*

春キャン2018スタート。今年は「打ち上げディズニー」のはずが

春のキャンパスデーパスポート、2018年は1月5日(金)〜3月20日(火)ということで、今年もなぜかお正月最終日から始まりました。
だんだん告知が雑になってきている感がありますが、今年はシンデレラ城前で制服ミニーのポスター。
「タワー・オブ・テラー:Level13“シャドウ・オブ・シリキ”」と、限定フードが登場。

今年は「春キャンで#打ち上げディズニー しよう!」というキャッチコピー。
新たにタウンセンター・ファッションのショーウィンドウが体験型フォトスポットのようになり、いかにもSNS映えな展開が行われています。
ピクサーイベントも映えそうですね。

そんな春キャンがスタートして1日経ったところで、「#打ち上げディズニー」の威力はどんなものなのかと検索したところ…

投稿:28件
twitterは現地レポが多く春キャン学生の投稿は拾えないのでインスタで見ましたが、昨日投稿された「#打ち上げディズニー」は1件のみ。
えっ…全然打ち上げディズニーしてないじゃん…
というか、春キャンのキャッチコピーを聞いたときに今は「#打ち上げ◯◯」が流行っているのかーと思いましたが、タグ検索かけても全然出てこないし違ったのね。
一体何を狙っているのかよくわからないよ!

翻ってタワー・オブ・テラーの話題。
春キャンも昔はアトラクション重視でタワー・オブ・テラー:Level13こそ本命だったものが、ここ2,3年ですっかりフォトジェニックな傾向に。
だんだん影が薄くなってきているタワー・オブ・テラーですが、今年はハロウィーンも特別バージョンが控えています。
5/7〜29には3週間のリハブも予定されており、どう変えてくるのか気になるところです。
学生向け施策がスリルライドから転換していっている現状で、ハロウィーン版をどの層向けに展開するのかも今後の拡張とかを占う要素になりそうです。

ところで、「夏のキャンパスデーパスポート」ってもうやらないんですかね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


2018年


あけましておめでとうございます。

今年は何と言ってもTDR35周年。
春に2020年以降の拡張の話があるかも?
夏にはレギュラーショー2本と新プロジェクションという今年のハイライト状態がやってきます。
Celebrate! Tokyo Disneylandには期待しかありません。
クリスマスはどうなるのでしょうか。

映画はアベンジャーズ/インフィニティ・ウォーがついにやってきます。
リメンバー・ミーは既に観たのですが、名作の一つに数えられる作品だと思います。
シュガー・ラッシュ2は辞めてくれ。
ハン・ソロは最後のジェダイがあれだったしもう何でもいいや感。
メリー・ポピンズ・リターンズは期待したいところですが、一体どうなるのか。
そしてFOXも含まれるようになるのか…

個人的に上半期はcolos EXPO 2018に全力投球していきます。
colos EXPO 2018〜すべての“好き”が集う、究極のファンイベント〜
http://d-laboratory.jp/colos/expo
ファンが自分の“好き”を自由に表現し合うことをコンセプトとしたイベントです。
このサイトがやっていることを拡大してリアルイベントにしたものなので、このサイトを読んでいただいている方は楽しめる内容になるのではないかと思います。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Disney暦11のお知らせ

Twitter:@d_calendar

ディズニー版「今日は何の日」botとして、11年目を迎えました。
今年は約2,000項目。

ディズニー主要項目、
TDRのアトラクション、レギュラーショー、ショップ、レストランのオープン・クローズ日、
ディズニー・クラシックス、ピクサー、実写、実写+アニメ、スター・ウォーズ、マーベル、OVA作品の公開日、(本国公開日及び日本公開日)
スペシャルアニメ短編、シリー・シンフォニー、ミッキー・マウス、ドナルド・ダック、グーフィー、プルート、チップ&デール、フィガロ短編公開日、TVシリーズ放送開始日、
海外パークアトラクション、レギュラーショーのオープン・クローズ日、
ディズニーレジェンド誕生日・主要人物没日

以上を配信しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


プーやのひとりごと 82

2017年も今日で終わり。
今年最後のひとりごとは一年を振り返ります。

TDR

シャイン・オン、うさたま大脱走、ステップ・トゥ・シャイン、パーフェクト・クリスマス、ギフト・オブ・クリスマスが良かった。
この5ショーはかなり観ました。
ステップ・トゥ・シャインはベタな展開に心地良い音楽でキャッスルショーのような安心感があります。とても良い。
ギフト・オブ・クリスマスはこの期間だけでやるのはもったいない内容でした。
シャイン・オンもギフト・オブ・クリスマスも17:30の回があったのがありがたかったです。
来年は35th。Celebrate! Tokyo Disneylandが楽しみです。
内容何もわからないけれど東京ディズニーランドを祝福するコンセプトだけで満点。

海外パーク

年間グランドスラムをしました。
アウラニは初めて訪問。最高すぎました。一生流れるプールで暮らしたいです。
WDWのアバターランドも想像を上回ってきました。
アバター:フライト・オブ・パッセージは進化版ソアリンといった感じ。
DLRのガーディアンズも素晴らしい作り。
上海のトロンや香港のハイパースペースマウンテン、DLRガーディアンズと、既存のアトラクションシステムにストーリーテリングを組み合わせて魅力を増大させる、これぞテーマパークという作り方が上手くなったように感じます。
となるとDCAのピクサーピアもどうなるか期待したいところですが…ピクサーピアかー…

映画

モアナと美女と野獣を観られた素晴らしい年でした。
あの期間にラ・ラ・ランドまで入っていた、尋常じゃない2ヶ月間でした。
モアナは第2次黄金期を思わせる世界観とストーリーのテンポに、現代の技術と作り方を組み合わせた、見事な作品。
美女と野獣も今年だから作れた完璧なキャストによる作品。
ディズニーファンやっていて良かったと心から思える映画に出会えた年でした。

ファイアボール

まさかファイアボールの新作を観られる年になるとは。
来年はMovieNEX化に期待しています。
旧作もYouTubeで配信され、毎日のように再生していました。
ありがとう宇宙。

10周年を迎えた舞浜横丁。
今年もお読みいただきありがとうございました。
良いお年を。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ファイアボール ユーモラス第3話「ハイペリオン交点」

EPISODE ⅩⅠ:
THE HYPERION INTERSECTION

最終話は荒川監督による実況解説があったので情報が豊富です。
言うなれば「わかりやすい図解入り」的状況。

今回は11話目くらい。
つまり残り2話分くらい残してお話が終わることになります。
1期,2期とは一味違ったシーズンフィナーレ(暫定)です。

ドロッセルはまだ一人称が「僕」。
赤い髪ユニットは寝癖でした。


ハラヅモリ3000は荒川監督の声ではないか?と予想していたら1000が監督の声でした。
ハラヅモリ1000に「BAU28」と書かれているのが非常に気になります。
ゲデヒトニス(BAU29)の一型番前ということで、本来なら少し昔のゲデヒトニスのはず…

そして衝撃すぎる展開。
まさかのお父様がご登場です。
マントや椅子が再登場。
そしてクレジットではWINDSTILLE VON FLUGEL aka KRONOS-Ⅴという名前が明かされました。
クロノスってヴィントシュトレ卿のことだったのか!
チャーミング最終話でドロッセルが眠りについた機械、これが君主育成プログラム「クロノスシステム」。
ヴィントシュトレ卿が自分の亡き後に娘を君主に育てるためのシステムとして構築したことがわかります。

そしてクロノスとはギリシア神話の大地および農耕の神。
ウラノスの子供です。
ヴィントシュトレ卿が統治する国は「ウラノス国」。
そして、クロノスの娘こそ「ヘラ」。英語読みで「ジュノー」です。
ドロッセルの2期以降の型番はJUNO。
ヴィントシュトレ卿とドロッセルの関係が型番で繋がりました。
ウラノス国を納めたヴィントシュトレ卿と後継のドロッセル
ウラノスの子供のクロノスとその子供のジュノー
という関係が成り立ちます。

そして、完璧すぎる読書感想文コンクール優勝者発表の後には、
「FIREBALL WILL RETURN」
の一文が…
40000年でも待ちます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加