*

「 海外パーク 」 一覧

EPCOTに『モアナ』アトラクション、シークレットプロジェクトはキャストドキュメンタリー D23 Expo 2019いよいよ開幕


D23 Expo 2019がいよいよ8/23〜25に開催。
開幕に先駆けメディアプレビューが行われ、早速様々な新発表が行われました。

Epcot


Epcotは大胆にリニューアル予定。
今回のD23 ExpoのパビリオンでもEpcotに多くの場所が割かれています。
中でも新発表となったのが「Journey of Water, Inspired by “Moana”」。
『モアナと伝説の海』をモチーフにした新パビリオン「ジャーニー・オブ・ウォーター」が作られます。
水との共生をテーマにしたパビリオンのようです。

Playパビリオン、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのコースターも新イラストが発表されました。


さらに25日のパーク講演で明かされるポスターも隠されています。

カリフォルニアとパリはアベンジャーズ・キャンパス、フロリダはEpcotやトロン、ミッキー&ミニーのランナウェイ・レールウェイなど多数、さらに香港は新しいキャッスル、上海はズートピア、そして東京も拡張プロジェクトと、今回のExpoでは全パークの展示が行われています。

マーベルエリアは「アベンジャーズ・キャンパス」


ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー、ウォルト・ディズニー・スタジオ(パリ)に建設中のマーベルエリア。
エリア名が「Avengers Campus」となることが発表されました。
カリフォルニアのコンセプトアートでは、2020年オープン予定のスパイダーマンのアトラクションが。
さらに、アベンジャーズ・ヘッドクオーター、W.E.B.ワークショップ、ピム・テクノロジーズ、サンクタムも描かれています。
W.E.B.ワークショップはショップ、ピム・テクノロジーズはアントマン&ワスプのレストランです。


世界地図では、アベンジャーズ・キャンパス・カリフォルニア、アベンジャーズ・キャンパス・パリが登場。
さらに展開済みスタークEXPO香港、上海のミッションステーションが。
さらにフロリダには「ザンダリアン・アウトポスト」とあり、ガーディアンズのコースターでザンダー星が扱われ、アベンジャーズ・キャンパスに関わってくるようです。
大西洋上には、非公開の場所として、モバイル基地も記されており、

スター・ウォーズホテル


5月にカリフォルニアにオープンした「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」は、来週フロリダのディズニー・ハリウッド・スタジオにオープン予定。
フロリダではスター・ウォーズがテーマのホテルも建設中です。
コンセプトアートだけで名称も開業予定も不明でしたが、今回「Star Wars: Galactic Starcruiser Ship
という名称が発表されました。
このホテルはギャラクシーズ・エッジの裏側に建設され、宇宙船に滞在できるというコンセプト。
ホテルからギャラクシーズ・エッジへは小型の宇宙船を使って移動できます。
その輸送手段は先日リークが出ましたが、どう見てもバスです。
CONCEPT ART: First Look at Immersive Guest Transport System for the Star Wars Hotel at Disney’s Hollywood Studios – WDW News Today

シークレットプロジェクトは「One Day at Disney」

8/24にStage 28で予定されているシークレットプロジェクトも発表。
Disney+で配信されるキャストのドキュメンタリー「One Day at Disney」でした。
キャストの1日を追った本がドキュメンタリーとしてDisney+にやってきます。
予告編では東京の様子も映っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


香港ディズニーランド新キャッスルは13人のプリンセス&ヒロインがモチーフに


香港ディズニーランドでは眠れる森の美女の城がリニューアル工事中。
シンボルのお城が変わるという、ディズニーランド史上前代未聞の工事が進んでいますが、新しいお城についてモチーフの発表がありました。

ティアナ、オーロラ、アリエル、ムーラン、ジャスミン、白雪姫、モアナ、シンデレラ、メリダ、アナとエルサ、ポカホンタス、ラプンツェルという13人のプリンセス&ヒロインがモチーフとなります。
ベルならバラ、ムーランならムーシューなどと、彼女たちのモチーフがそれぞれ尖塔に飾られます。

合わせて公開された設計図イラストでも、特徴的な形の尖塔が見て取れます。
旧来の眠れる森の美女の城の形も残されており、増築し大きなお城になるようです。

コンセプトは上海のエンチャンテッド・ストーリーブック・キャッスルに似ていますが、それとも違うオリジナルのお城になる模様。
完成は元々2019年の予定でしたが、サイレント遅延しています。Thanks Galaxy’s Edge。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マジックキングダム独立記念日ゲスト分散大作戦


4th of July、アメリカ独立記念日はカウントダウンに次ぐお祭りの日です。
WDWのマジックキングダムでは、7/3,4の2日間、360°花火に包まれる、超豪華な花火Fourth of July Concert in the Skyが公演されます。
そんなお祭りに2018年に行ってきました。
7/4の独立記念日当日は、EPCOTのIlluminations: Reflections of Earthも特別版が公演されます。
というわけで7/3にマジックキングダム、7/4にEPCOTに行くと両方観られるのです。
パークは7/3に行こうが4日に行こうが当然激混み。
できる限り混雑を分散させるためのマジックキングダムの手法がなかなかすごいものでした。

分散を促す高度な情報戦

配布されるタイムガイドは7/3,4専用のもの。
裏面には花火の鑑賞スポットガイドが書かれています。
おすすめの鑑賞スポットは、フロンティアランド、ファンタジーランド、トゥモローランド。
城前のハブは書かれていません。
なるべくハブ以外の場所で観させて分散させたい意思を感じます。
さらに19時〜24時はフロンティアランドとトゥモローランドでのダンスパーティーが告知されていました。
ダンスパーティーしてそのまま花火観られるよ!ということですね。
ちなみに花火は21:15から、閉園は朝2時(エキストラマジックアワー)です。

2時間前から立ち上げる妙技

7/3、昼にスコールがあったせいでショースケジュールがずれていたのですが、18時頃最後のMove it Shake itが終わると、ハブは花火待ちモードに。
じわじわと地蔵が出始めます。
しかし、花火が立ち見なのに場所取りは座って行うため、立ち上げ時にスペースが大量に生まれて混乱するという問題あります。
毎日Happily Ever Afterの30分前にこれが起きていますが、さすがに独立記念日の混雑ではかなり早い段階で立ち上げないと収集がつかなくなります。
この点をどうするのか心配していましたが、解決策はすごいものでした。

19:00、フロンティアランドとトゥモローランドのダンスパーティー開始に合わせて、キャッスルのステージでもダンスパーティーを開催。
独立記念日のお祝いとしてわいわいみんなが踊っていたのですが、これが実質的な立ち上げの効果をもたらします。
ここから2時間ノンストップでダンスパーティーが続いたわけですが、最初動き回る指示が多かったダンスも徐々に手振りだけになり、最後にはシングアロングへと移行していきました。
花火の1時間前には完全起立と前に詰めるよう指示が入り、花火の鑑賞位置が確定しました。
その後もみんなで盛り上がり、花火の場所取りなのに周りの知らない人達との仲間感も生まれていきました。

写真はサークル・オブ・ライフを合唱しながら子供を抱え上げるゲストの様子

終わっても帰らせない

DJは花火が21:15から始まることを煽りながら、フロンティアランドやファンタジーランド、トゥモローランドでもよく観えるという発言は欠かしませんでした。
そして、花火終了後もダンスパーティーが再開され24時まで続くこと、花火で帰ると車が超混雑するから踊ってから帰ろうという告知を繰り返していました。
しつこいくらい花火後も踊ろうと繰り返していました。
そしていよいよ花火本番。
圧倒的すぎる花火に大興奮していると、花火終了2分後にはDJパーティーが再開します。
花火では帰さないという強い意思を感じました。
ちなみに22時からはDJパーティーが中断されてワンス・アポン・ア・タイムの公演もありました。

フロンティアランド会場も24時までダンスパーティー

7/4には、21時以降に使える50%オフのフードクーポンも配布されたそうです。


とにかく花火終わりに帰さないためにあらゆる手を使ってきました。


帰宅しようとするとタウンスクエアにはライト入りの縦長バルーンが。
かなり目立つバルーンで、バス・フェリーとモノレールのゲストが予め分かれて進めるように誘導していました。
このバルーン、花火前にはフロンティアランド、ファンタジーランド、トゥモローランドに置いてあり、花火鑑賞エリアの表示をしていました。

・花火の鑑賞場所を分散させる
・鑑賞エリアでは早い段階で起立させる
・帰宅時間を分散させる
独立記念日のマジックキングダムの混雑対策はかなり有効だったと思います。
キャストが頑張るといった人海戦術ではなく、エンターテイメント性もあり合理的なやり方でとてもよかったです。
DJのお兄さんの体力は心配でしたが。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジは6月オープン エリア詳細も明らかに

BARRON’Sがボブ・アイガーCEOへのインタビューとギャラクシーズ・エッジ建設現場への取材を行いました。

Disney’s Bob Iger Talks Streaming, Park Plans, and Learning From Kodak – Barron’s
アイガーへのインタビューは主にストリーミング(Disney+)に関連する話ですが、後半でパークについても触れられています。
その中で、「When Star Wars opens in Anaheim in June and in Florida later in the year」という発言が。
スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジはアナハイムが「夏」、フロリダが「晩秋」とアナウンスされていましたが、アナハイムのオープン時期がより具体的になってきました。
Barron’sは別途ギャラクシーズ・エッジの記事でオープン時期を「6月上旬」(perhaps by early June)と報じています。
ちなみに、最近のアナハイムのアトラクション追加は、2017年(ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ミッション・ブレイクアウト!)が5月27日、2018年(ピクサー・ピア)が6月23日でした。


Here’s a Sneak Peek of Disneyland’s New ‘Star Wars’ Attraction – Barron’s
現地レポートでエリアの詳細も明らかになっています。
ギャラクシーズ・エッジの舞台となるのは惑星バトゥー(Batoo)のBlack Spire Outpostというエリア。
モロッコやイスタンブールを参考にエイジングが施されているとのこと。
ギャラクシーズ・エッジは古代の木々が石化した塔が印象的ですが、実際に南カリフォルニアの木を使っており、取り替えるのに9,000ドルかかる代物だそうです。

「ミレニアム・ファルコン:スマグラーズ・ラン」は、ミレニアム・ファルコンに乗ってミッションに挑むアトラクション。
操縦席だけでなく
海賊ホンドー・オナカーがチューバッカからミレニアム・ファルコンを借り、ゲストに運転を任せます。
ゲストは6人でチームとなり、宇宙船でのミッションに挑みます。
マルチストーリーでゲストの動きがリアルタイムで反映されるとのこと。

「ライズ・オブ・ザ・レジスタンス」は、レジスタンスとファーストオーダーの戦いに入り込むアトラクション。
レジスタンスが対ファーストオーダー作戦の基地として作り変えた寂れた部屋を通ってライドへ。
トラックレスライドに乗車するゲストは『フォースの覚醒』でレイが体験したようなカイロ・レンからの拷問を受けることも。

他に「オガのキャンティーナ」ではディズニーランド初のアルコールを提供。
座席は少なく、ほとんどのゲストは立ち飲み形式になるとのこと。
ショップでは、自分でカスタマイズしてオリジナルのドロイドを作れるそうです。
実物大のR2-D2も販売予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ第2パークでアナ雪、マーベル、スター・ウォーズエリアの大拡張計画発表


ディズニーランド・パリの第2パーク、ウォルト・ディズニー・スタジオ・パークで大拡張が発表されました。
アナと雪の女王、マーベル、スター・ウォーズの3エリアが新たに誕生します。
2021年着工。


マクロン大統領も言及

マーベルエリア

こちらは拡張というより改修。
D23 Expo Japanで発表されたロックンローラーコースターのアイアンマンリニューアル(2019年オープン)はエリア改修の第1弾でした。
アルマゲドン、モーターショーがマーベルアトラクションになるのではないかと思います。
現在のモーターショーの場所にはシールドの飛行機(BUS)のようなものがあります。
香港のマーベルエリアもシールドが絡むと言われていますが一緒なのか違うのか…?
アイアンマンが香港はスターツアーズ形式、パリはロックンローラー改装と考えると、残り2アトラクションが同じものになる可能性はありそうです。
一方、以前から噂されていた、タワー・オブ・テラーの「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ミッション・ブレイクアウト!」リニューアルは見送られた模様。
改修エリアでは、トイ・ストーリーエリアでもリトル・グリーンメンのアトラクション(WDWハリウッドスタジオにオープン予定のもの)ができるようです。

スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ

アナハイム、フロリダに建設中のスター・ウォーズエリアがパリにも誕生。

アナと雪の女王エリア

香港で建設予定のアナ雪エリアも誕生。
基本的には香港と同じ形の模様。
アナ雪エリアはパークゲート正面で、現在のスタジオトラムツアーがなくなり、奥まで道が整備されます。
スター・ウォーズはアナ雪の隣、マーベルとの間。
アナ雪エリアの前には大きな湖が誕生。
ここでショーを行うと予告されています。

香港と同じ形のアナ雪エリアですが、どちらも水路形が整っていることが伺えます。
香港発表時に香港ディズニーランド大拡張発表。どうなるTDSアナ雪エリア|舞浜横丁で書きましたが、香港はTDSで予定されていた「北欧」エリアが移転したと思われるもの。
このエリアが海ありきで計画されていた=TDS用だったかがより明らかになったように思います。

湖はEPCOTのような形で、かなり大きめ。EPCOT同様に湖を横断する船が走っています。
この無駄に広い湖がショーのためだけに作られるのか…右側の通路とかほぼバクステへの道だし…
湖とバックステージを結ぶ運河はアレンデールの横にあり、湖との境には跳ね上げ式の橋ができる模様。
規模からしても、ショーはWorld of ColorやReflections of Earthのような噴水かパイロメインのショーになりそうです。
先日、ディズニーランドの眠れる森の美女の城のナイトショー「Disney Illuminations」が終了し、ホテル前のディズニー・レイクでのRivers of Lightのようなナイトショーに切り替わるのでは?という噂がDisney and moreなどで伝えられました。
新エリアは2021年から建設なのでタイミングが合いませんが、プロジェクションマッピングに代わる演者を使わないタイプのショーが新エリアに来るのではないかと思います。

東京の新エリアのハードルがどんどん上がっていきますが、大丈夫なのでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加