*

35周年セレモニー「TDR拡張を正式表明」は新発表だったのか?

東京ディズニーリゾートが35周年を迎え、報道各社から「OLCがTDR拡張を正式表明」というニュースが出回りました。
これに対して「知ってた」という感想ですし、ならこのニュースはニュースではないのでは?という気もします。
というわけで、この検証をしつつ現在のTDR開発計画の状況を見ていこうと思います。

発端は35周年でのかがみんの挨拶

【TDR35周年】35年前と同じ場所でのセレモニー! 35周年オープニングセレモニー速報レポ【写真25枚&あいさつ全文】 – ウレぴあ総研ディズニー特集
シー15周年に続きスピーチ全文書き起こしています。よければ読んでください。

そしてその先もですね、両パークでは様々な開発計画を模索しておりますが、現在パークの拡張について検討しているところでございます。

この35周年のあいさつの中で加賀見会長が拡張について検討していると言及。
各社で報じられることとなりました。
加賀見会長による「東京ディズニーリゾート35周年を迎えて」のコメントにも同じ記述があります。

背景1 既報の2021年以降開発計画

ここに至る背景をおさらいしましょう。
現在東京ディズニーリゾートでは、2019年春のソアリン、2020年春の大規模開発事業(新ファンタジーランド)が建設中です。
問題はそれ以降の計画。
2020中期経営計画では、2021年以降の方針として、

<東京ディズニーランド>
ファンタジーランドを含め、7つのテーマランドすべてを開発対象にエリア規模での刷新を順次おこなうなど、インパクトのある開発をおこなう
<東京ディズニーシー>
飛躍的な進化を遂げるべく、複数の拡張用地を活用した大規模なパーク開発をおこなうことで、質・量ともに体験価値を大幅に向上させる。

としています。
これは、元々の拡張計画(アリスエリアを含めた新ファンタジーランド+シーの北欧エリア)が消え、現行の大規模開発事業が発表された2016年4月に併せて発表されたものです。
東京ディズニーランド/東京ディズニーシー今後の開発計画について(2016/4/27)

背景2 日経・共同・毎日のリーク

もう1つの背景が、2017年11月の日本経済新聞と共同通信による報道。
TDR2023年までに3000億円かけて3割拡張へ、日経・共同が報じる|舞浜横丁
現在のR1,R2駐車場を中心とした用地を利用した拡張事業が報じられました。
日経と共同では建設年などの内容が異なります。
これに続く形で読売なども報じましたが、日経は翌日に加賀見会長が主導で進めておりフロリダ視察も終えていると踏み込んだ記事も出しました。
どちらもランドかシーを拡張(日経はランドとシーに均等配分)し、「日本らしい」エリアを検討している、と報じています。

その後、2018年4月に毎日新聞が「ディズニースカイ」報道。
「空」をテーマにした第3パークを建設すると確定調で報じています。
報じる価値もないとスルーしていましたが、かなり細かく確定事項のように報じたため、広く知れ渡ることに。
小学生向け新聞や、今村記者顔出し解説動画まで出て、どこからこの自信が出てくるのかと一周回って心配になりました。

セレモニーの「拡張」発言

これを踏まえてもう一度4/15に何が起きたのか振り返ってみます。
まず、セレモニーでの加賀見会長の「拡張について検討している」発言。
その後配布された資料(「東京ディズニーリゾート35周年を迎えて」)でも同じ記述。
そして、「加賀見会長から拡張について発言があったことを受けて」宮内執行役員の囲み取材が行われました。
この囲み取材はその場で突然設定されたもので、事前案内はなし。
状況としては、35周年セレモニーで加賀見会長が拡張を発表した、と受け取れるものだと思います。

囲み取材の内容は基本的には「現在検討中で決まり次第発表する」というものでしたが、第3パーク計画などは明確に否定されました。
毎日新聞の報道が全面的に否定されただけで、本当に百害あって一利なしの毎日新聞にはぜひ35周年セレモニーの取材に来ていただきたかったところです。

新発表なのか?

今回「ランドorシーの拡張を検討中」と正式な発言がありました。
背景1で確認した通り、シーの拡張はしっかり経営計画に明記されています。
一方、ランドは7つのテーマランドを順次開発という計画ですから、「ランドの拡張を検討」という部分は新発表という扱いになります。
となると、現行の「ランド開発シー拡張」計画が生きているのか、拡張検討がこれに置き換わったのか、という部分が問題になってくるのですが、そこに関してはどのメディアも聞かず。
突然の囲みで近くにおらずレコーダーで音拾うのが精一杯で質問できなかった自分が不甲斐ない…

というわけで、OLCによるTDR拡張計画は新発表と言っても嘘ではないかな、といったところだと思います。
経済紙なら中期経営計画の内容くらい突っ込めよとは思いますが。

結局どうなるの

一応新発表なのになぜみんな知っていたかと言えば、背景2で見た事前報道があり、毎日はありえないけれど日経・共同はある程度正しいなとみんなが思っていたからです。
最近加賀見会長があちこちで「日本オリジナル」のパークを目指すと発言していることも、この報道を裏付けていました。
今回のセレモニーでも「世界で唯一、東京ディズニーリゾートでしか味わえない」という発言がありました。
また、この発表が加賀見会長から行われたのも、加賀見会長主導のプロジェクトだという日経の報道に合致します。
一方、今回はランドorシーの拡張であり、新エリアをランドとシーで均等配分するという日経の報道とは異なります。
日経・共同の報道から半年近く経ち、当然計画や交渉段階での変化は起きていると思いますが、この辺りの微妙な違いが気になるところです。

また、35周年を題材に、「混雑が課題」という記事が各社で出ました。
日経MJのTDRから離れる理由は、まあ万人から好かれるのは無理だよね、という感じで何が言いたいのかよく分かりませんでしたが。
元々の新ファンタジーランド計画が現在の大規模開発事業に変わったのも、予想以上の入園者数増加ペースで計画を早める必要があったから。
ここで改めて混雑が課題という記事が出回るということは、混雑解消の切り札を出す準備ができた、その発表効果を高めるための事前情報なのではないか、という気がします。
まあどのみち待っていれば分かることでしょう。
東京ディズニーシー開園以来の大開発なら、第2パーク計画発表の時のようにアニバーサリー記者会見で発表すれば良かったのに、とか思いますが、新たな未来を見せてくれることを楽しみにしています。

追記(4/27)

2018年3月期決算発表での中期経営計画進捗資料から「2021以降の方針」が無くなりました。
ランド7つのテーマランド刷新とシー複数拡張エリアの話が上書きされたとみていいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


Disney’s Christopher Robinティザー予告編感想


『クリストファー・ロビン』ティザー予告編公開|PoohPot
24時間前にはポスターも解禁されていました。


また、出演者も正式発表されました。
『クリストファー・ロビン』主役はユアン・マクレガー。監督&キャスト正式発表|PoohPot

1分10秒のティザー予告。
前半はロンドンの都会らしく暗っぽい風景。
厳しい社会が描かれています。
週末に出かける約束をしていたというシーンでは、親子3人で田舎の森にいる様子が映ります。
都会と田舎の対比、プーと彼が住むイギリスの空気感の表現は見事です。
これだけの要素をティザーに入れてきた時点で、本編も地の部分の描写は間違いないものになるでしょう。
ロンドンに1人残ったクリストファー・ロビンは小さな公園へ。
公園のベンチで悩んでいると、ついにプーが姿を見せます。

プーはジム・カミングスが声優なので、この作品が生む新たな世界観の中で声だけがいつも知っているプーという不思議な気分になります。
見た目はアニメーションの実写版というより、原作の実写版。
『完全保存版』などのオープニングの子供部屋に置いてあるプーのテディベアではなく、実際のクリストファー・ロビン・ミルンが所有していたプーのテディベアに近い造形です。
目と口が寄っていて、正面から見ると若干の違和感があります。
横から見るとそうでもない。
ポスターではプーがアニメーションっぽい黄色になっていましたが、予告編ではよりテディベアっぽい色合いに見えます。


舞台はクリストファー・ロビンが大人になった世界で、彼を取り巻く環境は史実とは全く異なるため、ディズニー版のその後の世界と言えます。
その中でプーの造形は原作寄り(というか当時のテディベアに準拠)。
プーに合わせると、ピグレットやティガーも当時のぬいぐるみっぽくなるのでしょうか。
だとするとティガーの性格が変わってしまう可能性があります。
また、ラビットとオウルはぬいぐるみではなく100エーカーの森に住む動物。
動物である彼らをどう表現するのかも気になります。

ストーリーが見えてきませんが、今のところ空気感は完璧。
プーの造形もしっかりしていて、「幼い頃からの友達のテディベア」に魂が注がれる姿は、アニメーションとはまた違ったファンタジーを与えてくれそうです。

米国では8月3日、日本では秋公開予定。
かなり楽しみにしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年2月のディズニークリップ

フィニアスとファーブ日本上陸10周年


2/1でフィニアスとファーブが日本初放送から10周年。
声優が再集合し記念映像を制作。

舞浜エリアのホテル情勢

トップインタビュー  シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル 総支配人 福永 健司 氏|週刊ホテルレストラン
シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルの新総支配人 福永健司氏のインタビュー。
近年の舞浜エリアの変化は、外国人ゲスト比率の増加と周辺の新ホテルの激増。

米男児の名前で「ドナルド」人気が低下

米男児名、「ドナルド」は過去最低 人気は「ノア」に : NIKKEI STYLE(2日)

最近、米国で話題になっているのが、2017年1月に誕生したトランプ大統領の名前、ドナルド(Donald)の人気衰退。もともとディズニーアニメの人気キャラクター、ドナルドダックなど昔から米国人には親しみのある名前として知られており、1934年にはピークの6位に食い込んでいた。だが、近年は順位低下に歯止めがかからず、2016年は488位と過去最低の順位に下がってしまった。

2016年米国新生児の名前ランキング男児編で「ドナルド」が488位と過去最低の順位に。
1934年の6位をピークに14位(1950年)、19位(60年)、30位(70年)、53位(80年)、87位(90年)、217位(2000年)、377位(10年)と長い時間をかけてここまで低下してきた。

『ハン・ソロ』予告編公開

(5日)

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』の予告編が公開。

エミオン東京ベイに新館

東京ディズニーリゾートⓇにホテル新館 スターツ – 住宅新報web(6日)
パートナーホテル「ホテル エミオン 東京ベイ」の運営敷地内に宿泊主体型の新館「エミオンスクエア」(全204室)がオープン。
天然温泉付き大浴場や最大320席の3つの食事会場、コンビニエンスストアなどを配置。

ドラマ「ワンス・アポン・ア・タイム」シーズン7で終了

人気海外ドラマ「ワンス・アポン・ア・タイム」、シーズン7での放送終了が決定 | 海外ドラマ&セレブニュース TVグルーヴ(7日)

7年間にわたり7シーズン全156話を放送してきたABC局のチャニング・ダンジは、「ディズニーのおとぎ話を再び想像しすばらしい世界的ヒットを打ち立て、想像性と情熱で視聴者を魅了してきました。お別れを言うのはほろ苦いが、『ワンス・アポン・ア・タイム』は永遠にABCの財産の1つです」と世界的大ヒットとなった同番組の終了を惜しんだが、「視聴者にすばらしい最終回を届けるのが待ちきれません」と最終回に向けた意気込みも語った。

「ワンス・アポン・ア・タイム」が、現在全米で放送中のシーズン7をもって放送を終了することが発表された。
シーズン6でエマ、白雪、チャーミング、ヘンリー、ベル、ゼリーナが降板したの知らなかった。

キム・ポッシブル実写化

ディズニー・チャンネル公式|Twitter(7日)
「キム・ポッシブル」実写版オリジナル・ムービーを制作。
キャスティング段階とのこと。

ディズニー社決算

米ディズニー:テーマパーク好調で昨年10-12月利益は予想上回る|Bloomberg(7日)

米ウォルト・ディズニーが6日発表した昨年10-12月(第1四半期)決算では、テーマパーク部門の好調を追い風に1株利益がアナリスト予想を上回った。
発表資料によると、1株利益は税制改革に伴うプラス効果を除いたベースで1.89ドルに増加。アナリスト予想平均は1.61ドルだった。売上高は153億5000万ドル(約1兆6800億円)に増えたが、市場予想の154億4000万ドルに届かなかった。

テーマパークが好調、テレビが不振という相変わらずの状況。
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は12月までの決算には一部しか反映されず。
一方、ゴールドマン・サックスが「1月初旬に公開した中国の興行収入が予想を下振れしており、前作の「フォースの覚醒」に対して47%減だった」と指摘したとの報道も。

『シュガー・ラッシュ:オンライン』2018年冬に日本公開

今度の舞台はインターネット!!『シュガー・ラッシュ:オンライン』日本公開&邦題決定!!|ニュース|映画|ディズニー(8日)


『Ralph Breaks the Internet: Wreck-It Ralph 2』の邦題が『シュガー・ラッシュ:オンライン』に決定。
年内の日本公開が発表される。本国は11/21公開。
不思議な邦題に対して、本作監督のリッチ・ムーアも不思議な日本語tweet。

ウォルト・ディズニー・アーカイブス展が大阪から全国巡回

ウォルト・ディズニー・アーカイブス展|イベント・ライブ|ディズニー(10日)
D23 Expo Japan 2018の「ウォルト・ディズニー・アーカイブス展」が全国巡回。
スタートは4/11〜大丸梅田店

スチーマーラインのアナウンスがリニューアル

【TDS】「ディズニーシー・トランジットスチーマーライン」の船内アナウンス初リニューアル!(15日)
「ディズニーシー・トランジットスチーマーライン」の船内アナウンスが4/15にTDS開業以来初の全面リニューアル。

運航ルートによって異なる内容の船内アナウンスで各テーマポートをご紹介するだけでなく、それぞれのテーマポートの雰囲気に合わせたBGMを導入します。
さらに、昼と夜ではアナウンスとBGMが異なり、日中は東京ディズニーシーの変化に富んだ景観を眺めながら開放的で活気に満ちた冒険の船旅を、夜は水面に映るテーマポートの灯りがきらきらと輝くロマンティックな船旅をお楽しみいただけるようになります。
時には、無線の混線によって、近くを通る施設の会話が聞こえてくるかもしれませんので、じっくり耳をかたむけてみてください!

dTVチャンネル「ディズニージュニア ライト」

ドコモ:「dTVチャンネル」 CS番組、スマホに配信 碁将棋、アニメ、音楽など 定額でリアルタイム – 毎日新聞(16日)

子供向けアニメを中心に配信する「ディズニージュニア ライト」チャンネルを提供するウォルト・ディズニー・ジャパンは「CSへの悪影響はない。むしろ、より多くの新たな視聴者に触れて楽しんでもらう良いチャンスになる」とみる。提供する番組は、外出先でも気軽に楽しめる人気番組を選んで編成しているという。

dTVチャンネルで新たに登場したチャンネル「ディズニージュニア ライト」についてWDJがコメント。

ディセンダント3制作決定

(16日)

ディセンダント3の制作が決定。2019年夏放送予定。
新キャラクターとして「マルの父親」が登場するというティザー予告が公開。

TDR35周年CM

【公式】まいにちが、祝祭だ。東京ディズニーリゾート35周年“Happiest Celebration!” | TokyoDisneyResort – YouTube(22日)

TDR35周年の15秒CMが公開。
テーマソング「Brand New Day」が一般に初公開。

香港ディズニーランド3年連続の赤字

ディズニーの魔法解けた香港、家族連れはマカオに殺到|Bloomberg(22日)

マカオは昨年、中国本土からの観光客数が過去最高となった。本土から香港への観光客数も持ち直している。ただ香港ディズニーランドが20日発表した2017年の中国本土からの来園者数は、3年連続で減少した。

香港ディズニーランド2017年度は3億4,500万HKドルの赤字で3年連続赤字になった。
拡張など投資と減価償却が主な要因だが、中国本土からの観光客をマカオに奪われているとの指摘も。
マカオを家族で楽しめるリゾート地にしようと地元当局が音頭を取っている。上海ディズニーランド開業の影響も。

『最後のジェダイ』3/8で上映終了

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』3月8日(木)ついに上映終了!劇場の大スクリーンで“衝撃”を体感できるのはあと僅か!|ニュース|スター・ウォーズ/最後のジェダイ | スター・ウォーズ公式(22日)
WDJが『最後のジェダイ』でも完全上映終了日を設定。

ダックテイルズ日本放送開始

【MV】「ダックテイルズ」テーマソング – YouTube(23日)

リメイク版ダックテイルズの日本放送スタート。
日本語版OPもオリジナル版と同じ歌詞。完璧。

リー・アンクリッチ来日

【ピクサー】『リメンバー・ミー』監督来日レポ ミゲル役石橋さんが歌声を披露!名曲「リメンバー・ミー」誕生秘話 – ウレぴあ総研ディズニー特集(23日)
『リメンバー・ミー』リー・アンクリッチ監督とエイドリアン・モリーナ共同監督が来日。


取材対応後、オフ日にTDSやジブリ美術館など東京を4日間満喫して帰国。

舞浜駅の改良計画がスタート

JR舞浜駅の改良計画がスタート! 混雑緩和×利便性向上に向けて、2018年度中に調査結果取りまとめへ | Ni-gata Traders ? (23日)

混雑緩和、利便性向上を目的に、浦安市とJR東日本、東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドの3者が協力。2018年度から調査が実施されます。

ホーム延伸の調査に着手
北口の開発構想
南口ロータリーを2018年度中に改良
の3本立てで混雑緩和を検討。

バド・ラッキー氏死去

イーヨー声優 バド・ラッキー氏死去|PoohPot(26日)
ピクサーのアニメーター バド・ラッキー氏が24日、83歳で死去。

35周年ミュージックアルバム4/25発売

G@wrsh!!|Twitter(27日)

マクドナルドがディズニーおもちゃ再開

McDonald’s USA Announces Happy Meal Promotional Alliance With Disney | McDonald’s Corporation(28日)
マクドナルドがハッピーセットでのディズニー映画の使用を再開すると発表。
6月のIncredibles 2(インクレディブル・ファミリー)からスタートで、ディズニー、ピクサー、実写、マーベル、ルーカスフィルムが対象。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


パリ第2パークでアナ雪、マーベル、スター・ウォーズエリアの大拡張計画発表


ディズニーランド・パリの第2パーク、ウォルト・ディズニー・スタジオ・パークで大拡張が発表されました。
アナと雪の女王、マーベル、スター・ウォーズの3エリアが新たに誕生します。
2021年着工。


マクロン大統領も言及

マーベルエリア

こちらは拡張というより改修。
D23 Expo Japanで発表されたロックンローラーコースターのアイアンマンリニューアル(2019年オープン)はエリア改修の第1弾でした。
アルマゲドン、モーターショーがマーベルアトラクションになるのではないかと思います。
現在のモーターショーの場所にはシールドの飛行機(BUS)のようなものがあります。
香港のマーベルエリアもシールドが絡むと言われていますが一緒なのか違うのか…?
アイアンマンが香港はスターツアーズ形式、パリはロックンローラー改装と考えると、残り2アトラクションが同じものになる可能性はありそうです。
一方、以前から噂されていた、タワー・オブ・テラーの「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ミッション・ブレイクアウト!」リニューアルは見送られた模様。
改修エリアでは、トイ・ストーリーエリアでもリトル・グリーンメンのアトラクション(WDWハリウッドスタジオにオープン予定のもの)ができるようです。

スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ

アナハイム、フロリダに建設中のスター・ウォーズエリアがパリにも誕生。

アナと雪の女王エリア

香港で建設予定のアナ雪エリアも誕生。
基本的には香港と同じ形の模様。
アナ雪エリアはパークゲート正面で、現在のスタジオトラムツアーがなくなり、奥まで道が整備されます。
スター・ウォーズはアナ雪の隣、マーベルとの間。
アナ雪エリアの前には大きな湖が誕生。
ここでショーを行うと予告されています。

香港と同じ形のアナ雪エリアですが、どちらも水路形が整っていることが伺えます。
香港発表時に香港ディズニーランド大拡張発表。どうなるTDSアナ雪エリア|舞浜横丁で書きましたが、香港はTDSで予定されていた「北欧」エリアが移転したと思われるもの。
このエリアが海ありきで計画されていた=TDS用だったかがより明らかになったように思います。

湖はEPCOTのような形で、かなり大きめ。EPCOT同様に湖を横断する船が走っています。
この無駄に広い湖がショーのためだけに作られるのか…右側の通路とかほぼバクステへの道だし…
湖とバックステージを結ぶ運河はアレンデールの横にあり、湖との境には跳ね上げ式の橋ができる模様。
規模からしても、ショーはWorld of ColorやReflections of Earthのような噴水かパイロメインのショーになりそうです。
先日、ディズニーランドの眠れる森の美女の城のナイトショー「Disney Illuminations」が終了し、ホテル前のディズニー・レイクでのRivers of Lightのようなナイトショーに切り替わるのでは?という噂がDisney and moreなどで伝えられました。
新エリアは2021年から建設なのでタイミングが合いませんが、プロジェクションマッピングに代わる演者を使わないタイプのショーが新エリアに来るのではないかと思います。

東京の新エリアのハードルがどんどん上がっていきますが、大丈夫なのでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TDRついにIT施策に本腰、パークアプリを18年度に導入へ

東京ディズニー、待ちの不満解消 スマホで土産購入 -日本経済新聞
TDR公式アプリが2018年度中にリリースされると日経が報じました。
海外パークのようなマップや待ち時間情報などが統合されたアプリになるようです。

eチケットのスマホ入園スタートのタイミング

(c)Disney
なぜ2/20に報じられたのか、19日に「ディズニーeチケット」のスマホ強化が発表され、運用初日でした。
ディズニーeチケットは従来QRコードを紙に印刷して使用していましたが、スマホにQRコードを表示させてそのまま入園、FP取得が可能となりました。
QRコードはブラウザ内で表示されるため、画面の明るさを自分で上げないとうまく認識されなかったり、抽選アプリとの連携がいまいちだったりと、前時代的な仕様になっています。
この仕様も、将来的なアプリ展開を踏まえて暫定的な対応ということなのでしょう。
QRコード表示画面が海外パークアプリのパスポート表示画面に似ていますし、新アプリの仕様は海外パークのアプリに近いものになりそうです。
新アプリでは、チケットの購入・管理はもちろん、購入済みの紙パスポートの読み込みとアカウントへの紐付け、それを利用したショー抽選などの機能が入るでしょう。
年間パスポートの顔認証が2020年からスタートすることを考えても、公式アプリ内での年パス情報の保存、少なくともアプリで保存したQRを表示することで抽選やFP取得が可能な機能はつくでしょう。

園内限定のショッピング機能

目玉は園内限定のショッピング機能。
これはOLCの経営計画などでも言及されてきた施策です。
アプリ内でグッズを購入し、ショップで商品を受け取れるほか、自宅への配送も可能になります。
ショップの混雑対策ですが、帰りに商品を受け取るなら結局窓口が混雑するので、自宅への配送が大きなポイントになりそうです。
園内限定ということで、おそらく抽選同様の位置情報+パスポート入園記録で判断するものと思われます。
ただ、転売の難易度が格段に下がりそうで、ダッフィーなど在庫が無くなりやすい商品とかどうするのか気になるところ。

FP電子化はどうなる?

公式アプリの導入で気になるのは、パーク内wifiの整備と、ファストパスのオンライン化。
以前こんな雑記をしたことがあります。
TDRでMagicBandを導入するちょっと現実的な妄想|舞浜横丁
当時は電子FPはWDWだけだったのですが、その後アナハイムと上海で導入され、それぞれのアプリがTDRのスマホ版eチケットに近い画面となっています。
アナハイムと上海では、入園後にスマホ上でFPが取得できます(アナハイムは有料サービス)。
わざわざアトラクションまで行かなくてよく便利なのですが、誰もが簡単に取得できるためFPがかなりの速さで無くなっていく副作用が起きています。
公式アプリの有無がパーク体験に大きな格差を生むようになってしまいます。
すでにレストラン予約とかそんな感じだけれど。
ただ、さらなる新エリア拡張以降、アトラクションまでかなりの距離が発生してしまうことが予想され、さすがにそこまでにはFPの電子化が必須となるでしょう。

いよいよ本腰を入れてきたIT施策。
通信環境や充電環境の整備を含めて、どこまで一体的な運用をとっていくのか気になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加