*

2009年

2009年が始まりました。
さて、去年の今日も同じようなことを書いたのですが、一年でだいぶ変わりました。
リンクも大量に増え、コメントされた方も、リストアップしていられない量です。
去年よりひどくなったという声もちらほら自分の中から聞こえてきているのですが…
今年はパークもいろいろとありますね。
僕はOLCは今年、入場者を稼ぎたいんだという考え方をしています。
そのためのライド&ゴーシーク、タートルトーク、シーのハロウィーン、キャンリフ最後(あくまで噂ですが)となっていると思っています。
というわけで、今年も批判的な記事になりますとか一言も言わずにぐちゃぐちゃと文句いいますので、ご了承ください。。。
今年も、中途半端に揃ったさまざまなコーナーでお楽しみください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


祝!100000HIT!

Thanks 100000HIT!
本日、舞浜横丁は100000HITを達成することができました。
1年と2ヶ月弱、皆様ありがとうございます。
10万を超えて、さらに進化していきます。
永遠に完成しないものとして。 

さて、きっちりとしたエントリーが似合わない(というか書けない)プーやは、早速話し飛びます。
この10000のお祝いとして、本日、、、WALL-Eをついに観て来ました!
そして、明日、、、シーにインします!
なんかお祝いとは関係ないような気もしますが、きっとどこかで関係があるんです。。
というわけで、WALL-Eの話しはあさって、シーは現地からレポしていきますので(多分twitter)お楽しみに!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ファイナルステージはもちろんキャッスル&フロントパーク!

さて、キャッスルショー情報はいつもここから!でおなじみ、バケーションパッケージが更新されていました。(いつだろう?)
さて、ランドは「夢のグランド・フィナーレ2DAYS

東京ディズニーランドでは小さな姉弟がディズニーの仲間たちと、魔法の鍵を手にディズニーの夢の世界へ旅に出るエンターテイメントショーを行います。

とのこと。
どうなるのかなぁ。
確実にこれが25周年のメインキャッスルショーになるので、気になります。
最安値が28100円です。
 
シーのほうは、「冬のドリームパッケージ2DAYS

東京ディズニーシーでは、ミッキーマウスが率いる劇団の花形スターになることを夢見る少女の活動を通じて、夢を持ち続けることの大切さを描くエンターテイメントショーを行います。

ショーは「ウォーターフロントパークエンターテイメントショー 」となっています。
TOTできてから初のウォーターフロントパークですね。
こちらの最安値は28700円。
 
どちらも子供を主人公としていますね。
初の同時開催のアニバーサリーショーはどうなるのか。
CDもきちんと出るようですし、楽しみですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


ショーレストランの予約が全てネット予約に

こちらを。
またまた出ました突然のお知らせ。
最近多いですね。
これによると、ランドのショーレストランの予約が全てネット予約になるそうです。
今までは当日予約ですから、早く行かなくても取れるよ~ということでしょうね。
しかし、これによって予約に行っていた人がFPなどにまわるので、朝の混乱はさらに増えそう。。。
と思っていたら、ちょっとした罠がいくつか。
まず、メニューは変わらないが料金は変わるとのこと。
確実に値上げ。しかもこっそり。
そして、2/2開始ということ。
予約は1月中旬とあいまいなのに、なぜ始まる日はきちんと決まっているのか。
答えは…
アリーエントリーです。
来年から始まるランドのアリーエントリー。
スタートはこちらも2/2。
つまり、ショーレストランの予約がアリーエントリーではいらないとできない状態を回避するためのものです。
あ~、そう考えると正しい判断かもなぁ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

制服ディズニー??

10月28日の読売新聞朝刊に「『制服ディズニー』大学生も」という記事が出ていた。
まず、「制服ディズニー」とは、

大学生らが高校の制服に身を包んでTDLに行くことを指す。
サークルのイベントとして団体で入場することも多い。

そうだ。
その前に、TDLってことはシーは違うんかいって突っ込みたくなるところは我慢して。。。
そして写真には、多分水玉ミニーであろうリボンを7人中6人が付け(1人ははずれたっぽい)キャラのところは写っていないものの、どう見てもハニーハントのQライン,本のページのところで写った女子大生が。
OLCは元々、修学旅行でパークに来る学校とかに制服での来園はできるだけ避けてほしいということを言っているそうなので、(Wikipedia:東京ディズニーランド)あまり好ましくない光景でしょう。
<追記>公式に出ていました。こちら(PDF)(3枚目 左上「当日の服装について」)
しかし、OLC広報部は「『制服ディズニー』という言葉は初耳」だそう。
ただ、OLCも春キャンのCMで制服を使用しているので、なんとも言えないが。。。

TDLはキャストがそれぞれ役になりきってもてなしてくれる場所。その世界を楽しむには、自分たちもコスチュームを着た方が一体感を味わえるのでしょう。

コスチュームって、制服がそれに当たるのかどうか非常に疑問(西部や未来宇宙に制服で行くのは違う)それに加え、勝手に味わっているこの一体感は自分たちだけのもの。
自分たちは

ちょっと派手な制服の団体は、他の来場者の視線を集め、気分をさらに高揚させたようだ。

が、このほかのゲストの視線はパークに必要なものとは思えない。

非日常性が強い場所だから、思い切り過去に戻れる。

といわれても、それは自己中心的なものであって、ウォルトの「あらゆる世代が、ともに笑い,楽しむことのできるテーマパーク」からは離れている。
制服は特に、団体として他と簡単に区別できる。さらに団体で入場ということは、25人超だ。
25人もの制服を着た人がワイワイ歩いていたら、それこそテーマ性を壊しかねない。
OLCもこれで「制服ディズニー」の存在を知ったのだから、きちんと調査して、対処すべきだ。
公式に制服はなるべく避けるように言うのもいいが、それだけでなく、制服全面禁止という手もある。団体は(スクールパスを除き)制服禁止という方法もいくらでもある。
高校生の制服を着た大学生25人が歩く巨大なくまのぬいぐるみを取り囲んでキャーキャー騒いでいる風景は、アメリカののどかな漁村で見られるものではない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加