*

「 日別アーカイブ:2019年01月02日 」 一覧

ソアリン:ファンタスティック・フライト音楽はブルース・ブロートン

東京ディズニーシーに夏オープン予定の「ソアリン:ファンタスティック・フライト」。
その作曲をブルース・ブロートンが行なっていることがWDWNTのポッドキャストで明らかになりました。
DREAMFINDERS: Bruce Broughton on Composing Music for Disney Attractions! – WDW News Today

WDWNTの新ポッドキャスト「DREAMFINDERS」初回ゲストとしてブルース・ブロートン本人が出演。
東京のソアリンに携わっていることを自ら話しています(40分頃)。
東京のために音楽を担当しているとのこと。
特にQエリアのBGMは東京オリジナルのものになるようです。

世界の「ソアリン」は、現在アナハイムDCAとフロリダEPCOTの「ソアリン・アラウンド・ザ・ワールド」と上海の「ソアリン・オーバー・ザ・ホライズン」の3つ。
東京の「ソアリン:ファンタスティック・フライト」は、基本的には世界の「ソアリン」と同様のアトラクションながら、東京オリジナルのシーンが加わると発表されています。
まあソアリンは最後にアトラクション所在地に帰ってくるので、東京は専用のシーンで終わるのは当然なのですが…
さらに、アトラクション外観は他パークと異なり「歴史を感じさせる建物」。
ソアリンはタイトルもプレショーも各国で異なり、東京もオリジナルになるということで、バックグラウンドストーリーも他パークと異なるものになると予想されます。

ブルース・ブロートンは『ビアンカの大冒険 ゴールデン・イーグルを救え!』『ジャイアント・ベビー/ミクロキッズ2』などの作曲家。
ディズニーパークでは「ビジョナリアム」「エレンのエナジーアドベンチャー」「スペースシップアース」などを作曲しています。

元々ソアリンの音楽はジェリー・ゴールドスミスの作曲。
上海に「オーバー・ザ・ホライズン」が作られ、DCAとEPCOTのソアリンが「アラウンド・ザ・ワールド」にリニューアルする際、ブルース・ブロートンが映像に合わせて編曲を加えています。
東京版はオリジナルのシーンが加わるため、それに合わせた編曲は必要でしょうから、今回のブルースの作業も「アラウンド・ザ・ワールド」同様、ソアリンの音楽を基本的に残した編曲作業だと思います。
オリジナリティを持たせながらソアリンらしさはしっかり残したものになることに期待です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


2018年


あけましておめでとうございます。

1月はファイアボール オーディオ・オモシロニクスの発売


2月はメリー・ポピンズ リターンズ公開
名作です。
クマのプーさん展も始まります。
そして35周年のフィナーレ、アベンジャーズ/エンドゲーム、スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ、アラジン、キャッスルショー復活、トイ・ストーリー4、アナ雪2、SW9、Disney+と期待のコンテンツが続いていきます。
特にストリーミングサービスDisney+はディズニーとの関わり方がかなり変わる予感がしており楽しみです。
ついにオープンするスター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ、ミッキー&ミニーのランナウェイ・レールウェイ、そしてIlluminationsの終了も見届けたい。
気になる話題はしっかり拾っていきたいと思います。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加