*

「 月別アーカイブ:2019年10月 」 一覧

TDLバスターミナル、11/1より拡張・再編

【公式】バスで帰る | 東京ディズニーランド
東京ディズニーランド・バスターミナルが2019年11月1日より拡張されます。
これに伴い、バス停の整理が行われ、各バスでダイヤ改正が予定されています。

現在のバス停

現在のバスターミナルは、イースト(舞浜駅側)が1〜13、ウエスト(駐車場側)が14〜22。
1番:東京・神奈川・埼玉・茨城県内
2番:新宿、池袋、横浜、武蔵浦和
3番:ディズニーアンバサダーホテル
4番:東京ディズニーセレブレーションホテル
5番:東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾート
6,7番:東京ディズニーリゾート・パートナーホテル
8番:羽田・成田空港、長距離
9番:亀有、小岩、新小岩、浦安
10〜12番:東京ディズニーリゾート・グッドネイバーホテル
13番:臨時駐車場シャトルバス
14〜22番:長距離夜行バス(予約制)

グッドネイバー、長距離バスが新バス停に移転

11/1より、ウエストに23〜28の6つのバス停が追加されます。
この追加枠を、東京ディズニーリゾート・グッドネイバーホテルが使用します。
グッドネイバーホテル用バス停はイーストの10〜12→ウエストの22〜25に移転。
さらに8番の長距離バスもウエストに移転し、長距離は全てウエストに集約されます。
利用ゲストはは大きな変更となり、注意が必要です。
長距離夜行バスは18〜22,25〜28。
14〜17番は使い道の記載がありません。
なお、東京ディズニーシー・バスターミナルも11/1より長距離バスが全てサウスに集約されます。

近郊行きのバス停を整理

空いた10〜12のバス停は関東近郊行きのバスを整理。
利用者の多い横浜駅は2番を単独利用に。
9番も長距離バスが移転し、羽田・成田の空港バスのみになります。
1番:新宿、池袋、武蔵浦和、調布、吉祥寺
2番:横浜駅
8番:羽田・成田空港
9番:大宮、川越、甲府、茨城県
10番:蒲田、川崎、たまプラーザ
11番:錦糸町、スカイツリー、東京、秋葉原、松戸
12番:亀有、小岩、新小岩、浦安

新規バスも就航

バス停に余裕ができたことで、新規バスも就航します。
吉祥寺駅、松戸駅から新たにバスが登場。
「吉祥寺駅~TDR」の高速バス開設 1日6往復、約70分で直結 | 乗りものニュース
京成バス、松戸駅~東京ディズニーリゾート間直通バスを11月1日から運行開始 – TRAICY(トライシー)
夜行バスも浜松便が増えます。
遠鉄の夜行高速バス横浜線 11月からTDLに乗り入れ:日本経済新聞

全体として分かりやすくなった印象。
横浜駅と空港リムジンが単独利用になったのは特に便利な気がします。
さらに新規路線も増え、交通アクセスが向上しています。
10/21には飛び石連休・代休月曜・平日が重なり、TDRを起点とした大規模な渋滞が発生しました。
さらにクリスマスなどは舞浜駅の入場規制が恒例になりつつあります。
夜行バスの快適性に差はあるものの、アクセス手段の選択肢が増えることは、パーク自体のキャパシティ増に合わせて必要になっていきそうです。
となるとシー側の設備が足りない印象。バス停もですが駐輪場が毎日溢れているのなんとかなりませんかね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


ミートミッキー、11/18のみファストパスを発行

【公式】「ミッキーの家とミート・ミッキー」では、2019年11月18日のみファストパスⓇを発行します | 東京ディズニーリゾート
11/18のミッキーの誕生日、「ミッキーの家とミート・ミッキー」が1日限定でファストパスを発行します。

アプリでのファストパス発行を利用した施策。
当日はスタンバイはなく、全てファストパスでの入場になります。
これまで整理券を配布していたものが、アプリファストパスを利用した形になります。
アプリを使わない発券方法についてはアナウンスされていません。
誕生日にミートミッキーいくような人は全員アプリ入れてる前提なのかな。

アプリの利点がかなり活かされた施策で、今回うまくいけば活用は広まりそう。
整理券には2種類あり、1つめはスタンバイの補助要素として整理券を活用する方式。
グリーティングなどで使われており、ゲストは列から離れられないものの、割り込みを防ぐために整理券で番号を確認するもの。
正確には「整列券」。
2つめは整理券に集合時間が書かれて、一旦解散する方式。
あまりにスタンバイが長い場合の混雑時に利用されます。
後者が今回のファストパス形式と変わらず、今後は今回の形式になっていきそうです。
ショーの初回とかもファストパスにしてもいいのかもしれません。

ホテルアーリー(ハッピー15エントリー)の場合も入園時からファストパスが取れるため、一般入園でどこまで取得できるのかは不明。
グリーティング施設は回転率が悪く、1人あたりの時間もぶれが大きいため、ファストパス通りの時間に進むのかも今回の気になるところ。
スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジに導入されたバーチャルQが有効かもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドロッセル、ついにTSUM TSUMになって10/29発売

よもや、ドロッセルがツムツム化。
TSUM TSUM 6周年記念セットとして発売される17体セットに、無印のドロッセルとユーモラスのドロッセルが登場します。
ユーモラスは初グッズ化。
髪ユニットが立体的に表現されており、翼のように見えます。
アニバーサリーBOXの17体セットのため、お値段16,500円。
16,500円払うからユーモラスのfigma欲しいな…

ドロッセルがゲームのツムツムに登場したのは2017年11月。
ドロッセルがLINE:ディズニー ツムツムに登場|舞浜横丁
2年越しでついにTSUM TSUM化されます。
にぎにぎできます。

17体セットは
・ファイアボール
ドロッセル(JUNO-ⅩⅣ)、ドロッセル(KASTALIA-Ⅸ)
・ミッキー90周年
ミッキー、ミニー、ドナルド、デイジー、チップ、デール
・ハチプー
プー、ピグレット、イーヨー、ティガー
・ラプンツェル
ラプンツェル、パスカル、マキシマス、ゴーテル
ソーサラーミッキー
という内訳です。
10月29日(火)10:00発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


TDRイベントショーの暑さ対策

年々暑さが増してきており、ついに屋外エンターテインメントは暑さ対策ありきで設計しないといけない時代に突入しました。
高気温キャンセル(熱キャン)をはじめて聞いた時はそんなキャンセル理由があるのかと驚きましたが、今や夏期の当たり前の光景になってしまいました。
オリンピックどうするの問題もありますが(サマータイムは東京ディズニーリゾートに向いていない|舞浜横丁)、テーマパークのショーも対応を余儀なくされています。

東京ディズニーリゾートでは季節ものはランドがパレード、シーがハーバーショーというのが定番。
パレードは約40分、ハーバーショーは約25分なのでパレードの方が15分も長く、更にショーは途中でキャンセルして帰れるものの、パレードは始めてしまうと最後までやり切るしかありません。
パレードの方が公演が大変ですね。
ショーもパレードも様々な手を打っています。

ディズニー・イースターが始まった時は6月30日まで開催されていました。
これが年々縮小され、2019年のイースターは6月2日までに。
暑さ問題は夏イベントだけでなく、前後のイースターやハロウィーンにも影響を及ぼしています。
イースターの代わりに6月に拡大してきたのは七夕。
七夕グリーティングは小規模なので暑さに強めです。
人力車の人とか徒歩のプリンセスは心配になるけれど。

勝負所の夏、散水ショーが行われ、ショー自体が涼める内容になっています。
レギュラーで公演されるデイパレードや旧デイハーバーショーは夏ダイヤで16:30など夕方にずれています。
子供向けに公演されていたスーパードゥーパーは夏は休止していました。

シーは2017年から「パイレーツ・サマーバトル」を公演。
このポイントは人間しか登場しないことです。
ミッキーたちが夏の屋外に出てくるのは厳しいですね。
とはいえパイレーツでも熱キャンが発生しており、人間が水を撒くショー以上に暑さに強いハーバーショー形式があるのかは疑問です。
パイレーツは2020年に4年目の公演が決定済。
今後は他のネタを見つけられるかが問題になりそうです。

ランドの夏は元々パレードではなくショーを中心に公演してきました。
2012,13年の爽涼鼓舞はキャッスルショーで昼4夜2の計6公演。
昼は参加ダンス部分でゲストを立ち上がらせない高気温版に変える、ショーらしい柔軟な対応を行いました。
2014年からはパレード型の散水ショーで、キャッスルショーの代わりに広範囲のゲストが参加できるスタイルを取っていました。
ところが2018年の記録的な猛暑でまともにショーが公演できず、2019年は根本的に修正。
キャッスルショーを復活させます。
その結果、ドナルドのホット・ジャングル・サマーのイベント要素が夜のオー!サマー・バンザイ!しかないという妙な編成になりました。
昼はイベント無関係にニックとジュディの短めの散水。暑ければニックとジュディがいなくても公演できる内容でした。
メインを夜のキャッスルショーにし、気温が下がってからショーを公演する体制にしました。
ここ6年キャッスルショーはゲストコントロールの観点から無くなっていたものの、それ以上に暑さ対策が重要になったといえます。

以前は9月頭まで散水した頃もありましたが、今は9月になるとすぐハロウィーンが始まります。
夏は暑すぎて対応のしようがない感はありますが、ハロウィーンは暑い時期から寒い時期まで続くため、運用でカバーできる余地が大きいイベントです。
ハーバーショーは2019年からフェスティバル・オブ・ミスティーク変わったものの、特に暑さ対策は見られず。
28℃程度で高気温バージョンになってしまいました。
イベント初期は全公演が高気温というのもざらで、9月中の2公演目もほぼ高気温。
高気温バージョンも単純にフィナーレをカットする方式で、突然終わる感を強く感じます。
高気温バージョンがこんな回数も公演されるなら、最初から高気温を想定したダイジェストのようなバージョンを用意しておくのも手かなと思います。途中変更とか振り付けとか難しいことはありそうですが。

ランドのハロウィーンは毎年パレード。
2018年からスプーキー“Boo!”パレードが始まりましたが、特殊事情が発生中。
ニューファンタジーランド工事のため、トゥモローランドでの停止がなくなっています。
2018年は逆走、プラザとウエスタンランドでの2回停止、ダンサーはプラザから登場。
そして2019年は順行に戻り、プラザで1回だけの停止に。ダンサーは変わらずプラザから登場。
更に、トゥモローランドへの橋の間キャラクターやダンサーが呪われたようにうなだれて歩きます。

ここが暑さ対策のポイントのようです。
まず、ダンサーはプラザから登場するため、単純計算で出演時間が2/3になります。
ショーモードも1回だけなので負担少なめ。
そして、パレードモードに入り、橋の間は踊らない時間になります。
さらに、橋の端にあるベンチには水が置かれています。
ダンサーは踊らず隊列も崩れているため、フラフラしながらベンチまで行くことが可能。

ダンサーがベンチを台にして給水しています。

水のボトルは口をつけずに飲めるタイプ

実際観た日にはアクロバティックなダンサーは給水を多くしていました。
ショー性を出来る限り保ちながら休憩と給水を行える仕組みでした。

新たな選択肢

春夏秋とそれぞれの暑さ対策を振り返ってきましたが、2020年はランドが春夏を「やらない」という新たな手に出ました。
ニューファンタジーランドに全ての力を注ぐのでしょうが、結果的にシーズンイベントの暑さ問題は起こらなくなります。
新たなフォレストシアターは屋内型のため冷房が効き夏でも公演可能です。
突き詰めると完全屋内型のピューロランド最強説にたどり着きそうですが、屋外ショーでも少しずつ対応が進んでいます。
中でも今年のスプーキー“Boo!”パレードはダンサーの負担を下げている点が非常に上手いと思います。
ただ来年はニューファンタジーランドが完成し、3回停止可能な状況になるため、どう運用するのか気になるところ。
シー側は夜のファンタズミック!が3月に終わるため、相対的に昼のショーの重要性が上がります。
途中休憩が許容されるショーが今後は必要になってくる気がしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TDL/TDS台風に伴い10/12終日休園

東京ディズニーランド®/東京ディズニーシー® 10 月 12 日(土)の休園および 10 月 13 日(日)の運営時間変更について
台風19号の影響で2019年10月12日(土)の終日休園が決定しました。
13日(日)は「昼頃まで休園の見込み」で、12日正午を目処に運営時間が発表されます。

10/12(土)・13(日)の営業に関するお知らせ|施設案内|イクスピアリ・IKSPIARI
【公式】台風19号に伴うディズニーホテルの営業について | 東京ディズニーリゾート
イクスピアリもパークに合わせて営業休止。
ディズニーホテルはキャンセル料を請求しないことを発表しました。
むしろ休園しない限り飛行機も電車も止まってもキャンセル料取ってたんだ…

パークの休園は2011年の震災以来。
産経新聞によると、天候要因で計画休園するのは1984年1月22,23日の大雪への対応以来2度目とのこと。

12,13,14日のパークチケットについては、日付指定券の変更手数料が無料になります。
3連休で年間パスポート除外日(全ての年間パスポートが除外日対象になる初めての日)なので日付指定券は相当な枚数が出ていると思いますが、払い戻しの告知はありません。
他のテーマパークも軒並み休園で、関西のUSJも休園
USJはチケットが価格変動制のため、日付変更ではなく全て払い戻しになります。
TDRも価格変動制を検討しているそうですが、こういう時に影響が出てきそうです。
なお、クレジットカード決済が必要なショーレストラン、ビビディ・バビディ・ブティック(東京ディズニーランド ワールドバザール)、ガイドツアー、ディズニー仮装プラスは自動キャンセルでクレジットカード返金。
バケーションパッケージは自力でキャンセル処理、キャンセル料免除となります。

ついでに、USJの休園情報は分かりやすい。

追記

12日正午すぎ、13日は午後2時を目処に開園を目指すと発表。
13日11時、予定を早め正午を目処に開園と発表されました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加