*

100エーカーの森にペンギンがやって来る…プー90周年記念“続編”に登場


Winnie-the-Pooh makes friends with a penguin to mark anniversary | Books | The Guardian

「クマのプーさん」出版90周年を記念した続編で、100エーカーの森にペンギンがやって来ることが発表されました。

プー90周年記念作品集

51z0qpiqfrl
Winnie the Pooh: The Best Bear in All the World

1926年10月14日の「クマのプーさん」出版から今年で90年。
これを記念して、プーの続編にあたる物語が書き下ろされます。
その中の1章「Winter: in which Penguin arrives.」で新キャラクターのペンギンが登場することが明らかになりました。

90周年記念の本「The Best Bear in All the World」は、「クマのプーさん」「プー横丁にたった家」の続編集。
春夏秋冬それぞれ1章ずつの物語が、Jeanne Willis、Kate Saunders、Brian Sibley、Paul Brightによって書き下ろされます。

挿絵はMark Burgess。
2009年に出版された続編「Return to the Hundred Acre Wood」や、今年発表されたエリザベス女王謁見の物語の挿絵も担当した画家です。
「クマのプーさん」エリザベス女王90歳記念絵本をディズニーが公開|舞浜横丁

ペンギンもプーたちと同じぬいぐるみ…っぽい

今回「ペンギン」が登場することになりましたが、この章の著者のBrian Sibleyはミルン親子がペンギンのぬいぐるみと遊んでいる写真にインスパイアされて書いたと述べています。
プー原作者のA.A.ミルンと息子のクリストファー・ロビン・ミルンは、テディベアをはじめ、たくさんの動物のぬいぐるみで遊んでいました。
クマやコブタ、ロバは「クマのプーさん」の物語に登場するようになり、後にトラとカンガルーも加わります。
これらの物語には登場しませんが、ペンギンのぬいぐるみでも遊んでいたんだから登場して良いだろうということ。

プーはロンドンの百貨店ハロッズで購入されたテディベアですが、当時のハロッズのカタログにはテディベアに並んでペンギンのぬいぐるみも掲載されています。
プーが買われたのが1921年。その翌年のカタログには「Squeak」というペンギンのぬいぐるみが掲載されており、ハロッズのアーキビストによると、今回の挿絵のペンギンは「Squeak」に見えるそうです。
プー聖地巡礼ガイド 6 -プーが生まれた場所、ハロッズ|舞浜横丁

随分ふわっとした理由付けのような気がしますが、新しい物語を書くにも原作の伝統を守らないと叩かれてしまうので、ミルンのプーに沿っているというアピールなのでしょう。

The Best Bear in All the Worldが発売されるのは90周年を1週間後に控えた10月6日。
クリストファー・ロビンが100歳、プーが99歳になるまであと4年。新しいプーたちの物語はどのように描かれるのでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


ソフィアのペンダントが赤くなった!ペンダントとドレス色変更の理由は「エレナ」

amulet
【公式】ディズニーストア|ネックレス ソフィア: |ディズニーグッズ・ギフトの公式通販サイトDisneystore

日本のディズニーストアでついにソフィアのペンダントが発売されました。
WDWに行く前にわざわざニューヨークのディズニーストアでペンダントを買っていった身としてはうれしい限りです。安いし。
しかしこのペンダント、2月に購入した同じ商品と大きく異なることがあります。
色です。
ソフィアのテーマカラーといえば紫。ペンダントも同じ紫色のはずでしたが…
さらにペンダントがついている台紙もよく見てみると、ソフィアのドレスが変わっています。
キッズ用コスチュームにも反映されていますね。
新ドレス→ディズニーストア
旧ドレス→かわいい3WAYドレス
なぜソフィアのペンダントとドレスは変わったのでしょうか。

ソフィアの“大事件”後のエピソード

ディズニー・チャンネル10月の特別編成が発表されました。
ソフィアもハロウィーンに向けた特別編成「ディズニー・チャンネル ハロウィーン/ドレスアップ!ソフィア」が放送されます。
ここでは、73話~75話が日本初放送。
この特別編成の説明文に

ラスト3話はソフィアのアミュレットとドレスが新色になって登場!

しれっとペンダント(アミュレット)とドレスの色変更の事実が書いてあります。
ここに書かれている通り、74話「パパとえんそく」(Dad’s and Daughter’s Day)では紫だったソフィアのペンダントが、75話「きしのものがたり」(The Secret Library: The Tale of the Noble Knight)では突然赤に変わっています。
そして、本編中でそれに触れられることはありません。

ソフィアのペンダントとドレスは、何の説明もなく、突然しれっと変わるのです。
本当はペンダントの色が変わった大事件があるのですが、なぜ触れずに話が進んでいるのでしょうか。

色が変わった理由は「エレナ」

74話と75話の間に何があったのでしょうか。
これを知るには、本国での放送時期を見る必要があります。
現在ソフィアは月1~2本の新エピソードが制作されおり、75話が7月初放送になります。
7月といえば、ソフィア関連で大きな出来事がありました。
「アバローのプリンセス エレナ」2016年冬 日本放送開始|舞浜横丁
7月22日、本国で「アバローのプリンセス エレナ」がプレミア放送。
ソフィアでもこれに合わせてペンダントと衣装が変わったのです。

ソフィアのペンダントの秘密

本国では、11月にソフィアの特別エピソード「Elena and the Secret of Avalor」が放送予定。
このエピソードで、ソフィアの世界にエレナが初登場。
エレナは名実ともにソフィアのスピンオフとなります。
ところで「アバローのプリンセス エレナ」というタイトルですが、この「アバロー」はソフィアが持つ「アバローのペンダント」に由来しています。
つまり、ソフィアが持つペンダントの秘密がエレナがスタートする理由に繋がってきます。

「Elena and the Secret of Avalor」で描かれるといわれている物語をざっくり書くと…
昔、アバローのペンダントの所有者はエレナでした。
エレナが悪い魔法使いと戦った時、ペンダントはエレナの命を守るために自身の中にエレナを入れ込みます。
そのまま40年ほどたち、ソフィアがペンダントの所持者となったのが現在。
特別エピソードでエレナはペンダントから解放され、自らの国(アバロー)へと帰り、新しい冒険を始めます。
この冒険が新シリーズ「アバローのプリンセス エレナ」です。
そして、エレナが解放された後のペンダントは色が変わり、エレナの色、赤になったのです。
放送順と物語の時系列がずれますが、この物語がエレナ第0話にあたるため、7月放送の第1話のちょっと前、ソフィアでいう「74話と75話の間」にあたります。

この事件を経てソフィアのペンダントとドレスの色が変わり、さらにソフィアの家族もペンダントの秘密を知ることになるらしいです。
今までソフィアの世界にあったルールが一変します。
新シリーズのエレナと始まりの物語も楽しみですが、これまでの前提条件が大きく変わったソフィアも今後どうなっていくのでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シー15thフィナーレは旅立ち&新衣装。春キャンパスデーパスポートも発売

東京ディズニーシー15周年”ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ” ~グランドフィナーレ~開催 2017年1月13日(金)~3月17日(金)
東京ディズニーランド/東京ディズニーシー「キャンパスデーパスポート」「キャンパス2 デーパスポート」発売のお知らせ
冬季イベントが発表されました。

TDS15thグランドフィナーレ

(c)Disney

(c)Disney


「ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ~グランドフィナーレ~」は1/13から開催。

「クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー」は、内容の一部が新たな旅の出発をお祝いするグランドフィナーレバージョンに変更され、ディズニーの仲間たちは、それぞれのウィッシュ・クリスタルの色がいちだんと輝く新コスチュームで登場します。

ポルト・パラディーゾ・ウォーター・カーニバルの「エテールノ」ですね。

グランドフィナーレ限定の衣装を出してきました。
この新衣装のグッズもあるそうです。

ランドは「フローズン・フォーエバー」

(c)Disney

(c)Disney


一方のランドでは「アナとエルサのフローズンファンタジー」を開催。
毎年ワンス・アポン・ア・タイム~スペシャル・ウィンター・エディション~を公演してきましたが、2017年は全編アナ雪。
アナ雪だけのプロジェクションマッピング「フローズン・フォーエバー」が公演されます。

キャンパスデーパスポート

期間:2017年1月6日(金)~3月17日(金)
除外日:なし
対象地域:制限無し
制限時:入園不可

価格
大学・大学院・短大・専門学生(18歳以上)通常7,400円→6,800円(-600円)
中高生(12~17歳)通常6,400円→5,800円(-600円)

キャンパス2デーパスポート
大学生13,200円
中高生11,600円

開始日は変わらず。終わりが曜日の関係で1日短くなりました。
価格はパスポート値上げがありましたが、割引額自体は変わらず。

大きな変化は、2016年に導入された「小学生」が1年で廃止されたことでしょう。
なかったことにされています。

また、制限時の入園が不可なパスポートですが、「日付指定限定入園日」に関する記述はないため、春休みスタート前までは日付指定限定入園日はなさそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


ディズニーキャラクター年賀2017はミッキー&ドナデジ。インクジェット写真用は全てミッキーに

2017(平成29)年用年賀葉書の発行及び販売 – 日本郵便
2017年もインクジェットはミッキー。
インクジェット写真用は通常(非キャラクター)が無くなり、全てミッキーになりました。

プー柄が無くなり、インクジェット写真用もミッキーに。
インクジェットのディズニーキャラクター年賀はミッキーと酉年にちなんでドナルドデイジー。
お年玉部分はミッキーミニードナルドデイジーグーフィーが並びます。
インクジェット写真用は、ミッキー以外の選択肢がないという新しい展開。誰でも使いやすいよう、ミッキーシェイプを鏡餅などに用いたデザインになっています。

発行枚数は、ディズニーキャラクター年賀が4億1204.8万枚。
インクジェット写真用が7911.2万枚。
計4億9116万枚。
6年ぶりに5億枚を割り込みました。
総発行枚数が28億5329.6万枚なので、総発行枚数におけるディズニーキャラクターの占有率は17.2%になります。
ディズニーキャラクター年賀の枚数は減りましたが、年賀はがき自体の枚数も減ったため占有率は上昇しています。

これまでの当初発行枚数
H20:9000万枚(ミッキー/70円×5枚セット) link
H21:1億1000万枚(インクジェット1億+写真用1000万)(プー初年度/発売後即売り切れlink再入荷) link
H22:3億5500万枚(3.2億+3500万) link
H23:4億6930万枚(4.15億+5400万+香り付き30万)(香り付き70円) link
H24:5億2900万枚(4.6億+6900万) link
H25:5億8000万枚(5.07億+7300万)(ウォルト110th柄) link
H26:6億1200万枚(5.28億+7600万+吹き出しシールセット800万)(Happiness is a state of mind柄)(吹き出しシールセット5枚入り300円) link
H27:5億5800万枚(4.93億+6500万)(インクジェットミッキー,写真用プー) link
H28:5億947万枚(4.4958億+5989万)(インクジェットミッキー,写真用プー) link
H29:4億9116万枚(4.1204億+7911万)(ミッキー) link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

上海ディズニーランドのTIPS17個

DSC_0990
上海ディズニーランドがオープンして2ヶ月。
日本から渡航する人も増えてきて、経験者として質問されることも多くなりました。
同じ質問も多いので、一気にここに貼っておきます。
オープン当時に比べてずいぶん平和で過ごしやすいパークになったらしいですが、以下はあくまでオープン当初の話なのであしからず。

パーク編

開園

自分の命は自分で守りましょう(参考:戦う上海|D-Lab)。
荷物検査ゲートオープン→開園ゲートオープンという形式。
4日目からは開園ゲートオープン→ミッキーアベニューオープンが加わりました。今はもっと段階が増えているかもしれません。
ガーデンズ・オブ・イマジネーション(城前プラザ)までは開園30分前から運営していました。
最近はもっと早くからフルオープンしているらしいです。USJか。

ファストパス

世界はトロンを中心に回っています。
トロンのFP取得→FPの時間まで他で遊ぶ→FPの時間になる→トロンFP取得→トロンFP乗車→FPの時間まで…という流れで遊んでいました。

ファストパスはキオスク制です。
各テーマランド毎に同じ発券機で発券されます。
発券所はアドベンチャー・アイルズに1箇所、ファンタジーランドに2箇所、トゥモローランドに1箇所あります。
他のテーマランドは?と思いますが、他のテーマランドにファストパス対応アトラクションはありません。

取るべきファストパスは、
・ロアリング・ラピッド
・ソアリン
・トロン
・マイントレイン
・ピーター・パン空の旅
・バズ・ライトイヤー
・プーさんの冒険
という順番だと思います。

ロアリング・ラピッドのFPは超レア。発券されている様子を見たことがありません。
ソアリンも早くになくなります。
トロンは意外と残っています。
トロン以下はトロン無限ループ(前述)に突入するためなかなか取得できませんでしたが、トロン発券終了後にバズを取りました。

乗るべきアトラクション

上海ディズニーランド全アトラクションランキング|舞浜横丁を読んでください。
トロンとカリブは必須!これ乗らなきゃ上海に来た意味がない!
ソアリンは乗りたいけれど待ち時間が長いです。3年我慢すればだいたい同じものが東京に来ます。
クリスタルグロットも乗っておきたい。
ピーター・パンは今までのものを知っていると感動。
先ほどの記事ではアトラクションとしてカウントしていませんが、ミッキーには会っておきましょう。前室もとても良いです。

トロン:ライトサイクル・パワーラン

もうほんと最高。
トロン知らないとかどうでもいいからとにかく乗ってください。
知らない人は『トロン:レガシー』のこの予告編だけ観ておけば大丈夫です。

『トロン:レガシー』観る暇があったら『トゥモローランド』を観た方が良いです。

おすすめは夜。
乗り場には1列目専用レーンがあり、希望者は数台待てば先頭に乗れます。おすすめ。

カリブの海賊

1台30人乗りなので意外と早く進みます。だからファストパスはありません。
夜空いてくるとひたすらこれに乗り続けることになります。
もうわけわからなくなります。最高です。
何のTIPSでもありませんがカリブ最高なので一項目作りました。

ショー

お城は、昼のキャッスルショー「Golden Fairytale Fanfale」と夜のプロジェクションマッピング「Ignite the Dream」。
キャッスルショーはとにかくプリンセスが金色で登場します。
中国人の日傘鑑賞率が尋常じゃないのでめちゃくちゃ見えにくいです。ちゃんと見たければ最前しかなさそう。
Ignite the Dreamは6:4でイマイチ派が多かった印象。僕も6側。

パレードはちゃんとしていました。
トゥモローランドの奥(ファンタジーランドとの境)からスタートして、ガーデンズ・オブ・イマジネーションを周り、ファンタジーランドとトレジャー・コーブの間に消えていきます。
パレード後にやってくる掃除機も面白かったです。

常設ショーは2つ。
カリブの横(トレジャー・コーブ)で行われているジャックスパロウのスタントショー「Eyes of Storm」は、びっくりするスタントシーンがあって満足でした。
ターザンは雑技団。の割にはそんなにすごくない…というか見なくていいです。

レストラン

香港と違い上海はご飯が外れない。
おすすめはお城の中のレストラン。パーク内で唯一といっていいテーブルサービスです。
キャラクターダイニングになっており、ミッキーたちがきます。幸せ。

あとは、バルボッサのレストラン。
先に料理を購入して、各自席を選ぶ形式ですが、一番奥の部屋がカリブに直結しています。
つまり、安いのにブルーバイユー気分が味わえます。

ディズニータウン

パークの横にあるダウンタウン・ディズニー的なやつ。奥まで行くとパークの第2ゲートがあります。
レストランも多く、ちゃんと食べたいならここが良いです。
一風堂とはなまるうどんもあって安心。
エントランス付近にはスターバックスと、ショップ「World of Disney」があります。
22時までやっています。22時閉園でも22時に閉まるので不便でした。

グッズ

グッズはWorld of Disneyで買うのが良いです。
パーク内はワールドバザールにあたるミッキーアベニューが短いので、エンポーリアムにあたるショップが小さいのです。
各ショップにしかない商品もWorld of Disneyに集約されていたりするので、とりあえずここを物色しましょう。
ここ行かなかったらスター・ウォーズアロハシャツに気付かなかった。

お菓子の中身が何書いてあるのかさっぱり分からないので、「翻訳カメラ」のアプリを入れておくと良いです。

パークに行くまで編

飛行機

6月はLCCが3万、ANAが4万強のイメージでした。
ANAは昼便で、帰りは深夜もあり。
前泊して帰りは夜という人が多かったように思います。
僕は前泊しなかったのでLCC深夜で行き、そのまま開園待ちしました。27,000円。
最近はもっと高いらしいです。

タクシー

距離としては香港の空港パーク間より近い。
値段は片道100元が目安。

英語は通じません。
開園日はまだタクシーがディズニーランドの存在を知らず、筆談でも無理。
結局地図を指さしながらGPSのおかげで辿り着きました。
帰りはディズニーランドのタクシー乗り場でしたが、案内の人含めて英語は通じませんでした。
地下鉄だとめちゃくちゃ安いらしいですが、使っていないのでよく分かりません。地図で見ると遠回りです。

なぜか高速の途中で降ろされる、違うホテルに連れていかれるなどの体験談は誰もが1エピソード持っているレベルでしたので、幸運を祈ると良いと思います。

現金

パーク内はクレジットカードが使えるため、使った現金は上記タクシーの往復分だけでした。
ワゴンで飲み物やポップコーンを購入するなら現金が必要です。
というわけで200元+ワゴンで使いそうな人はその分+αくらいでしょうか。

インターネット

wifiルーターをレンタルして、VPNで通信しました。
3Gルーター+VPNであまり遅延を感じることも無くTwitterが捗りました。
VPNはINTERLINKの60日間無料にお世話になりました。
ちゃんと契約するVPNならだいたい大丈夫っぽいです。
また、グローバルwifiが中国VPN付プランを始めたそうです。6月にはなかったので使い勝手は知りません。

VPNでも良いのですが、香港のSIMが一番良いみたいです。
あと6月時点ではパーク内wifiは中国の電話番号がないと使えない仕組みだったのですが、日本でも大丈夫になったっぽいです。
詳しくは7月に平和な上海を楽しんでいたTIKIKITIを読んでください。

そして、VPNが死んだときが怖いので、代替手段を用意しておきましょう。
検索はyahoo.com
連絡はWeChat、Slack、iMessage辺りが良いみたいです。
地図は百度(バイドゥ)

公式アプリ

入れておきましょう。
日本のappleアカウントでは入れられないので、どうにかして頑張ってください。
FP発券所はGuest Servicesに載っています。
あとは前述しましたが翻訳カメラも入れておきましょう。

ホテル

上海ディズニーランドホテルのシャワーは弱い。
パークから上海ディズニーランドホテルへの交通手段は2つ。バスと船です。
パークとホテルの間に池があり、そこを渡る船と迂回するバスがあります。WDWのマジックキングダムとグランドフロリディアンに対するモノレールと船みたいなイメージ。
どちらも朝7時が始発(8時開園だったオープン当初の場合)。
なんとなく船は時間が心配なので行きはバスを使いました。
歩くと20分くらい。ホテルの駐車場を出るのが難関。
船に乗るにはルームキーの提示が必要です。チェックイン前に荷物を預ける場合は船に乗るためのカードをくれます。
何かとルームキーと同じカードをくれるため、数が多いしわけわからなくなりますので注意。
ルームキーがないと自分の部屋の階にエレベーターが止まりません。
トイ・ストーリー・ホテルは知りません。

荷物

当然ですがホテルで預かってくれるので、タクシーで行くならホテルに行けば良いと思います。
チェックアウト日は、朝ホテルに荷物を預けるときにお願いすると、午前中にパーク入口の専用カウンターまで無料で運んでくれました。
帰りはそこで荷物を受け取って、タクシーなり地下鉄なりに行けます。

口に含む水は全て日本から持参するかペットボトルを買いましょう。
歯磨きも水道水はやめてペットボトルが安全です。
行きのスーツケースに水を詰めて、帰りはグッズに変えるイメージ。
できれば現地でジュース飲むときも氷抜きで。

 

気付いたらTIPS数が増えているかもしれません。
それでは良い上海体験を。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加