*

「 日別アーカイブ:2020年11月11日 」 一覧

ゲボイデ=ボイデ第4話「事象の地平面」

辰砂暦39346年

いよいよ大きなストーリーが動き出しました。たぶん。
4話目にしてオープニングのアリアドネが寝ていないという変化球。
ドローンっぽいやつ可愛い。
枕にわーと言うアリアドネ。
そーこーで、3つの願いを叶えるジーニーもとても分かりやすく再現され、アリエルにジーニーに今作は第2次黄金期ネタが続きますね。

いよいよ時間の流れに干渉するスイッチが登場。
ポラリスを使うのかと思ったら、手榴弾みたいなサイズの球体でした。
ボタンを押すと、3つの場面が出てきます。
1つめが、床から出る柱とプロスペロを持つヴィントシュトレ卿?
2つめがツークツヴァンク?
3つめがイルカ。
イルカははっきり登場し、ゲボイデ=ボイデとアリアドネにも影響を与えます。
シリーズでイルカが映像になったのは初。
1期最終シーンのイルカの泣き声も再び聞こえました。
イルカを含め過去の映像ということでしょう。
ヴィントシュトレ卿がプロスペロを編纂した時代や、ツークツヴァンクがお屋敷の地下に行く前の時代が映されたようです。
だとすると『チャーミング』でドロッセルが出会い語られる過去の出来事を垣間見たことになります。
そして、ボタンを再び押したアリアドネの前にいるゲボイデ=ボイデは、足の一部が『ユーモラス』のゲデヒトニスに。
赤い足はBAU28、黄色い足はBAU29と混ざっています。
しかしこの違和感にはっきりと気付かないアリアドネ。
『ワンダーの方へ』でゲボイデ=ボイデとゲデヒトニスが入れ替わっていたことへの答えに近付いてきています。
アリアドネには変化はなさそうですが、ゲボイデ=ボイデとゲデヒトニスの関係は何なのか?

あらすじではゲボイデ=ボイデの主人はアリアドネと書かれていますが、ゲボイデ=ボイデが「旦那様」と呼ぶ(おそらく)アリアドネの父がいるのも確か。
旦那様がいるのにアリアドネが主人なの?

枕にまでしっかりフリューゲル印がついており、フリューゲル家であることは間違いなく、ゲボイデ=ボイデとゲデヒトニスは型番が1つ違い、アリアドネとドロッセルは同型番のBという違い。
この違いが時空とどう関係してくるのか、辰砂暦はどの時代なのか、

いよいよ次が前半最後の第5話。
タイトルは「フギン・ムニン」で、ムニンは記憶を意味します。
記憶はドイツ語でゲデヒトニス。
ゲボイデ=ボイデとゲデヒトニスの関係を匂わせてきた第4話では、お嬢様の記憶さえも管理していると発言しています。
ドロッセルの記憶は青い薔薇として保管され、薔薇は型番アップデート時に使用されていると思われる様子が『チャーミング』で描かれていました。
お嬢様の記憶の管理こそゲデヒトニスの役割だとも考えられます。
『チャーミング』以来、再び「記憶」がキーワードになってきた気がします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


『ゲボイデ=ボイデ』後半5話タイトル発表

12月放送の『ゲボイデ=ボイデ』後半、第6〜10話のタイトルが出てきました。

#6 おおむね無害
#7 ユグドラシルの長い午後
#8 ワルキューレ
#9 ラグランジュの暗点
#10 バンジージャンプ・メソッド(アリアドネの糸)

「おおむね無害」は『銀河ヒッチハイクガイド』での地球の項目「ほとんど無害」っぽい。
銀河ヒッチハイクガイドは無印第1話のイルカの話の元ネタ。
「ユグドラシルの長い午後」は『地球の長い午後』かな。
どちらもSF小説です。

「ユグドラシル」「ワルキューレ」は共に北欧神話。
ファイアボールで北欧神話が出てくるのは『ゲボイデ=ボイデ』が初な気がします。
だいたいギリシア神話だったはずで、アリアドネもギリシア神話から。
北欧神話になると知識が『マイティ・ソー』に偏ってしまいますが、「ユグドラシル」は9つの世界を内包する巨大な木。
「ワルキューレ」はヴァルキリーのドイツ語読みです。

ラグランジュは数学者で、彼の功績の中でも「ラグランジュ点」が今回のタイトルでしょう。
「ラグランジュ点」とは、宇宙の中で天体と天体同士の重力がバランスを取れる安定点のこと。
難しいのでよく分かりませんが、宇宙で安定するってファイアボールっぽい気もする。

最終話「バンジージャンプ・メソッド」は『ゲボイデ=ボイデ』第1話で言及されたメソッド。
ゲボイデ=ボイデ曰く「概ねの場合、その後バンジージャンプ・メソッドにより元いた場所へと戻ってまいります」。
「そこからまた挑戦すれば良いのです。何度でも」というのは、『チャーミング』最終話の「次はきっと上手くいくわ」を思い出させます。
そして「アリアドネの糸」は「難問を解決する鍵」を意味します。
バンジージャンプの紐がアリアドネの糸だということなのでしょうか。

最終章、やっぱりアリアドネで終わるの?

追記
5話で、『銀河ヒッチハイクガイド』から「空飛ぶクジラ」が登場。
「ユグドラシル」はアリアドネが住むお屋敷の名前が「ユグドラシルの塔」だと明かされました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加