*

「 日別アーカイブ:2020年11月12日 」 一覧

ゲボイデ=ボイデ第5話「フギン・ムニン」

辰砂暦39362年

前半最終話。
5話までは全て辰砂暦16年ごとに進みました。

いよいよ気になっていた部分が続々と明かされてきました。
ゲボイデ=ボイデがお土産に持ってきた占星術の棒。
持ってきた場所は「クロノス国エンケラドゥス」です。
クロノス国エンケラドゥスは超合金ドロッセルの箱に書いてあったプロスペロ改訂増補版に「クロノス国エンケラドゥス領に住むビスパコイストヴァ元男爵」として登場しています。
『ワンダーの方へ』での時空移動装置「ポラリス」もメイド・イン・エンケラドゥスでした。
クロノスはヴィントシュトレ卿の型番で、『チャーミング』最終話に登場するのが「クロノス・システム」。
『ワンダーの方へ』でもクロノスが登場します。
クロノスという名はギリシア神話の神様で、ウラノスの子供。
ドロッセルが治めるのがウラノス国テンペスト領です。
エンケラドゥスもクロノスと同じギリシア神話。

お屋敷の名前は「ユグドラシルの塔」。
これでドロッセルが住むテンペストの塔と舞台が異なることがはっきりしました。
ユグドラシルは第7話のタイトルに登場します。
北欧神話で9つの世界を内包する巨大な木のこと。

アリアドネがついに一人称を発し、『ユーモラス』のドロッセルと同じ「ボク」呼びでした。

異国からの使いが登場。
エンドクレジットによると「HECATONCHIRES aka OSTRICH 2187」。
HECATONCHIRES(ヘカトンケイル)は、ギリシア神話に登場する3人の巨人。
3人で登場するところも再現しているよう。
ヘカトンケイルたちはウラノスの子供です。
声優は大塚芳忠さん。
Disney+だとジェフ・ゴールドブラムの世界探求です。
他にジェフ・ゴールドブラムで『マイティ・ソー/バトルロイヤル』吹き替え。
OSTRICHは英語でダチョウ。他に現実逃避者、事なかれ主義の人という意味があります。
2187と桁がやたら大きいことも気になる。

ヘカトンケイルの主人とお友達になってと頼まれたアリアドネ。
「文通」でのお友達を提案します。
1期でドロッセルがユミルテミルと文通していたことを連想させます。

これで前半は終了。
ここから先は全て予告編にないシーンでしょう。
後半もアリアドネとゲボイデ=ボイデの話が続きそうですが、どうなるのか?
じわじわ見えてきたウラノス国テンペスト領との関係、ドロッセルとゲデヒトニスとの関係。
あと5話でファイアボールが終わってしまうのでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad