*

「 東京ディズニーリゾート 」 一覧

シー15周年“ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ”2016/4/15スタート

東京ディズニーシー15周年“ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ”」
(写真はイメージです)©Disney

「東京ディズニーシー15周年”ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ”」開催のお知らせ 2016年4月15日(金)~2017年3月17日(金)
15周年のテーマは”Wish”。

東京ディズニーシー15周年アニバーサリーイベントが2016年4月15日スタート。
なぜ4/15。

337日間、「ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ」と題して、”Wish”を届けます。
“Wish”とは、未来を思い描き、そこへ向かうワクワクする気持ち。
「東京ディズニーシーでの新たな冒険の旅を通じて、ゲスト一人ひとりがもつ“Wish”がさらに強く光り輝くよう、1年間にわたってミッキーマウスやディズニーの仲間たちがゲストをナビゲートし、キャスト全員でお手伝いをします。」

“Wish”を表すアイテムはクリスタル。
アナハイムはダイヤモンドですがシーはクリスタル。
キャラクターは青のコスチューム。
ミッキーの帽子には青、ミニーはリボンにピンク、ドナルドは腕に青、グーフィーは胸に緑、プルートは首輪にオレンジのクリスタルがあります。
このミニーはグッズが可愛いやつだ…

ショーは4/15から15周年期間限定ハーバーショー「クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー」がスタート。
「“Wish”を輝かせる新たな冒険の旅へ期待に胸を膨らませるゲストの前に、さまざまな願いを持ったディズニーの仲間たちが旅の案内役として登場し、冒険の旅立ちを盛大にお祝いします。」

10年前、5周年の期間限定ショーとしてスタートした「ビッグバンドビート」はショー内容やコスチュームを「一部変更してリニューアル」。
お、おう。

ハンガーステージの新ショーも15周年期間の序盤にスタートします。

ミラコスタも開業15周年です。

まだまだ情報は少ないですが、”Wish”が詰まったクリスタルに輝く祝祭の海、楽しみです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ新客室6/8より登場

東京ディズニーシー・ホテルミラコスタで6/8より順次登場する新客室。
「イル・マニーフィコ・スイート」を除く501室を7つの期間に分け、来年2月末までかけてリニューアルする大規模な改装です。
第一期のオープンに先駆け、新客室、そして新しい廊下も見学してきました。
パークよりも“冒険とイマジネーションの海”を感じられる客室です。
DSC_0646

カピターノ・ミッキー・スーペリアルーム

アクアスフィア側に面するトスカーナ・サイドは、ミッキー船長による航海がテーマの客室にリニューアルされます。

まず入って驚くのが、キャラクターの多さ。
古き良きポルトパラディーゾを思い出させるようなミッキーたちが描かれています。
ミラコスタでここまでキャラクター色が強いのは意外。
ここのインパクトは東京ディズニーランドホテルを上回るほどでした。

「カピターノ・ミッキー・スーペリアルーム」の壁の絵のイメージ②
「カピターノ・ミッキー・スーペリアルーム」の天井画イメージ
客室にはガリオン船での公開の様子が描かれています。
さらに天井にはキャラクターが数多く描かれた星座が。
寝るときも航海の気分を味わえそうです。

大航海時代らしいタペストリー

全客室共通で飾られているのが大航海時代をイメージしたイラストのタペストリー。
タペストリーは2種類あり、ランダムで飾られているため、どちらに出会えるかは運次第。
ミッキーたちの航海の様子が描かれています。
キャラクターが描かれておりお部屋が賑やかになるイメージですが、タペストリーという重みのおかげでミラコスタらしい落ち着いた雰囲気を演出させています。
DSC_0646
DSC_0661

ポルト・パラディーゾ・サイド

DSC_0640
ハーバーが望めるポルト・パラディーゾ・サイドのお部屋。
マーメイドミニーのベッドスローや壁紙が印象的です。
DSC_0642
ベッドボードはコンパスをイメージ。
陽気な港ポルト・パラディーゾらしく、ミラコスタの中では明るめの雰囲気がありました。

全部屋共通で飾られているミッキーの航海地図。
細かく書き込まれているので宿泊時にじっくり堪能したいものです。
DSC_0651

ヴェネツィア・サイド

ヴェネツィア・サイドのベッドスローや壁紙はポルト・パラディーゾ・サイドと共通。
DSC_0658
ベッドボードにはヴェネツィアの街をイメージしたイラストが。
ヴェネツィアの街に調和した、落ち着いて優雅なデザインとなっています。

廊下にもミッキーたちの冒険が

これまでピノキオが隠れていた廊下。
新客室に合わせ、廊下にもミッキーたちの冒険が描かれました。
細かなキャラクターやアイテムまでじっくり見たくなる絵は4種類。
DSC_0682
DSC_0678
DSC_0685
DSC_0688

まさに冒険とイマジネーションの海を眺めるホテル

DSC_0654
リニューアルされ、キャラクター色が強くなったミラコスタ。
しかし、パークとの調和が重視してそれぞれのエリア毎に雰囲気が変えられていました。
テーマも大航海時代のミッキーたちの冒険として全エリアで統一されており、メディテレーニアンハーバーから始まる冒険とイマジネーションの旅にふさわしいストーリー性を感じます。
最近のパークよりも今回のミラコスタ新客室の方が東京ディズニーシーらしさを味わえると思います。

“カピターノ・ミッキー”スペシャルノンアルコールカクテル

シルクロードガーデンでは6/8~2016/3/31の期間、新客室“カピターノ・ミッキー”の名がついたノンアルコールカクテルを提供。
DSC_0694
ミラコスタのカラーであるえんじと金をクランベリージュースとジンジャーエールで表現。
ブルーベリーシロップに加え、イタリアをイメージしたアマレットシロップ、中華料理レストランらしいジャスミンティーが爽やかな後味で入ってきます。
オレンジのスライスは羅針盤をイメージ。
ミッキー船長による航海で出会った様々な国の風味と出会えるノンアルコールカクテルです。

非常に爽やかで、これから夏の時期にはぴったり。
また、カクテル自体が濃くない味わいのため、シルクロードガーデンの広東料理の素材を活かしてくれるでしょう。
暑い日にふらっと飲みにくるも良し、シルクロードガーデンの料理と一緒に楽しむも良し。
とてもおいしいカクテルでした。

“カピターノ・ミッキー”スペシャルノンアルコールカクテル
提供場所:シルクロードガーデン
価格:1,100円
提供期間:6/8~2016/3/31
販売時間:11:30~14:30/17:00~22:00

(c)Disney

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新ショップ「ジャングルカーニバル」12月オープン。アドベンチャーランドショップ改修に

2015年12月にアドベンチャーランドの新ショップ「ジャングルカーニバル」がオープンすると発表されました。

2種類の有料ゲームが楽しめるお店ということで、シーのワゴンゲームのような形になる模様。
また、アドベンチャーランド・バザールもディズニーキャラクターを扱うショップにリニューアルされます。

両ショップは『ジャングルブック』をテーマにすえ、ファサード(外壁)には「ジャングルブック」のキャラクターたちが描かれるほか、その店内は美しいインドのジャングルや宮殿などをモチーフにデザインされます。

これに伴い、「パシフィック・エクスポート」、「サファリ・トレーディング・カンパニー」、「チキ・トロピックショップ」が6/21でクローズ。
アドベンチャーランド・バザールも同時にクローズしリニューアルに入ります。

アドベンチャーランドのショップ密集地帯が一気にリニューアル。
パシフィック・エクスポートは旧千葉物産館であり、テーマエリアがアジアからインドに絞られることになります。

ショップは3店舗閉鎖で1店舗新規ということで、面積はかなり広くなる見込み(元々ワゴンが外にあるなどゆとりのある作りの店舗です)。
閉鎖3店舗が全てゲームになるのか、バザールも面積を拡大するのかは不明です。
後者だとすれば、パーク入口のグランドエンポーリアム、奥のギャグファクトリーに加え、右のトレジャーコメット、左のアドベンチャーランド・バザールと、“何でも揃うショップ”がパークの四点に配置されることになります。

いよいよ大改造が始まるTDR。
ここまで連続して新要素が出ると、それだけで楽しくなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


『ファインディング・ニモ』シアターライドアトラクション2017年春オープン。ストームライダーは2016年5月終了

東京ディズニーシーのポートディスカバリーに映画『ファインディング・ニモ』と『ファインディング・ドリー(原題)』(2016年公開予定)の世界を舞台としたアトラクションがオープンすると発表されました。

アトラクション内観(イメージ)
アトラクション内観(イメージ)
Artist concept only ©Disney/Pixar

このイラストから分かる通り、システムはストームライダー。
ストームライダーを2016年5月中旬にクローズさせ、2017年春にニモとしてオープンします。

シアターライド型アトラクションでは、これまでスター・ツアーズとストームライダーで宇宙や空を飛ぶものでした。
しかし今回は海底を潜るコンセプト。
新しい体験になりそうです。

映像は『ファインディング・ドリー』のスタッフが参加して製作するとのこと。
かなり気合が入っています。

ストーリーに登場する潜水艦(イメージ)
ストーリーに登場する潜水艦(イメージ)
Artist concept only ©Disney/Pixar

魚サイズに縮むことができる潜水艦に乗り込んだゲストは、ニモやドリーたちと同じ目線で、広い海の世界を冒険します。
途中で出会う海の仲間たちは体験のたびに異なり、ゲストは新しい発見をすることができます。

というストーリー。
ポートディスカバリー自体は残るため、研究所のようなストーリーになるようです。
『ファインディング・ドリー』(原題)は2016年7月日本公開予定。
昨年発表されたストーリーの一部をこちらの記事に書いています。
映画の内容に触れるので具体的には書きませんが、こちらを見ればなんとなくアトラクションの設定も読めるかと思います。
『アナ雪』『ニモ』続編も! 最新ディズニー映画ラインナップ&ストーリー詳細をジョン・ラセターが解説|D*MANIA

オープンは2017年春、総工費約50億円。
定員は1キャビン122名×2キャビンでストームライダーと同じ。
ファストパスの導入も既に決定しています。

気になるのはメインショーの時間が約5分間ということ。
ストームライダーが約14分ですから1/3程度になります。
ある意味回転の良いアトラクションになりますが、少し短すぎないか…

以降は妄想ですが、直営でない東京のパークが公開前の映画を新アトラクションとして扱うのは極めて稀。
前例がありません。
先日発表された「北欧」エリアの『アナと雪の女王』も世界で最も早いテーマランド展開ですが、「ありたい姿」の計画内としても今回のニモはちょっと唐突。
OLCの計画として導入したというより、アナ雪エリアを導入するにあたりバーター的な扱いで『ファインディング・ドリー』を押し付けられたという気がしてなりません。
金に目がくらんだOLCが豊かなバックグラウンドストーリーを持つアトラクションを潰してキャラクターものに・・・という単純なものではないのではないかと思います…

少なくともはっきりしたのは、「北欧」エリア建設時にポートディスカバリーは影響を受けないということ。
現ストームライダー、ハンガーステージが更新されるため、「北欧」エリアの用地は既存エリアにほとんど浸食しないことが明らかになってきました。

ショー時間の短さが引っかかりますが、TDRの歴史に類を見ないかなり前衛的なプロジェクトであることは確か。
けっこう楽しみです。

本心はファインディング・ニモ・ザ・ミュージカルが良かったです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OLC2014年度決算発表

2014年度の決算が出ました。
ファンタジーランド、北欧エリアに隠れがちですがまさかの入園者数最高記録を出した年度のまとめです。

キーワードは「30周年の反動」「ワンス、フローズンファンタジー」

入園者数は「30周年の反動」の予想を覆し、31,377千人で過去最高を記録。
「ワンス・アポン・ア・タイム、アナとエルサのフローズンファンタジー」が予想を大きく超える人気となったのが要因。
セグメント別でみても、4Q(フローズンファンタジー期間)が過去最高益を出しています。

一方、「30周年の反動」の影響を受けたのは売上単価。
物販・飲食が30周年の終了により減少しました。ここについては原材料費と為替レートの影響で利益が大幅減。
また、アニバーサリーは遠方ゲストが多い年。昨年度は「ワンス、フローズンファンタジー」による首都圏近郊ゲストの増加が目立った年でした。
結果として、宿泊ゲストが減少し、TDHやアンバサダーホテルを中心に稼働率と単価が減少。全体としてホテル事業が減益となりました。
宿泊ゲストが減少し首都圏近郊ゲストが増加したことで、ワンデー比率が増加。
チケット単価は4,660と増加しました。
「ワンス・アポン・ア・タイム」によって夜間パスポートの販売数が大きく伸びましたが、それを相殺するだけのワンデー圏内比率増があったと発表されています。

パークは入園者数とチケット単価が増えるものの物販・飲食の単価減に引っ張られ、全体で減益。
ホテルも稼働率減が大きく減益となりました。
とはいえこれは13年度比。「30周年の反動」を予想した値からは大きく増加しました。

15年度予想:チケット値上げとホテルリニューアル

今年度の予想は4/1に行われたパスポート値上げと、2,3月のTDH、6月以降のミラコスタ客室リニューアルがカギ。

「ワンス、フローズンファンタジー」2年目といことで入園者数は減少予想。
イベントの2年目による入園者減という表現ははじめて見ました。それほど衝撃的なイベントです。
予想は30,400千人。それでも3,000万人超えで、ありたい姿の“恒常的に3,000万人”は既に達成しているようです。

チケット単価は値上げにより4,980予想。5,000円が見えてきました。
物販・飲食も単価は上がりますが、為替レートによる利益率の減少は続きます。

ホテル事業は、新キャラクタールームを導入したTDHが客室稼働率を90%半ば→90%後半に増加させる見込み。
一方、リニューアル最中になるホテルミラコスタは客室稼働率が90%後半→90%前半に大きくダウン。
売上高はTDHとブライトン傘下により増える見込みですが、営業利益は改装費用がかさむことから減益です。

そしていよいよ本格化する設備投資。
13年度、14年度、15年度(予想)で
169→338→662(億円/2パーク合計)と大きく増加。
ここをみると、今年度からファンタジーランド再開発の設備投資がスタートする一方、シーはハンガーステージの記載。
北欧エリアの工事は来年度以降のようです。

今年度は入園者数とホテル稼働率という直接的な動員数が肝となる1年になりそう。
株式分割とパーク開発計画による株価の推移も気になる1年です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加