*

ドローンはショーの未来を変えるか


ハウステンボスで7/22〜8/5の期間限定で行われているインテル ドローンショー。
日本初、ドローン300機が夜空を舞う8分ほどのショーです。

写真とかはここで:インテルドローンライトショー、ハウステンボスに日本初上陸!|コンフェティ

単にLEDを積んだドローンが空を舞うだけでなく、LEDは様々な色になり、ドローンは300機がしっかり隊列を組んで動きます。
羽ばたく鳥や回転する地球など様々な形を組み、奥行きのある動きをします。
ドローン300機、つまり「300ドットの立体映像」が見られます。
真っ暗な夜空にパッと現れる光のオブジェは非常に美しい。
やはり映像ではない物体が作る本物の立体感は表現力が強いです。
ドローンが集まっていき「HTB25」(ハウステンボス25周年)の文字を描く時など、わくわくしながら見ていました。

最も興奮した「海賊船」

最も興奮したのは、海賊船を描いたシーン。
300機のドローンが海賊船になり、その海賊船が旋回しながら進んでいきます。
夜空に浮かぶ海賊船、もう完全にピーター・パンです。
数秒間の動きだけでも、背後にストーリーを感じました。
新技術の見世物、単に色々な形を作るではなく、これは確かにショーでした。
そしてこの技術は未来を変えると思いました。
こんな未来を感じる興奮は初めてでした。

ドローンは未来のショーを創るか

巷ではVRが流行中で、ハウステンボスもVR押しまくっています。
しかし個人的にVRから未来は感じません。
VRはVRで完結してしまうからです。
プロジェクションマッピングも少し前は新ショー形態として脚光を浴びましたが、今やアナハイムのファンタズミック!2.0のようにショーの一部として取り込まれていす。
今後もプロジェクションマッピングはショーの効果の一つとして使われ続けていくでしょう。
VRはこれができません。ARならまだできるけれど。
それに対して、ドローンは既存のショーと組み合わせられる力を持っています。
ショー中に夜空に海賊船がやってきたら、花火の途中でティンカー・ベルが空を舞うような興奮が生まれるでしょう。
Illuminationsの地球バージもドローンで再現できるでしょうし、プロメテオは空を飛べるでしょう。
ドローンショー単体ではない、ショー全体がより夢と驚きのあるものになっていく力を秘めていると思いました。

予算さえあればどこまでも拡張できる

今回のショーが8分程度だったのはLEDのバッテリー限界だそうで、ドローンの小型化と耐重量の増加、バッテリーの軽量化が進めば、ドローンショー自体を長くすることも可能。
またドローンが300機だったのも予算上の理由だったそうです。
今回の2週間は本当にテストで、ゲストの反応と客入りを見て今後の展開を判断するとのこと。
お金さえあれば1000機でのショーも可能ですし、途中でドローンを入れ替えれば時間の長いショーだって可能です。

TDRでできる?

ところでこのドローンショー、ハウステンボスだからこそできた代物でもあります。
ハウステンボスは海に面しており、花火を打ち上げられるなど、ゲストが入らない広大な土地を有しています。
落下などの危険をあまり考えずにドローンがあげられる立地です。
今回のショーは風速8m以上になると中止されるそうです。
8m、意外と強い。
TDRの花火は北風でも5m程度で強風のため中止となります。当然、ショーもパイロカットです。
ランド夏散水ショーの中止ラインは9m程度と言われており、パレードもこの程度で中止扱いになります。
つまり、同条件ならTDRでもほとんどの日でドローンショーは開催可能です。
問題は、ゲストからの距離。
ハウステンボスは海上でゲストからかなり離れた場所にドローンがいるため、風に流されて落下してもかなりの強風ではない限り海に落ちます。
おそらく、ドローン自体は8m以上でも耐えてショーができる力を持っていて、この安全面で風速規制があると思われます。
現状ドローン最大の問題は、人の上で飛ばせないことでしょう。そこの安全面がクリアできる機種が出れば、相当変わると思います。
また、そもそもある程度遠くでないと綺麗な形に見えない(1機が1個のLEDなので近いと解像度が下がる)という問題もあります。
TDRで導入するなら、OLC本社か駐車場あたりでドローンをあげてキャッスルプロジェクションの演出にする辺りがギリギリできるラインでしょう。
メディテレーニアンハーバーなら、ファンタズミック!にラプンツェル入れてランタンを再現とかでしょうか。
もはや今回のドローンショー技術ではなく、1機のドローンにランタンを積むだけですが、あまり高さを出さなければ風にも相当強くなります。
ドローンの耐重量が飛躍的に向上すれば好きな場所からパイロやウォータースクリーンが打てるようにもなるでしょう。

現状開催できる場所はかなり限られており、まだまだドローンの技術革新待ちだなとは思いますが、未来を感じさせることは確か。
だからこそハウステンボスには日本でこのショーを公演できるパークとして突き進んで行ってほしいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


D23 Expo Japan 2018チケットは7種類

D23 Expo Japan 2018のチケットはA〜Eの7種類。
アラン・メンケンの有無によって同チケットの中でも価格が変わるというややこしいシステムです。

年齢制限&チケット電子化

今回の大きな変更点は、年齢制限の追加。
2018年2月10日時点で6歳未満のお子さまは「ショー&プレゼンテーション」「ディズニー・マジカル・シアター」「VIPラウンジ(Eチケット)」へのご入場・ご鑑賞はできません。
そして、不正転売防止として、電子チケットが導入されます。
Dチケットを除き、再販制度があり、「チケットトレード」が行われます。
「チケットトレード」は開催1か月前。

A〜Eチケット

A〜Cチケットは2015年と値段が変わりません。
Eチケット 3デー・ファンタジアパス
ショー7公演(全て)、展示とショップ優先入場、アーリーエントリー
アンバサダーホテル内のVIPラウンジ利用と、そこで行われる特別プログラム
がついて12万円。

Dチケット 3デー・リゾートパス
バケーションパッケージで販売されます。
ショー6公演(1演目見れない)、展示とショップ優先入場、アーリーエントリーがあります。
今回は選択制ではなく、自動的にスター・ウォーズ&マーベルが外れています。
ホテルが付くバケパのため、値段はEチケットより高くなります。
Dチケットだけは先着販売のため、確実に行くためにはこの道しかありません。

Cチケット 3デー&3ステージパス
19,000円で3公演。
展示などは3日間楽しめます。
一番オーソドックスなチケットといえそうです。
チケットは観たい3公演を選択した上で抽選申し込みという形になります。
ただしアラン・メンケンは選択できません(後述)。

Bチケット 1デー&1ステージパス
8,000円で1公演。
TDRだけ観たいとかの方のためのチケット。
展示などは公演当日の1日のみ入れます。
ただしアラン・メンケンは選択できません(後述)。

Aチケット 1デーパス
展示、シネマプログラム、ショップ入場権が1日分で3,500円。
これも抽選販売です。
キングダムハーツがシネマプログラムに入っているのでAチケットも日によって激戦化しそうです。

アラン・メンケン

今回のポイントは初日夜の「アラン・メンケン ソロコンサート」。
このスロットだけ別枠扱いで、料金が変わります。
アラン・メンケンは7,500円価格が上がります。
Eチケット&Dチケット
デフォルトでアラン・メンケン参加権が付いています。
Cチケット 3デー&3ステージパス(アラン・メンケン ソロコンサート)
アラン・メンケンを選択できるCチケット。
メンケン+2スロット選択する形です。
価格は7,500円上がって、26,500円。
Bチケット 1デー&1ステージパス(アラン・メンケン ソロコンサート)
アラン・メンケン+初日の展示などを観られるチケット。
15,500円。

それでは抽選頑張りましょう(白目)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

D23 Expo Japan 2018プログラム発表


2018年2月10日(土)から12日(月)に舞浜で開催されるD23 Expo Japan 2018のスケジュールが発表されました。
アラン・メンケンのソロコンサートをメインに持ってきたテーマは「Beyond Imagination~これまでも、これからも、想像を超えて~」。

ショー&プレゼンテーション

基本的には前回と同じ
オープニングセレモニー
ディズニーパークの魔法
TDR×2回
吹き替えの魔法×2回
WDSJ新作映画ラインナップ
で、音楽プログラムが「アラン・メンケン ソロコンサート」。
さらにルーカスフィルムとマーベル・スタジオが映画ラインナップから独立し7スロットです。

1日目 2月10日(土)
・10:00‐11:00<オープニングセレモニー>
「D23 Expo Japan 2018」のキックオフとなるオープニングセレモニーを実施します。ディズニー社の最新情報もお伝えします。
・14:30‐15:30<ルーカスフィルムとマーベル・スタジオ>
ルーカスフィルムからスター・ウォーズ最新情報、そしてマーベル・スタジオからはいよいよ最終章に突入する『アベンジャーズ』シリーズ含めて最新映画情報を特別にご紹介!
・19:00‐21:00<アラン・メンケン ソロコンサート>
数々のディズニー作品の音楽を手掛けたレジェンドがついに「D23 Expo Japan 2018」に登場!

2日目 2月11日(日)
・10:00‐11:00<東京ディズニーリゾート35周年特別記念プログラム>
東京ディズニーリゾートの35周年を目前に控え、特別なプレゼンテーションとディズニーの仲間たちによるショーをお届けします。
・13:00‐14:00<東京ディズニーリゾート35周年特別記念プログラム>
※上記10:00からのプログラムと同じ内容となります。
・19:00‐20:30<ウォルト・ディズニー・スタジオ新作映画ラインナップ>
ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ、ピクサー・アニメーション・スタジオのアニメーション作品最新情報、そしてディズニー実写まで、スタジオからリリースする最新映画情報を特別にご紹介!

3日目 2月12日(月)
・11:00‐12:00<ディズニーパークの魔法>
ザ・ウォルト・ディズニー・カンパニーのエグゼクティブが世界のパークについてお話しします。
・16:30‐17:30<ディズニー吹き替えの秘密>
大ヒットディズニー映画から、あの声優たちがとっておきの秘密を教えます。
・19:30‐20:30<ディズニー吹き替えの秘密&グランドフィナーレ>
※上記16:30からのプログラムと同じ内容、グランドフィナーレとなります。

ディズニー・マジカル・シアター

ついにディズニーチャンネルがメインではなくなったシネマイクスピアリのプログラム。
キングダムハーツのファンイベントも含めてチケット当選者の中から抽選です。

「リメンバー・ミー」特別試写会
「キングダム ハーツ」ファンイベント(仮)
LINE:ディズニー ツムツム ドリームステージ @D23
「ベイマックス ザ・シリーズ」特別エピソード
「ダックテイルズ」第1話
「ラプンツェル ザ・シリーズ」特別エピソード

展示

東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ:ウォルト・ディズニー・アーカイブス展 (Inside the Walt Disney Archives~From Mickey Mouse to Forever After~)
東京ディズニーランドホテル:東京ディズニーリゾート35周年特別記念展示

ショップ

ディズニーアンバサダーホテル:マジカルストア
東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ:ミュージアムショップ
舞浜アンフィシアター:サマンサタバサグループ Special Shop
ディズニーアンバサダーホテル:ユニクロ MAGIC FOR ALL POP UP STORE
ディズニーストア 東京ディズニーリゾート店他:サテライトショップ/ディズニーストア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


D23 Expo 2017 パーク&リゾート講演まとめ

スター・ウォーズ・ランド


正式名称が「Star Wars: Galaxy’s Edge」に決定。
ディズニーランド(DLR)、ディズニー・ハリウッドスタジオ(WDW)共に2019年オープンですが、時期は異なりDLRが先にオープンします。
DLRは次回のD23 Expoの時点ですでにオープンしているとのことで、上半期にオープンの模様です。

アトラクションはスター・デストロイヤーとレニアム・ファルコンの2つ。
スター・ウォーズのキャラクターに会えるほか、キャンティーンのDJとしてスター・ツアーズのキャプテン・レックスが復帰します。

ミッキーマウス!アトラクション


ハリウッドスタジオに「ミッキーマウス!」のアトラクション「Mickey and Minnie’s Runaway Railway」が登場。
アトラクションのために作られた短編を元に、アニメーションの中とを行き来するGet A Horse!のようなストーリー。
新テクノロジーで、グラスをかけずに楽しむ「1 1/2D」映像が展開されます。
グレート・ムービー・ライドは2017年8/13でクローズ。

EPCOT改装


2021年のWDW50周年に合わせて拡張がかかっていない最後のパークEPCOTが変わります。


まずはフランス館にレミーのライドが登場。パリのやつです。
中国館のサークルビジョンも新映像になります。


そして、エレンのエナジーアドベンチャーがガーディアンズ・オブ・ギャラクシーに。
スター・ロードが幼少期にEPCOTにきたことがあるという設定が加わります。


ミッション:スペースには地球をソアリンのように見て回るコースが追加。
宇宙を見られる新レストランも登場します。

マジックキングダムにトロン&新シアター


マジックキングダムには上海のトロンが追加。
レースウェイ跡地、スペースマウンテンの隣に作られます。

さらにメインストリートUSAに新シアターも導入されます。

パリにマーベルホテル



パリのホテル・ニューヨークがArt of MARVEL仕様にリニューアル。
アイアンマンのアーマーの他、キャップのシールド、ロキの杖、ソーのムジョルニアなどが並んでいるイラストが公開されました。

WDW新ホテル&ゴンドラ




WDWにはスター・ウォーズのホテルが登場。


さらにカリビアンビーチにDVCの新ヴィラもオープンします。


そして、EPCOT、ハリウッドスタジオとアート・オブ・アニメーション、ポップ・センチュリーを結ぶゴンドラが登場。
ミッキーマウス!のデザインになります。

Uberのような個人移動車ミニーバンもアナウンスされました。

DLRにピクサー花火&DCAにPaint the Night


DLRでは2018年に新花火「Pixar Fest!」がスタート。
ピクサー・プレイ・パレードはディズニーランドに移動し、DCAにPaint the Nightが導入されます。

パラダイス・ピアがピクサー・ピアに


DCAパラダイス・ピアがテーマを一新し、来夏からピクサー・ピアに。
カーズ・ランドでは今年からハロウィーンが開催されます。

DCLが3隻追加

ディズニー・クルーズ・ラインのDisney Dream号では11月から実写版『美女と野獣』のミュージカルを公演。
さらにDCLは2021年と2023年に一隻ずつ追加の予定でしたが、2022年にさらに一隻追加されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

D23 Expo 2017実写プレゼンテーション

ダンボ実写版

ダンボ実写版が2019年3月に公開決定。
ティム・バートン監督作で、彼からのビデオメッセージが寄せられました。
あわせてくるみ割り人形も2018年11月に決定。
ムーラン実写版(もともと2019/3予定)は1年延期され2019年12月になりました。

メリー・ポピンズ・リターンズ


『メリー・ポピンズ』の24年後の話。
ジェーンとマイケルは大人になっています。
ディック・ヴァン・ダイクは銀行頭取の役で出演。
メリー役のエミリー・ブラントはジュリー・アンドリュースを真似るのではなく、自分のメリー・ポピンズを演じると発言。

アラジン、ジャングルクルーズ制作決定

実写版アラジンとジャングルクルーズが制作決定。
アラジンはジャスミン役がナオミ・スコット、ジーニー役がウィル・スミス。
調整が長引いていると言われていたアラジン役にはMena Massoud。
ジャングルクルーズはドゥウェイン・ジョンソン。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ

やはり予告編ではなく舞台裏映像が公開されました。

マーベル

マーベルスタジオは来年で10周年。新ロゴが登場します。
アベンジャーズ/インフィニティ・ウォーの話
アベンジャーズが15人登壇。
予告編が公開されました。情報量が多すぎる…

映画公開スケジュール

参考:アナ雪2 2019年11/27公開決定、Giganticは2年延期。その他ディズニー映画スケジュール大幅変更|舞浜横丁


2017年
11/3 マイティ・ソー バトルロイヤル
11/22 リメンバー・ミー
12/15 スター・ウォーズ/最後のジェダイ

2018年
2/16 ブラックパンサー
3/9 五次元世界のぼうけん(A Wrinkle in Time)
4/6 Magic Camp
5/4 アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
5/25 ハン・ソロ
6/15 Mr.インクレディブル2
7/6 アントマン・アンド・ザ・ワスプ
8/3 実写(おとぎ話)
11/2 くるみ割り人形(The Nutcracker and the Four Realms)
11/21 シュガー・ラッシュ2
12/25 メリー・ポピンズ・リターンズ

2019年
3/8 キャプテン・マーベル
3/29 ダンボ実写版
4/12 トゥーンスタジオ新作
5/3 アベンジャーズ4
5/25 スター・ウォーズ ep9
6/21 トイ・ストーリー4
7/19 ライオン・キング実写版
8/9 実写(ジャングルクルーズ?)
11/8 実写(アラジン?)
11/27 アナと雪の女王2
12/20 ムーラン実写版

ジャングルクルーズとアラジンが2019年までに公開されるとすると、fairy tale以外の枠は19年8/9しか残っていないので、ジャングルクルーズはそこでの公開になりそうです。
となるとアラジンは18年8/3か19年11/8。
アラジンは18年8/3に間に合わなさそうですから、19年11月っぽい。
どちらも2020年以降の可能性もありますが…
18年8月のは元々17年7月公開予定だったものですが、何かは不明。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加