*

「 月別アーカイブ:2020年07月 」 一覧

2020年7月のディズニークリップ

shopDisneyグランドオープン

【公式】shopDisney(ショップディズニー) – ディズニーグッズ公式通販サイト(1日)
「shopDisney」がグランドオープン。
5/27(Dinsey+日本上陸発表の直前)に「ディズニーストア オンライン店」から改称していた。

舞浜駅2019年度は前年比5%減

JR舞浜駅5.2%減 19年度乗車人員、コロナが影響:日本経済新聞(14日)
舞浜駅の2019年度1日平均乗車人員は5.2%減の7万8千人となり、上位100駅で落ち込み幅が最大。
35周年反動と休園が影響。

ディズニー マジックキングダムズ配信再開

「ディズニー マジックキングダムズ」がゲームロフトから配信開始。自分だけのディズニーパークをもう1度|4Gamer.net(16日)
スマホアプリゲーム「ディズニー マジックキングダムズ」が日本での配信を開始。
日本では2019年5月まで同じゲームが提供されていたが、今度は開発元のゲームロフト自身が提供し、世界版とイベント進行なども同じに。

ディズニー365が「ディズニー365プラス」に

ディズニー365 プラスの動画|Disney+ (ディズニープラス)(24日)
ディズニー・チャンネルの情報番組「ディズニー365」がリニューアルし、Disney+でも配信される「ディズニー365プラス」に。
MCは佐藤大樹さんと中村優月さん。

『アルテミスと妖精の身代金』Disney+日本版で配信

『アルテミスと妖精の身代金』ディズニープラスで8月14日(金)独占公開|Disney+(ディズニープラス)公式(20日)
劇場公開がキャンセルされDisney+で配信に変更された映画『アルテミスと妖精の身代金』が日本で8/14に配信決定。
本来は2019年公開だったのに『マレフィセント2』と入れ替えられ、入れ替え先で劇場公開できず配信公開になってしまった不憫な作品。

『ソウルフル・ワールド』日本版予告

『ソウルフル・ワールド』の日本版予告編とポスターが公開。(28日)
本国版とはかなり内容が異なり、「ソウルの22番」という相当重要っぽいキャラクターが登場。
公開予定は12/11のまま。

WDWNT.jp開設

ご挨拶:WDWNT.jp へようこそ! – WDW News Today in Japanese(29日)
WDWNTが日本語版を開設。
日本版のTwitterとInstagramも併せてスタート。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


Disney+『スターガール』とグレース・ヴァンダーウォール

Disney+で『スターガール』を観ました。
米+で3月に配信された実写のオリジナル映画で、日本版Disney+ではローンチタイトルになりました。

物語は簡単に言えば不思議ちゃんが巻き起こす一時のファンタジーチックな世界です。
言ってることは個性を失わないということで、今の時代にディズニーが出すメッセージとして順当。悪く言ってしまえばベタ。
しかし、普通の作品だと切り捨てるのはもったいないくらい、スターガールの主演が醸し出す只者ではない感があります。

というわけで以降は感想というよりほとんど主演のグレース・ヴァンダーウォールの話です。
本編のネタバレはありません。

本編を観た後に原作も読みました。
原作では2人とも父親がいて、またディズニーは勝手に父親殺したのかと思いました。
大きな変更点としては、1本の映画にまとめるためにエピソードをかなり端折っており、バスケの部分がフットボールに統合されている辺りは短く分かりやすくなっていますが、馴れ初めや終わり方もかなり変えられており、もはや原作はエッセンス程度と言っていいかもしれません。

ディズニー版ではレオがいきなりいじめられたのに対しスターガールはいきなりみんなの心を掴んでいて、とにかくスターガールの圧倒的ヒロイン気質によって映画が成立しています。
それを可能にしたのが、主演のグレース・ヴァンダーウォール。
16歳のシンガーソングライターで、女優デビューにして映画初主演。
スターガールは原作でもウクレレを弾き、グレース・ヴァンダーウォールもウクレレを弾くシンガーソングライターなので、ウクレレがキャスティングの理由だと思いますが、それ以上にスターガールのヒロイン感に合っていました。

グレース・ヴァンダーウォールはアメリカのオーディション番組America’s Got Talentに12歳で出場。
学校の友達すら彼女が歌を歌うことを知らないくらい無名だった彼女は、1曲で会場を魅了し、審査員が1シーズンに1度しか使えないゴールデンブザーを獲得、そして優勝を果たします。


このときの映像を見ていると彼女が完全にスターガールです。
スターガールが一気に学校を盛り上げた最初のチアリーディングのシーンのように、この世界に奇跡や魔法があると信じさせてくれる存在として、彼女の心から出た歌が周りを大きく変えていきます。
むしろスターガールよりグレースの方がヒロインの物語、いわゆる“シンデレラストーリー”として完璧すぎます。

アメリカの観客ならあの番組のあの子かってなるのかな。
本人のバックグラウンドが知られていてもいなくても、奇跡や魔法を体現する存在として映画の根幹を担っていたと思います。

彼女は映画のエンドクレジットの最後に「Today and Tomorrow」という曲を歌っており、これは映画撮影中に制作されたものだそう。
公式サイトに歌詞と対訳が載っています。
インフォメーション | グレース・ヴァンダーウォール | ソニーミュージック オフィシャルサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7/1再開した東京ディズニーランドの記録と感想

東京ディズニーランド、シーが7月1日に2月29日以来約4ヶ月ぶりに再開しました。

発売から4時間かけて初日朝からのランドのチケットを買えたので、開園前から行きました。
記録としてざっくりやったことと感想を残しておきます。

開園直前に加賀見会長からの挨拶放送があり、見事に静まりかえり、放送なのにみんな中央の方を見て聞いていたのが印象的でした。
ゲストみんな「オリエンタルランドの加賀見でございます」で通じる人たちだからね…
余談ですが、開園放送では「魔法あふれるディズニーテーマパークの世界」と言っており、6日のおはよう日本のインタビューでは「夢の国」と言っていて、相手によって表現をきちんと分けてるなと思いました。

天気予報が外れ、雨が降っていなかったので、とりあえず改装終わったシンデレラ城を見に行ったら、城前にシールが貼られていてご案内されていました。
事前に城前でのミッキーたちの挨拶があることがプレス向けに公開されていたので、それやるんだろうなという感じで、キャストの誘導にそって待ちます。
30分ほど待って無事にミッキーたちを見られました。
城前のご挨拶は午後まで待つ人もいて、よく分かっていないゲストも何かあるのかなと待ち始め、でもキャストはいつ何があるか言わないという状態で、かなりの人数が溜まってしまっていました。
目当てでない人までなんとなく溜まって何かを待っていたので、いっそ時間を言った方が溜まらなかった気もします。

パークは体験したことのないガラガラっぷり。
報道ではチケット購入者は約15,000人とのことで、うちランドが6割くらい(適当な想像)?
朝からのチケットはそのうち1/3なので、3,000人くらいがパークに入れる人数でした(超適当な計算)。
城前でずっと待っている人以外はショーもないので、みんなアトラクションに乗りまります。
ちなみに初日はレストランのPSが当日予約しかないため、多くの人がPSにアクセスできずけっこう食料難民状態でした。
大きいお店なら待たずに食べられるけれど、せっかく空いてるパークならお店選びたい欲が出てくるし。

普段なかなか乗らないピーターパンもすぐ乗車で、ロンドンのシーンに他のゲストが誰もいないような空間。
ダンボもすぐ乗れましたが、乗っているのが全員大人というなかなかシュールな光景でした。ダンボ自身も総重量こんな重かった日は初めてだと思う…

入園列もアトラクションもレストランも全て地面に定期的に黄色い線が引かれていて、線には同グループでも2人までしか並べないルールが徹底されていました。
3人グループはちょっと寂しい事態が発生します。
1本道のQラインはいいのですが、ピノキオのように狭い通路が往復している場合は、片道が丸ごと黄色い線がなくなり一気に通り抜ける形式になっていました。
ホーンテッドマンションは伸びる部屋が省略され、部屋の外壁に添うように黄色い線が引いてありました。ライド直前の往復Qもカット。
スペースマウンテンは館内が暗いため黄色い線が蛍光になっているなど、細かな配慮も。
カントリーベアシアターなどの長椅子シアタータイプは、1人ごとにテープで区切られていて、グループ間は席を開けるようアナウンス。
ジャングルクルーズも同様の形式で、中央は人を座らせず、スキッパーはマスクをして通常通り喋っていました。

パーク内は定期的に安全に気を付ける園内放送が流れます。
最近は高気温アナウンスなど事務的園内放送にも慣れてきましたが、ショーやパレードのアナウンスがない中でこのアナウンスだけ流れるのはいつもと違う感覚になりました。
夜にはショップの混雑を避けるためアプリショッピングを利用するよう園内放送もありましたが、7月1日は8月のチケット発売が行われていたためアプリが繋がりにくく、結局コンフェクショナリーの入店待機列がワールドバザールの外まで伸びていました。

There is no magic without you

今まで見たことのないガラガラなパークで、乗りたいものはすぐ乗れるのですが、あまりに人が少ないパークは寂しくもありました。
知り合いはかなりの人数が当日にいたので、ゲスト数に対する知り合いの比率は過去最高だったと思うのですが、ほとんど出会えませんでした。
普通なら朝の城前で何人も見つけていたでしょうし、カンベアが同じ回なんて見つけられない方が難しいと思うのですが、それでも人に出会えないのがソーシャルディスタンスの新しい日常なんだろうなと思いました。
気持ちとしてはあと倍はゲストがいてくれないと寂しさが勝ってしまいそうです。
そこで思い出したのは、パリの再開CM。

最後のセリフ「There is no magic without you」です。
先にCMを見たときにもいいなと思っていたのですが、実際に人の少ないパークを見ると、より一層この言葉の重みを感じるようになりました。
初日はある意味実証実験的であり、これから徐々に入園者数を増やしていくのでしょうが、たくさんのゲストがいて魔法が生まれるような場所が早く戻ってくることを祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad