*

「 WDJ公式記事 」 一覧

『ディズニー マジックキャッスル マイ・ハッピー・ライフ』詳細

キーイラスト

『ディズニー マジックキャッスル マイ・ハッピー・ライフ』3DSで7/11発売
既報の通り、3DSで「マジックキャッスル」がソフト化されます。
基本的にはマジックキャッスル・オンラインと同様、町をうろうろしながらコレクションを集めていくゲームです。
その発表会の様子を交えながら、ゲームの詳細を紹介します。

mc_logo_04
こちらがプレスリリース
そしてディズニーゲームズのニュース
ファミ通GamerGAME Watchも記事を出しています。

まずは、今回のゲームについて、バンダイナムコゲームスの代表取締役社長、大下 聡さんが説明。
昨年からの若い女性の3DS所持率上昇に注目して開発したとのこと。
ディズニーにかなりの協力を受け、ディズニーの世界を楽しめるように作ったとのこと。
任天堂の専務取締役、波多野 信治さんも登場。
世界中のディズニーファンはもちろんのこと、女性や子供たちに買ってもらえる、ゲーム人口の増加に繋がるソフトとのこと。

最近のWDJがテーマにしている、「大人の女性」ターゲットがここでも出てきました。
同梱版の3DS LL本体も、その大人の女性を意識したデザインになっています。3DS LL

mco-1
続いてWDJディズニー・インタラクティブ・メディアグループ ゼネラルマネージャー兼バイス・プレジデント、ジャスティン・スカルポーネさんが登場。
マジックキャッスル・オンラインの紹介を行いました。
マジックキャッスルの会員数が現在280万人であることが明らかに。
2006年10月にオープン、2年半後の09年5月に100万人に到達していましたから、順調に増加しているようです。
ワールドである、モンスター・シティや100エーカーの森が紹介された際には会場の招待者の方々も大きな関心を寄せていた印象でした。
マジックキャッスル・オンラインを紹介する短いムービーも登場。
今回の3DS、今までPC版で遊んだことのない人でも楽しめ、今までPC版で遊んでいた人には全く新たな発見があるとのこと。
つまり、PC版は基本的に今回のDSと異なる内容のようです。
また、PC版でも3DS発売に向けて盛り上げていき、PC版と3DS版連動した企画も用意していくとのこと。
早速PC版では3DS版仕様のコレクションカードが登場。これからますます盛り上がっていきそうです。

mco-2PC版コスチュームが並んだ画像。
さて、PC版と3DS版のつながりについてですが、前述の通り基本的には全く別物。
しかし、PC版をやっていると分かる要素も出てきそうです。
まずオープニングムービーの最初に出てくるイェンシッド、PC版でも重要な立ち位置です。
そして注目が、後で貼るビジュアル。お城の上を見ると、PC版の王様と大臣の姿を見ることが出来ます。
PC版では、一時期配信されていた「マジックキャッスルストーリーズ」という4コマ漫画で、王国の人々のキャラクターが描かれていました。
これらのキャラクターも登場するのではないかと期待したいところです。

そしていよいよ3DS版の説明へ。
バンダイナムコスタジオ プロデューサー、小林 毅さん。
その後の実際プレイ風景と合わせて紹介します。
ストーリーとしては、ミッキーからの招待状が届き、マジックキャッスルに自分のカフェを開くというもの。
画面写真1ミッキーと招待状。
mcs-1
ビジュアル。ミッキー、ミニーの他、グーフィー、シンデレラカップル、不思議の国のアリス、プーたちがいます。そして城の上には先述の王様と大臣が。
mcs-2
キャラクターは80以上、主人公にはMiiも使用可。
画面写真2

mcs-5服を着替えるとミッキーがコメントをくれる。
画面写真4
これらの服は、デイジーの洋服やさんで精製することができます。

mcs-3
ディズニーアイテムは1000種類以上。
これらはチップとデールの工房で作れます。

ストーリーの軸となるのは、主人公がオーナーとなるカフェ。
PC版のカフェと同じような位置にあります。
画面写真3デイジー仕様のカフェ。
カフェのインテリアを統一させていくと、それに合ったキャラクターが来店。
mcs-6
こんなインテリアだとシンデレラとプリンス・チャーミングが来店するかも。

画面写真5
その他、ラビットの庭では果物や野菜を収穫。プーたちが水やりを手伝ってくれたりするそうです。
mcs-7
魔法を使ってオバケを退治したり、ドナルドたちとつりを楽しんだりできるとのこと。

そして、発表会に相応しいディズニー好き、マルチタレントとして活躍する矢口真里さんが登場。
「小さい頃からディズニーもゲームも大好きなので、このコラボはたまらない」と語る矢口さん、ミッキーが一番好きだそうですが、「80以上のキャラクターが出るということなので、(ディズニーには)結構マニアックなキャラクターもいっぱいいらっしゃるので、そういう子たちにもすごく会いたいな」とディズニーに詳しい矢口さんならではのコメント。
mcs-4矢口さんのMii。
終始「可愛い」を連呼していた矢口さんでしたが、正直僕も可愛いと声を出しそうになっていました。
着替えでは、自らシンデレラのパーフェクトコーディネートを完成させたり、途中でこのドレスはベルですね!と発見するなど、ディズニー好きの様子を発揮する矢口さん。

「本当に夢のようなソフトを作っていただいたなという感じなので、これは私が宣伝しなくても必ず大ヒットすると思います。主婦でも女の子の気持ちを持った人は小さい頃にタイムスリップしたような感じになりますし、
家でディズニーの魅力をたっぷりと味わえるということなので、経済的にもすごくいいなという(笑) ランドに遠くて行けないという方もいっぱいいらっしゃるので、ここで堪能できちゃったり。
ここで色んなキャラクターに会って、本当のキャラクターに会いたいなみたいな感じになって、ディズニーランドに行くということもできますし、
夢がたくさん詰まったソフトなので、是非プレイしていただきたいなと。そして私も本当に大ファンな感じでですね、夏を待ち遠しく今思っているので、是非送ってくださいソフト!よろしくお願いします。」
と、ディズニー愛に溢れる感想を魅力たっぷりに語っていた矢口真里さんでした。

mcs-8(左から)小林さん、大下さん、矢口さん、スカルポーネさん、波多野さん
6年以上マジックキャッスルで遊んできて、いよいよこの世界が広がるということで、個人的にはPC版との繋がりに注目しています。
今後どのような展開がなされ、WDJの推し進める「大人の女性」にアピールできるか楽しみです。

<製品概要>
商品名:ディズニー マジックキャッスル マイ・ハッピー・ライフ
ジャンル:夢の世界で暮らすゲーム
発売日:2013年7月11日予定
希望小売価格:通常版,ダウンロード版5,480円(税込)、3DS LL同梱版24,380円(税込)
発売元:株式会社バンダイナムコゲームス
公式サイトhttp://magic-castle-mhl.namco-ch.net/

(c)Disney

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


『ディズニー マジックキャッスル マイ・ハッピー・ライフ』3DSで7/11発売

ディズニー マジックキャッスル マイ・ハッピー・ライフ | バンダイナムコゲームス公式サイト

20130307-134806.jpg

Disney.jpのディズニーゲームズ、この中の仮想空間「マジックキャッスル」がソフト化されます。
「ディズニー マジックキャッスル マイ・ハッピー・ライフ」7/11発売
3DSで、通常版,ダウンロード版 5,480円、3DS LL同梱版 24,380円。

ある日ミッキーマウスからの招待状により、プレイヤーは夢と魔法の世界でカフェのオーナーとなり、たくさんのディズニーキャラクター達と暮らし始めます。ディズニーのデザインをあしらったインテリアアイテムでカフェを飾りつけたり、プレイヤーの全身をコーディネートしてオシャレを楽しんだり、キャラクター達とコミュニケーションしたり、ディズニーの世界を満喫したりと、プレイヤーは自由自在に夢の世界での生活をお楽しみいただけます。

80以上のディズニーキャラクターや1000種類以上のディズニーアイテムを収録するとのこと。
プレイヤーはMiiも使用できます。

お城は眠れる森の美女風。
城下町はマジックキャッスルに近いデザインのようです。
他はトゥーンタウン・オンラインに近いかも。
そしてお城にはマジックキャッスルの王様と大臣の姿も!
3DS版とPC版の連動企画も予定されているそうです。

ラビットの庭で畑作業、魔法でお化け退治、ミッキー型の池でドナルド達と釣り
自分のカフェを持て、そのアイテム次第でキャラクターが遊びにくる。(デイジーアイテムを揃えるとデイジーが来店など)
服はデイジーの店、家具はチップとデールの工房。そこでアイテムを精製することができます。

magiccastleマジックキャッスルでは「3月7日」「マジックキャッスルにて重大発表!」「お楽しみに!」という告知が出ていました。
このオバケみたいなキャラクター、魔法で戦って退治するそうです。(木の飾りつけは『シュガーラッシュ』プロモーションなので関係ないです)

PC上のオンラインゲームのソフト化、ディズニーでは「クラブ・ペンギン」がDSで2タイトル、wiiで1タイトル発売されているほか、「ピクシー・ホロウ」もDS化されました。
クラブペンギンの例を見ると、PC版でのミニゲームが中心。アバターは共通で、ここで稼いだコインはPC版に反映される仕組みになっています。
世界観は基本的にPC版に忠実。キャラクター(住人)もそのままの姿で登場します。

『マジックキャッスル』は、ディズニーの仲間達との夢の世界での暮らしが楽しめるとのこと。
ディズニーキャラクターだけでなく、マジックキャッスルの王様や大臣などの住人にもたくさん登場して欲しいです。
個人的にはアバターの服がどうなるのか注目。マジックキャッスル内の仮想通貨(ペコス)で販売されているアバターアイテム、実は時々東京ディズニーリゾートのミッキーたちのイベント衣装が出てくることがあり、新着アイテム追加時の楽しみの一つになっています。

 

さて、ディズニーゲームズは2006年10月10日にスタートした無料ゲームサイト。
ディズニーゲームズは主に2つのコンテンツで構成されており、1つがミニゲーム、もう1つが今回のマジックキャッスル。
ミニゲームは各国のディズニーサイトで共有されているものですが、マジックキャッスルは日本のみで海外にはありません。
完全な独自コンテンツとして展開され、2008年9月には有料アイテムの販売を開始、Disneyjpメンバーと紐つけたプレミアム会員制度を導入し、マイルーム内アイテムを課金販売しました。
また、有料での「マジックキャッスル・タワー」を作り、ディズニーキャラクターの名前がついた住所を持てるというサービスも開始する予定でした。
しかし販売は伸び悩み、昨年有料アイテムの販売を終了。現在は再び完全無料状態になっています。

2009年5月には会員数が100万人を突破。
クラブ・ペンギンやピクシー・ホロウ、カーズ・オンラインの日本導入も検討されていました。
中でもクラブ・ペンギンについては、一部日本語化を行ったうえで一般人を入れたテストも行いました。
このように、収益を上げるためのいろいろな展開を模索しながらも、結局どれも上手くいかず。
2010年8月末には月額制のオンラインゲーム「トゥーンタウン・オンライン」も終了。
ディズニーゲームズは広告収入に頼るのみとなっています。

このあたりは当時の記事
ディズニーゲームズ5周年
100万突破記念、今後のディズニーゲームズ
クラブペンギン テストアンケートまとめ

また、発表会の内容を含めた詳細をまとめました。
『ディズニー マジックキャッスル マイ・ハッピー・ライフ』詳細

  • このエントリーをはてなブックマークに追加