*

「 くまのプーさん 」 一覧

ディズニープー吹替版新声優発表 プーかぬか光明、イーヨー石塚勇

『プーと大人になった僕』(9/14日本公開)の日本語吹替版声優が発表されました。
ユアン・マクレガー演じるクリストファー・ロビンの吹替を俳優の堺雅人が務めることが決定しました。
合わせてプーたちの吹替声優も発表されました。
プーとイーヨーの吹替声優は亡くなって以降後任が決まっていない状態でした。

くまのプーさん:かぬか光明
ティガー:玄田哲章
イーヨー:石塚勇
ピグレット:小形満

ティガーとピグレットは続投です。

新たなプー役のかぬか光明さんは1980年生まれで現在38歳。
2013年1月に亡くなった亀山助清から5年ぶりの正式な声優となります。
亀山さんは48歳〜58歳まで、2003年までの声優である八代駿さんは60歳〜70歳まで声優を務めていましたから、今回のかぬかさんは大幅な若返りとなります。

新イーヨー役は石塚勇さん。
イーヨーも初代声優の石田太郎さんが2013年9月に亡くなり、5年ぶりの声優です。
石塚さんは石田時代から2011年版やプーさんといっしょなどでイーヨーの歌唱を担当してきました。
非常に順当な配役と言えるでしょう。

プーの声をかぬかさんがどう引き継いでいくのか楽しみです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


ネタバレ感想『プーと大人になった僕』:プーとの思い出が蘇りクリストファー・ロビンとプーの運命に向き合う名作

『プーと大人になった僕』全米公開同日試写(はちみつの日「プー僕」日本一般最速試写)で観てきました。
名作です。素晴らしいです。
原題「Christopher Robin」の通り、「クリストファー・ロビン」とは何者なのかに向き合い、非常に心動かされる作品でした。
これまで原作方面でもディズニー方面でも深く見れなかった、100エーカーの森で過ごした「クリストファー・ロビン」とプーたちの運命を描いています。

以下、鑑賞済みを前提にしたネタバレを含む感想ですが、非常に長いです。
8000字あります。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「没後10年 石井桃子展 ―本を読むよろこび―」神奈川近代文学館で開催

神奈川近代文学館にて企画展「没後10年 石井桃子展 ―本を読むよろこび―」が9月24日(月・振休)まで開催されています。
「クマのプーさん」を日本に持ってきた翻訳家です。
日本を代表する児童文学作家として「ノンちゃん雲に乗る」などを発表し、翻訳では「ちいさなうさこちゃん」「ピーターラビット」シリーズや「ちいさいおうち」を手がけました。
プーの日本での姿を形作った偉人と言えます。
参考:「クマのプーさん」石井桃子訳の魅力をTBSラジオ「アフター6ジャンクション」が紹介|舞浜横丁

企画展では、こうした石井の仕事の軌跡をたどりつつ、近年の調査研究もふまえて、戦中戦後の混乱を背景に、自立を貫き前を向いて生きたひとりの女性としての姿も紹介します。
8月31日、9月7日、14日、21日にはギャラリートークも催されます。

会期:2018年(平成30)7月21日(土)~9月24日(月・振休)
休館日は月曜日(9月17日、24日は開館)
開館時間:午前9時30分~午後5時(入館は4時30分まで)
会場:神奈川近代文学館第2、3展示室
観覧料:一般500円、65歳以上/20歳未満及び学生200円、高校生100円、中学生以下無料

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


『プーと大人になった僕』日本版予告編公開


『プーと大人になった僕』(原題:Christopher Robin)の日本版本予告編が公開されました。

本国版の予告編に比べてストーリーがわかりやすくなっています。
プーがクリストファー・ロビンの前に現れ、友達が見つからないと助けを求める
2人が100エーカーの森に向かいみんなを見つける
仕事があるからとクリストファーがロンドンに戻る
仕事の書類を100エーカーの森に忘れて行ったことにプーたちが気付く
書類を届けるため100エーカーの森からでる
クリストファーの娘マドリンと出会い一緒にロンドンへ向かう
というストーリーが明らかになりました。

イギリスではキャスト陣のコメント映像も公開されています。

ちゃっかりシャーマンも登場。

アニメーションと原作の両方を意識しつつ、新たな世界観を作り出す、極めてハイレベルなチャレンジに期待が高まります。
空想と現実がゆるやかにオーバーラップするプーの世界観に、過去と現実が加わりオーバーラップしていく、マーク・フォスター監督の手腕が楽しみです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「100エーカーの森の地図」原画、挿絵史上最高額の6,300万円で落札


100エーカーの森の地図を含む「クマのプーさん」「プー横丁にたった家」の原画5枚がロンドンにて競売にかけられ、100エーカーの森の地図が43万ポンドで落札、挿絵としては過去最高額となりました。
「クマのプーさん」の挿絵 6300万円余で落札 | NHKニュース

100エーカーの森の地図(430,000ポンド)
プー棒投げ橋から川を見るプー、ピグレット、ラビット、ルー(112,500ポンド)
川に浮かぶイーヨー(112,500ポンド)
プー棒投げ橋に立つプー、ピグレット、クリストファー・ロビン(175,000ポンド)
魔法の森に行くプーとクリストファー・ロビン(200,000ポンド)

これらはE.H.シェパードが書いたものの50年以上見つかっていなかった原画の一部。
先日までロンドンV&Aで行われた「クマのプーさん展」で公開された原画も含まれています。
この企画展は2019年2月に東京でも開催されます

地図は10万〜15万ポンドの予想の3倍ほどの43万ポンド(約6,372万円/1ポンド=約148円)となりました。
他はだいたい予想内の額。
魔法の森は予想の2倍以上になりました。
100エーカーの森の地図を含む原画5枚がオークションにかけられる|舞浜横丁

また、「クマのプーさん」などプーもの4冊の第一刷セットは4,750ポンドで落札されました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加