*

「 東京ディズニーシー 」 一覧

東京ディズニーシー 自然と人が築いた15年

(c)Disney

(c)Disney

東京ディズニーシーが15周年を迎えました。
9月4日は朝から開園15周年記念セレモニーを開催。
その模様はウレぴあでレポートしています。
【ディズニー速報】TDS15周年! ミッキーも登場のスペシャルな開園記念セレモニー開催!【写真39枚&スピーチ全文】 – ディズニー特集 – ウレぴあ総研
3ページ目4ページ目にはスピーチ全文の文字起こしもしていますのでよろしければ。

神々しいアニバーサリー

朝から祝祭ムード満点のパーク。
ミラコスタ通りにシャボン玉が舞う中、約65人のキャストがお手振り。
ディズニーシー・プラザのステージではミッキーたちがお出迎え。
開園直前、パワー・オブ・ミュージックCMのようにミッキーを中心に円陣組んでいたのが印象的でした。

ミラコスタを抜けるとエリアミュージックも特別版。
アンバサダー今枝さんのアナウンスで、15年間のイベントソング15曲が流れます。
セレモニー開始は9:05。
しかし、8:45頃から雨が…
いきなり大粒の雨で、ハーバーは一気に傘だらけに。
曲は皮肉にもサマーオアシススプラッシュ。
それでもレーダーを見る限りは雨が抜けそう、ランドは雨が降っていない、などと話していると、徐々に太陽が顔を出してきました。
今枝さんが最後の曲として15thテーマソングを紹介し、When Your Heart Makes A Wishが流れると、みるみる雨が上がっていきました。
その場にいた誰もが、15年前の開園セレモニーで晴れ間が差し込んだ“伝説”を思い出しました。

しかし短時間といえども降ったのは大粒の雨。
セレモニー5分前に止んだ状態では、普通なら上陸なしバージョンです(この時点で9:30からのクリスタル・ウィッシュ・ジャーニー雨バージョンは決定していました)。
そこに登場したのが、雑巾を持ったキャスト。
ステージを拭き、公演できるようにしてくれる光景はよく見るものです。
しかしこの日は人数が違いました。キャストの数はどんどんどんどん増えていき、気付けばプレスエリアを案内していた広報部員もみんなステージにいました。
ハーバーにいたキャスト、そして社員が総出で、セレモニーのためにステージを拭きます。
60人を超えるその光景に、ゲストからは思わず拍手が。
こうして5分遅れで無事セレモニーが始まりました。
そして、セレモニー後には雨予報を全く無視したような晴天がハーバーを照らしました。

自然によって生み出された伝説、そしてそれを支えてきた人々の力を感じました。
その場にいた誰もがこのパークを心から愛している、そんな空間に感動していました。

自然と人が築いたパーク

セレモニーのスピーチで何度も述べられていたこと、それは世界で唯一「海」をテーマにしたディズニーパークであること。
壮大な自然と共に暮らす人々による文明が東京ディズニーシーを作っています。
スピーチの中でも、ビル・アーネストによる

私たちと一緒に旅をし、東京ディズニーシーを皆さまに愛されるほかのどこにもない場所に作り上げてくださったたくさんのゲストの皆さまにお礼を申し上げます。

という言葉が印象的でした。

たとえアメリカンウォーターフロントがずっと1912年だったとしても、その1912年の中で毎年毎年歴史的が刻まれてきています。
それは、東京ディズニーシーとそこの住人、旅をしてきたゲストたちによる冒険とイマジネーションが築いた歴史です。

ディズニーパークは永遠に完成しないとは言いますが、東京ディズニーシーは15年前の時点で完璧なパークでした。
そこに手を加えることは逆に完成から遠ざかってしまうのではないかというほど美しい世界です。
しかし、ディズニーパークとしての魅力は、その完璧な世界の上で新しい冒険とイマジネーションによる歴史が築かれていくことです。
ゲストがパークで過ごした思い出、パークがゲストと過ごした思い出、それぞれが15年間蓄積された結晶が「ウィッシュ・クリスタル」であり、みんなを次の15年へと導いてくれます。

この美しい場所の歴史を一緒に体験できることの幸せさが伝わる15周年当日でした。
これからどんな冒険とイマジネーションの海ができていくのか、とても楽しみです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


ハンガーステージ「アウト・オブ・シャドウランド」2016年7月9日スタート

091513
(c)Disney

ハンガーステージの新ショーのタイトル、スタート日が発表されました。
ミスティックリズムの後継となる新ショーは「アウト・オブ・シャドウランド」。
書き下ろしの完全オリジナルストーリーです。

内気な少女メイは邪悪なカゲドリに支配されている影の世界、シャドウランドに迷い込みます。
そこで出会った青年ユウに導かれ、メイは自分でも知らなかった不思議な力でシャドウランドに光といのちを甦らせてゆきます。
そして、不安や恐怖と戦いながらカゲドリを倒したメイは、ユウとシャドウランドが自信にあふれた新しい自分を教えてくれたことに気付くのです。

劇団四季やサンリオピューロランドっぽいストーリー。
イラストには13人の出演者が見えます。
キング・トリトンのような映像でないことを願えば、なかなか多めの出演者。
これにプロジェクションマッピングも加わります。
昨年のリリースにあったイメージとあまり変わっていませんし、ハンガーステージの新ショーとして方向性はぶれずに製作が行われていそうです。

株式会社ブリヂストンは引き続きスポンサー。
ランドはグランドサーキットレースウェイなくなった後どこにつくんだろう…

光と影をテーマにした、定番といえば定番のストーリー。
ハンガーステージを舞台に、どのようなアクロバティックさと演出でこのストーリーを味わせてくれるのでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TDS15th年間プログラム発表

091511
ダッフィーとか増えてる (c)Disney
東京ディズニーシー15周年”ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ”年間のプログラムについて 2016年4月15日(金)~2017年3月17日(金)

シー15周年のスケジュールが発表になりました。
とはいえ、基本的には例年通りの年間イベントスケジュールです。

15周年プログラム

2016年4月15日(金)~2017年3月17日(金)
クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー
091512
(c)Disney
10周年のBe Magical!のようなハーバーショー。
期間限定、と述べられております。

4月15日(金)~
ビッグ・バンド・ビート
5周年の期間限定ショーだったビッグ・バンド・ビートが10年たってリニューアル。
グーフィーのジャズナンバー、新コスチュームのミッキーとミニーによるリズミカルなダンスが追加。
ミッキーのドラムは存続です。
たぶんグーフィーの代わりにいなくなるのはマリー。

7月9日(土)~
アウト・オブ・シャドウランド
ハンガーステージの新ショー。
こちらについては別記事で。
ハンガーステージ「アウト・オブ・シャドウランド」2016年7月9日スタート

シーズンイベント

以降はランドと同じスケジュールです。
イースターはやらない。
全て再演ですので、さくっといきましょう。

6月16日(木)~7月7日(木)ディズニー七夕デイズ
7月9日(土)~8月31日(水)ディズニー・サマーフェスティバル
9月9日(金)~10月31日(月)ディズニー・ハロウィーン
11月8日(火)~12月25日(日)クリスマス・ウィッシュ
2017年1月1日(日)~1月5日(木)お正月
1月13日(金)~3月17日(金)スウィート・ダッフィー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


シー15周年“ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ”2016/4/15スタート

東京ディズニーシー15周年“ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ”」
(写真はイメージです)©Disney

「東京ディズニーシー15周年”ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ”」開催のお知らせ 2016年4月15日(金)~2017年3月17日(金)
15周年のテーマは”Wish”。

東京ディズニーシー15周年アニバーサリーイベントが2016年4月15日スタート。
なぜ4/15。

337日間、「ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ」と題して、”Wish”を届けます。
“Wish”とは、未来を思い描き、そこへ向かうワクワクする気持ち。
「東京ディズニーシーでの新たな冒険の旅を通じて、ゲスト一人ひとりがもつ“Wish”がさらに強く光り輝くよう、1年間にわたってミッキーマウスやディズニーの仲間たちがゲストをナビゲートし、キャスト全員でお手伝いをします。」

“Wish”を表すアイテムはクリスタル。
アナハイムはダイヤモンドですがシーはクリスタル。
キャラクターは青のコスチューム。
ミッキーの帽子には青、ミニーはリボンにピンク、ドナルドは腕に青、グーフィーは胸に緑、プルートは首輪にオレンジのクリスタルがあります。
このミニーはグッズが可愛いやつだ…

ショーは4/15から15周年期間限定ハーバーショー「クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー」がスタート。
「“Wish”を輝かせる新たな冒険の旅へ期待に胸を膨らませるゲストの前に、さまざまな願いを持ったディズニーの仲間たちが旅の案内役として登場し、冒険の旅立ちを盛大にお祝いします。」

10年前、5周年の期間限定ショーとしてスタートした「ビッグバンドビート」はショー内容やコスチュームを「一部変更してリニューアル」。
お、おう。

ハンガーステージの新ショーも15周年期間の序盤にスタートします。

ミラコスタも開業15周年です。

まだまだ情報は少ないですが、”Wish”が詰まったクリスタルに輝く祝祭の海、楽しみです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ファインディング・ニモ』シアターライドアトラクション2017年春オープン。ストームライダーは2016年5月終了

東京ディズニーシーのポートディスカバリーに映画『ファインディング・ニモ』と『ファインディング・ドリー(原題)』(2016年公開予定)の世界を舞台としたアトラクションがオープンすると発表されました。

アトラクション内観(イメージ)
アトラクション内観(イメージ)
Artist concept only ©Disney/Pixar

このイラストから分かる通り、システムはストームライダー。
ストームライダーを2016年5月中旬にクローズさせ、2017年春にニモとしてオープンします。

シアターライド型アトラクションでは、これまでスター・ツアーズとストームライダーで宇宙や空を飛ぶものでした。
しかし今回は海底を潜るコンセプト。
新しい体験になりそうです。

映像は『ファインディング・ドリー』のスタッフが参加して製作するとのこと。
かなり気合が入っています。

ストーリーに登場する潜水艦(イメージ)
ストーリーに登場する潜水艦(イメージ)
Artist concept only ©Disney/Pixar

魚サイズに縮むことができる潜水艦に乗り込んだゲストは、ニモやドリーたちと同じ目線で、広い海の世界を冒険します。
途中で出会う海の仲間たちは体験のたびに異なり、ゲストは新しい発見をすることができます。

というストーリー。
ポートディスカバリー自体は残るため、研究所のようなストーリーになるようです。
『ファインディング・ドリー』(原題)は2016年7月日本公開予定。
昨年発表されたストーリーの一部をこちらの記事に書いています。
映画の内容に触れるので具体的には書きませんが、こちらを見ればなんとなくアトラクションの設定も読めるかと思います。
『アナ雪』『ニモ』続編も! 最新ディズニー映画ラインナップ&ストーリー詳細をジョン・ラセターが解説|D*MANIA

オープンは2017年春、総工費約50億円。
定員は1キャビン122名×2キャビンでストームライダーと同じ。
ファストパスの導入も既に決定しています。

気になるのはメインショーの時間が約5分間ということ。
ストームライダーが約14分ですから1/3程度になります。
ある意味回転の良いアトラクションになりますが、少し短すぎないか…

以降は妄想ですが、直営でない東京のパークが公開前の映画を新アトラクションとして扱うのは極めて稀。
前例がありません。
先日発表された「北欧」エリアの『アナと雪の女王』も世界で最も早いテーマランド展開ですが、「ありたい姿」の計画内としても今回のニモはちょっと唐突。
OLCの計画として導入したというより、アナ雪エリアを導入するにあたりバーター的な扱いで『ファインディング・ドリー』を押し付けられたという気がしてなりません。
金に目がくらんだOLCが豊かなバックグラウンドストーリーを持つアトラクションを潰してキャラクターものに・・・という単純なものではないのではないかと思います…

少なくともはっきりしたのは、「北欧」エリア建設時にポートディスカバリーは影響を受けないということ。
現ストームライダー、ハンガーステージが更新されるため、「北欧」エリアの用地は既存エリアにほとんど浸食しないことが明らかになってきました。

ショー時間の短さが引っかかりますが、TDRの歴史に類を見ないかなり前衛的なプロジェクトであることは確か。
けっこう楽しみです。

本心はファインディング・ニモ・ザ・ミュージカルが良かったです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加