*

「 日別アーカイブ:2020年07月13日 」 一覧

Disney+『スターガール』とグレース・ヴァンダーウォール

Disney+で『スターガール』を観ました。
米+で3月に配信された実写のオリジナル映画で、日本版Disney+ではローンチタイトルになりました。

物語は簡単に言えば不思議ちゃんが巻き起こす一時のファンタジーチックな世界です。
言ってることは個性を失わないということで、今の時代にディズニーが出すメッセージとして順当。悪く言ってしまえばベタ。
しかし、普通の作品だと切り捨てるのはもったいないくらい、スターガールの主演が醸し出す只者ではない感があります。

というわけで以降は感想というよりほとんど主演のグレース・ヴァンダーウォールの話です。
本編のネタバレはありません。

本編を観た後に原作も読みました。
原作では2人とも父親がいて、またディズニーは勝手に父親殺したのかと思いました。
大きな変更点としては、1本の映画にまとめるためにエピソードをかなり端折っており、バスケの部分がフットボールに統合されている辺りは短く分かりやすくなっていますが、馴れ初めや終わり方もかなり変えられており、もはや原作はエッセンス程度と言っていいかもしれません。

ディズニー版ではレオがいきなりいじめられたのに対しスターガールはいきなりみんなの心を掴んでいて、とにかくスターガールの圧倒的ヒロイン気質によって映画が成立しています。
それを可能にしたのが、主演のグレース・ヴァンダーウォール。
16歳のシンガーソングライターで、女優デビューにして映画初主演。
スターガールは原作でもウクレレを弾き、グレース・ヴァンダーウォールもウクレレを弾くシンガーソングライターなので、ウクレレがキャスティングの理由だと思いますが、それ以上にスターガールのヒロイン感に合っていました。

グレース・ヴァンダーウォールはアメリカのオーディション番組America’s Got Talentに12歳で出場。
学校の友達すら彼女が歌を歌うことを知らないくらい無名だった彼女は、1曲で会場を魅了し、審査員が1シーズンに1度しか使えないゴールデンブザーを獲得、そして優勝を果たします。


このときの映像を見ていると彼女が完全にスターガールです。
スターガールが一気に学校を盛り上げた最初のチアリーディングのシーンのように、この世界に奇跡や魔法があると信じさせてくれる存在として、彼女の心から出た歌が周りを大きく変えていきます。
むしろスターガールよりグレースの方がヒロインの物語、いわゆる“シンデレラストーリー”として完璧すぎます。

アメリカの観客ならあの番組のあの子かってなるのかな。
本人のバックグラウンドが知られていてもいなくても、奇跡や魔法を体現する存在として映画の根幹を担っていたと思います。

彼女は映画のエンドクレジットの最後に「Today and Tomorrow」という曲を歌っており、これは映画撮影中に制作されたものだそう。
公式サイトに歌詞と対訳が載っています。
インフォメーション | グレース・ヴァンダーウォール | ソニーミュージック オフィシャルサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad