*

200000HIT!!

ついに本日21時過ぎ、当ブログ舞浜横丁は200000HITを達成しました!
ありがとうございます。
100000HITが昨年の12月17日。
10万に1年2ヶ月かかったのに、今回20万までは9ヶ月でした!
5分の3ですね、6割の期間での達成です。
ありがたいです。
ありがたいです。 

一応今回もちょっとしたものを準備しています。
Twitterでバラしちゃったり、テストしていたりするものが多いですが、一応。
明日辺りに出したいと思いますんで、お楽しみに。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


ディズニータイム木曜日、10月から新くまのプーさん

プー関連としては新作話以外のは久しぶりですね。
10月からディズニータイムはマイナーチェンジ。
木曜のスタジオにゲストも来るそうです。
最近の木曜はつまらなかったからありがたいかな。
金曜日は変化なし。
それよりなにより、木曜のアニメーションがプーさんといっしょから新くまのプーさんに!
OLCのプー抹消計画の時代とは逆行した素晴らしいテレ東(笑)
MXでの再放送も最近は週二ペースでハウス・オブ・マウスという、文句はないけど、、、状態なので、かなり久しぶりの新くまのプーさん。
ちなみに西部のヒーロー仮面グマ辺りが好きです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ついに本当に発売か、SRファイアボール・ドロッセル

DF最新号が発売されたのでいつも通り読もうとして表紙開けてびっくり!
ついに待望のSRファイアボールの広告が!
延期に延期を重ねてようやく…
9月下旬だそうですが、本当?
もはや信じられないような状況(今まで延期しすぎ)ですが、一応期待しておきましょう。
ところで、新ユニットグリニッジの方はDVDのメイキングでちょこっと出てきて、そういう使い方するのか!と思ったはいいものの、あれが人類との戦いようなのかとか一切不明。
第二期が出れば分かるか?分かるのか?
どっちでもいいけど第二期はまだかーー!
海外進出の結果次第なのかなぁ…全て翻訳の腕にかかってる気もするけど。
 
どちらにしろ早くガチャガチャ登場を今度こそ!
これが吉ヨドフラグへとつながっていくかは謎…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


またまたプー2011新作

今日は日本語訳でも。
(意訳どころでない話になりそうですが)
訳に出てくる()内は補足です。
Toy Story 3, Cars 2, Pooh & Bear Updates – ComingSoon.netより。

Next up was a presentation on the new Winnie the Pooh movie that is in the works:

Lasseter followed that – and a series of gorgeous production stills – with Winnie-the-Pooh, which the studio is bringing back to the big screen in spring of 2011, and which we are assured will not just be for little kids. The writers went through the archives and the books of A.A. Milne and found five stories that had never been filmed, combining the plots of all five into a feature-length story. Burny Mattinson, an animator who’s been at Disney for over 50 years and who worked with Walt on the original Pooh films, is working closely with directors Steve Anderson, Clark Spencer and Don Hall.

-次は今製作している新しい「くまのプーさん」の映画についてです。
(ジョン・)ラセターは「くまのプーさん」シリーズの2011年春の劇場版について説明しました。
その作品は子供向けの作品ではありません。(全ての年齢層の人が楽しめる)
スタジオのスタッフは、A.A.ミルンの本(プー原作「クマのプーさん」「プー横丁に建った家」の2作)(その他詩集は多分含まれていない)から、今まで映画化されていない5話(プー3作とピグレットムービーで使われていない物語ということか→過去記事)を探して、これらの話をあわせて長編映画にします。(プー3作と同じスタイルか)
Burny Mattinson(この人)という、50年以上ディズニーで働き、ウォルトと共にプーのオリジナル(プー3作)を作ったアニメーターも、監督のSteve Anderson, Clark Spencer and Don Hallと密接に関わって仕事をしています。

こんな感じでしょうか。
もうひとつは、
Disney begins work on Winnie the Pooh filmより。

John Lasseter, Disney-Pixar’s chief creative officer, added that the designers would also be using watercolour backgrounds seen in earlier films.

ジョン・ラセター(人物説明省略)はデザイナーが背景に、初期のフィルムで使われていた水彩画を使用することを付け加えた。

まとめると新作プーは2Dということで、プー3作と同じような、クラシックなプーを作ろうとしている、という素晴らしい状況ですね。
ここはぜひティガー・ムービーを超える作品を!
ティガームービーの時の「シェパードを美術監督にしたような作品」という言葉は素晴らしかったです。
まねして欲しいです、ハイ。
あと情報が来ていないのが音楽!
シャーマン兄弟?ケニー・ロギンズ?はたまたアラン・メンケン??そこらへんなら大歓迎ですよ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

25th真のテーマTreasure the Momentの宝物

夢よ、ひらけ。
最終的に魔法の鍵が何者なのか良く分からなくなって無事フィナーレを迎えた東京ディズニーリゾート25thアニバーサリー。
25thは何だったのか、ではなく、25thは本当は何をしたかったのか。
没になった真の25thテーマ”Treasure the Moment”の宝物を探す旅へ。
まぁ簡単に言うと25thはああなっちゃったけど本当はこんなことしたかったんだろうな~ということです。
前提として25thのメインのショー(ジュビレーション!とドリームス・ウィズイン)はTreasure the Momentで作られていて、夢よひらけになるようにあとから変えたということにします。
というわけで長くて、もうとっくに終わったイベントの話で、あまり意味のない話なので続きから。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加