*

ピューロランドのパレードはハーバーショーの上位互換である #d_advent

この記事はディズニー関連ブログアドベントカレンダー2016の1日目の記事です。

dsc_0599
12月が始まりました。
これから毎日、アドベントカレンダーのようにディズニーブログの記事が公開されていきます。
初日は12月にスタート一周年を迎えたサンリオピューロランドのパレード「ミラクルギフトパレード」の話です。

現在のハーバーショーとは

ピューロの話を始める前にまずは現在のハーバーショーとはなにか確認しましょう。
巨大なメディテレーニアンハーバーで行われるハーバーショーは、「ファンタズミック!」に至るまで、壮大な水上エンターテイメントを見せてくれています。
一方、シーズンイベントでのハーバーショーはゲストの要望に応えて進化を遂げ続け、オープン当初とはすっかり違った姿になりました。
「ミッキーのファンタスティック・キャラバン」ではパレードを公演。
さらに「スタイル!」ではパレードとハーバーショーを組み合わせました。
時代は進み、キャラクター需要に応えるようにハーバーショーは進化。
「ホリデーグリーティング・フロム・セブンポート」ではザンビ前、ミキ広、リドアイルと全員で移動していくスタイルになりました。ハーバーショーの皮をかぶった徒歩パレードです。
そして埋め立て工事と共にステージが誕生。
バージが停泊し、ステージがあるザンビ前、ミキ広、リドアイルを起点に、キャラクターがあちこち移動し続けるというショーになりました。

パレードの概念を超えたピューロのパレード


一方サンリオピューロランドでは毎日デイパレードが公演されています。
現在のパレードは「ミラクルギフトパレード」。
サンリオピューロランド25周年をお祝いするパレードです。
パレードの舞台はパーク中央にそびえる知恵の木。
知恵の木を囲むようにパレードルートが設定され、それを取り囲むようにゲストが鑑賞します。
いわゆる「アウト側」からしか見られません。

ミラクルギフトパレードの展開はざっくりこんな感じ。
ダンサー登場→フロート登場→キティとダニエル登場→参加ダンス→闇の女王登場→解決→フィナーレ→退場
ピューロのパレードはパレードと言っておきながら大半がショーモードです。
退場は入場に比べてかなりあっさりで、フロートに乗れる主要キャラクター以外はさっとはけていきます。
この辺りもショーのフィナーレと退場が別に必要なハーバーショーと重なります。
ピューロがハーバーショーと重なるポイントは、ミラクルギフトパレードで採用された「3ヶ所のメインステージ」という表現方法と、ピューロのパレード元々の特性である「めちゃくちゃ移動する」ということが挙げられます。

・3ヶ所のメインステージ
ミラクルギフトパレードでは、パレードオリジナルの重要キャラクター闇の女王が3ヶ所に登場します。
女王は3つ子で見た目同じ。ほぼ同じ役割の3人が3ヶ所に登場するので、パレードのストーリーがよく見える場所が3ヶ所生まれることになります。
ハーバーショーのステージと同じく、3つの拠点を中心に、他の死角も埋めるようにキャラクターやダンサーを配置、移動していきます。

・めちゃくちゃ移動する
ハーバーショーはどの場所でもキャラクターが来るという環境を作るためにパレード化していきました。
ピューロのパレードは(そもそも本来パレードなので当然ですが)、ショーモード中もがんがん回ります。フロートから降りたキャラクターも自力でぐるぐる回ります。
ダンサーはその倍くらいの速さで回ります。しかもフロートと逆方向に回ったりするので、人がたくさんいる感が出ます。
さらに、キャラクターを乗せて登場したフロートは、キャラクターを降ろし、その後は別のキャラクターやダンサーを乗せて回ったり止まったり、はたまた舞台になったりと、ショー中もあれこれ活躍しています。
ハーバーショーでも、バージはキャラクターを乗せて登場するだけでなく、途中でステージになったり、リドアイルとザンビ前を短時間で移動させる交通手段になったりと、ショーを物理的に支える存在になります。

そしてピューロはハーバーショーを上回る

知恵の木をメディテレーニアンハーバーだと思えば、中央のミキ広、左右翼のように広がるリドアイルとザンビ前ステージの姿が重なってきます。
ピューロのパレードルートは知恵の木を一周していますから、ぐるぐる移動がしやすくハーバーより利便性が高くなっています。
そして、ピューロのパレードには、屋内パークだからこそできる表現があるのです。

常識を逸脱した登場方法

パレードなのにダンサーは知恵の木の中から登場する時点で何かおかしい気はしますが、ピューロのパレード序盤の見せ場はキティとダニエルの登場です。
初見で誰もが目を疑う登場シーンは、キティの只者じゃなさを際立たせます。

屋内ならではの“デイ”パレード

ピューロは完全屋内型テーマパークのため、パレードも屋内で行われます。
そのおかげで、お昼に行われるパレードなのに電気を消してレーザーもLEDもがんがん焚くことができます。
さらに参加グッズとしてミラクル♡ライト、つまりマジカルドリームライトみたいなやつがあります。
舞浜では常連がエレクトリカルパレードやファンタズミック!が行われる時間まで残ることが少なく、参加率が非常に低いという問題点があります。
しかしピューロはデイパレード。常連の多くがこのパレードを見ます。
さらにピューロでは知恵の木で行われる他のショーでも積極的にミラクル♡ライトに対応させます。
その結果、みんな常にミラクル♡ライトを持ち歩くようになり、パレードでのライト所持率が大幅に向上しているのです。
撮影に余念がない方々も手元のバッグにライトが刺さっていたりします。

OMOIYARIが最高

他にも、雑技団、ダンスレクチャーが動画付きなどなど、ピューロのパレードには他では真似できない魅力がいくつもあります。
個人的には、ミラクルギフトパレードの前に公演されていた「OMOIYARI TO YOU」が大好きで、世界のデイパレード史上最高だと思っていました。
2段重ねのゴンドラ登場や、ショー構成など、ピューロのパレードでしかできない魅力をしっかり出していたからです。
ミラクルギフトパレードをはじめてみた時の違和感は、これじゃシーと変わらないじゃん…でした。
しかし、レギュラーショーとして始まり、ミラクル♡ライトの効果が増幅されていき、色と光のパレードという新たな魅力を獲得していきました。
そしてハーバーショーの上位互換という存在に達しました。
パレードもショーも中途半端なものが多い現在、サンリオピューロランドのパレードはかなり満足度の高いエンターテイメントとして輝いています。

ちなみに、同じくピューロで公演されている「ぐでたま・ザ・ム~ビ~ショ~」は「スティッチ・エンカウンター」の上位互換です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


イッツ・ア・スモールワールド、キャラクター40体が追加され2018年春リニューアル

%e8%bf%bd%e5%8a%a0%e3%81%95%e3%82%8c%e3%82%8b%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%a9%e3%82%af%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%81%ae%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8

世界中で張り合っているのかというほどの新要素ラッシュ。
東京ディズニーランドのイッツ・ア・スモールワールドが2018年春にリニューアル。
ディズニーキャラクター約40体が登場するバージョンへと生まれ変わります。

アナ雪も登場

今回のリニューアルで、海外パークでも採用されているディズニーキャラクターバージョンに生まれ変わります。
ヨーロッパでは、『ふしぎの国のアリス』や『シンデレラ』、『ピーター・パン』、『塔の上のラプンツェル』など
アジアは『ムーラン』や『アラジン』
アフリカでは『ライオンキング』
などディズニーキャラクターが約40体登場。
また、ヨーロッパのスカンジナビアには、映画『アナと雪の女王』のエルサ、アナ、オラフが登場します。

個人的には、ディズニーキャラクターバージョンも好きだけれど現行バージョンも捨てがたい…
海外でキャラ版に乗れるなら東京は現行のままが良いかも…
そんなことよりベリーメリーホリデーが帰ってくるなら何も文句はない!
といった感じです。
キャラ追加よりもリニューアルで超長期リハブに入るデメリットの方が大きいよなと思っていたので、どちらにしろ更新工事が必要ならリニューアルという流れは普通でしょう。

35周年の目玉?

2018年春といえばランド35周年のオープニング。
通常アトラクションはアニバーサリー明けでオープンすることが多いですが、2019年はソアリン、2020年は新ファンタジーランドが控えており、35周年の目玉アトラクションとしてリニューアルするようです。
元々、初期の新ファンタジーランド構想では、イッツ・ア・スモールワールドはスペースマウンテン横に移転する予定でした。
ここで改装をかける予定だったものが変更となり、現在に至っていました。

オープン当初からの施設が限界に…?

イッツ・ア・スモールワールドのリニューアルについては、計画変更後も「開業から33年が経過しており、どうすべきか検討している。一度にはリニューアルできないが、足元のプロジェクトとは別枠で考えていく。」と言及されていました。
参考:東洋経済OLC上西社長インタビューから見る2020年以降のTDRの姿|舞浜横丁
拡張計画とは切り離して考えても、築33年たつオープン当初からのアトラクションは大改装をかける必要があるのでしょう。
一昨日には「プラザレストラン」のリニューアルも発表されたばかり。
プラザレストランのリニューアルも非常に短くイメージイラストもないリリースで、急いでこしらえたような印象を受けました。
時期的に直接の因果関係はないと思いますが、先日プラザレストランの天井が雨漏りで落下したことも話題になりました。
「ジャングルクルーズ:ワイルドライフ・エクスペディション」の辺りから、オープン当初のアトラクションに更新の必要が出ていると指摘されてきましたが、この流れが本格化しそう。
となると、アトラクションでリニューアルせずに残っているのはアメリカ河、白雪姫やピノキオ、そしてホーンテッドマンションでしょうか。
2020年以降の全テーマランド改修はこの辺りがターゲットになってきそう。
特にホーンテッドマンションはWDWでのリニューアル例があるので可能性は高そうです。

ついでにスペースマウンテンにスピーカー付けてカリブも上海版に…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネタバレ感想:『モアナと伝説の海』(Moana)

51zcqmhthl
The Art of Moana

日本では2017年3月公開のディズニー最新映画『モアナと伝説の海』。
本国公開に合わせて試写に呼んでいただいたので、解禁に合わせてネタバレありの感想です。
あらすじ知っている前提で書いているのでご注意ください。

ネタバレなしのレビューはウレぴあで。
【ディズニー映画】『モアナと伝説の海』日本最速レビュー! 海と伝説の物語 美しい南国の世界観は必見! – ウレぴあ総研

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


香港ディズニーランド大拡張発表。どうなるTDSアナ雪エリア

hkdl_castle_0_original
香港ディズニーランドでかなり大規模な拡張が発表されました。

眠れる森の美女の城、建て替え

HK Castle Front Elevation-end of day-
冗談だろと言っていた噂は本当でした。
2019年、眠れる森の美女の城がリニューアル。
イラストでは既存のお城に増築しているようですが、一応日経は「建て替え」と報じています。
すごく上海っぽいステージと噴水もついて、すごく上海っぽいショーも始まります。
ディズニーランドでシンボルのお城の作り直しとかありかよ…

マーベルエリア

marvel_super_hero_attractionc5059_0_original
ついにディズニーパークがこの手を使う時が。
2017年1月オープンの「アイアンマン・エクスペリエンス」に加え、バズを改装して新シューティングアトラクション、そしてオートピアを潰し、計2つのマーベルアトラクションが登場します。
バズ跡地が2018年、オートピア跡地が少し飛んで2023年です。それでも以前の「ありたい姿」の最終年度なんだよな…

モアナ新ショー

adventureland_show_placebaf2e_0_original
2018年、アドベンチャーランドではモアナの新ショーがスタート。
フェスティバル・オブ・ライオンキングなくなる?と思ったら別の場所に新設のようです。
インタラクティブなショーということで、確かにゲストがモアナの横にいたり、波を持っていたりしています。
ジェダイ・トレーニングとかWDWベルの家みたいな感じ?インタラクティブすぎてよくわかりません。
プア(豚)もいる。

アナ雪エリア

frozen_kingdom_of_arendelle_0_original
今回のメインの議題、世界初のアナ雪エリア。
2020年オープン。
オーケンのソリのアトラクション(DCAのルイージやTDRのベイマックス形式と思われる)と、EPCOTのFrozen Ever Afterの2アトラクションが導入されます。
東京ディズニーシーではロストリバーデルタの横に「北欧」エリア開発が予定されていましたが、延期。
その隙に、まさかの香港に抜かされる結果となってしまいました。

地図でおさらい

hkdl_siteplan_0_original
発表を地図でおさらい。
アナ雪エリアはファンタジーランドの奥に作られます。

東京の北欧エリアは何だったのか

単純に考えれば、東京の計画がとん挫して、それを香港に持って行ったのがこれということになります。
なぜ東京は世界初のアナ雪エリアを香港に譲ってしまったのか。
OLCの言い分としては、「アナ雪というコンテンツをより大きく展開するため、より広い用地での開発を目指して延期」したとのこと。
参考:東洋経済OLC上西社長インタビューから見る2020年以降のTDRの姿|舞浜横丁
この「延期」は最短でも2020年以降の開発計画になりますから、香港が世界最速のアナ雪エリアになることは間違いありません。
本来ならば「2023ありたい姿」で建設されるはずだった北欧エリア。
そのまま香港にスライドしたなら2020年オープンもおかしくありません。

イメージ図を見比べてみましょう。
frozen_themed_area_0_original
こちらが香港のアナ雪エリアのイメージ図。
024803
こちらが東京の北欧エリア。

配置変えただけでほぼ一緒じゃん…

シーの航空写真と香港の建設予定図を同縮尺で重ねてみました。
tdsfrozen
これが「アラビアンコーストと同程度」の広さなのか…

OLCがアナ雪を延期させた理由は「広さ」です。
香港はOLCが納得いかない広さのまま作ることになります。
とすると、
アナ雪エリアを開発しようとするも、アトラクションは「オーケン(ルイージ式親子向けライド)」と「Frozen Ever After(ボートライド)」の2つだけになる。
それはコンテンツとして弱いのではないか…ということでより大きな計画(=新規アトラクション)を求めて延期。
というのが香港に世界初のアナ雪エリアを譲ることになった理由でしょうか。

そう考えると、ありたい姿時代の「北欧エリア」案は香港に渡ったものの、東京ではこれとはかなり違った形でより大きなアナ雪エリアが構想されているのではないかと思います。
それが動くころまでにアナ雪2がうまいこと当たっていればいいのですが…

パリ25thがソフトチェンジばかりな一方、香港は第2パークをあきらめたのか超大型投資。
USではスター・ウォーズランドが控え、EPCOTも開発予告、DCAもマーベル拡張の兆し。
パリは本当に大丈夫なのか、東京はどのような道をたどるのでしょうか。

まあとりあえず快適なレストラン環境の確保を優先してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ディズニー関連ブログ Advent Calendar 2016 #d_advent

advent
ディズニー関連ブログ Advent Calendar 2016

今年も#d_adventをやります。

d_adventとは

「Advent Calendarは本来、12月1日から24日までクリスマスを待つまでに1日に1つ、穴が空けられるようになっているカレンダーです。WebでのAdvent Calendarは、その風習に習い、12月1日から25日まで1日に1つ、みんなで記事を投稿していくというイベントです。」(Adventarより)
2016年の#d_adventでは、12/1~25の25日間、毎日計25人がディズニーに関連する記事を公開していくというものです。
元々ブログを持っている方もはじめての方も気軽に参加してみてください。

やりかた

やり方は簡単。
リンク先からadventarにTwitterなどのアカウントでログイン。
好きな日付(先着順)に登録し、予定している内容(記事タイトル案など)を入力。
登録した日付になったら自分のブログに記事をアップ。
adventarの自分の日付をクリックし、記事タイトルとURLを入力し保存。
以上。

全25日、今年は補欠一斉公開などのない先着順となります。

ブログを書こう

今年5月に開催したcolos EXPOでは「昨年のアドベントを機にブログを始めた」という方もいたことですし、これをきっかけにブログを開設するのも手です。
他にもtumblrやmixi日記など長文が書けるフォーマットであればブログか否かは問いません。
D-sta.とかライター募集しているサイトで書くのもありだと思います。

今年のポイント

今年は、ブログって何書こう…という人向けの「お題」に加えて、ふつうディズニーブログには登場しないような「お題」も用意しました。
・「サンリオ」に関連したディズニーの話
・私のディズニー怒り新党2016
・今年結婚/出産しました
普段からディズニーブログを書いていて、わざわざアドベントに参加するモチベーションがほしい、という方はぜひ「サンリオ」や「今年怒ったこと(に自分の中のマツコ有吉が回答)」「結婚出産」といったテーマでディズニーについて書いてみてください。

いきさつ


なんかディズニー勉強会→園遊会の流れと同じですが振られたらやるのがcolos会。

そんなわけでd_adventやることになったのですが、実は昨年舞横は参加していません。
というのも、普段からディズニーブログだし、わざわざアドベントらしい内容もないな…というわけ。
そこで昨年は238が担当した日に合わせて、サブブログで「お題」をもとにした話を書きました。


なにかお題があればそれに合わせた話が書けるしアドベントらしいかな、というわけで今年やるならハードル高めのお題がほしいなと思っていました。
その結果出てきたお題がこの3つ。

というわけで、舞横は初日12/1に「サンリオ」に関連したディズニーの話を出す予定です。

皆さんブログと一緒に素敵でパーフェクトなクリスマスを過ごしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加