*

「 くまのプーさん 」 一覧

『プーと大人になった僕』という邦題が素晴らしい

映画『プーと大人になった僕』が9/14に公開されます。
原題は「Christopher Robin」なのですが、邦題は大幅に変えてきました。いつも通り不思議な邦題だなーと思っていたのですが、やっと意味に気付きました。
非常に良くできた邦題です。

『プーと大人になった僕』は、クリストファー・ロビンがプーとお別れしてから何十年かたった後の物語。
大人になり、ロンドンで暮らすクリストファー・ロビン。
結婚し娘も生まれた彼は、仕事で悩みを抱えています。
そこにやってきたプーたちがクリストファー・ロビンを助けるために奮闘するというストーリーです。

実写化の意味

プーの物語構造は意外と複雑で、「クマのプーさん」は、A.A.ミルンが息子クリストファー・ロビンにお話を聞かせる形式で語られ、そのお話の中に100エーカーの森が登場します。
冒頭ではプーはあくまでぬいぐるみとしてクリストファー・ロビンが持って登場しています。
ディズニー映画でも、オープニングはクリストファー・ロビンの子供部屋で、実写セットで撮影されています。
子供部屋に置いてある本に飛び込むとアニメーションの100エーカーの森が広がります。
ざっくり言うと、100エーカーの森は物語(アニメーション)の世界、それ以外は現実(実写)の世界となります(実際には100エーカーの森にも現実世界が重なっていてもっとややこしいのですが)。
『プーと大人になった僕』の舞台は、クリストファー・ロビンが大人になった時代のロンドン。
ロンドンが舞台ですから、実写で描かれるのはプーにとって当然のことなのです。

原作は4作ある

ディズニープー長編のほとんどは原作「クマのプーさん」「プー横丁にたった家」のストーリーを元にしたものです。
しかし、実は原作はこれだけではありません。
一般的に「プーもの」と呼ばれるのは、この2作に詩集2作を加えた、計4作品です。
この詩集の舞台は100エーカーの森ではなく、クリストファー・ロビンの部屋であったり、バッキンガム宮殿であったり、ロンドンを中心としたあちこちで展開されています。
舞台が違い、メインはクリストファー・ロビンでプーが少し登場する程度なので、ディズニー化はされていません。

舞台・時間軸・リスペクトを見事に取り入れた邦題

ここまでが前提で、やっと本題です。
原作の詩集2作品のタイトルは以下の通り。
「クリストファー・ロビンのうた」(When We Were Very Young)
「クマのプーさんとぼく」(Now We Are Six)

「クマのプーさんとぼく」は『プーと大人になった僕』と似ていますね。
さらに詩集の原題を見てみます(この2作品は直訳した邦題が使われることも多い)。
「ぼくたちがとてもちいさかったころ」「ぼくたちは六歳」と、“ぼくたち”+年齢という形になっています。
『プーと大人になった僕』は、詩集2作品の邦題と原題を組み合わせた形になっていることがわかります。

この詩集は舞台が100エーカーの森ではなく、クリストファー・ロビンが住むロンドンです。
そして出版の時間経過に合わせて、プーとクリストファー・ロビン(ぼくたち)の年齢が上がっていっています。

今回の映画の舞台は、クリストファー・ロビンが住むロンドン。
時間軸としてはプーとクリストファー・ロビンが別れた何十年か後、クリストファー・ロビンが大人になった時代です。
これを詩集のタイトルに合わせると『プーと大人になった僕』になります。

より正確には「大人になったプーと僕」が準拠している形ですが、この映画でプーは大人になっているのでしょうか?
年齢的にはプーはクリストファー・ロビンの1歳下ですが、この映画を通してプーが大人なのか子供なのかというのも大きなポイントになると考えると、『プーと大人になった僕』は非常に上手い邦題だと言えます。

ロンドンでのプーとクリストファー・ロビンの交流、大人になったという時間経過という今作の重要なポイント2つを、原作のタイトルに沿った形で表現した、見事な邦題です。


クマのプーさん全集―おはなしと詩

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


「クマのプーさん」石井桃子訳の魅力をTBSラジオ「アフター6ジャンクション」が紹介

TBSラジオ「アフター6ジャンクション」の4/24(火)「翻訳界の凄い人たち・岸本佐知子と金原瑞人が語る【この翻訳が凄い!】特集」にて、「クマのプーさん」が紹介されました。

この日のゲストは翻訳家の岸本佐知子さんと金原瑞人さん。
凄い翻訳家が凄いと思った本として、岸本さんが紹介したのが石井桃子さんによる「クマのプーさん」でした。

読み聞かせというメタ構造

岸本さんはまだ本が読めない頃に父親からなんども読み聞かせをしてもらったといい、最近になって読み直して石井桃子訳の凄さに気付いたとのこと。

「クマのプーさん」は著者A.A.ミルンが息子のクリストファー・ロビンにプーのお話をする会話形式になっています。
このメタ構造がプーの大きなポイントで、ナレーター役は散文家であったミルン自身であることから、地の文も詩的な流れになっていることが特徴です。
これに対して岸本さんは、石井さんの日本語訳を読んで地の文の生き生きさに驚いたそうです。
「地なのに声が聞こえてくるよう」という石井訳の魅力は、まさに原文の特徴を反映しきっていると言えます。

パーソナリティの宇多丸さんも、前身番組ウィークエンドシャッフルで2011年版プーの映画評を行った際、プーのメタ構造について解説していました。

親が子供に読み聞かせるという形で語られるプーの物語。
実は石井桃子さん自身も読み聞かせという形でプーを訳しました。
子供たちにせがまれて「プー横丁にたった家」を原書を読みながら日本語で読み聞かせ、それをきっかけに「クマのプーさん」まで翻訳することになったのです。
同じようなシチュエーションだったからこそ、石井訳は原書の雰囲気を生かせているのかもしれないと岸本さんは話していました。

プー「さん」という大発明

岸本さんは「クマのプーさん」というタイトルが天才的、大発明だと言います。
この「さん」は「山田さん」といった敬称ものではなく、「おいなりさん」「お豆さん」のような、自然と付けてしまうものだと考えられます。
つまり、みんながなんとなく好ましく思っているものに付けたくなる「さん」です。
この「さん」が付くことによって、ちょっと頭の悪い食いしん坊で愛されキャラの熊というイメージができます。

キャラクターの愛らしさ

最後の特徴は、性格も様々なキャラクターたちを面白く訳し分けていること。
特にイーヨーのセリフが素晴らしいといい、具体的な例を紹介されました。
「イーヨーがお誕生日に、お祝いをふたつもらうお話」でイーヨーがプーに話す一節。
石井訳「浮かれさわぎさ。舞えや歌えさ。もしもしカメよ、カメさんよか。」
原書”Gaiety. Song-and-dance. Here we go round the mulberry bush.”
Gaietyは陽気、お祭り騒ぎの意味。
「Here we go round the mulberry bush」は「桑の木の周りをみんなでまわろう」というイギリスの童謡です。
この童謡を「もしもしカメよ、カメさんよ」に置き換えた巧妙さが、プロの翻訳家からしても凄いそうです。

他にも「I might have none.」を「うっかり坊じゃったわい」と訳すなど、喋り方でイーヨーの陰気で老いたイメージを表しているといいます。
この素晴らしい爺さん感は、コブタ(ピグレット)のことを「コブちゃんや」と呼ぶことでも見事に表現されています。

また、石井訳ではプーはクリストファー・ロビンに対してですます調で話します。
ここも、プーに好感が持てる口調になっており、プーの本人はいたって真面目に生きている感じが現れています。
ディズニー版でプーの声がおじさん声なのもこれに似た効果です。

石井桃子訳の原作を読もう

翻訳界の神から見ても、石井桃子さんの「クマのプーさん」訳は素晴らしいということを教えてもらいました。
昨年ミルンの著作権が失効したことで新たな日本語訳版が出版されていますが、それらもあとがきで石井桃子訳の揺るぎない魅力に触れるほど、圧倒的な名訳です。
ディズニープーを見ていても、日本語版は石井桃子訳が元になっている部分が多々あります。
日本は原書「Winnie-the-Pooh」と石井桃子訳「クマのプーさん」の両方が楽しめる、非常に恵まれた環境です。
イギリス童謡を日本の童謡に置き換えるなど、文化まで反映している石井訳は、イギリス以外の英語圏の人が原書を読むよりも深く自然にプーの世界を体験することができます。
キャラクターの動きが見えるような会話、魔法にかけられるような地の文、文章が織りなす100エーカー森の空気をそのまま感じられる日本語訳をぜひ大人になってもう一度読み返してください。

宇多丸さんはディズニープーも詳しいため、原作に偏らないバランスの取れた放送でした。
TBSラジオはラジオクラウドやradikoタイムフリーで聴き逃し配信されているのでぜひお聞きください。
4/24(火)20時頃からです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Disney’s Christopher Robinティザー予告編感想


24時間前にはポスターも解禁されていました。


また、出演者も正式発表されました。

1分10秒のティザー予告。
前半はロンドンの都会らしく暗っぽい風景。
厳しい社会が描かれています。
週末に出かける約束をしていたというシーンでは、親子3人で田舎の森にいる様子が映ります。
都会と田舎の対比、プーと彼が住むイギリスの空気感の表現は見事です。
これだけの要素をティザーに入れてきた時点で、本編も地の部分の描写は間違いないものになるでしょう。
ロンドンに1人残ったクリストファー・ロビンは小さな公園へ。
公園のベンチで悩んでいると、ついにプーが姿を見せます。

プーはジム・カミングスが声優なので、この作品が生む新たな世界観の中で声だけがいつも知っているプーという不思議な気分になります。
見た目はアニメーションの実写版というより、原作の実写版。
『完全保存版』などのオープニングの子供部屋に置いてあるプーのテディベアではなく、実際のクリストファー・ロビン・ミルンが所有していたプーのテディベアに近い造形です。
目と口が寄っていて、正面から見ると若干の違和感があります。
横から見るとそうでもない。
ポスターではプーがアニメーションっぽい黄色になっていましたが、予告編ではよりテディベアっぽい色合いに見えます。


舞台はクリストファー・ロビンが大人になった世界で、彼を取り巻く環境は史実とは全く異なるため、ディズニー版のその後の世界と言えます。
その中でプーの造形は原作寄り(というか当時のテディベアに準拠)。
プーに合わせると、ピグレットやティガーも当時のぬいぐるみっぽくなるのでしょうか。
だとするとティガーの性格が変わってしまう可能性があります。
また、ラビットとオウルはぬいぐるみではなく100エーカーの森に住む動物。
動物である彼らをどう表現するのかも気になります。

ストーリーが見えてきませんが、今のところ空気感は完璧。
プーの造形もしっかりしていて、「幼い頃からの友達のテディベア」に魂が注がれる姿は、アニメーションとはまた違ったファンタジーを与えてくれそうです。

米国では8月3日、日本では秋公開予定。
かなり楽しみにしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


プーたちが『クリストファー・ロビン』ポスターにそれぞれのリアクション

「Disney’s Christopher Robin」(邦題未定)のポスターが解禁されました。
SNSの各ディズニー公式アカウントは揃ってキャッチコピー「Sooner or later, your past catches up to you」と共に投稿していますが、プーたちは違いました。

プーたちはfacebookにそれぞれのアカウントを持っています。
彼らもポスターの画像を投稿しつつ、思い思いのコメントを載せています。
プーは早速アイコンをポスターのものに変更。

「There was leftover hunny in Christopher Robin’s hat.」
「クリストファー・ロビンの帽子にはちみつが残ってる」と、ポスターのプーが帽子を頭まで被っていることについてコメント。

ピグレットは、「They asked me to be in this poster, but there were just so many cameras and lights and specs of dust that kept sneaking up on me. Luckily, the people were all fine with me posing behind Pooh.」と長文。
ピグレットもポスターに映る予定でしたが、たくさんのカメラやライトに囲まれてしまったので、プーの後ろに隠れることにしたという裏話を披露。
実はピグレットもプーの後ろで写っているようです。

ティガーは「This could use some more T-I-DOUBLE-G-ER!」ティガー様をもっと使えたのに。
イーヨーは「I’m not in this poster for Christopher Robin’s new movie. Not surprised.」クリストファー・ロビンの新しい映画のポスターにいないんです。驚きはしませんけれど。
と、みんなポスターに写りたかった様子です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『クリストファー・ロビン』主役はユアン・マクレガー。監督&キャスト正式発表

The Casting and New Poster for Disney’s Christopher Robin Are Here | Oh My Disney
実写版『クリストファー・ロビン』(邦題未定)の監督とキャストがついに正式発表されました。

ポスターの公開に合わせてOh My Dinseyが発表。
事前に出ていた情報通りの内容ですが、ようやくディズニー側から発表されました。

監督はマーク・フォースター。
『ネバーランド』の監督として、ピーター・パン誕生当時のイギリスの空気とファンタジーな世界観を描きました。
ミュージカル版の「ファインディング・ネバーランド」もありますが、映画版の方がピーター・パン誕生に至る重要な要素をしっかり描いていて好きです。
世界観をぞんざいに扱うことはない人だと思うので手腕に期待です。

プロデューサーは実写化常連のBrigham TaylorとKristin Burr。
脚本はAlex Ross PerryとAllison Schroeder。事前情報にあったTom McCarthyの名前がありません。

主人公クリストファー・ロビン役はユアン・マクレガー。
『スター・ウォーズ』新三部作のオビ=ワン・ケノービ、実写版『美女と野獣』のルミエール役。
スコットランド出身で全く心配いらない配役です。

クリストファー・ロビンの妻の名前はEvelyn。
ヘイリー・アトウェル(マーベル『キャプテン・アメリカ』ペギー・カーター役)が演じます。
娘MadelineはBronte Carmichael。
彼の職場の上司Keith Winslow役はマーク・ゲイティス(『SHERLOCK』マイクロフト・ホームズ)。

プーたちはポスターの通りCGで描かれ、声優が声を当てます。
プーはおなじみジム・カミングス。
長年プーとティガーの1人2役を担当していますが、今回はプーだけです。
ティガーがクリス・オダウド。
イーヨーがブラッド・ギャレット。
ピグレットがニック・ムハンマド。
オウルがトビー・ジョーンズ。
ラビットがピーター・カパルディ。
カンガがソフィー・オコネドー。

予告編は「明日」公開と予告されており、日本時間だと6日夜22時台辺りの可能性が高いです。
映画の米国公開は8月3日。
日本は秋公開です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加