*

「 くまのプーさん 」 一覧

くまのプーさん展、会場構成・福岡展開催発表

「くまのプーさん展」8/6~松屋銀座で開催。約1年半かけ全国巡回。 | 舞浜横丁

くまのプーさん展の第2弾リリースが出ました。
リリース内容詳細はこちらに書いています。
『くまのプーさん展 WINNIE THE POOH EXHIBITION』会場構成が発表! – Disney ~All Started By A Mouse~|conфetti(コンフェティ)

まずは、7/1のNHKサービスセンター内特設サイトにて発表された、福岡展。
福岡三越9/2~10

そして、会場構成が発表されました。
エントランス→原作→ディズニー映画→グッズなどの展開 という、ベタな流れとなっており、好感が持てます。
ようこそ、プーさん誕生の森へ
100エーカーの森をイメージしたエントランス。
くまのプーさん誕生の歴史
原作コーナー。
ミルンとシェパードに加え、石井桃子さんの名前が挙っています。
たとえディズニーであれ、プーを語るには原作の存在が欠かせませんが、日本でのプーにとっては石井桃子さんの存在も決して欠かすことが出来ません。
このエリアがどこまで踏み込んだものになるのか。
くまのプーさんの世界
ディズニープー映画版コーナー。
全約400品が並ぶ展覧会のうち半分の約200品がここで登場。
ウォルトとの出会いから記述されているのが気になります。ウォルト・ディズニーの約束に近い流れになるのでしょうか。
どうやらここでは『完全保存版』に含まれるプー3作のスケッチやセル画がメインになる模様。
確かに『クリストファー・ロビンを探せ!』以降の映画展開は次のプーグッズ・世界展開に分類する動きもあります。
くまのプーさんの多彩な広がり
ウォルトの予想を超えたプーの人気、そんな彼がディズニーでスターになって以降の足跡を紹介。
目玉のハリウッド・ウォーク・オブ・フェイム記念プレートなど約80点。
複雑な歴史を持つプーにとっては、映画以降の世界展開の様子も非常に重要な要素となります。
歴史に関わる重要な資料がどこまで出てくるか注目。
森のプーさんへのメッセージ
プー恒例、各界アーティストからのトリビュート作品集。
新しいものはあるのか。

グッズマーケットには約500点。
2,000円以上の購入で缶バッジプレゼント。

さらに、8/3~25、松屋銀座には巨大プーぬいぐるみのフォトロケーションが登場。
“Happy Hunny Days in Ginza”と題し、銀座界隈のプーグッズ取扱店でも缶バッジが貰えるキャンペーンを開催。

構成はベタで非常に楽しみ。
この構成からどこまで踏み込んでくるかに期待したいです。
そして図録を売ってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


ファッショナブルなロンドンっ子に。プーの新イメージビデオ公開。


プーの新しいイメージ映像が公開されました。

いつもののんびりした雰囲気とはがらっと変わり、プーの世界をファッショナブルに表現した映像となっています。

kZgk7cX3Md4
ユニオンジャックからはじまるこのイメージビデオ、プーの故郷ロンドンを舞台に今までとは全く違うイメージの映像が展開していきます。
ここ5年くらいで使われているデザインのプーがあれこれ登場するなか、原作挿絵(彩色版)も登場。
これ本当に日本がわざわざ作ったの?というほどの映像に仕上がっています。(今のところ海外でこのビデオは公開されていないようです)

kZgk7cX3Md42
メッセージも、「いっしょにいると笑顔になれる」といった今までのものとは変わり、「TOGETHER WE CAN FLY ANYWEHER」といったおしゃれなものに。

今年は8月から「くまのプーさん展」の開催が発表されており、またプーで盛り上がる夏の予感。
「くまのプーさん展」8/6~松屋銀座で開催。約1年半かけ全国巡回。 | 舞浜横丁
確かに、「くまのプーさん展」のリリースでもこれまで多用されてきた”癒し”といった単語は無く、「幸せと喜び、笑顔を届ける」と表現されています。
プーのまた新しい側面が取り上げられる夏になりそう。
楽しみ!

BIG HEARTS
DESERVE
BIG HUGS.
HELLO THERE
FRIENDS!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「くまのプーさん展」8/6~松屋銀座で開催。約1年半かけ全国巡回。

くまのプーさん展-1
(c)Disney

今年の「はちみつの日」イベントはなんと展覧会!!
「くまのプーさん展 WINNIE THE POOH EXHIBISION」が8/6~の東京・松屋銀座を皮切りに約1年半かけて全国巡回します。

ウォルト・ディズニー・カンパニー秘蔵の初公開資料や立体作品など約400点が展示されるとのこと。
さらに、会場限定オリジナルアイテムや会場先行発売のオリジナルアイテムが販売されるグッズマーケットも併設されるそうです。

展示の中でも注目は、『プーさんとはちみつ』オリジナルセル画や背景画、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェイムのプレートなど日本初公開の資料とのこと。
walkoffamepooh
ウォーク・オブ・フェイム

キャラクターとしてのプーの魅力だけでなく、映画にもしっかりフォーカスされた展覧会になりそう。
ロゴも最近のデザインが用いられています(このデザインでクリストファー・ロビンが隣に座っているのは初?)
今からわくわくが止まりません。

プーに関する展覧会といえば、2006年にプー80周年記念で開催された「くまのプーさんからのメッセージ展」、2011年の新作公開に合わせて開催された日本テレビくまのプーさん展、一昨年まで全国を巡っていた「くまのプーさん ほのぼのフェスタ」(こちらは物販メインでした)があります。
近年は毎年「はちみつの日」(8月3日)周辺に「ハニーガーデンパーティー」などのイベントが行われています。
今回はこれらを超える企画展になるようで非常に楽しみ。
続報は7月に公開されるそうです。

くまのプーさん展 WINNIE THE POOH EXHIBISION
東京展 [松屋銀座] 概要
会 期:2014 年8月6日(水)~25日(月) 10時~20時 (最終日17時迄。入場は閉場の30分前迄)
会 場:松屋銀座8階 イベントスクエア
主 催:NHKサービスセンター
協 力:ウォルト・ディズニー・ジャパン、日本航空
企画協力:エイチ・ツー・オー カンパニー
入 場 料:一般 1,000 円(700 円)、高大生 700 円(500 円)、中学生 500 円(300 円)、小学生以下無料。( )内は前売料金
前 売 り:セブンチケット、ローソンチケット、チケットぴあで8月5日まで販売。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


プー聖地巡礼ガイド 7 -名の由来クマのウィニー

プーオタによるプー聖地巡礼ガイド、第7回はプーの名前を辿ります。

第1回 プーの故郷、英国への旅
第2回 ロンドンからハートフィールドへ
第3回 伝説のお店プー・コーナー
第4回 Pooh Bridge(プー棒投げ橋)
第5回 魔法の場所、ギャレオン・ラップ
第6回 プーが生まれた場所、ハロッズ

londonzoo

■ロンドン動物園
ロンドンっ子の憩いの場所、ロンドン動物園。
街の北、シャーロック・ホームズで有名なベーカー街からバスに乗るとロンドン動物園につきます。
世界最古の科学動物園である同園は一日いても飽きないような広大なもの。
多くの動物ショーが行われており、入園時にショースケジュールも配られます。

harrylondon
映画『ハリー・ポッターと賢者の石』のロケが行われた爬虫類館。

ロンドンっ子はそれぞれお目当ての動物に会おうと動物園を訪れます。
クリストファー・ロビン・ミルンもそのひとりでした。

■ウィニー・ザ・プー名の由来
クリストファー・ミルンはよくロンドン動物園に行っては、一番のお気に入りクマに会いました。
彼は特別に檻の中に入れてもらい、遊んでいました。
そのクマの名前はウィニー。
熊なのにとても人懐っこく、ロンドン動物園の人気者でした。
クリストファー・ミルンは、大好きな熊の名前を自分のテディベアに付けました。
これが「ウィニー・ザ・プー」名の由来です。

■クマのウィニー
像でウィニーと一緒に立っているのはカナダの軍獣医ハリー・コールボーンです。
彼は猟師から孤児熊のウィニーを購入し、獣医連隊のマスコットとして可愛がりました。
フランス転属の際、ウィニーをロンドン動物園に預け、第一次世界大戦後正式に寄贈しました。
彼はウィニーが世界一有名な熊になったことは知らずに、その生涯を終えたそうです。

■ウィニーとハリー・コールボーン像
現在、ウィニーとハリー・コールボーンの像は動物園の南西、子供向けふれあいエリアにいます。
人懐っこく、多くのロンドンっ子に愛された世界一有名なクマ、ウィニーは今も子供たちが動物と触れ合う姿を大好きな主人と一緒に見ています。

londonzoowinnie

 

全7回に渡ってお届けした「プー聖地巡礼ガイド」
プーの故郷は彼が生まれた土壌らしい空気で溢れていました。
世界にはまだまだプーの聖地があります。プーたちが展示されているニューヨーク市立図書館や、今回取りあげたウィニーの名の由来カナダの地名ウィニペグ・・・いつか行ってみたいものです。
プーの歴史を辿り、100エーカーの森を訪れる旅を終え、より深くプーの世界を味わえるようになりました。
今後もプーの世界を徹底的に追っていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プー聖地巡礼ガイド 6 -プーが生まれた場所、ハロッズ

プーオタによるプー聖地巡礼ガイド、第6回はロンドンに戻りあの有名百貨店へ。

第1回 プーの故郷、英国への旅
第2回 ロンドンからハートフィールドへ
第3回 伝説のお店プー・コーナー
第4回 Pooh Bridge(プー棒投げ橋)
第5回 魔法の場所、ギャレオン・ラップ

harrods1

■ハロッズ
ハロッズはロンドンを代表する老舗高級百貨店。
イギリスでお土産を買うならここ、夜のイルミネーションを見るならここ。
ロンドンの観光スポットとなっています。
ハロッズ 歴史 | 三越のハロッズショップ
そして、ハロッズ内には他とは違った特別なディズニーストアが出店しています。
Disney Store at Harrods |舞浜横丁
プー聖地巡礼でなくとも、ディズニーファンなら立ち寄りたい場所です。

■プーが生まれた場所
ハロッズ3階におもちゃ売り場があります。
harrods2
パディントンもロンドンっ子のテディベア

1921年、クリストファー・ロビン・ミルン1歳の誕生日プレゼントとしてテディベアが贈られました。
その熊は後にウィニー・ザ・プーと名付けられます。
このテディベアが買われたのがハロッズです。

harrods3

ひとつひとつの表情が異なるのがテディベアの特徴のひとつ。
たくさん並ぶ熊の中から、最初の友達となるテディベアが選ばれていきます。

特別な友達となった熊にはそれぞれ特別な名前がつけられることでしょう。
クリストファー・ミルンも自分の大切な友達に「ウィニー・ザ・プー」と名付けました。
次回はそんな「ウィニー・ザ・プー」名の由来となった場所を訪ねます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加