*

「 駄話 」 一覧

TDRパーク毎の入園者数の推移

TDRの入園者数はOLCが毎年発表しています。
入園者数データ | 東京ディズニーリゾートについて | オリエンタルランドグループ
このデータは、2001年以降2パーク合計値のみが発表されています。
一方、Themed Entertainment Association (TEA)が毎年全世界のテーマパーク入園者数ランキングを発表しています。
こちらは東京ディズニーランド、東京ディズニーシー別で推計されいます。
というわけで、2001年までのパーク別入園者数も合わせてみました。
入園者数

それぞれの値は最後に。

2001年はシーが9月からのデータだったため400万人。
ランドは1,770万人を記録していました。
翌2002年はシーが1,200万人。
ランドは1,300万人に激減。1988年の水準です。
2014年にランド1,730万人まで達しましたが、未だ2001年には及ばず。

最近の混雑はショー/パレード待ち人口が増えたことが大きく、単純な入園者数では測れないことがわかります。

ソース

過去のTEAによるPDF。
近年のものはしっかり残っていますが、古くなるとアーカイブになっていきます。
たまに合計値がOLCと異なるのが謎。
TEA/AECOM 2014 Global Attractions Report
TEA/AECOM 2013 Global Attractions Report
TEA/AECOM 2012 Global Attractions Report
TEA/AECOM 2011 Global Attractions Report
TEA/AECOM 2010 Global Attractions Report
TEA/AECOM 2009 Global Attractions Report
TEA/AECOM 2008 Global Attractions Report
TEA/AECOM 2007 Global Attractions Report
TEA/AECOM 2006 Global Attractions Report

これ以前はAMUSEMENT BUSINESS MAGAZINE内で発表されていた模様。
2005年
Disney slams Universal in 2005 theme park attendance – Theme Park Insider
Theme Park Attendance – Coaster Grotto
2004年
World’s Most Fun Amusement Parks 2005 – Forbes
2003年
ランドが世界2位、シーが4位だったらしい。
2002年と2001年
Top Parks 2002!
Top Parks 2001!

まとめ

古い年度のしっかりしたデータ(特に2003,05年!)があれば教えてください。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


「ディズニー秋の園遊会」を行いました

ディズニー秋の園遊会:ATND
「ディズニー秋の園遊会」資料リスト|舞浜横丁

スタッフの皆さん、LTをしてくれたU23の方々、そして参加者の皆さんありがとうございました。
ライトニングトークの発表内容はこちらにまとめています。

今回は第1回「ディズニー・夏の自由研究発表会」後、今度は若手がやれということで@disney_tdr、@ktymsanの2人と”U23″をテーマに行ったものでした。
この世代にも面白い人はたくさんいたと思います。
ぜひ気になった人に声をかけてください!

そしてこれからも好きなディズニーをどんどんシェアしていってください。
また次の主催者が現れることを期待しています。
それからみんなブログやりましょう。

そして、スタッフTシャツをはじめとする、主催者のダサい遊びにお付き合いいただきありがとうございました。
LTをやらなかった主催者が全精力を注いだのが第3部「文化祭」。つまり懇親会です。
顔なじみによる固まりではなく、興味のある内容によって会話が生まれてほしい、そんなわけで話のきっかけとなるような企画を配置しました。実際に話のきっかけとなったのかは知りません。

ディズニーキャラクター総選挙
シネマイクスピアリによるマペッツ総選挙に感化されたもの。
●幼女キャラクター総選挙
エントリーキャラクター決めが混戦となりました。
前夜にライリー(Inside Out)を追加するなど、主催者の無駄なやる気が表れています。11歳は幼女なのか。
1位 イザベラ
2位 オリビアちゃん
3位 ジェーン・バンクス
BzHXSqnCcAAtxTh
イザベラ強い!

●お母さんキャラクター総選挙
もうエントリー基準が分かりません。
1位 エリー
2位 かしこいめんどり
3位 パーディタ、ジャンボ
BzHXiaSCIAAX2_j

●羊キャラクター総選挙
今回の本命。
TDRが推している「こひつじダニー」は干支キャラクターとして正しいのか?
もっと良い羊キャラクターがいるのではないか?という現代社会への問題提起です。
ダニーは一番不細工なシーンを選びました(悪意)
1位 エリー、ボーピープ(トイストーリー)
3位 「朝の風景」の羊
BzHX1KnCEAA1NjdBzHX1OoCEAEa1NG
エリーが2冠です。幼女にもエントリーしていましたが3冠は逃しました。
ママでも羊でもないという意見が散見されましたが、気のせいだと思います。

ディズニー長編アニメーション作品への想いを貼ろう
238画伯が全作品を絵にしてくれた超大作(伝わらないので作品番号も振ってあります)。
それぞれの作品に対する想いを付箋に書いて貼っていきました。
コルドロンとチキン・リトルに対する付箋の数がずば抜けて多かったです。2作品だけスペースが異常にあったのは関係ありません。

5000億円を描き込もう
会場に舞浜の巨大航空写真が登場。
ペンで自由に描きこんでいきました。
本社移転や新エリアなど現実的なものから、ピューロランド誘致したり新浦安まで買収していたりと壮大な妄想が広がりました。

その他かきこみコーナー
「海外厨の方々はこちら」「トムソーヤ島カーズランド 探検マップ」「腹筋ドッカン先輩」など

本当にありがとうございました。 こいつらよりはまともな運営できるわ…という次の主催者に期待しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ディズニー秋の園遊会」資料リスト

ディズニー秋の園遊会:ATND
#dis勉 第2弾として「ディズニー秋の園遊会」を開催しました。

今回は基調3人と、若手20人のLTが行われました。
U23 Expoと題した若手LT大会は5部屋の分科会を2セット、8人のLTしか聞けないシステムになっていました。
皆さん是非資料を共有してください!
そして興味のある人にTwitterなどで話しかけてみてください。

資料は随時更新します。

基調LT

@lotuseater8295:世界一周経験者と旅するIt’s a small world

@fabulous9121:ディズニーミュージカルを観に行こう!

@fukuhomu:ディズニーパークの『要素』という魔法

会場1

@magic__carpet:最弱のNOTFORSALE @rero70:アニバーサリーソング歌詞の変化とパークコンセプトの関係性

@we_go_on_:アレな資料から見るTDRショー~天候編~+α?

@SattoRocky:パークミュージックを創り続けるコンポーザー

会場2

@RaReRu0:アニメの中の東京ディズニーリゾート

@disneyyuucan:実はすごい!ストームライダーのストーム

@kandelaar:ディズニーパークの画面設計

@kent_rooper:Saving DLP ユーロ・ディズニーの約束

会場3

@N_Hanose:1934年のミッキーとウォルト

@pascal140823:おすすめご飯inアナハイム

@sai_yasai:10分で挑戦!ディズニードローイングクラス フィニアスを一緒に描こう

@Bigcrystal:Ed Wynnという男

会場4

@hisashi59:映画Tomorrowland 事前解説!

@abe37chipmunk:ここが凄そうベイマックス

@luxo6nr:ヴィランズ傾向と対策

@yamada_crush:ディズニー映画、激マズ(そうな)料理

会場5

@futuringcandy:犬が好き!

@suger_mk:WDWで迷子にならない方法

@0z_me:オズヲタによるオズグリのすすめ

@kao2dis:インフォメーションボード大解剖

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


「ディズニー秋の園遊会」を2014年10月4日に開催します

ディズニー秋の園遊会 : ATND
勉強会の第2弾を開催します。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ウォルト・ディズニーの約束』 「かわいそうなA.A.ミルン」の意味と真実

映画『ウォルト・ディズニーの約束』(原題:Saving Mr.Banks)を観ていて、あるシーンがプー好きとして引っかかったのでその部分を取り上げたいと思います。
以下、映画のネタバレを含みますのでご注意ください。

ちなみに映画自体の感想はこちら。
ネタバレ感想:『ウォルト・ディズニーの約束』(Saving Mr.Banks)を観た | 舞浜横丁

トラヴァース夫人がホテルの部屋に入ると、ディズニーキャラクターのぬいぐるみで溢れていた。というシーン、ここでトラヴァース夫人は「かわいそうなA.A.ミルン」(Poor A.A.Milne)と言いながらプーのぬいぐるみをどけます。
このシーンの意味を説明したいと思います。
また、僕はこのシーンを観て大変がっかりしました。その理由についても説明します。

まず、A.A.ミルンとは誰か。
アラン・アレキサンダー・ミルン(1882-1956)は『クマのプーさん』原作者です。
『メアリー・ポピンズ』原作者パメラ・トラヴァース(1899-1996)同様、英国の児童文学作家として知られています。

『メリー・ポピンズ』と『くまのプーさん』の2作は、どちらもウォルトの娘ダイアンの愛読書から映画化が決まったこと、原作が英国児童文学、曲の担当がシャーマン兄弟、と密接な関係にある作品です。

プーは「ディズニー化」された際、原作ファンからの大バッシングを受けました。
実は最初に公開された『プーさんとはちみつ』にはピグレットが登場していないため、ピグレットがアメリカ地リスのゴーファーに替えられた、
ラビットがバックスバニーのようなカートゥーン化されてしまった、クリストファー・ロビンがアメリカ訛りの英語をしゃべる
などの部分が当時主に批判の対象となりました。

これを踏まえて、メリー・ポピンズの「ディズニー化」を絶対に認めたくないトラヴァース夫人は、「ディズニー化」の犠牲者の代表格としてくまのプーさんそしてA.A.ミルンを扱ったのです。

これでSaving Mr.Banks物語上での「かわいそうなA.A.ミルン」の意味は分かりましたでしょうか。
それでは、これがどうしてがっかりしたシーンだったかについてです。

『メリー・ポピンズ』の映画化は本編でも触れられている通り1964年。
一方のくまのプーさん映画化(『プーさんとはちみつ』)は1966年。ウォルト死の直前です。
つまり、時系列としてプーよりもメリー・ポピンズの方が古い作品ということになります。

歴史的には、『ふしぎの国のアリス』など原作を「ディズニー化」したことで原作ファンから脅迫まで受け制作もあまり進まない作品が続き、うんざりしてオリジナル脚本にしたのが『わんわん物語』。それでも映画化を諦めなかったのが『メリー・ポピンズ』です。

まだ公開されていないどころか、プーが黄色に赤いシャツということすら決まっていない段階で、ミッキーやメインキャラクターと肩を並べて鎮座していることなどあり得ないことです。

先に触れた通りプーも原作がある以上、映画化の際にミルンから版権を取得する必要があり、こちらの交渉もすぐに決まったわけではありませんでした。
ミルンにとってプーとは自分と息子の人生を奪った作品とも言え、再び世界に公開するなど論外でした(この背景もまた一つの映画にできるほど複雑なものです)。
413X52Q6RML._SS500_
ミルン自伝のタイトルは「今からでは遅すぎる」(It’s too late now)。600ページ近い自伝の中でプーに触れたのは2ページのみ。
しかしミルンは1956年に亡くなり、ディズニーはプーに対して好意的な姿勢を続けていたミルンの妻ダフネから版権を得ます。
これが1961年のことでした。
ちょうどトラヴァース夫人がカリフォルニアに乗り込んだその年です。

ウォルトは将来におけるプーの人気を確信し、原作を最大限に尊重する形で制作を指示します。
しかしプーは米国での知名度が低く、そのまま公開してもヒットせずに終わるだろうと考えました。そこで、長編を3分割しそれぞれ短編として公開、後に長編として再構築する、という方式をとりました。
そしてプーの面白さはアメリカ人にとってあまり理解できないものでした。
そんなプー制作スタッフたちにプーの魅力を説いたのが、メリー・ポピンズ制作のために集まったイギリス人スタッフだったのです。

トラヴァース夫人がメリー・ポピンズの版権を認めず、映画化が中止となれば、プーは現在のような映画にはならなかったでしょう。
制作意識の低さからプー映画化もキャンセルになっていた可能性も十分にあります。

つまり、Saving Mr.Milneを行ったのは、メリー・ポピンズです。

このような考えから、僕は「かわいそうなA.A.ミルン」のシーンに大変がっかりしました。
ウォルト・ディズニーによって創り上げられた数々の作品はそれぞれが歴史の中で繋がって生まれています。
その流れを見ていくとウォルトがダイアンとした約束の重さが分かってくると思います。

ウォルト・ディズニーの約束―ダイアン・ディズニーに捧げる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加