*

「 舞浜外イベント 」 一覧

「くまのプーさん展」8/6~松屋銀座で開催。約1年半かけ全国巡回。

くまのプーさん展-1
(c)Disney

今年の「はちみつの日」イベントはなんと展覧会!!
「くまのプーさん展 WINNIE THE POOH EXHIBISION」が8/6~の東京・松屋銀座を皮切りに約1年半かけて全国巡回します。

ウォルト・ディズニー・カンパニー秘蔵の初公開資料や立体作品など約400点が展示されるとのこと。
さらに、会場限定オリジナルアイテムや会場先行発売のオリジナルアイテムが販売されるグッズマーケットも併設されるそうです。

展示の中でも注目は、『プーさんとはちみつ』オリジナルセル画や背景画、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェイムのプレートなど日本初公開の資料とのこと。
walkoffamepooh
ウォーク・オブ・フェイム

キャラクターとしてのプーの魅力だけでなく、映画にもしっかりフォーカスされた展覧会になりそう。
ロゴも最近のデザインが用いられています(このデザインでクリストファー・ロビンが隣に座っているのは初?)
今からわくわくが止まりません。

プーに関する展覧会といえば、2006年にプー80周年記念で開催された「くまのプーさんからのメッセージ展」、2011年の新作公開に合わせて開催された日本テレビくまのプーさん展、一昨年まで全国を巡っていた「くまのプーさん ほのぼのフェスタ」(こちらは物販メインでした)があります。
近年は毎年「はちみつの日」(8月3日)周辺に「ハニーガーデンパーティー」などのイベントが行われています。
今回はこれらを超える企画展になるようで非常に楽しみ。
続報は7月に公開されるそうです。

くまのプーさん展 WINNIE THE POOH EXHIBISION
東京展 [松屋銀座] 概要
会 期:2014 年8月6日(水)~25日(月) 10時~20時 (最終日17時迄。入場は閉場の30分前迄)
会 場:松屋銀座8階 イベントスクエア
主 催:NHKサービスセンター
協 力:ウォルト・ディズニー・ジャパン、日本航空
企画協力:エイチ・ツー・オー カンパニー
入 場 料:一般 1,000 円(700 円)、高大生 700 円(500 円)、中学生 500 円(300 円)、小学生以下無料。( )内は前売料金
前 売 り:セブンチケット、ローソンチケット、チケットぴあで8月5日まで販売。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


ディズニーマジックキャッスル(PC版)、2014年9/11でサービス終了。8年弱の歴史に幕。

dg911
ディズニーマジックキャッスルサービス終了のお知らせ | ディズニーゲームズ | DisneyGames

disney.jpのゲーム「マジックキャッスル」が9/11(木)14時をもってサービス終了することになりました。
2006年10月から8年弱の歴史に幕が下ります。

終了後はマジックキャッスル内の全データとサービス、ランキング機能のある無料ゲームが利用できなくなります。
また、サービス終了キャンペーンを開催中。
3DS版マジックキャッスル(マイハッピーライフ)のソフトとエコバッグが当たるキャンペーンのほか、3DS版のアイテム(ユニベアシティ)、壁紙が無料配布されています。

マジックキャッスルは日本独自のゲームサイト。
世界のディズニーサイトでも無料ゲームコンテンツはありますが、それを集約する形でアバターの住む世界が構築されているのは日本だけでした。
有料ゲームだったトゥーンタウン・オンラインが終了し、クラブペンギン日本上陸もかなわず、マジックキャッスル内アイテム課金も上手くいかず、ディズニーサイト内での収益化が課題となっていましたが、解決できずに終了となりました。
マジックキャッスルは、最新映画のキャンペーンなどプロモーションの一部として活用されていたほか、モンスターシティ導入時にはTDRとの連動、さらにアバターアイテムとしてTDRのキャラクター衣装が用いられるなど、他には見られない展開も魅力でした。
そして、昨年発売された3DSソフト「ディズニーマジックキャッスル マイ・ハッピーライフ」はこのマジックキャッスルをモデルに、キャラクター要素を充実されたソフト。
こちらは好調で、海外進出までしました。
『ディズニー マジックキャッスル マイ・ハッピー・ライフ』詳細 | 舞浜横丁

8年弱親しんできたものが無くなるのは非常に残念。
世界の中でも革新的だったマジックキャッスルの精神が何らかの形でも受け継がれていくことを望みます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「@Disneyjp 」公式Twitterアカウント開設

disneyjptwitter

ディズニージャパンが待望の総合公式アカウントをオープン。
アカウントは2010年3月から取得していたようで「@disneyjp」。

アカウント開設記念キャンペーンも開催さrています。
ディズニー公式Twitterオープン記念キャンペーン!|Disney.jp
賞品を選んで指定ハッシュタグ付きでつぶやくと抽選でその商品が当たるというもの。
ハッシュタグ長い。

現在のフォローリストは
ディズニー・スタジオ(@disneystudiojp)
ディズニー・ミュージック(@disneymusicjp)
ディズニー・チャンネル(@disneychanneljp)
ディズニー・モバイル(@disney_mobile)
PAFjp(@PAFjp) (フィニアスとファーブ)
ディズニー・チャンネル スターズ(@DCStarsJP)
Disney ファイアボール(@disneyfireball)
キングダム ハーツ(@_KINGDOMHEARTS)
東京ディズニーリゾート(@TDR_PR)

以上9アカウントを含む日本のディズニー関連公式SNSアカウントはこちらのページにまとまっています。
ディズニーソーシャルメディアアカウント一覧|Disney.jp

@Dlife_BS258 忘れてない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


劇団四季「リトルマーメイド」感想(ネタバレあり)

劇団四季ミュージカル「リトルマーメイド」を観てきました。
littlemarmaidshiki

四季は美女と野獣以来2度目でした。
劇団四季『美女と野獣』観た | 舞浜横丁

リトル・マーメイドは1989年公開の映画。
なんと公開25年になりますが、いまだにこれを超える作品はない史上最高傑作だと思っています。
この作品に今の時代に合わせたアレンジを加えたのが今回の舞台版という印象でした。
言わば第2次黄金期の作品を第3次黄金期らしくしたものです。
舞台版ではトリトンがアースラの弟になっているなど設定上の変更がいくつか行われています。
しかし一番大きな変更はアースラがヴァネッサに変身しないことだと思います。
映画版ではアリエルとキスの寸前までいくものの、ヴァネッサの歌声を聞いた瞬間ヴァネッサと結婚することを決めます(催眠術でもありますが)。
一方舞台版ではあの声を探すも最終的にはその声を持たない姿のアリエルと結婚することを決めます。
アースラによる本物の声を聞いてもなおアリエルと結婚すると宣言するエリックが印象的でした。
魔法にかけられてやプリンセスと魔法のキス以降のプリンセスストーリーらしくなっています。
また、アースラがトリトンたちの人間嫌いを利用しアリエルの心に揺さぶりをかけるのも非常によかったです。

この変更は非常に良いのですが、物語を変更しながら元々のお話も残っているため、省略部分が多いように思います。
例えば、アリエルとアースラの契約シーンにおいて舞台版ではセバスチャンとフランダーが入る余地はありません。しかし人間に変わった時点で2人は契約条件まで知っています。何故。

ミュージカルにしたことにより上演時間が圧倒的に長くなり、曲数も増えることで多くのキャラクターの心境描写が可能になっています。
特にKiss the Girl後の「もしも」はアリエル・エリック・セバスチャン・トリトンの心境を重ねるミュージカルらしいシーンとなっています。
一方でフランダーの存在が薄くなっていると感じました。
マックスがいなくなっていたり、Under the Seaの豪華さも(舞台版美女と野獣に比べても)劣っていたように思います。
アースラもトリトンの兄弟を殺せるならトリトンだって簡単に殺す場面あっただろうに…
また、リトル・マーメイドは多くの舞台があるため、舞台版では本のページにすることで誤魔化していましたが、若干無理が。。。

トリトンがセバスチャンの甲羅を割って皿に盛って…と脅すところは不満です。
それでは海の世界でも陸と変わらないことになってしまいます。
Under the Seaを否定しているようなものです。

Under the Seaの世界観が脚本の隅々まで浸透していないようならリトル・マーメイドをやる必要はないと思います。

よく分かったのは、Part of Your Worldが流れると無条件で泣くということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WDJからグリーティングカード、オズワルド動画公開。

クリスマスにあわせて、オズワルドの30秒のアニメーションが公開されました。
動画の最後には再びオズワルドが登場し、WDJからの挨拶が。

Season’s Greetings

&

Best Wishes for a Happy New Year!

2013年は大変お世話になりました。

2014年もどうぞよろしくお願いいたします。

The Walt Disney Company (Japan) Ltd.

D23 Expo Japanなど大きなイベントがあった2013年のWDJ、
2014年はウォルト・ディズニー・アーカイブス展全国巡回などが控えています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加