*

「 グッズ 」 一覧

QUEEN、ディズニーツムツムに参戦


フレディ・マーキュリーがディズニーキャラクターに。

「LINE:ディズニー ツムツム」に、映画『ボヘミアン・ラプソディ』で話題になったロックバンドQUEENのメンバーである、ボーカルの「フレディ・マーキュリー」、ギタリストの「ブライアン・メイ」、ドラマーの「ロジャー・テイラー」、ベーシストの「ジョン・ディーコン」が、期間限定・日本限定の新ツムとして登場。
スキルを発動時にはQUEENを代表する楽曲が流れる曲付きツムです。

『ボヘミアン・ラプソディ』は20世紀フォックスによる映画のため、ディズニー傘下になりました。
しかしまさかFOX買収によるディズニーコラボの最初がパークでもマーベル映画でもなくツムツムだとは衝撃。
ボヘミアン・ラプソディがディズニー映画なのは理屈としてわかりますが、QUEENがディズニーキャラクターなのかは疑問…と思っていたら


Photo by George Hurrell

「It’s great to be on Tsum Tsum with LINE. Good luck to everybody.
『LINE: ディズニー ツムツム』に登場できて嬉しく思っている。みんな楽しんで!」
というQUEENからのメッセージまで発表されました。
本人が言うならディズニーキャラクターなのでしょう。

ツムツムといえばドロッセルのツムが登場したり、普段なかなかディズニーとして展開されないキャラクターも登場する柔軟性がありますが、あっさりFOXコラボ、しかもボヘミアン・ラプソディで来るとは。
ミッキーたちと並んで消されていくフレディ・マーキュリーの違和感がじわじわきます。
ツムツムがディズニーで一番柔軟性あるコンテンツになってきている気がするので、この調子で突っ走ってほしいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


My Disney、9/30でサービス終了

【重要】ディズニー公式アプリ「My Disney」 サービス終了のお知らせ|My Disney|ディズニー公式
WDJが提供していたアプリ「My Disney」が2019年9月30日(月)で終了すると発表されました。

キャラクターの誕生日や、ディズニー系イベントの会場に行くともらえるスタンプは、年末まで閲覧できるサービスが残ります。

タイムラインやニュースなど、Disney DXアプリ(有料)がMy Disneyの機能を随分と持っているなと思っていたら吸収されるようです。
スタンプとか位置情報でイベント通知くる機能地味に面白かったのに。
単にDisney DXと被るからやめるのか、Disney+が来る前にDXを強くしたいのか…
D23 Expo Japanの際にもかなり活用されていたので、次回(あるなら)WDJのアプリ運用がどうなっていくのか気になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ディズニーキャラクター年賀2019はMyDisney向け動画つき。発行枚数は更に減少

2019(平成31)年用年賀葉書等の発行及び販売

今年も年賀はがきのデザインと発行枚数が発表されました。
ディズニーキャラクター年賀は今年もミッキー&ミニー。
亥年ということでオリジナルのウリボーが登場します。プンバァではありません。

切手部分はミッキー、ミニー、イノシシ。
お年玉部分はミッキー、ミニー、プルート、イノシシ。
宛名部分のミッキーシェイプはなくなりましたが、2018年同様隠れミッキーが散りばめられたデザインになっています。
お年玉は2018年のデイジーがイノシシに置き換えられただけの同デザイン。
一気にシンプルになった2018年に増して普通の年賀状化が進んでいます。

2019年のポイントは、お年玉スペシャル動画付きなこと。
My DisneyアプリのARカメラを切手部分にかざすと動画が見られます。

当初発行枚数は、ディズニーキャラクター年賀が30,820万枚。
総発行枚数が24億21.2万枚で、ディズニーキャラクター年賀の占有率は12.8%です。
2018年から7%減、占有率は0.1ポイント減です。
ディズニーキャラクター年賀の本格導入から10年目にして最低の発行枚数です。

これまでの当初発行枚数
H20:9000万枚(ミッキー/70円×5枚セット) link
H21:1億1000万枚(インクジェット1億+写真用1000万)(プー初年度/発売後即売り切れlink再入荷) link
H22:3億5500万枚(3.2億+3500万) link
H23:4億6930万枚(4.15億+5400万+香り付き30万)(香り付き70円) link
H24:5億2900万枚(4.6億+6900万) link
H25:5億8000万枚(5.07億+7300万)(ウォルト110th柄) link
H26:6億1200万枚(5.28億+7600万+吹き出しシールセット800万)(Happiness is a state of mind柄)(吹き出しシールセット5枚入り300円) link
H27:5億5800万枚(4.93億+6500万)(インクジェットミッキー,写真用プー) link
H28:5億947万枚(4.4958億+5989万)(インクジェットミッキー,写真用プー) link
H29:4億9116万枚(4.1204億+7911万)(ミッキー) link
H30:3億3290万枚(ミッキー) link
H31:3億820万枚(ミッキー) link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


ディズニーキャラクター年賀2018はミッキー1種類。発行枚数は過去最低

2018(平成30)年用年賀葉書等の発行及び販売

今年も年賀はがきのデザインと発行枚数が発表されました。
ディズニーキャラクター年賀は今年もミッキー。
戌年ということでプルートも登場します。

デザインは市販の年賀状イラストと同じ和服のミッキー&ミニーと富士山。
消印部分がプルートのお皿です。
お年玉部分にはミッキー、ミニー、プルートとデイジーが顔を出しています。
宛名部分の大きなミッキーシェイプを含め、隠れミッキーなど計8つのミッキーシェイプが描かれています。
例年に比べてかなり普通のデザインになった印象。ちょっと寂しいです。

2017年はインクジェット写真用が全てミッキーデザインでしたが、2018年はなくなり、ディズニーキャラクター年賀は1種類のみ。
当初発行枚数は、ディズニーキャラクター年賀が332,900,000枚。
総発行枚数が2,586,008千枚で、ディズニーキャラクター年賀の占有率は12.9%です。
3億枚台は2008年以来。
ディズニーキャラクター年賀が本格導入されてから最低の発行枚数です。

これまでの当初発行枚数
H20:9000万枚(ミッキー/70円×5枚セット) link
H21:1億1000万枚(インクジェット1億+写真用1000万)(プー初年度/発売後即売り切れlink再入荷) link
H22:3億5500万枚(3.2億+3500万) link
H23:4億6930万枚(4.15億+5400万+香り付き30万)(香り付き70円) link
H24:5億2900万枚(4.6億+6900万) link
H25:5億8000万枚(5.07億+7300万)(ウォルト110th柄) link
H26:6億1200万枚(5.28億+7600万+吹き出しシールセット800万)(Happiness is a state of mind柄)(吹き出しシールセット5枚入り300円) link
H27:5億5800万枚(4.93億+6500万)(インクジェットミッキー,写真用プー) link
H28:5億947万枚(4.4958億+5989万)(インクジェットミッキー,写真用プー) link
H29:4億9116万枚(4.1204億+7911万)(ミッキー) link
H30:3億3290万枚(ミッキー) link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「マジカルガチャコーデ」シリーズでプーとソフィアが奇跡の共演

dsc_0700_result
マジカルガチャコーデが発売されました。
価格は5,500円。

このシリーズのお披露目ブロガー向けイベントがウォルト・ディズニー・ジャパンで開催されました。
商品の基本的な紹介はTOONDAYSさんを読んでいただくとして、個人的な推しポイントを挙げていきたいと思います。

無限ガチャガチャにハマる

ルールとしては、ミニゲームでコイン的なものを貯めて、そのコインを使ってガチャガチャを回し、出てきたガチャ(キャプセル)をコレクションするというもの。
そのキャプセルが143種類もあり(一覧はこちら)、しかも機種(ミッキーとシンデレラとリトルグリーンメンの3種類)によって出てくるキャプセルも、違い、トレードすることでコンプリートを目指します。

超楽しい。

スマホゲームと違い課金もできず、季節限定のキャプセルもあり、やり込んでも1年間はコンプリートできません。
ミニゲームの1つ、ディズニークイズもえぐい問題が多く、これ子供向け?と思うほど、大人でわいわい遊びました。
コンプリート大変そうだからパレードルートでトレードしまくりたい。

プーの種類の多さ

本題。
キャプセルが143種類あるとはいえ、キャラクターが143種類というわけではありません。
同じキャラクターのコスチューム違いが(特に季節限定コスなどで)現れます。
で、プーの多さ。
プーだけで8種類。
ピグレットからランピーまで、100エーカーの森シリーズ合わせると22種類。
しかもプーたちはどの機種からも排出される「マルチ」グループに属します。
というかマルチキャプセルの半分くらいはプーたちです。
様々なコスチュームのプーたちが22種類出てきます。

ソフィアもいる

子ども向けおもちゃということで、最近子どもたちにほんとに人気のソフィアが満を持して登場。
ソフィア、ソフィア ウィンク、ソフィア スペシャル(ひみつのとしょしつコス)の3種類。
さらにアンバーも登場!
まじか!アンバー!
ソフィアは「プリンセス」から排出されます。
タカラトミーさんへ、追加シリーズ出るときはソフィアの新衣装と冬服もお願いします。

プーとソフィア奇跡の共演

dsc_0698_result

ここまでは子ども向けおもちゃの紹介でしたが、このマジカルガチャコーデのすごいところは、キャプセルのデザインが他社商品にも展開されるところです。
お弁当箱といった子どもの頃よくお世話になった商品からクレーンゲーム景品のブランケット、さらにぬいぐるみまで幅広く展開されます。
今後アパレル展開もあるそうです。
そんな商品には当然143種類載せられるわけもなく、人気キャプセルが厳選して商品化されています。
そこである事態が起こったのです。

プーとソフィアの共演

やりました!
プーとソフィアが並んでいます!
なんと素晴らしいシリーズなのでしょうか!

プーの強さ

dsc_0703_result

子ども人気急上昇のソフィアに対し、グッズではめっぽう強いプー。
キャプセルシリーズでも貫禄を見せつけています。
この巾着、大きなプーにピグレットも描かれています。
ミッキーはというと……裏面。
dsc_0704_result

 

dsc_0699_result
そして一押しなのがクッション。
商品説明でスライドを見た瞬間から、これは人をダメにするタイプのやつだ…と確信していました。
ブロガーの皆さんが撮影を終えた後で抱かせてもらいましたが、期待を裏切らない柔らかさ。
永遠に持っていられる形とサイズ。
そして、見事に彩色された黄色と赤のバランス。
抱いている様子を見たdpost.jpの人からは幸せそうと言われました。
ありがとうございます。

参加者の記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加