*

「 くまのプーさん 」 一覧

プー2011新作 第11報・続

AP News | JournalNow.com:-First Look: Disney going old school with new Pooh
昨日のFacebookでの予告編告知と同時に、プレス向けにも告知があったようで、海外ではあちこちでニュースになっています。
製作発表時以来の盛り上がりです。今回は日本では全くニュースを見ませんが。
基本的に今までの情報を伝えてきていますが、初登場の情報もいくつかあります。
 
まず何より画像。
今までプー新作に関する絵は一枚だけ出ていましたが(こちら)、この絵が本編で使われるのかも不明でした。
今回公開された絵では、クリストファーロビンの服が違うのが一番のポイントでしょう。
発表内容とあわせて考えると、学校に通い出したので服が変わったという解釈になると思います。
 
ストーリー

“Winnie the Pooh,” loosely based on five stories from A.A. Milne’s books, finds Pooh, Tigger, Rabbit, Piglet, Kanga, Roo, Owl, Eeyore and Christopher Robin searching for a new tail for Eeyore in a watercolor-drenched Hundred Acre Wood. The gang will also hunt for a mysterious creature called a Backson, briefly mentioned in 1928’s “The House at Pooh Corner.”

日本では既に公式情報として出ていましたが、イーヨーの尻尾を探す話を使うと英語での発表は恐らく初めてです。
気になるのは”a new tail for Eeyore”。
原作では尻尾をなくして結局オウルの家のベルならしに使われていた、という話ですが本作では新しい尻尾ということで大きく変わりそうです。
更に新情報
The gang will also hunt for a mysterious creature called a Backson
aloso hunt for~から考えるとズオウの罠(穴)の話に思えますが、
Backsonと言えば、原作The House at Pooh Corner第5章(Rabbit’s Busy Day)でのクリストファーロビンの置手紙に出てきて(back soonのスペルミス)、その手紙を読んだオウルがロビンはBacksonと一緒にどこかへいったと勘違いします。
この章は「クリストファーロビンを探せ!」の元ネタになっています。ディズニーではschoolをskullと間違えています。
わざわざBacksonという名前を出しているということは、この章を使うのでしょう。
また、この章を使うということはクリストファーロビンが学校に通っているということを示します。 クリストファーロビンを探せ!でもそこは同じでした。

“You must be catching a cold,” Pooh tells Owl in one scene.

“I’ll probably catch it, too,” Eeyore plaintively adds.

ここは何を表しているのか不明。
ところで、ランピーとかのことは書かれていませんが、出るのでしょうかね。
そして、記事のタイトルにもなっていますが、今回特に強調されているのが
中編3作時代への回帰、CGでも3Dでもなく手描き2D ということ。

2Dが復活し、まずプリンセスを作り(姫蛙)第2弾に選ばれたのがくまのプーさん。
まさにこのタイミングでしかできない、昔ながらのプーに帰り新しいプーを作り出していくときです。
いよいよ来週、最初の予告編が満を持して登場です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


プー2011新作 第11報段階まとめ

くまのプーさん新作について、現在の第11報時点でのまとめを。
不確定要素も多数残っている状態です。
 
New Winnie the Pooh Movie
題名未定
2011年7月15日米国公開
同年秋日本公開(確)
フランス4/13
ドイツ4/14
イギリス4/15
ニュージーランド4/21
アルゼンチン4/28
スペイン4/29

↑真偽不明
監督

  • Stephen J. Anderson (ルイスと未来泥棒)
  • Don Hall (プリンセスと魔法のキス ストーリー)

原作

  • Winnie-the-Pooh(クマのプーさん)
  • The House at Pooh Corner(プー横丁にたった家)

 by A.A.Milne
プロデューサー

  • Clark Spencer (リロ&スティッチ, ボルト)
  • Peter Del Vecho (プリンセスと魔法のキス, チキン・リトル, トレジャー・プラネット)
  • John Lasseter (WDASチーフ・クリエイティブ・オフィサー)(エグゼクティブプロデューサー)
  • Craig Sost (プリンセスと魔法のキス, ライオンキング ,トレジャー・プラネット)(アソシエイトプロデューサー)

ボイスキャスト

  • プー&ティガー:Jim Cummings(確)
  • ナレーター:John Cleese(確)
  • ピグレット:Travis Oates
  • オウル:Craig Ferguson (初・確)
  • イーヨー:James Avery →Peter Cullenではない(ソース動画
  • ラビット:Tom Kenny (初・確)
  • ゴーファー:John DiMaggio
  • ランピー:Taylor Dempsey
  • パパランピー:Wayne Knight
  • クリストファー・ロビン:Alexander Gould
  • カンガ&ママランピー:Mary Elizabeth McGlynn
  • ルー:Debi Mae West
  • Marley, the friendly alligator: Gilbert Gottfried
  • Uncle Heffalump: Tom Fahn
  • Robbie, Marley’s brother: Derek Stephen Prince

 声優に関しては第7報声優まとめ参照
アニメーター

  • 指揮:Burny Mattinson (プー3作に携わる, オリビアちゃんの大冒険,ミッキーのクリスマスキャロル監督)
  • プー,カンガ,ルー:Mark Henn (アリエル,ベル,ジャスミン,ムーラン,ティアナ)
  • ティガー:Andreas Deja (トリトン王,ガストン,ジャファー,スカー,リロ,ママオーディエ)
  • イーヨー:Randy Haycock (シンバ,ポカホンタス,ナヴィーン)
  • クリストファー・ロビン:Glen Keane (アリエル,野獣,アラジン,ポカホンタス,ターザン)
  • ラビット、ゴーファー:Nik Ranieri (ルミエール,ミーコ,ハデス)
  • ピグレット:Anthony DeRosa
  • オウル:Sandro Cleuzo
  • ランピー:Will Finn
  • Marley orズオウとヒイタチ:Eric Goldberg(ジーニー,ルイス)

音楽
Robert Lopez (WDWアニマルキングダム ファインディング・ニモ:ザ・ミュージカル)
&Jeff Marx
このコンビはミュージカルAvenueQが代表作。
また、「ザ・ブック・オブ・プー」でプー作品に曲を提供。(他にディズニーでは「ノック!ノック!ようこそベアーハウス」)
オリジナルスコア
Hans Zimmer (ライオンキング,パイレーツ・オブ・カリビアン2,3,4) (ディズニー以外ではダークナイト,ラストサムライ,シャーロックホームズなど)
Henry Jackman (パイレーツ・オブ・カリビアン2,3,4)
Ashley Chafin (ボルト,カールUP,プリンセスと魔法のキス,トイ・ストーリー3,塔の上のラプンツェル)
 
プリンセスと魔法のキスに続く2Dハンドドローイングアニメーション復活2作目。
バニー・マティンソンに合わせ、オリビアちゃんの大冒険に関わった人が多めかも。
背景水彩画風。
 
ストーリー
「原作から5つの話を使う」byラセター
そのうち一つはイーヨーの尻尾の話(Winnie-the-Pooh第4章)byぴあディズニーダイアリー2011
以上の二つは公式情報。
更に、同第8章(by Jim Hill
一話は「くまのプーさん/完全保存版」から使用する(by Blue Sky Disney)
という話も。
製作風景を見ると、僕にはズオウ捕獲の穴を掘る話(Winnie-the-Pooh第5章)があるように思えます。
 
新キャラ
Marley, the friendly alligatorという新キャラクターが登場するという噂。
製作風景にいるEric Goldbergが担当するという話だが、彼はズオウとヒイタチの担当だという説も有力。
ちなみに、彼は「プリンセスと魔法のキス」にてMarleyと同じワニ(aligator)のルイスを担当した。

 
 
米国での公開はハリーポッター最終章後編と同日。
ストーリーは夏の話だという噂。
原作続編である「Return to the Hundred Acre Wood」からは使用されない見込み。
予告編第一弾は来週公開。プー、ティガー、イーヨーの人気投票も行なうとのこと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プー2011新作 第11報 予告編情報

Walt Disney Animation StudiosがFacebookにて予告編が来週公開という情報を出しました。
Link

Is Winnie the Pooh, Tigger or Eeyore your favorite? “Like” your favorite character’s picture in the album below to decide which one will host the world premiere of the new Winnie the Pooh trailer next week on Facebook!

人気投票もするそうです。
24日本国公開のTangledでも流れるのでしょうか、期待です。
(後ほど現段階でのまとめを掲載予定)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


プー2011新作 第10報 製作画像

こちらの上から19個目
プーの製作風景の画像が出てきました。
どこから出てきたのかよく分かりませんが、主要アニメーターの姿は確認できます。
あのMark Hennが本当にプー描いてるんだと思うと感慨深いですが、
Eric Goldbergがいるのかいないのか(いるらしいけどどれだか分からなかった回答求)。
いるとすると、噂の新キャラalligatorのMarleyが出てくることになります。
ズオウとヒイタチを担当するという話もありますが。
 
ストーリーボードも作られており、いよいよ本当にプー長編が製作されているんだなという気がしてきました。
注目の予告編は本国11/24公開のTangled(邦題:塔の上のラプンツェル)にて公開されるのではないか、と言われています(あくまで憶測)
 
未だに題名すら決まっていない状態ですが、日本での公開は来年秋です。
いよいよ250日を切りました。
ところで米国以外の4月公開説はどうなんだろう?米夏公開に変更になった時点でその情報は過去のものになったのかと思ってるけど・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「プーさんの森にかえる」プー原作新作”Return to the Hundred Acre Wood”日本語版が発売

昨年発売された原作クマのプーさん81年ぶりの新作「Return to the Hundred Acre Wood」の日本語版が発売されました。
「プーさんの森にかえる」

ちょうど英版発売一年での邦訳ですね。
一部を見た限りでは、キャラクター名はPigletやRabbitはコブタ、ウサギとなっているものの、Owlはフクロウ(石井桃子訳ではフクロ)、そしてTiggerはティガー(石井桃子訳ではトラー)となっています。
そもそもReturn to the Hundred Acre Wood自体がA.A.ミルンの2冊の調子にはいっていませんが、邦訳はさらに原作2冊とは異なるものになっていそうです。
 
恐らく今後ディズニーとこの本が関わることはないと思いますので、プーが好きな人だけ読めばいいと思います。
でもこれ読むなら原作2冊を英語で読むか、くまのプーさんこども絵じてん読んだ方がいいと思います。そんな感じ。
 
そして新キャラLottieは「ロッティ」になっていました。
ちなみに発売当時の報道では「ロッティー」。(日本語で報道したのはAFPBBだけですが)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加