360度のエンターテインメント体験の強化」は近年WDJが日本らしい展開として重視していること。
映画が同時公開で付随したイベントも強化するならDisney+の日本上陸も近そうですね。

SW、マーベル、ピクサー D23 Expo 2019映画プレゼンまとめ|舞浜横丁
アナ雪2 楽曲披露、新作は「Raya and the Last Dragon」 D23 Expo 2019ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ発表まとめ|舞浜横丁

今回発表された映画とスケジュールは以下の通り。

邦題 スタジオ 全米公開 日本公開
マレフィセント2 ディズニー実写 10/18(日米同日)
ターミネーター:ニュー・フェイト FOX 11/1 11/8
アナと雪の女王2 ディズニー 11/22(日米同日)
スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け ルーカス 12/20(日米同日)
フォードvsフェラーリ FOX 11/15 1/10
2分の1の魔法 ピクサー 3/6 3/13
ムーラン ディズニー実写 3/27
Soul(原題) ピクサー 6/19
ジャングル・クルーズ ディズニー実写 7/24
Raya and the Last Dragon(原題) ディズニー 11月

FOXからは『キングスマン:ファースト・エージェント』(2020年2月)が公開決定済みも今回触れられなかった模様。
秋に日本でも公開予定だったものの、本国が延期(マレフィセント2と入れ替え)となったディズニー実写『アルテミスと妖精の身代金』も今回は出て来ず。
マーベルのブラックウィドウとエターナルズも触れられないのが少し心配です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


アナ雪2 楽曲披露、新作は「Raya and the Last Dragon」 D23 Expo 2019ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ発表まとめ

D23 Expo 2019のスタジオ公演、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ部分です。
SW、マーベル、ピクサー D23 Expo 2019映画プレゼンまとめ

Raya and the Last Dragon


2020年11月公開のディズニー長編アニメーション最新作が発表に。
「Raya and the Last Dragon」で、東南アジアをイメージした魔法の国Kumandraが舞台。


クレイジー・リッチ!の脚本家アデル・リムによる作品。
外部脚本家の名前が全面に出て監督が出てこないのは珍しいですね。

主人公Rayaと最後のドラゴンSisuの物語。
Sisuは人間の形をしており、ドラゴンに戻るためにRayaの助けが必要だそう。ブラザーベア?

アナと雪の女王2


最後は11月22日(金)日米同時公開のアナと雪の女王2
アナ雪1と2合わせて1つのストーリーとして完成するらしいです。
なぜエルサには魔法が備わり、アナには魔法がないのか?という疑問に答える物語。
アナとエルサの両親も回想として登場します。
会場では本編クリップを公開。
プロローグは声がエルサを呼んでいるところから。
アナたちはジェスチャーゲームで遊んでおり、オラフは体を入れ替えることで勝利。
エルサも一緒に遊んでいますが、声が聞こえるため集中できず。
一方クリストフはアナにプロポーズしようとしますが、アナはエルサの心配をしてプロポーズできる状況ではなく。
アナはエルサを見守り、昔母親が歌ってくれた子守唄をエルサに聞かせます。
エルサは寝ますが、やはり声に起こされてしまいます。
そこでエルサが歌うのが「Into the Unknown」。


Into the Unknownはイディナにより披露され、会場ではLet it Goに続く今回の名曲になると大絶賛。
さらに、アナ、エルサ、オラフ、クリストフによる新曲「Some things never change」も披露され、こちらも大絶賛の様子でした。


予告編の内容と全然繋がってきませんが、楽しみ度は上がりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SW、マーベル、ピクサー D23 Expo 2019映画プレゼンまとめ

D23 Expo 2019の2日目はスタジオ部門のプレゼンテーション。
今までは実写部門とアニメーション部門で別の講演でしたが、今回はまとめて1本になりました。時間としては半減(ただしDisney+が独立)。

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け


12/20公開、スター・ウォーズのエピソード9
新ポスターが公開されました。
レイとカイロ・レンが戦い、後ろには皇帝の姿が。
さらに上映された映像では、レイがダースモールのような赤いライトセーバーを持っていたそうで…
コミコンで発表されなかった予告編は今回もお預け。
かなり情報が絞られています。

ブラックパンサー2


マーベルからは新作が発表に。
ブラックパンサー2が2022年5月6日に公開されます。


さらに2020年11月6日公開エターナルズのキャストが登場。
キット・ハリントンがブラックナイトを演じることが明らかにされました。

ジャングルクルーズ

ここから実写化部門。
2020年7月24日公開ジャングルクルーズ
ドゥエイン・ジョンソンとエミリー・ブラントが登場。
それぞれのキャラクター視点の予告編が計2本上映されました。
お互いの性格やすれ違う様子が分かりやすいやり方ですね。

マレフィセント2


10月18日日米同時公開のマレフィセント2(Maleficent: Mistress of Evil)
オーロラ姫が20歳に成長し、結婚式を迎えることから話が展開されるようです。
マレフィセントの兄弟Feyとの関係が掘り下げられ、本当の家族は血縁とは限らないといった話になるよう。

ムーラン

2020年3月27日公開のムーラン
監督のみの登壇で詳しくは明らかにされていませんが、上映されたクリップの会場の感想を見ると大絶賛が多くありました。
期待。

クルエラ


2021年5月28日公開
101、102と101匹わんちゃんの実写化はされてきましたが、今回はクルエラのオリジン。
1970年代のロンドンを舞台に、若くパンクロックなクルエラが描かれるそうです。

Soul

続いてピクサー


2020年6月19日公開のSoul
ピート・ドクター監督の最新作は”Why am I here?”という難しいテーマ。
主人公はジョーという中学校の教師。
ニューヨークのジャズバーで演奏する夢がありました。
彼はうっかりマンホールに落ちてしまい、「You Seminar」に形而上学的にたどり着き、Soulを学ぶという話。
やっぱりインサイド・ヘッドの系統な感じがします。
音楽はトレント・レズナー。
ジャズが好きな主人公ということで、音楽も大事な要素になりそうです。

2分の1の魔法

2020年3月6日、日本は3月13日公開、2分の1の魔法(Onward)
トム・ホランドが“it’s been a crazy week but I love you 3000!”と言ったことでほとんど持っていかれていました。
かつて魔法があった世界の物語。
主人公の兄弟は幼い頃に亡くした父親に1日会うため、魔法の石を探す冒険に出ます。
冒頭8分の映像が上映されました。

ディズニー新作、アナ雪2

ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオは別記事で。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


「Disney+」新作&予告編が続々 D23 Expo 2019ディズニープラス講演まとめ

11/12スタート(日本は未定)の、ディズニーが社運を賭けた新ストリーミングサービス「Disney+」の講演がD23 Expo 2019にて行われました。
D23 Expoで最も大きなHall D23を使っての発表で、尺としてはスタジオ部門と同規模です。

ディズニー・チャンネル

ディズニー・チャンネルからスタート。
1000時間超もの過去作が配信されます。

ハイスクール・ミュージカル:ザ・ミュージカル:ザ・シリーズが目玉です。


フィニアスとファーブの新作映画は「Phineas and Ferb The Movie: Candace Against the Universe」と発表されました。

フォーキー&モンスターズ・インク


トイ・ストーリーからはフォーキーのシリーズ「Forkey Asks a Question」が登場。
フォーキーが素朴な疑問を聞いていくものです。公開された1話は「What is money」
さらに、モンスターズ・インクシリーズから「Monsters at Work」。
モンスターズ社が恐がらせ屋から笑わせ屋に変わる過程を描きます。

MCUに新作3本

マーベルからは「What If…?」の予告編。
アニメーションシリーズで、声優はMCUの俳優が務めます。


もしペギー・カーターがキャプテン・アメリカだったら?では、カーターがシールドを装備。
ユニオンジャックのシールドがかっこいいです。
「What If」は2021年夏。

「Loki」は2021年春。
エピソード数は不明ながら6時間あることが明かされました。
D23 Expo内のDisney+ブースでは4次元キューブを持ったロキが展示されており、「エンドゲーム」で4次元キューブを手にした「アベンジャーズ」後のロキを描くようです。

「The Falcon and the Winter Solder」は2020年秋。
サムとバッキーに加え、エージェント13ことシャロン・カーターが出演。
ジョン・ウォーカーという新キャラクターが明かされました。

「WandaVision」は2021年春。
ソーからダーシー、アントマン&ワスプからジミー・ウーが出演します。

上記作品+ホークアイはコミコンで発表されていたもの。
今回さらにMCUから「Ms. Marvel」「MOON KNIGHT」「SHE-HULK」の3本が追加で発表されました。

わんわん物語


ディズニー側の目玉が実写版「わんわん物語」。
予告編が初公開されました。
レディとトランプ役の犬も登場。

ナショナルジオグラフィック

ナショジオから「The World According To Jeff Goldblum」

ディズニーの「Noelle」

クリスティン・ベルによる「Encore」

マペット

マペットによる短編シリーズ「Muppets Now」が2020年スタート。
カーミットからのメッセージが寄せられています。黒塗りだらけだけれど。

スター・ウォーズ

Disney+の目玉「ザ・マンダロリアン」予告編が公開。

さらに、クローンウォーズのシーズン6が2020年2月にスタート。


さらに、タイトル未発表作として、「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」のメンバーによる新たな物語が描かれます。
そして、ユアン・マクレガーがオビワンを再び演じる新作も発表。
エピソード8〜ハン・ソロでこけて立ち消えになった企画がDisney+で復活していくようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『アベンジャーズ/エンドゲーム』感想(ファイアボールとソフィアのネタバレを含みます)

『アベンジャーズ/エンドゲーム』公開から1ヶ月たったので感想を書きます。
最高。これ以上の映画体験はもうないかもしれない。
そんな感想は書き尽くされているので、エンドゲームを観て何を思い出したかを書こうと思います。
というわけでこれ以降は『アベンジャーズ/エンドゲーム』、及び「ファイアボール 」、「ちいさなプリンセス ソフィア」のネタバレを含みます。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加