*

「 ディズニーチャンネル 」 一覧

「スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ」ファイナルシーズンDisney+予告編公開


「スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ」シーズン7の最終予告編が公開されました。

2/21からDisney+で配信が始まるクローン・ウォーズのシーズン7。
エピソード2と3の間のクローン戦争を描いたTVシリーズである「スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ」。
ジェダイとして戦うアナキン・スカイウォーカーとオビワン、そしてアナキンのパダワンとなったアソーカ・タノが活躍する物語です。
ディズニーがルーカスフィルムを買収した際に打ち切られ、正史としては残ったものの完結しないままの状態でした。
そしてDisney+ローンチに併せたタイトルとして新シーズンにして最終シーズンの制作が決定しました。

アソーカがメイン?

ファイナルシーズンはアソーカ・タノの物語がメインになる模様で、Disney+のアカウントもやたらアソーカに反応しています。
アソーカは実写映画には登場しない、「クローン・ウォーズ」発のキャラクターですが、ディズニー買収後に始まったTVシリーズ「スター・ウォーズ 反乱者たち」にも登場します。
Galaxy’s Edgeではアソーカのライトセーバー(二刀流)が初めて発売されたほか、同じく「クローン・ウォーズ」と反乱者たちに両方登場するホンドーがオーディオアニマトロニクス化されています。
映画でもエピソード9でついにTVシリーズキャラクターがはっきり正史に出てくる形となり、TVシリーズキャラクターの扱いが上がっている中でのアソーカメインとなります。
ちなみにエピソード9で同じく登場する「反乱者たち」主人公チームのジェダイ、ケイナンは、「クローン・ウォーズ」でもカメオ出演するらしく、予告編24秒の若いパダワンがケイナンらしい。

アソーカは「反乱者たち」にもしっかり登場しますが、「反乱者たち」はエピソード3と4の間の話ですから、「クローン・ウォーズ」後にアソーカがどうなったのかは既に明かされているわけです。
ファイナルシーズンでは、「クローン・ウォーズ」と「反乱者たち」の間にある、エピソード3(シスの復讐)の裏側も描かれるらしい。
映画に出てこないアソーカがオーダー66の際に何をしていたのか、反乱者たちで再登場するまでの空白の時間にアソーカに何が起きていたのかが分かるのかもしれません。

Disney+にとって大事な中継ぎ

昨年11月にローンチされたDisney+。
「マンダロリアン」が8週に渡って配信され、年末に全8話が登場。
「イマジニアリング・ストーリー」などローンチ時のビッグタイトルは一通り出そろった状態です。
ローンチから2ヶ月が経過した今がちょうどマンダロリアン目当てで契約した人の解約どき。
そこに合わせてスター・ウォーズの「クローン・ウォーズ」ファイナルシーズン予告を入れてきたわけです。
ファイナルシーズンは全12話なので、3ヶ月ほど。
5月末くらいまで契約効果が見込めます。
今年後半になると、ようやくMCUオリジナル作品として、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」さらに予定が早まって年内になった「ワンダビジョン」が登場予定。
そして「マンダロリアン」シーズン2も年内配信が予告されています。
スター・ウォーズやMCUファンをDisney+に繋ぎ止めるために、このタイミングで12話ものを配信する効果は大きそうです。

で、日本はどうなるんですかね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


「マンダロリアン」Disney DELUXEで国内配信


Disney DELUXEで「マンダロリアン」の国内独占配信が発表されました。

「マンダロリアン」はDisney+オリジナルで制作されたスター・ウォーズ初の実写ドラマ。
Disney+が視聴できる地域では毎週1話ずつ公開され、現時点で3話まで。
現時点でDisney+は北米とオランダで展開されているので、対応言語は少ないのですが、「マンダロリアン」は各言語での吹き替えがあり、日本語吹き替え版が収録されています。
というわけでDisney+の日本展開が期待されていましたが、Disney DELUXEで配信でした。
日本のDisney DELUXEでの配信は年内12/26から。
ヨーロッパは来年3月にDisney+が始まるので、日本は早く観られることになります。

Disney+では、他に「Pixar in Real Life」も日本語吹き替え版が配信されています。
それ以外の実写版わんわん物語やThe Imagineering Storyに日本語吹き替え版は無し。
「Pixar in Real Life」だけDisney DELUXEに追加されるとも考えにくいのですが、どうなるのでしょう。

タイトルのマンダロリアンとは惑星マンダロアの人のことで、クローンウォーズや反乱者たちで描かれています。
反乱者たちの主人公チームのサビーヌもマンダロリアンです。
今回の「マンダロリアン」はエピソード6の後の話。
とりあえず主人公は単独の賞金稼ぎとして活躍する内容のようですが、他のマンダロリアンも出演するなら実写サビーヌや、サビーヌと一緒にいるはずの彼女も実写で…(希望的観測)

「マンダロリアン」の商品は既に日本でも発表されています。
さらにDisney+での初回配信まで隠されていたあるキャラクターも今後商品化されるとのこと。

この配信発表はドコモのギガホかギガライトを契約すると1年間Disney DELUXE代が割引かれるキャンペーンに併せて発表されました。
昨日まで東京コミコンが行われており、スター・ウォーズ&マーベルブースにDisney DELUXEのコーナーまで用意されていたので、どうせならそこで発表すればよかったのにと思うのですが、大人の事情があるのでしょう。

さらに朗報。
12/5からDisney DELUXEにダウンロード機能がつくそうです。

©2019 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ちいさなプリンセス ソフィア、4/7より地上波復活


(c)Disney

「ちいさなプリンセス ソフィア」が4月7日(日)よりテレビ東京系6局ネット毎週日曜日あさ7:30「ディズニー・サンデー」にて放送決定。
1年ぶりに地上波復活です。
2018年3月までの放送では第105話「にんぎょの すてきなショー」まで放送されていました。
長編が分割放送されたり順序が入れ替わったりしていますが、ソフィアは第111話が最終話。
残り10話ほどで最終話に到達します。
リリースでも最終話が春放送と書かれており、放送再開でいきなり卒業間近から始まり最終話を迎えます。
その後また1話に戻るのかな?

とにかくソフィアは以前の地上波放送で一気に人気が上がったので今回も楽しみです。
そして最終話はめちゃくちゃおすすめです。
プリンセスは「ロイヤル」に変わる。ソフィア最終話が見せた新境地|舞浜横丁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


プリンセスは「ロイヤル」に変わる。ソフィア最終話が見せた新境地

ちいさなプリンセス ソフィア最終話「ちいさなプリンセス ソフィア/プリンセスのこころ」が放送されました。
最終回にふさわしい感動的な超名作でした。

以下ネタバレを含みます。

昔住んでいた村の家から始まるずるいオープニング。
新しいドレスを見て、真っ先に靴を手にするソフィア。
ソフィアが始まったこの家で、靴職人だった母と住んでいたこの家に2人で戻ってきて、靴をもらったことを喜ぶソフィア。
初っ端から泣けます。ずるい。
そして超名曲「A Big Day」。
ちいさなプリンセス ソフィア最終回が1曲目から超名作|舞浜横丁
とにかく「はじまりのものがたり」の要素にあふれていて、こんなオープニングから号泣するとは思いませんでした。
この調子だと全然本題に入れないので端折ります。
卒業式での校歌リプライズ、6年越しのリプライズとかありかよ。
特別エピソードでは毎回これまでの経験を生かして困難を解決してきましたが、今回も総動員でした。
ひみつのとしょしつでは、改めて「Sofia the First」という物語として提示され、ソフィアを助けてきた歴代プリンセスたちも再登場。
周りに親切にして周りに助けられてきたソフィアが一人で戦うという試練を経て、プリンセスのこころをはっきりと知ります。
日本語版だと「ちいさなプリンセス」というタイトルを回収しているのも素敵。
ラストは悪人が全くいなくなり、“偉大なる”セドリックがペンダントを「これは君のものだろう」と言ってソフィアにかけ、アンバーとソフィアが姉妹として抱き合う、「はじまりのものがたり」との見事な対比でした。

驚いたのはラストシーン。
ドレス姿でなく守護者の服のままソフィアの物語が終わったのです。
シリーズタイトル「Sofia the First」とは、ソフィアが自分らしいプリンセス「ソフィア1世」を目指す物語という意味。
そのラストシーンが、アンバーに「アンバー1世だね」と言うシーンでした。
アンバーは未来の女王、ジェームズは騎士、そしてソフィアは守護者の道を選びました。
ソフィアは先輩ディズニープリンセスから学び、「プリンセスはペガサスダービーに出ない」などの固定観念を打ち破り、自分らしいプリンセス像を求めてきました。
ソフィアが放送されてきた6年間でプリンセス像は変わり、それに合わせてソフィアの求める姿も変わってきました。
ソフィアがたどり着いたプリンセスらしい姿とは何だったのでしょうか。

最終話のタイトル「プリンセスのこころ」、原題は「Forever Royal」です。
王立アカデミー(Royal Prep Academy)の卒業式のエピソードとして、Royal Prepを卒業しこれから一人前の「Royal」であり続けることを意味していますが、「Royal」こそ最終話の重要なキーワードになっていきます。

ボゥに国を乗っ取られ、船で逃げる国王一家。
家族を守るため船を出した国王に対してソフィアは、国民全員が家族で、家族を守るためには国を守らないといけないと歌います。
For One and All | Disney Wiki | FANDOM powered by Wikia
王家として何をすべきなのか、その行動はしきたりに縛られるのではなく自分らしい行動で示す。
スター・バタフライもそうでしたが、プリンセスとしての責任とその中での自分らしさを見出しています。(参考:スター・バタフライが見せるこれからのプリンセスの姿|舞浜横丁

「Dream Big Princess」などディズニープリンセスを自分らしい夢を追いかける存在とする最近の流れがありますが、自分らしさだけでは自制がなく単にわがままな行動になることがあります。
そしてそもそも、自分らしい夢を追いかける対象が女の子に絞られる意味が分かりません。
ソフィアたちは王立アカデミーで、プリンセス/プリンスとして良い統治者になることを学んできたことが、卒業式で改めて示されています。
「ロイヤル」は性別を問わず、より大きな家族のために自分らしい行動を取ることを意味します。
同じプリンセス/プリンスである国王一家の3人の中でも、アンバーは女王、ジェームズは騎士、ソフィアは守護者という別々の道を進みます。
先ほどの歌詞にある通り「Being royal means being loyal to those who count on us」。
プリンセスではなくロイヤルであること、その象徴がラストシーン、ソフィアの衣装がドレスではなかったことだと思います。

これからディズニーは「プリンセス」から「Being Royal」に変わっていくのではないかと期待しています。
6年間最新のプリンセス像を提示し続けてきたソフィアが最後に達した境地が、最近のプリンセスプロモーションに感じていたもやもやを取ってくれました。
ありがとうソフィア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「悪魔バスター★スター・バタフライ」シーズン4で終了が決定。放送は3月から

「悪魔バスター★スター・バタフライ」(Star vs. the Forces of Evil)のシーズン4での終了が発表されました。
“Star vs. The Forces of Evil” Kicks Off Fourth and Final Season this March|Laughing Place

2015年1月放送開始、4年間でシーズン3まで56話が放送されてきましたが、次のシーズン4の21話で物語が結末を迎えます。
シーズン4の第1話は「Butterfly Follies」。

シーズン4は米国で3月10日放送スタート。


毎週2話ずつ放送予定です。

日本でもシーズン4の3月放送が発表されており、ほとんどタイムラグなく放送される珍しい事態になります。
具体的な日本での放送開始日は2/15発表予定です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加