*

「 pooh 」 一覧

上海ディズニーランド プーエリア「Hunny Pot Spin」コンセプト公開

11873756_10207215629050144_4356502457431297040_n
いよいよ始まるD23 Expo 2015。
来年春以降にオープンするとも言われている上海ディズニーランドの展示も大きな注目ポイントです。
中でもプーエリアの情報をdpost.jpのmt兄さんにいただきました。
というわけでいただいた写真からプーエリアを詳しく見ていきます。

「100エーカーの森」としてプーエリアを整備

11866379_10207215628690135_6078963478211273916_n
まず、何より大きいのがファンタジーランド内にプーエリアが誕生すること。
アナハイムにプレイグラウンドがあったことがありますが、アトラクションを2つ有しエリアとして整備されるのは世界初。
中国でのプー人気が伺えます。

写真はプーエリアを示す看板。
100エーカーの森(百亩森/Hundered Acer Wood)と書かれています。
プーの家にあるのと同じような鈴がついています。
矢印が指す方向がバラバラなのが最高。

アトラクションは2つ

11855729_10207215629490155_1941310974797311677_n
エリアとして整備されるのは、アトラクションが2つ作られるから。
1つは「プーさんの冒険」(The Many Adventures of Winnie the Pooh)。
アナハイム、フロリダ、香港と同形式のライドアトラクションです。
写真の下部にあるページも、海外パークのプーライドと同じ。
第二章と書いてあるものがライド前、プーとイーヨーとティガーがライド後のページです。
ロゴも全く同じなので、アトラクション内容も同じでしょう。

そして、新規アトラクション「Hunny Pot Spin」。
いわゆるコーヒーカップ。アリスのティーパーティーの代わりとなるアトラクションです。
リーク段階からHunny Pot Spinの名前が挙っていましたが、ついに目に見える形で情報が出てきました。
ロゴがめちゃくちゃ可愛い。
壺に入るプーの絵は、プー2011の公開以降に描かれたイラストシリーズが元になっているようです。

位置関係としては、それぞれのアトラクション形式上あたりまえですが、ライドがあり目の前の道にハニーポットスピン。
東京のファンタジーランドのフィルハーマジックとティーパーティーくらいの距離感でしょう。

Hunny Pot Spin

11168913_10207215629170147_6135455651386643705_n
11898532_10207215629450154_6713647091003440839_n
Hunny Pot Spinをより詳しく見てみましょう。
ティーカップの代わりに乗るのははちみつの壺。
ちょっと小さめな印象を受けますが、こんなもんだっけ?
海外のプーライド、東京のプーさんのハニーハントもライドがはちみつの壺になっています。
上海では2つのアトラクションが両方つぼ型ライドということになります。
壺は3パターン計6色はあるようです。
色合いはプーライドで使われている色。おそらく全く同じ色の組み合わせでしょう。
中は黄色。はちみつが入っているので当たり前です。
壺の上からはちみつが垂れていますが、注目は下にもはちみつがついていること。
アトラクションの床ははちみつが溜まっている設定になっており、その上を壺がスピンするというコンセプトが分かります。

アトラクション全体像を見ると、イギリス風の建物。
内部の天井にはいくつもの蜂の巣とハチ。
ハチは巣の周りをまわるので、それに合わせてはちみつの上に浮いた(?)ライドも回ることになるようです。
イラストは初期コンセプトなのか、ライドがはちみつの壺というより、キャラクターに合わせたデザインになっています。
赤が多い壺がプー、縞々のティガー、他にイーヨーとピグレットをイメージした壺があります。
最終的にはこの案はボツになり、写真に示されているようなオーソドックスな壺になったようです。
屋根の上で風船を持って浮いているようなプーも気になります。

Hundred Acer Wood
Take a spin in a whirling honey pot under a canopy with honey-dripping hives as friendly bees hum the Winnie the Pooh song.
説明にあるhiveとは、「巣箱」やそこにいるハチの群れという意味。
蜂の巣が集まるはちみつの海で壺に乗り回るアトラクションになります。
そんなコーヒーカップ形式のアトラクションの曲がプーの曲というのはなかなか狂っている。
イメージとしては恐らくこれがモデル。

プー2011の曲Everything is Hunny。
この曲は元々ははちみつの海を壺に乗ったプーが航海するようなコンセプトアートも多かったため、そこから着想を得ていそうです。

その名(The Many Adventures of Winnie the Poohは「完全保存版」の原題)の通り、1977年の映画をもとにしているライドと、2011年の映画をもとにしたティーカップ。
2つのプーの世界が集まった、新しいファンタジーランドになります。
オープンが楽しみです。
本当にオープンするなら。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


『インサイド・ヘッド』感想:ビンボンが選んだプー「最終章」の道

IMG_2461

ネタバレ感想:映画『インサイド・ヘッド』を観たの続きです。
映画内容を踏まえて書いているので、未見の方は鑑賞後にお読みください。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ディズニーがプー実写化検討。新規ストーリーに。

Disney Sets Live-Action ‘Winnie The Pooh’ Film; Alex Ross Perry To Write|Deadline
Disney Planning Live-Action ‘Winnie the Pooh’ Film – Hollywood Reporter
Disney to make live-action Winnie-the-Pooh with Alex Ross at the helm | Daily Mail Online

ディズニーが「くまのプーさん」を実写化しようとしていると報じられました。
Alex Ross Perryを脚本として契約したとのこと。
彼の経歴についてはDaily Mailを。

ストーリーは、クリストファー・ロビンが大人になり、100エーカーの森に帰る。というものだとか。
ぬいぐるみをどう実写化するのか触れられていませんが、もしかするとほとんどクリストファー・ロビンだけのシーンということになるかも。

プー実写といえばTVシリーズのWelcome to Pooh Cornerやパペットを用いたザ・ブック・オブ・プーがありますが、今回の企画はきっとしっかりした実写になるのでしょう。
ストーリーは、プー作品史上稀にみる新規展開になる予感。
学校に通いだしたクリストファー・ロビンがプーたちがいつも通り遊ぶ森に顔を出す話はディズニー、原作ともに続編として存在しますが、今回はクリストファー・ロビンがもっと大きくなっている模様。

ディズニー実写化といえばマレフィセントやシンデレラ、今後もジャングル・ブックなどが予定されており、先日もムーランが発表されたばかり。
シンデレラについては自分を含めて絶賛する声が多く、その要因はマレフィセントと違い元の話に忠実なストーリーであることでした。
予想外の設定や脚本ではなくそのままの物語でどう実写を描くかが重要であるとシンデレラが証明したばかりなのにこのありさま。

特にプーはディズニーですら原作の物語を守り、大切に大切に扱ってきました。
劇場公開作品で原作から物語をもってきていないのはティガームービーのみ。
そのティガームービーも原作を読み込み、原作の細かな要素を散りばめることで100エーカーの森らしさを保っています。
この調子だと最悪のプー映画として歴史の汚点になる予感がします。
早急に企画が潰れてほしいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


「プー棒投げ」挿絵、5900万円(£300,000)で落札。

「くまのプーさん」挿絵原画、5900万円で落札 過去最高額 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
Image of Winnie the Pooh playing pooh sticks fetches over £300,000 at auction | Books | The Guardian

「プー横丁にたった家」(The House at Pooh Corner)の有名な挿絵が£314,500(約5,900万円)で落札されました。
挿絵画家E.H.シェパードの過去最高額となった上に、オークションで落札された挿絵としてもピーターラビットを超え史上最高額となりました。

この挿絵のスケッチは昨年11月に発見され、£58,750で落札されています。
E.H. Shepard’s Winnie the Pooh sketch that first captured the magic of Poohsticks found | Daily Mail Online

One of the reasons why the sale price came as such a surprise was that a pencil drawing of the same scene sold for £58,750 last year. It also eclipses the price of the only known oil painting that Shepherd did of Pooh, which sold in 2000 for £150,000.
Winnie the Pooh picture breaks 2 records – AOL Money UK

「プー横丁にたった家」第6章の最後に登場するこの挿絵は、「プー棒投げ」(Poohsticks)をみんなでした後、プーとピグレット、クリストファー・ロビンが川を見ながら語り合うシーンのもの。
オークションでのタイトルは”For a long time they looked at the river beneath them…”と、このシーンの文章を抜き出したものになっています。
プー挿絵の中でベスト5には入る大変有名な絵であり、その中でもこの3人が入っているという点では最も価値のある一枚です。

「プー棒投げ」はプーが考えたゲーム。
挿絵にもある橋「プー棒投げ橋」(Pooh Bridge)はイギリスに実在します。
プー聖地巡礼ガイド 4 -Pooh Bridge(プー棒投げ橋) | 舞浜横丁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ONETOPI「くまのプーさん」2012年10月~の投稿一覧

OT_icon_73x73_pooh
ONETOPI終了のご挨拶:ONETOPI事務局通信:ITmedia オルタナティブ・ブログ
2014年8月29日15時をもってONETOPIのサービスが終了します。
プーやはONETOPI「ディズニー」「くまのプーさん」のキュレーターとして@dis_1topi、@pooh_1topiに投稿してきました。
今回のサービス終了に伴い、2012年10月~現在まで使われている1topi.jpへのリンクが消滅し、Twitter上からリンクに飛ぶことが不可能になります。
ここに、2012年10月16日~2014年6月17日までの全262投稿をログとて残します。

@pooh_1topiは今後もひっそりとプーのニュースを流していきます。
ディズニーニュースは@maiyokoをご覧ください。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加