*

プー原作90周年記念新作「クマのプー 世界一のクマのお話」講評

main
クマのプー 世界一のクマのお話

プー原作出版90周年を記念した絵本「The Best Bear in All the World」が発売されました。
日本語版も意外に早く発売。
邦題が謎ですが、発売に際して配信されたリリースを読んでも「1926年に小説『クマのプー』を上梓した」となっており、なぜ「さん」を付けていないのか謎は深まるばかり。
もう不安しかない状態でしたが、とにかく英語版も日本語版も読んでみました。

いろいろ書いていますが、総評としては「原作入門にも薦められる一冊」です。

原作新作は(本来)2作目

A.A.ミルンによる「クマのプーさん」「プー横丁にたった家」でプーの物語は完結。
その後、2009年にこの続編「Retrun to the Hundred Acre Wood」(プーさんの森にかえる)が発売されました。
そして2016年にさらなる続編が発売。
とはいえ、今回の「世界一のクマのお話」は「Retrun to the Hundred Acre Wood」を踏まえていません。
挿絵画家は共通なのですが、ストーリーは「Retrun to the Hundred Acre Wood」を完全無視しています。
「Retrun to the Hundred Acre Wood」は対ディズニーを意識しすぎて本来のプーらしさまで失われてしまった感がありましたが、「世界一のクマのお話」はディズニーに寄ることを多少は許容することで、プーの原作らしさを90年たった今に蘇らせています。

良い意味で「普通」

sub1
今作は4人の作家が春夏秋冬それぞれの物語を書いた4章編成。
原作や「Retrun to the Hundred Acre Wood」の10章編成は無視していますが、100エーカーの森を四季で描くのはとても良い試みでしょう。
あとがきにもありますが、それぞれの方がミルンへのリスペクトに溢れており、あくまでミルンの作風を守り抜くことを重視して書かれています。
100エーカーの森のいつもの展開に、詩集からインスピレーションを受けた要素を加えたものが基本となっています。
その結果どのお話も似通ったものに。
クリストファー・ロビンの伝達ミス→プーが混乱→コブタがゾゾ連想して恐れる→フクロに相談→みんなで混乱→クリストファー・ロビンが戻ってちゃんと説明→一件落着
といういつもの流れが繰り返されます。
しかし、今作はそれぞれの季節をキーワードにしているため、話がダブることはなく、慣れ親しんだ100エーカーの森の世界の物語をまた楽しめるという「プー原作新作」に求められる要素をしっかり満たしています。

新キャラクター「ペンギン」

sub6
そんな中異彩を放つ、最大の注目ポイントとなっているのが新キャラクターのペンギン。
どうなることかと思っていたら、担当はブライアン・シブリー。
「クマのプーさんの世界」「クマのプーさんスケッチブック」の著者、筋金入りのプー研究家でした。
原作の100エーカーの森に知らない動物(クリストファー・ロビンは知っているらしいし定住するわけでもないらしい)が来たときのみんなのリアクションとして正しい内容でしょう。
ものすごい違和感がやってきているのに、話に違和感がない。
しっかり世界観を考察したうえでペンギンの性格や登場方法を作り出した、見事な運び方だと思います。
プーがぬいぐるみ遊びから生まれた物語とするならば、ペンギンの存在は、友達がペンギンのぬいぐるみを持って遊びに来て1日だけプーたちの遊びに加わったような感覚です。

イーヨーの扱いが難しい

sub2
ティガーの立場が急上昇するなど、原作とディズニー版ではキャラクターの性格が異なります。
原作のティガーはほどんどカンガに育てられており、かなり幼稚。ここはディズニーとの差が極端すぎて描きやすいのですが、問題はイーヨーです。
A.A.ミルンの性格のせいもあり、100エーカーの森には自称博識が多すぎます。
フクロはもちろんのこと、ウサギも知識自慢。さらにイーヨーも自称物知り。
カンガも常識があり、そして自分で意識することはありませんが、ピグレットもけっこう教養があります。
プーとトラー、ルーの何も考えていないメンバーを除くと全員が(自称)知識人で、そのせいで混乱に拍車がかかります。
ディズニー版だけを見ていると、特にイーヨーのイメージに乖離が起きやすく難しいところ。
秋の章、春の章ではそんなイーヨーが重要なキャラクターとなっています。
そこイーヨーを使うという難しいところに挑む必要あったのかな?とは思います。
秋の章のイーヨーの使い方はそれらしいですが、春の章はイーヨーでこの話を作ることに違和感を覚えました。

日本語訳もまあ良い

今作の訳者は森絵都さん。「1968年、 東京都生まれ。 1990年『リズム』で講談社児童文学新人賞を受賞しデビュー。 2006年『風に舞いあがるビニールシート』で第135回直木賞を受賞。 『カラフル』『いつかパラソルの下で』『DIVE!!』『みかづき』など著書多数。」とのこと。
石井桃子訳のエッセンスはある程度生かせています。
ティガーやオウル、ラビットという名前になってしまっていますが、ディズニーがここまで浸透した現代では仕方ないのかもしれません。
なら「ヒファランプ」じゃなくて「ヘファランプ」と訳すべきだけれど。
プーたちの喋り方もちゃんと原作らしさが出ています。
章タイトルは英語では「In Which」から始まるのがルール。
石井桃子訳では基本的に「~するお話」で、一部「~します」と訳されます。
今作はすべて「~します」と訳されており及第点。
「プーさんの森にかえる」のこだまともこ訳があまりに酷すぎたこともありますが、「世界一のクマのお話」はまあ良い訳でしょう。

総評:原作入門としても薦められる一冊

気になったポイントを挙げてきましたが、全体としてはかなり良い内容だったと思います。
今作は現代の人気作家がプーの世界にリスペクトを払って書いたということで、時代を反映して若干ディズニーに寄っており、原作初心者でも入りやすい内容になっているのではないかと思います。
ディズニー側と原作側、両方が一緒になって祝う90周年。いよいよ迎える100周年に向けて、プーの世界全体が多くの人に親しまれるようになっていくことに期待したいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


エレナ“第0話” ソフィア特別エピソード「アバローのプリンセス エレナ/エレナとアバローの秘密」あらすじと解説

61nxa6uz4wl
Elena of Avalor Elena and the Secret of Avalor

エレナの絵本をようやく手に入れました。
予約したのが昨年12月。6月発売予定が延期され、ようやく登場です。
このエピソードは本国で11/20放送予定の「ちいさなプリンセス ソフィア」の特別エピソード。
ソフィアの特別エピソードにして、エレナの前日談にあたります。
(当時の放送予定では「Journey to Avalor」と呼ばれていたエピソード)
エレナの第1話冒頭にある超早い説明はこの特別エピソードのダイジェストなのです。

これまでのソフィアの冒険の集大成、ソフィアとエレナのつながりがようやく明らかになる特別エピソードの内容を見てみましょう。
以降ネタバレ、あらすじを含みます

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TDRでMagicBandを導入するちょっと現実的な妄想

img_3549
今年2月、WDWでMagicBandを体験してきました。
パスポートもホテルのルームキーもファストパスもレストランの予約もフォトパスもMagicBandに入っていて、さらに全てのショップやレストランでMagicBand払いが可能(ルームチャージされる)という便利なシステム。
…というのは全てが上手くいったらの話で、なぜかルームチャージだけ効かないとか、ルームキーが突然消失するとか、入園できないとか、毎日誰かのMagicBandに不具合が起こる状態でしたが…
とはいえとっても便利で夢と魔法の空間作りに一役も二役も買ってくれるMagicBand、やはり東京でも使いたいです。
というわけでちょっと現実的な妄想をしてみました。

Apple Watchを買った

先日Apple Watchを買いました。
現在持っているiPhoneが5S、一方Apple WatchはSeries 2。
というわけで必然的にWatchでApple Payを使っています。
改札もコンビニも腕時計でタッチして完了。
そんな生活を始めて1週間、あることに気付きました。
この体験、MagicBandに似てる。

QuicPayのパーク内導入

様々な機能があるMagicBandですが、MagicBand決済が特に便利な機能でした。
ショップやレストランのレジでMagicBandをかざして4桁のPINコードを打つだけでホテルにルームチャージされます。
Apple Pay使っていてMagicBand体験に似ていると思ったのがこれでした。
現在の舞浜では、ディズニーJCBカードの勧誘が多く行われており、QuicPay for ディズニー★JCBカードも出しているのに目の前のパークではQuicPayが使えないという状態になっています。なんで。
JCBはパーク内までちゃんと圧力かけてください。
同じようなことをni-gataさんが考えていました。

QRコードアプリ導入でMagicBandを再現

QuicPay(Felica)とは別で、もう一つ整備してほしいのが、パスポートのQRコードアプリ。
つまりeチケットを印刷ではなくスマホ上に出してくれるものです。
FPもショー抽選も既にQRコード対応していますから、あとはフォトキーカードとレストラン予約システムをパスポートに紐付ければMagicBandとほぼ同等のものが作れます。
より正確にいうと、ディズニーアカウントのIDにパスポートとFPと抽選結果とレストラン予約を紐付ける形。

課題としては、レストランの電話予約を行う場合に対応が難しいことが挙げられますが、まあレストラン予約くらい従来の名前で予約する方式とパスポート紐付けと併用しても問題ないと思います。
ディズニーホテルのルームキーは保留。NFCで実現できるのかな…
年パスの入園はせっかく顔写真が画面表示されるようになったんだからエントランスキャストはそれ見てください。
あと関係ないですが、なぜ年パスの再入園にスタンプが必要なのか理由が分かりません。

FP+は?

現在の発券機だと読み取り口にスマホは入るのかな?(試したことない)
少なくともApple Watchは入らないサイズ(構造)です。
これも抽選機と同じ読み取り口にしてもらえれば対応できます。
そしてファストパスでのアトラクション入場も現在の抽選ショー入場と同じパスポートのQRコードチェックで。

ネット上で事前にFPの予約ができるFP+ですが、ネットが必須となること(電話予約はきつい)、良いFPを取ったパスポートが転売されそう(愛知万博で起こった)、友達問題(後述)があるので現時点では難しそう…
日本はまだ発券機に並ぶ形で良いかなと思います。
ただリターン時間を決められるシステム(上海方式)は使えそう。
現在バケパの専売になっているフリーFPや鑑賞エリアもこれがあれば小売りできます。
個人的には最前とかオークションで売ればいいと思う。

友達問題

最大の問題は友達の設定。
WDWではディズニーアカウントで友達設定をしておくと、その人たちの分もまとめてFP取得したりレストランやホテルの予約をしたりフォトパスを取得できたりします。
家族のように一緒に行動するなら便利なのですが、一緒とは限らない友達が入っていると予約一覧が多すぎて自分のものが見つけにくくなったり、フォトパスが大変なことになります。
一応予約結果の共有範囲を設定できるのですが、他人のFPも取得変更ができるわけで、常連だと友達リストが多すぎることによるミス(やいたずら)による取得の問題も起こりそう。
これWDW常連はどうやっているんだろう?
レストラン予約に関しては、WDWでも人数入れて予約すれば友達の紐付けは後からできるので問題ありません。
残りは友達まとめて取れるシステムをやめて、FPは現行通り個別で取る、抽選も現行通りいちいち全員のQRコード読み取る、フォトキーカードも各自読み取る、とすれば解決はしますが…スマートじゃない。

まとめ

やること
・QuicPay(とFelica系決済)のパーク内導入
・パスポートアプリの導入
・FPのシステムをショー抽選と同様に
・FP、レストランの予約をパスポートに紐付け
・友達の公開範囲をうまいことする

メリット
・滞在型でない日本でもMagicBandをほぼ再現できる
・紙パスポートでも問題なく使える
・FP譲渡問題などルールがより守られる
・既存の一般システムで構築できるのでエラーだらけのMagicBandより安定して使いやすいはず

デメリット
・一般ゲストにはよりややこしくなるかも
・FP+へのハードルは高そう
・充電ステーションがいる(ついでにピアリに家電量販店ほしい)

以上、妄想でした。
JCBおよびOLCの関係者の方、ご検討のほどよろしくお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


「マイロ・マーフィーの法則」2017年2月(?)日本放送開始。フィニアスとファーブのクリエイター新作

s-img_5122

昨年の「悪魔バスター☆スター・バタフライ」2016年1月(?)日本放送スタートに続きディズニー・チャンネル2017年カレンダーからの情報です。
11/27日本放送開始の「アバローのプリンセス エレナ」が表紙(と2016年11月)を飾るカレンダーをいいただきました。
このカレンダーの2017年は2月に「マイロ・マーフィーの法則」が登場しています。

邦題が確定

原題「Milo Murphy’s Law」の邦題が確定しました。
マーフィーの法則が元になっているので邦題は予想通りのもの。

日本では放送自体は決定していましたが、開始時期はカレンダーによると2017年2月になりそうです。
(スター・バタフライもカレンダー通り1月スタートでした)

フィニアスとファーブ クリエイター最新作

「マイロ・マーフィーの法則」は、マーフィーの法則(Wikipedia)の通りに「失敗する余地があるなら、失敗する」人生を送る13歳の少年マイロの生活を描くTVアニメーションシリーズ。
フィニアスとファーブのクリエイター、ダンとスワンピーが送る新作です。
キャラデザインとか音楽とかフィニアスとファーブそのままですね。

<追記>
2017年2月の先行放送が発表されました。

「電脳ムシオヤジ」は3月?

ディズニーXDからは「電脳ムシオヤジ」(Future-Worm!)が初登場。
こちらの邦題は既報。
なぜかTDRハロウィーンの全身仮装可能リストで発表されました。
今回ようやくFuture-Worm!=電脳ムシオヤジが確定したので、仮装期間後半は安心して全身仮装を楽しめます。
少年ダニーと未来生物のムシオヤジが時空を超えて騒動を繰り広げる、いかにもディズニーXDっぽいアニメーションです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プーやのひとりごと 80


フロリダ行ってからサングラスと腕時計(MagicBand)がないと不安になってしまったのでApple Watchを買いました。

気付けばこのブログを作って9年になりました。
10年目に突入です。
9年間、気分によって方向性は変わり続け、最近はもっぱらプーとソフィアのブログになっています。
10年目はもう少しニュースサイトらしさを取り戻していければと思ってはいます。

ところで、先日WDJ本社にお呼ばれして、新商品の体験説明会に行ってきました。
ディズニー公式が国内D系ブロガーだけを集めたのはたぶん初めてだと思います。
なんだかんだ9年ブログやってきたらいいこともあるなと思いました。

9年前にポッドキャストを聞いていたdpost.jpも、最近は雑記としてあの頃の雰囲気が復活しています。
あれうちでもやりたいなと思ったら既にそんなコーナーありました。
舞横は最近さぼり気味でリアルイベント(園遊会とかEXPO)とかに振っていた節がありますが、ブログが増えてディズニー愛を共有しやすい環境ができればいいなという考えは同じです。
リアルイベントはやり尽くしたので、またひとりごとも再開していきたいなと思います。

全く関係ない話ですが、今年のディズニー・オン・クラシックは良かったです。

10年目もどうぞよろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加