*

「 東京ディズニーシー 」 一覧

「ヴィラ・ドナルド・ホームショップ」2/21オープン

[browser-shot width=”300″ url=”http://www.tokyodisneyresort.co.jp/tds/mh/shp_homeshop.html”]ヴィラ・ドナルド・ホームショップ | 東京ディズニーシー

「ロミオ・ウォッチ&ジュエリー」,「ジュリエット・コレクション&トレジャー」跡地に新ショップがオープン。

むかしむかし、ポルト・パラディーゾにドナルドという若者がいました。
ドナルドと、となりの家のディジエットの結婚をきっかけにふたつの家族は、となり合わせのふたつの家をひとつの大きな家に改装してとても仲良く暮らしました。 そして、毎日が楽しくなるたくさんのホームグッズをそろえてみんなに提供しています。

ベッラ・ミンニ同様キャラクターのバックグラウンドストーリー入り雑貨屋さん。
ふたつの家をひとつの大きな家に改装ということで、ロミオとジュリエットの2ショップをつなげたのでしょう。

ストーリーはミニーよりも一応ちゃんとしてます。ポルト・パラディーゾという部分がほとんどな気もしますが。
シーもキャラクターだらけになってきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


レイジングスピリッツで事故

東京ディズニーシー「レイジングスピリッツ」における傷病発生の件

本日、東京ディズニーシー内のアトラクション「レイジングスピリッツ」において、以下のとおり傷病が発生いたしました。
1.日時 5月28日16時05分頃
2.状況
「レイジングスピリッツ」が乗り場から動き出した際、1名のゲストのセーフティーバーが上がった状態にあったことから、当該ゲストが乗物から乗り場に降りようとし軽傷を負いました。

レイジングスピリッツは当面休止。

また、ニュースでも出ています。こちらは発生時刻が「午後4時10分頃」なのでOLCではなく警察からの情報の模様。

安全バー下がらず、男性軽傷…TDSコースター : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

出発直前のジェットコースター「レイジングスピリッツ」(定員12人)の座席一つで安全バーが下がらなくなるトラブルがあった。
この席に座っていた北海道帯広市の会社員男性(34)が慌てて降りようとした時に車両が動き出し、男性が右足を打撲する軽傷を負った。

ディズニーシーで男性客軽傷 安全バー下がらず発車 – 47NEWS(よんななニュース)

危険を感じて降りようとした北海道帯広市の男性会社員(34)が脚に軽いけがを負った。ほかの乗客8人にけがはなかった。
ほかの席の安全バーは下りたが、男性の席だけバーが上がったまま動きだした。男性は降りようとして乗り場に足を踏み出し、約2メートル引きずられた。

TDS:コースターのバー下りず 降りようとした男性けが- 毎日jp(毎日新聞)

車両は数メートル進んで緊急停止した。
同署は業務上過失傷害の疑いも視野に、関係者から事情を聴いている。
「ゲストに対し多大なご迷惑をお掛けし、皆さまをお騒がせしたことを深くおわび申し上げます」とコメントした。

 

セーフティーバーが上がった状態で発車したというのが問題。
目視で見逃したということは、下がりきっていなかったというのが正しい表現かも。
機械の問題なのかどうなのかが大きそうです。
                       

*追記

NHKをまとめると、無人席のハーネス上がったまま誤発進→緊急停止→ライドのハーネスロック解除→上がったハーネス下ろす→ロック解除したにも関わらずゲストの安全確認せず発進→怪我をされたゲストのハーネスが上がる→ゲスト飛び降りる→緊急停止

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ファンタズミック!感想

ショースタートからもうすぐ一年、ようやく書けましたファンタズミックの感想です。
シー版を書きあげる前にアナハイム版も観たので両方いっぺんに書きます。
 
まず、舞浜版の感想です。
広いハーバー全体をしっかりと使用し、これまで10年間のナイトハーバーショーの経験をうまく応用できていると思いました。
特に風対応に関してはよく出来ていましたが、これは今度別で書きます。
オープニングはエレパレのファンファーレのようなわくわく感が出る演出で良かったです。
リトル・マーメイドやアラジンはシーなので良いのですが、他のシーンがどれも独立していてつながりが薄い印象でした。
ライオンキングからスティッチへのつなげ方も好ましくありません。エンジェル船の必要は感じますがエンジェルである必要は感じません。
ジャングルは蛍光色の猿はどうにかならないのでしょうか。バルーンキャラも、あまりライトを当てないでぼんやりと見せたほうがいいのではないかと思いました。
バルーンが出てくるところは夢らしくて非常に好印象でした。
バルーン自体は視界に同じ映像がいくつも見えるという問題がありますが、フレンドライクミーはそこを解決してます。他のシーンはバルーンの欠点と言えると思います。
プリンセスはどうせ最後に出てくるのですから、映像だけでなく本人たちにも出て欲しかったです。
ヴィランズパートは魔法の鏡に入った時のミッキーの声が可愛かったので素晴らしい。ただ、なぜ鏡から出られたのかが分からないのと、鏡自身が悪の意思を持っている点が気になりました。
ヴィランズのセリフは相変わらずミッキー側の言葉をうまく用いていて良かったです。
鏡からドラゴンが出てくるような演出は非常に良い演出で、ウォータースクリーンの特性を上手く使えています。
フィナーレのキャラ集合はハーバーの広さが不利になっていますがかなり頑張ったと思います。
ラストも良かったと思います。「イマジネーション!」は別として。
 
そしてアナハイム版。
こちらはやはりSome Imaginationを中心にストーリーも素晴らしいです。
ミッキーの登場かっこよすぎます。振りは可愛い。
ステージの目の前にウォータースクリーンがあると、ウォータースクリーンの使用中でもステージにスポットライトを当てればそこが浮き出て見えるというウォータースクリーンの利点を感じました。
どこでもどれか1つだけウォータースクリーンが見えるという配置も上手かったです。
シーン切り替え時の音楽は落ち着いているアナハイムの方が好きです。
シーンのつながりもこちらの方が上手く思いました。
特にピーターパン船登場時の注目のさせ方は見事でした。
キングルイ達の蛍光色は驚きました。
プリンセス船は綺麗。アリエルはいつもヒレのせいで扱いが難しいですが、今まで観たショーの中で一番綺麗でした。
ヴィランズシーンは魔法の鏡が出てくる時ウォータースクリーンの出方が魔法にかかったものが出てくる感が素晴らしかったです。
マレフィセントが上がっていくのはかっこいいですい、ドラゴンが実際に出てくるところはまたステージ前のウォータースクリーンの利点が生かされていました。
それに対するミッキーは動きに負けそうな様子が全くなく、ドラゴンに対してハラハラ感がありませんでした。一応セリフはミッキーが恐れている感はありましたが。
蒸気船ウィリーは見事。
フィナーレのミッキーは再びかっこよすぎます。
そして最後に燕尾ミッキーのあのセリフ。流石本家ファンタズミック!
 
それぞれ良いところがありますが、舞浜版がファンタズミック!であることは間違いないと思います。
ただしシー版は最初から最後までミッキーの夢の中という印象です。
それに対してアナハイム版は起きてる燕尾ミッキーと夢の中の弟子ミッキーがしっかり分けられていて、やはりこれでないとSome Imaginationは成り立たないと思います。
アナハイム版はウィリーのミッキーがディズニーキャラクターを引き連れて運転しているのに対して、シーは夢の中でミッキーがみんなに会えましたという印象です。
ここはシー強風版でバルーンが残っている時にディズニーパークスのお城が映っていることからもアナハイム版とは大きく異なります。
 
アナハイムがウォルトの圧倒的な存在感のあるディズニーランドで行われるショーであるのに対して、シーはミッキーの旅路での夢の物語でした。どちらも大好きです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


トイ・ストーリー・マニア!2012年7月9日オープン

東京ディズニーシー新アトラクション「トイ・ストーリー・マニア!」2012年7月9日(月)グランドオープン決定
夏イベ9日(月)からだったんですね。
そんなわけでトイストーリーマニアのオープン日が決定。

アトラクション概要
所要時間:約5分
定員:8人
総投資額:約115億円
付帯施設:商品施設「スリンキー・ドッグのギフトトロリー」

アトラク内容よりもショップが!スリンキー!スリンキー!

FP対応。

「トイ・ストーリー・マニア!」がオープンするのは、古き良き遊園地をテーマにした新エリア「トイビル・トロリーパーク」です。

アメフロは、ニューヨーク、ケープコッド、トイビル・トロリーパークということになるのかな?

 

ちなみにトイストーリーマニア建設の発表は2009年5月7日
おまけ
最近のアトラクションまとめ(グリ施設割愛)
2009年4月15日「モンスターズ・インク“ライド&ゴーシーク!”」 (ランド) 100億円
2009年10月1日「タートル・トーク」 (シー) 13億円
2011年1月24日「ミッキーのフィルハーマジック」 (ランド) 60億円
2011年4月15日「シンデレラのフェアリーテイル・ホール」 (ランド) 20億円
2011年7月18日「ジャスミンのマジックカーペット」 (シー) 20億円
2012年7月9日「トイ・ストーリー・マニア!」 (シー) 115億円
2012年秋「グーフィーのペイント&プレイハウス」(ランド) -円
2013年春「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」(ランド) 70億円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

震災受けて変更後、ハロウィーン&シー10thの予定

東京ディズニーシー®10th アニバーサリー『Be Magical!』のプログラム
東京ディズニーランド®のスペシャルイベント「ディズニー・ハロウィーン」

震災の影響で、シーのハロウィンが中止、10thは9月からになり、その詳細がようやく発表に。ランドのハロウィン:昨年と同じ。
それだけ。但しナイトハイ・ハロウィーンについての記述が無いので、花火の復活には期待できなさそう。。。
シーでは、ケープコッドとロストリバーでデコレーション、昨年から始まった「チップとデールのスケルトン・フィエスタ」は開催するそうです。 

シー10th
メインショーに格上げされたミースマ代行ショー「Be Magical!」
期間は9/4~3/19(クリスマス~正月 12/7~1/5を除く)です。
2回/日、20分でキャラ30+ダンサー70。
意外と大規模なショーのようですね。
曲は、3月のひみつの嵐ちゃんのときのやつでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加