*

「 東京ディズニーシー 」 一覧

『ファインディング・ニモ』シアターライドアトラクション2017年春オープン。ストームライダーは2016年5月終了

東京ディズニーシーのポートディスカバリーに映画『ファインディング・ニモ』と『ファインディング・ドリー(原題)』(2016年公開予定)の世界を舞台としたアトラクションがオープンすると発表されました。

アトラクション内観(イメージ)
アトラクション内観(イメージ)
Artist concept only ©Disney/Pixar

このイラストから分かる通り、システムはストームライダー。
ストームライダーを2016年5月中旬にクローズさせ、2017年春にニモとしてオープンします。

シアターライド型アトラクションでは、これまでスター・ツアーズとストームライダーで宇宙や空を飛ぶものでした。
しかし今回は海底を潜るコンセプト。
新しい体験になりそうです。

映像は『ファインディング・ドリー』のスタッフが参加して製作するとのこと。
かなり気合が入っています。

ストーリーに登場する潜水艦(イメージ)
ストーリーに登場する潜水艦(イメージ)
Artist concept only ©Disney/Pixar

魚サイズに縮むことができる潜水艦に乗り込んだゲストは、ニモやドリーたちと同じ目線で、広い海の世界を冒険します。
途中で出会う海の仲間たちは体験のたびに異なり、ゲストは新しい発見をすることができます。

というストーリー。
ポートディスカバリー自体は残るため、研究所のようなストーリーになるようです。
『ファインディング・ドリー』(原題)は2016年7月日本公開予定。
昨年発表されたストーリーの一部をこちらの記事に書いています。
映画の内容に触れるので具体的には書きませんが、こちらを見ればなんとなくアトラクションの設定も読めるかと思います。
『アナ雪』『ニモ』続編も! 最新ディズニー映画ラインナップ&ストーリー詳細をジョン・ラセターが解説|D*MANIA

オープンは2017年春、総工費約50億円。
定員は1キャビン122名×2キャビンでストームライダーと同じ。
ファストパスの導入も既に決定しています。

気になるのはメインショーの時間が約5分間ということ。
ストームライダーが約14分ですから1/3程度になります。
ある意味回転の良いアトラクションになりますが、少し短すぎないか…

以降は妄想ですが、直営でない東京のパークが公開前の映画を新アトラクションとして扱うのは極めて稀。
前例がありません。
先日発表された「北欧」エリアの『アナと雪の女王』も世界で最も早いテーマランド展開ですが、「ありたい姿」の計画内としても今回のニモはちょっと唐突。
OLCの計画として導入したというより、アナ雪エリアを導入するにあたりバーター的な扱いで『ファインディング・ドリー』を押し付けられたという気がしてなりません。
金に目がくらんだOLCが豊かなバックグラウンドストーリーを持つアトラクションを潰してキャラクターものに・・・という単純なものではないのではないかと思います…

少なくともはっきりしたのは、「北欧」エリア建設時にポートディスカバリーは影響を受けないということ。
現ストームライダー、ハンガーステージが更新されるため、「北欧」エリアの用地は既存エリアにほとんど浸食しないことが明らかになってきました。

ショー時間の短さが引っかかりますが、TDRの歴史に類を見ないかなり前衛的なプロジェクトであることは確か。
けっこう楽しみです。

本心はファインディング・ニモ・ザ・ミュージカルが良かったです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


「キング・トリトンのコンサート」アリエルいちばんのりキャンペーンに行った


photo by 「キング・トリトンのコンサート」を魅る。|コンフェティ

マーメイドラグーンシアターの新ショー「キング・トリトンのコンサート」のTwitterキャンペーンに当選したので、ひと足お先に観てきました。
実はTwitterキャンペーンの自力当選ははじめて。
細かいショーの内容はコンフェティをみていただくとして、ちょっと感想を(ネタバレ含みます)。

今回の大きなポイントとして、アリエルのフライング装置が変更されました。
これにより、劇場中を自由に移動できるようになり、ゲストのすぐ目の前までアリエルがやってきます。
以前のショーでは最前センターでのみ味わえたあの光景がほとんどの座席で楽しめます。
正面から観ると、ライトと重なり本当に海底にいるよう。
外れ席がなくなり、どこから観てもアリエルを間近に楽しめるようになりました。

そして曲。
これまでのショーから「哀れな魂」がカットされました。
アースラの怖いシーンがなくなり、全編明るくなったので子供には良いでしょう。
「哀れな魂」の代わりは「キス・ザ・ガール」くらいしか務まらないだろうと思っていたら、本当にキス・ザ・ガールが!!
しかも時系列的にエリックと出会う前のため、キス・ザ・ガールという歌詞は歌わないという細かさも。
最高です。
そして、なぜかリトル・マーメイド2,3のフィナーレ曲も。
今回のショーのメインテーマのような扱いでしたが、フィナーレがずっと続く楽しさは新しいものでした。

そしてパート・オブ・ユア・ワールド。
正直この一曲さえやってくれれば良いショーだと断言してしまうほど単純なリトル・マーメイド好きなのですが、今回も良かった。
あの再現度で出してくるとは・・・
途中で歌い終わってしまうのかと残念に思っていたら、続きもしっかり歌い、前述のフライング。
もう文句なしです。

フィナーレはまたアンダー・ザ・シー。
これまでの曲がアレンジで入っていくのは前ショーと変わらない良ポイント。
キス・ザ・ガールが入ってきて嬉しいです。
最後だけ前ショーのアレンジでパート・オブ・ユア・ワールド入れてくれれば…
あのアレンジは大好きでした。

リトル・マーメイドは元の作品があまりに良すぎるため、敬意と愛を持ってショーを作ってくれれば絶賛になります。
あのアリエルに会えてあれだけの曲が聴ければもう大満足です。
しばらくは混雑しそうですが何度も通いたいショーが帰ってきてくれました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マーメイドラグーンシアター、ファストパス復活へ。4/24「キング・トリトンのミュージカル」スタートから

ml_theate
【公式】マーメイドラグーンシアター | 東京ディズニーシー | 東京ディズニーリゾート

「マーメイドラグーンシアター」は2015年4月24日にリニューアルオープンいたします。
リニューアル後はディズニー・ファストパス®対象アトラクションです。

4/24に「キング・トリトンのコンサート」という新ショーが始まるマーメイドラグーンシアター。
これにあわせてファストパス(FP)対応アトラクションになることが発表されました。
参考:マーメイドラグーンシアター新ショー「キング ・ トリトンのコンサート 」2015/4/24スタート|舞浜横丁

公式サイトの写真もFP発券機・エントランスがあるものになっています。
マーメイドラグーンシアターは元々FP対応アトラクションでしたが、他のアトラクションに比べてFPで指定される時間が短いこと、そもそもスタンバイがあまり伸びないことなどから発券する人は少なく、発券中止の日がほとんどでした。
2012年3/31をもって正式にFP非対応アトラクションとなり、FPエントランスなどの看板は隠され、発券機も撤去されていました。


当時現地のキャストさんに確認して出した情報

今回リニューアルに伴い、再びファストパス対応アトラクションに戻ります。
同じような形でFP非対応状態になったキャプテンEO跡地のスティッチ・エンカウンターはどうなるのでしょうか…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


マーメイドラグーンシアター新ショー「キング・トリトンのコンサート」2015/4/24スタート

東京ディズニーシー「マーメイドラグーンシアター」リニューアル 新ミュージカルショー「キング・トリトンのコンサート」 2015年4月24日(金)スタート決定

アンダー・ザ・シーが終了し、新ショーのスタートが予告されていたマーメイドラグーンシアター、新しいショーのタイトルとオープン日が発表されました。

この新しいミュージカルショーでは、トリトン王がアリエル、フランダー、セバスチャンなどのお馴染みのキャラクターたちと開催する音楽コンサートをテーマに、歌や音楽、ダイナミックなパフォーマンスで映画さながらの美しい海底の世界を表現します。また、ステージや照明などこれまでの舞台装置が一新されるほか、客席の周囲には映像を映し出すスクリーンも新たに登場します。

新たなイメージイラストも公開されました。
旧ショーに近いアリエル、セバスチャン、フランダーの姿と、今回の目玉トリトンが見えます。

音楽をテーマに、更なるミュージカルになります。
旧ショーがパート・オブ・ユア・ワールド、アンダー・ザ・シー、哀れな魂など名曲揃いだったため、新たなショーがどうなるのか楽しみです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

講談社、9/4から「タートル・トーク」のスポンサーに

東京ディズニーシー のアトラクション「タートル・トーク」を株式会社講談社が提供

レジェンド・オブ・ミシカ終演に伴い、スポンサーの講談社が提供施設を変更します。
9/4からタートル・トークのスポンサーに。

ミシカは9/7終了ですが、それより一足早く9/4から移動になります。
おそらくシーオープン日から始まった契約期間の都合でしょう。

ミシカ最後の4日間は提供なしに。
バナーなど講談社提供が印刷されているものはそのまま残るでしょうが、アナウンスなど変更があるのか気になります。

ランドではトゥーンタウン(トゥーンタウンオープン以前はミッキーマウス・レビュー)、シーではハーバーショーを提供している講談社にしては「タートル・トーク」(総工費13億円)は小さく感じます。
新ハーバーショーは2016年のシー15周年で始まると予想しているので、このタイミングで再度提供施設変更があるでしょう。

ショー空白期間にスポンサーが移動するちょっと珍しい事態になりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加