*

「 月別アーカイブ:2019年01月 」 一覧

2019年1月のディズニークリップ

新TDRアンバサダー就任


2019-2020年 東京ディズニーリゾート・アンバサダーに野口歩美さんが就任(1日)
ワンマンズ・ドリーム2初回公演前の就任セレモニーはこれが最後。
セレモニーオープニングで流れたイズ・ユア・ランド〜ブランニューデイがかっこいい。これサンクスデーのBGMでも流れていました。
前任福本さんスピーチ、ハピネスとは「心に生まれる言葉では言い表すことのできない温かいもの」という言葉が印象的でした。

高畑 勲展(仮称)開催決定

2019年|東京国立近代美術館(2日)
東京国立近代美術館にて2019年7月2日(火)10月6日(日)まで「高畑 勲展(仮称)」の開催が決定。

京葉線ダイヤ改正

武蔵野線と京葉線、3月16日にダイヤ改正 東京発西船橋行を増発 | RailLab ニュース(3日)
京葉線が3/16にダイヤ改正。
平日夜に東京19:32→舞浜19:49→西船橋20:01を増発。

アナ雪地上波放送

「アナと雪の女王」新作短編映画が初放送9・1% – 芸能:日刊スポーツ(3日)
『アナと雪の女王』『アナと雪の女王/家族の思い出』が地上波放送。
視聴率は9.1%。
2017年3月の初放送時は19.7%だった。正月とは言えジブリのようにはいかず。

アバターエリアのサントラ発売

「Pandora: The World of Avatar」をApple Musicで(4日)
アニマルキングダムの「パンドラ:ザ・ワールド・オブ・アバター」のサウンドトラックがiTunesで発売。Apple Musicでも配信。
アトラクションやエリアミュージックを収録。

長谷川投手のディズニージョーク

過去にはエ軍入り長谷川が英語で即答 ディズニーネタで爆笑誘う― スポニチ Sponichi Annex 野球5日
菊池雄星投手のマリナーズ入団会見が英語だったニュースに関連して、1997年にエンゼルスに入団した長谷川滋利投手の話題。
「エ軍についてどの程度、知っているか」という質問に「Pitcher is Mickey Mouse. Catcher is Minnie Mouse.」と即答。当時、経営に携わっていたウォルト・ディズニー社と引っかけた冗談で爆笑を誘った。

ディズニー★JCBカード10周年

ディズニー★JCBカード 10th Anniversaryテーマソング「True To You」特別映像 – YouTube8日
ディズニー★JCBカードが10周年を記念してテーマソングまで制作。
咲妃みゆ「True To You」

「サンルートプラザ東京」が「東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾート」に

リブランドに伴うホテル名称変更のお知らせ|株式会社プラザサンルートのプレスリリース(11日)
サンルートプラザ東京が、1986年7月20日の開業から33年間にわたるサンルートホテルチェーンとの加盟契約を終了。
2019年10月1日よりホテル名称を「東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾート」と改称。
東京ベイ舞浜ホテル、東京ベイ舞浜ホテルクラブリゾートに続く3つ目の東京ベイ舞浜ホテルとなり、6つのオフィシャルホテルの半数を占めることに。

ディズニー牧場が終了

「ディズニー マジカルファーム」サービス終了のお知らせ|ディズニー公式(15日)
「ディズニー マジカルファーム」が2019年3月26日(火)16:00にサービス終了。
ユーザー結構残っているようで打ち切りは驚き。

『リンクル・イン・タイム』DVDで発売

リンクル・イン・タイム|ブルーレイ・DVD・デジタル配信|ディズニー公式(16日)
日本未公開だった『リンクル・イン・タイム』がDVDとデジタル配信でリリース決定。
4月3日(水)発売。

実写版キム・ポッシブル

Main Title | Kim Possible | Disney Channel Original Movie – YouTube(20日)
ディズニー・チャンネルで放送予定の『キム・ポッシブル』実写版。
ルーファスの声優続投など情報が少しずつ明らかになるなか、オープニングテーマを公開。
アニメ版「Call Me Beep Me」をほぼ完全再現した内容で、やる気を感じる。
キムニケーターがスマホ時代ではすごくない件やキムのファッションなど変更部分も。

ファイアボール オーディオ・オモシロニクス発売

『ファイアボール』に魅了されたライターが振り返るファイアボール10周年と、「ファイアボール10周年記念盤『ファイアボール オーディオ・オモシロニクス』」最速レビュー。 – Disney Music(23日)
「ファイアボール オーディオ・オモシロニクス」が発売。
最速レビューをDisney Musicに寄稿しました(宣伝)。

ツムツム5周年

「LINE:ディズニー ツムツム」5周年を記念して、5大キャンペーンを開始!(29日)
29日で「LINE:ディズニー ツムツム」が5周年。

レゴランド拡張

レゴランド初の新エリア「レゴニンジャゴー・ワールド」7月オープン!|コンフェティ(30日)
レゴランド・ジャパンが初のパーク拡張、「レゴニンジャゴー・ワールド」を7月オープン。
ほか、2棟目のホテル建設を検討、2022年以降にパークを1.4倍に拡張という報道(読売新聞)も。
2018年は計25日だった年間の休園日を年間15日程度にする(中日新聞)。

キングダム ハーツIII発売

「KINGDOM HEARTS III」61万本,「バイオハザード RE:2」25万2000本の「週間販売ランキング+」 – 4Gamer.net(30日)
キングダム ハーツIIIが25日ついに発売。
初週売上は61万77本。

(c)Disney

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


ファイアボール オーディオ・オモシロニクス「ファイアボール外伝 ワンダーの方へ」


ファイアボール10周年記念盤「ファイアボール オーディオ・オモシロニクス」(Blu-ray付)

ファイアボール オーディオ・オモシロニクスが発売されました。

まさに10周年記念盤。
10年間のファイアボールの歴史を旅する、想像を超えた作品でした。

という話をユニバーサルミュージックのサイトに寄稿しました。
『ファイアボール』に魅了されたライターが振り返るファイアボール10周年と、「ファイアボール10周年記念盤『ファイアボール オーディオ・オモシロニクス』」最速レビュー。 -Disney Music
ネタバレなしでファイアボール10年間の思い出とディズニー作品としてのファイアボールについて書いています。
全編聴いてから読むと様々な謎が分かるようにヒントを散りばめているつもりです。

以降は本編全て聞いた上で、完全ネタバレありで「ワンダーの方へ」について書きます。

「ファイアボール外伝 ワンダーの方へ」では、新キャラクター「ゲボイデ=ボイデ」がファイアボール3期分の時代を冒険します。
ゲボイデ=ボイデが乗る「ポラリス」は北極星の名前です。
ドロッセルの喋り方だけで時代がわかるのすごい。

Tr1「ジョン・スミスによる口に出せない不都合」ではファイアボールズの原点とも言える物語が明らかになります。
ジョン・スミスは方舟で地球からウラノスと名付けた楽園へと向かおうとしました。
本人を積み忘れましたが、「クロノスIと呼ばれた階差機関とその手足となる9つの車両」が積み荷でした。
ウラノスとは、ドロッセルが統治するテンペスト領がある国の名前。
そしてクロノスとは、「ユーモラス」におけるヴィントシュトレ卿の型番「KRONOS-Ⅴ」。
つまりKRONOS-Iがウラノス国に到着し、ヴィントシュトレ卿とドロッセルへと続く統治の歴史が始まったのだと考えられます。
そして、KRONOS-Iの手足となった9つの車両とは、プロスペロ第1章1節や第9章25節で語られる、世界を作った9人の賢者を連想させます。
そしてツークツヴァングが9体編成の車両です。
ハイツレギスタ工業は地球にもあったのかな?
また、「チャーミング」最終話でドロッセルが眠りにつく「おさなごころのゆりかご」があるシステムの名前が「クロノス・システム」。
「クロノス・システム」はドロッセルの父ヴィントシュトレ卿がハイツレギスタ社と共に作り上げ、彼の死が起動キーとなっていた君主育成システムです。
クロノスという名はギリシャ神話の神様の名前から取られたもの。
クロノスはウラノスの子供で、クロノスの娘はギリシャ神話最高位の女王ヘラ(英語読み「ジュノー」)。
ドロッセルたちフリューゲル家が統治するのはウラノス国テンペスト領、ドロッセルの「チャーミング」以降の型番は「ジュノー」です。
「ワンダーの外へ」でも、「チャーミング」の時代に来たゲボイデ=ボイデが「ジュノーシリーズが実用化している」と発言しています。
ドロッセルの「ユーモラス」での型番は「カスタリア」で、ギリシャ神話の精霊のこと。
ドロッセルはお父様の死をうけてクロノスの娘ジュノーへとアップデートされたのでしょう。

Tr17でヴィントシュトレ卿は人類になると宣言。
人類になることがハイペリオンにとっての死のようです。
ヴィントシュトレ卿は人類という説はありましたが、「チャーミング」以降は本当にそうのようです。
一方ゲデヒトニスが話した偉大なる公共事業は嘘らしい。
その後も「チャーミング」後半までゲデヒトニスはヴィントシュトレ卿に仕え続け、ドロッセルに嘘をついていました。
輝く星に手が届かないゲデヒトニス。
届くにはユーモラスが足りないそうです。
一方で輝く星にも手が届いたというのは人類の功績として語られています。
ハイペリオンと人類の大きな差がユーモラス(語源は体液)であるという3期タイトルの意味に繋がります。

Tr29では、無印最終話の後が描かれます。
メルクール暦で最終話の16年後。メルクール暦は8年か16年ずつ進むので最終話の直後です。
ドロッセルとゲデヒトニスが向かうお城の持ち主は薔薇騎士団の団長。
彼が人類であることが発言されています。
最終話の後「良い知らせ」を聞いたドロッセルは人類に会うために出かけているのです。
アカヒトニスの活躍で星々の配置が変わり、この世界の存在が選択されました。
星々の配置といえば、「ユーモラス」のあらすじに「彼らは、やがて星々が正しい位置にもどる日を待っていました。」とあります。
ユーモラス最終話は「そして、星々は正しい位置に戻るようだ。」
最後にはきちんとゲデヒトニスの名前を呼ぶドロッセルが印象的です。

トラック36「最後から2番目の通信」はイモニトロンナイトのオープニングの言葉です。
イモニトロンナイトは「それでははじめよう、このうつろな未来の攻略を」でしたが、「開拓者たちには〜」と変わっています。
この声がジョン・スミスであることはトラック1で明かされました。
ジョン・スミスとはポカホンタスに登場するアメリカ開拓者。
つまりファイアボールの世界は地球からの開拓者が作り上げた未来だということでしょう。

最後のキャラクターソング「花と木と惑星と」では、
あなたは碧い薔薇の騎士団
私たちには翼がある
という歌詞がうたわれます。
碧い薔薇とは、「チャーミング」でドロッセルが誕生日にもらったもの。最終話でもユーリが弾けて出てきます。
解説書IMONIには青い薔薇が無印の青い蝶を示唆させる旨が記されています。
青い薔薇は近年技術進歩で完成したもので、昔の花言葉が「不可能」だったものが完成したことで「夢が叶う」に変わったもの。
さらに薔薇騎士団とはトラック29に登場した人類のこと。
人類との共存が不可能だったのが可能になり夢が叶うことを象徴しているようです。
そして、「翼がある」というのは、ドロッセルの名字フリューゲルがドイツ語で翼を意味するということ。
無印最終話にしてテンペスト領当主フリューゲル家のドロッセルをはっきり名乗ったドロッセル。
直後のエンディングで流れる曲名が「その翼を見よ」です。

Tr35「ワンダーの方へ」は再び「ユーモラス」に戻った世界で、ドロッセルとゲデヒトニスが会話します。
違和感を覚えるドロッセルに対しセントエルモデイで伝書ビームの電波が増幅されていると説明しますが、「セントエルモの火」は無印でドロッセルが伝書ビームを使いたがったエピソードのタイトルです。
「ユーモラス」のテンペストの塔は非常に閉鎖的な作りでしたが、その扉が開けられ、ドロッセルはこの時代にして外にお出かけします。
「お供いたします、いつまでも」が非常に印象的です。

非常に希望あふれる内容でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ちいさなプリンセス ソフィア」スペシャルルーム、東京ディズニーランドホテルに登場


東京ディズニーランドホテルに「ちいさなプリンセス ソフィア」スペシャルルームが2019年4月7日(日)~7月8日(月)までの期間限定で登場します。


ヘッドボードの上には、ソフィアとクローバーたち森へお花摘みに出かけるシーンが描かれています。

アルコーヴベッドは、ソフィアのベッドをイメージした天蓋のような装飾。

お花摘みを楽しんだ一日を振り返る、ナイトウェア姿のソフィアがデザインされています。

また、ソフィアがお部屋でティータイムを楽しむ姿が描かれたアートも飾られます。


宿泊者には“レッスンバッグ”と“タオルケット”、“ちいさなプリンセスのためのマナーレッスンブック”をプレゼント。
“マナーレッスンブック”は、あいさつや食事などの日常生活編から、お絵描きや絵合わせカードなどのお楽しみ編まで盛りだくさんの内容で、全ての課題をクリアしたことを祝うお手紙も用意されています。
これらグッズはソフィアルーム以外の宿泊者にも販売されます。


また、ルームサービス「ちいさなプリンセス ソフィア」スペシャルメニュー ~ちいさなプリンセスのあなたへ~も登場。
前菜はソフィアのドレスと、リンゴをイメージ。
メインはメインの牛ほほ肉のパイ包み焼きがソフィアのドレスの柄になっています。
デザートはアバローのペンダントをイメージしています。

2月に日本でも最終話が放送されるソフィアがここにきてスペシャルルームに!
まさか東京ディズニーリゾートでこんな姿で実現するとは夢にも思いませんでした。
キングダム ハーツルームといい、ディズニーホテルがすごい。
お城のパジャマパーティーをしたい人に最適な部屋です。
(c)Disney

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジは6月オープン エリア詳細も明らかに

BARRON’Sがボブ・アイガーCEOへのインタビューとギャラクシーズ・エッジ建設現場への取材を行いました。

Disney’s Bob Iger Talks Streaming, Park Plans, and Learning From Kodak – Barron’s
アイガーへのインタビューは主にストリーミング(Disney+)に関連する話ですが、後半でパークについても触れられています。
その中で、「When Star Wars opens in Anaheim in June and in Florida later in the year」という発言が。
スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジはアナハイムが「夏」、フロリダが「晩秋」とアナウンスされていましたが、アナハイムのオープン時期がより具体的になってきました。
Barron’sは別途ギャラクシーズ・エッジの記事でオープン時期を「6月上旬」(perhaps by early June)と報じています。
ちなみに、最近のアナハイムのアトラクション追加は、2017年(ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ミッション・ブレイクアウト!)が5月27日、2018年(ピクサー・ピア)が6月23日でした。


Here’s a Sneak Peek of Disneyland’s New ‘Star Wars’ Attraction – Barron’s
現地レポートでエリアの詳細も明らかになっています。
ギャラクシーズ・エッジの舞台となるのは惑星バトゥー(Batoo)のBlack Spire Outpostというエリア。
モロッコやイスタンブールを参考にエイジングが施されているとのこと。
ギャラクシーズ・エッジは古代の木々が石化した塔が印象的ですが、実際に南カリフォルニアの木を使っており、取り替えるのに9,000ドルかかる代物だそうです。

「ミレニアム・ファルコン:スマグラーズ・ラン」は、ミレニアム・ファルコンに乗ってミッションに挑むアトラクション。
操縦席だけでなく
海賊ホンドー・オナカーがチューバッカからミレニアム・ファルコンを借り、ゲストに運転を任せます。
ゲストは6人でチームとなり、宇宙船でのミッションに挑みます。
マルチストーリーでゲストの動きがリアルタイムで反映されるとのこと。

「ライズ・オブ・ザ・レジスタンス」は、レジスタンスとファーストオーダーの戦いに入り込むアトラクション。
レジスタンスが対ファーストオーダー作戦の基地として作り変えた寂れた部屋を通ってライドへ。
トラックレスライドに乗車するゲストは『フォースの覚醒』でレイが体験したようなカイロ・レンからの拷問を受けることも。

他に「オガのキャンティーナ」ではディズニーランド初のアルコールを提供。
座席は少なく、ほとんどのゲストは立ち飲み形式になるとのこと。
ショップでは、自分でカスタマイズしてオリジナルのドロイドを作れるそうです。
実物大のR2-D2も販売予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ソアリン:ファンタスティック・フライト音楽はブルース・ブロートン

東京ディズニーシーに夏オープン予定の「ソアリン:ファンタスティック・フライト」。
その作曲をブルース・ブロートンが行なっていることがWDWNTのポッドキャストで明らかになりました。
DREAMFINDERS: Bruce Broughton on Composing Music for Disney Attractions! – WDW News Today

WDWNTの新ポッドキャスト「DREAMFINDERS」初回ゲストとしてブルース・ブロートン本人が出演。
東京のソアリンに携わっていることを自ら話しています(40分頃)。
東京のために音楽を担当しているとのこと。
特にQエリアのBGMは東京オリジナルのものになるようです。

世界の「ソアリン」は、現在アナハイムDCAとフロリダEPCOTの「ソアリン・アラウンド・ザ・ワールド」と上海の「ソアリン・オーバー・ザ・ホライズン」の3つ。
東京の「ソアリン:ファンタスティック・フライト」は、基本的には世界の「ソアリン」と同様のアトラクションながら、東京オリジナルのシーンが加わると発表されています。
まあソアリンは最後にアトラクション所在地に帰ってくるので、東京は専用のシーンで終わるのは当然なのですが…
さらに、アトラクション外観は他パークと異なり「歴史を感じさせる建物」。
ソアリンはタイトルもプレショーも各国で異なり、東京もオリジナルになるということで、バックグラウンドストーリーも他パークと異なるものになると予想されます。

ブルース・ブロートンは『ビアンカの大冒険 ゴールデン・イーグルを救え!』『ジャイアント・ベビー/ミクロキッズ2』などの作曲家。
ディズニーパークでは「ビジョナリアム」「エレンのエナジーアドベンチャー」「スペースシップアース」などを作曲しています。

元々ソアリンの音楽はジェリー・ゴールドスミスの作曲。
上海に「オーバー・ザ・ホライズン」が作られ、DCAとEPCOTのソアリンが「アラウンド・ザ・ワールド」にリニューアルする際、ブルース・ブロートンが映像に合わせて編曲を加えています。
東京版はオリジナルのシーンが加わるため、それに合わせた編曲は必要でしょうから、今回のブルースの作業も「アラウンド・ザ・ワールド」同様、ソアリンの音楽を基本的に残した編曲作業だと思います。
オリジナリティを持たせながらソアリンらしさはしっかり残したものになることに期待です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加