*

「 くまのプーさん 」 一覧

プー2011新作 第8報 新キャラ登場?

昨日声優まとめを出しましたが、今日また声優情報が増えてました。
昨日の時点でキャラは出揃ったとみて出したので、今日分は出なくても問題ないキャラクターが中心です。
 
カンガのMary Elizabeth McGlynnがランピーのママも担当
Wayne Knight(ターザンのタントー)がランピーのパパ
Gilbert Gottfried(アラジンのイアーゴ)がMarley, the friendly alligator
Derek Stephen PrinceとTom Fahnが参加
 
というのが情報の列挙。
なお、Tom Fahnはナレーターという話が有力。
で、これをみて頭が???となった方がいるはず。
Marleyって誰だよ!
このマーリー、現在情報がほとんどありません。
ちなみにthe friendly alligatorでググると姫蛙のルイスが出てきます。
担当アニメーターがEric Goldberg(アラジンのジーニー担当)と相変わらず豪華ですが、他の情報だとゴールドバーグはHeffalumps and Woozles(ズオウとヒイタチ)担当という話が多いです。
 
どんどん話が分からなくなっていくプー新作、公開まであと389日、気になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


プー2011新作7報 声優まとめ

6報で大きく見えてきた来年のプー新作、これからは少しでも情報が出次第どんどんまとめていきたいとおもいます。
今回はボイスキャスト(米国版)。
昨年11月の第5報でメインだけでて、この前も増えていましたが、今回だいたいのキャラクターが出揃ったのでまとめます。
過去プー作品でその役を演じている場合はいつから担当しているか、していない場合は過去に演じた主なディズニーキャラクターをのせました。
 
プー&ティガー:Jim Cummings

くまのプーさん クリストファー・ロビンを探せ!でプー役初
ティガー・ムービーから(テレビシリーズ含)プーとティガー両方

ピグレット:Dee Bradely Baker またはJeff Bennett

2つの情報が出ているため真偽不明
前者は バスター(プーさんといっしょ)
後者は歌部分のピグレット(くまのプーさん/みんなのクリスマス)

オウル:Craig Ferguson

Samuel T. Philander(ターザン テレビシリーズ)、NOS-4-A2(バズ・ライトイヤー テレビシリーズ
情報公開が早かったので、タレント声優のようです

イーヨー:Peter Cullen またはJames Avery

2つの情報が出ているため真偽不明
過去の経歴からするとPeter Cullenか
前者:くまのプーさん クリストファー・ロビンを探せ! からイーヨーを担当
後者:カエル(スプラッシュ・マウンテン)

ラビット:Tom Kenny

Career Week Guy(キム・ポッシブル)
スポンジ・ボブの声優
情報公開が早かったので、有名な声優のようです

ゴーファー:John DiMaggio

ドクター・ドラッケン(キム・ポッシブル)

ランピー:Taylor Dempsey

ヤングタントー(ターザン)

クリストファー・ロビン:Alexander Gould

ニモ(ファインディング・ニモ)、バンビ(バンビⅡ)

カンガ:Mary Elizabeth McGlynn

スティッチ!1期 第5話 「謎の電気ビリビリ・エイリアン」 ボイスディレクター

ルー:Debi Mae West

ラッキー(101匹わんちゃんアニメーションシリーズ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プー2011新作第6報まとめ

第6報にしてようやく大きく進んできたくまのプーさん新作、製作発表から今日でちょうど一年、ここまで分かっている情報をまとめます。
 
New Winnie the Pooh Movie
題名未定
2011年7月15日本国公開(日本は未定 2012年春頃か)
監督:Stephen J. Anderson(ルイスと未来泥棒)、Don Hall(プリンセスと魔法のキス ストーリー)
プロデューサー:Clark Spencer(リロ&スティッチ,ボルト)、John Lasseter(WDASチーフ・クリエイティブ・オフィサー)
ボイスキャスト
 プー&ティガー:Jim Cummings
 ピグレット:Dee Bradly Baker
 オウル:Craig Ferguson (初)
 イーヨー:Peter Cullen
 ラビット:Tom Kenny (初)
  プーティガー、ラビット、オウルは確定(該当記事
アニメーター
指揮:Burny Mattinson (プー3作に携わる, オリビアちゃんの大冒険,ミッキーのクリスマスキャロル監督)
 プー,カンガ,ルー:Mark Henn (アリエル,ベル,ジャスミン,ムーラン,ティアナ)
 ティガー:Andreas Deja (トリトン王,ガストン,ジャファー,スカー,リロ,ママオーディエ)
 イーヨー:Tony Bancroft (ワン・バイ・ワン,クロンク,プンバァ,コグスワース)
 クリストファー・ロビン:Glen Keane (アリエル,野獣,アラジン,ポカホンタス,ターザン)
 ラビット、ゴーファー:Nik Ranieri (ルミエール,ミーコ,ハデス,)
 ピグレット:Anthony DeRosa、オウル:Sandro Cleuzo、ランピー:Will Finn
音楽:Robert Lopez、作詞Avenue Q (WDWアニマルキングダム ファインディング・ニモ:ザ・ミュージカルのコンビ)
 
プリンセスと魔法のキスに続く2Dハンドドローイングアニメーション復活2作目。
バニー・マティンソンに合わせ、オリビアちゃんの大冒険に関わった人が多めかも。
背景水彩画風。
 
ストーリーは原作から5つの話を持ってくる。
 Jim HillによるとWinnie-the-Pooh第6,8章は入るとのこと。
 →しかし8章の北極探検はピグレットムービーで既にアニメ化されているため疑問
今まで原作が元になって作られたのは、プーさんとはちみつ,プーさんと大あらし,プーさんとティガー,プーさんとイーヨーの一日,ピグレットムービーで、これで使われた話を除くと、原作でアニメ化されていないのは
クマのプーさん(3,)4,5章、プー横丁に建った家3,5章。
但し、この中でズオウとヒイタチ関連が出てこないのは2話のみ。
 
 
まとめると、2D復活2作目だけあってメンバーがものすごく豪華。
音楽のFinding Nemo the Musicalコンビも期待できます。
問題はストーリーに使える原作の話が足りない気がするのですが、プー3作で使われていない話は問題なしと見なしそうな気もします。
来年夏だと、ライバルになるのがハリー・ポッター最終章後編。
日本公開は翌年春?ハリーポッターはたしか本国と同時期のはずですから日本だとあたることはなさそう。冬公開でティンクと被ることもなさそうです。
いよいよあと13ヶ月!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


七夕2010にプーが登場

リゾートニュース|東京ディズニーリゾート
に今年の七夕イベント情報が追加。

ディズニーの仲間たちと一緒に楽しむ
東京ディズニーランドの“七夕”
2010年7月1日(木)~7月7日(水)

“七夕”は、織姫と彦星が一年に一度出会うことのできる特別な日。東京ディズニーランドでは、7月1日から7月7日までの7日間、日本の伝統的な風 習である“七夕”をディズニーの仲間たちと一緒にお楽しみいただけるプログラムです。
期間中、ワールドバザールの中央には、ミッキーマウスをかたどった七夕らしい“吹き流し”や、彦星に扮したミッキーマウスと織姫に扮したミニーマウ スのレリーフなどが施された「ウィッシングプレイス」が登場。
また「七夕グリーティング」では、彦星と織姫に扮したミッキーマウスとミニーマウスが七夕の装飾を施した人力車に乗って登場するほか、今年新たに プーさんとその仲間たちも加わり、七夕コスチュームのドナルドダックやグーフィー、プルートらと共に、ゲストのみなさまにごご挨拶します!お楽しみに!

なんだって???
プ ー さ ん と そ の 仲 間 た ち も 加 わ り
イースターに引き続き七夕にも登場だと?イースターあんな扱いなのに?
落ち着いて考えてみよう。
2009年11月、ホワイトホリデーパレードで8年半ぶりにスペシャルパレードに登場
 ↓
2010年1月、ティガーがニューイヤーグリーティングに登場
 ↓
2010年4月、ディズニー・イースターワンダーランドに明らかに他と違う規模で登場
 ↓
2010年7月、特に理由は無いが、七夕パレードに登場
つまり、
昨年クリスマスから今年の夏まで、すべてのパレードに参加していることに!!
プーファンとして正直な感想。
 なんで?
これで新しくなるハロウィーンのパレードに出演したら・・・
1年間すべてのパレードに登場ということに。
あり得るぞ、この流れならあり得るぞ
七夕期間中インできないけど。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhone OS4でiPhone/touchにもiBooks。プリセットに「クマのプーさん」

iPad向けは秋に:マルチタスク対応の「iPhone OS 4」発表 今夏提供予定 (1/2) – ITmedia +D モバイル
先日米国で発売されたiPad、そしてそれに搭載された電子書籍iBookのプリセットにWinnie the Pooh(クマのプーさん←原作1作目)が入っていると!
てっきり、ディズニーがプーをアプリ提供した話だと思っていたら、こんなに大事だったとは。
さらに話は発展し、スティーブ・ジョブズがものすごい発表を。
iPhone OS4の新機能、iBookが入りました。
こちらのプリセットも「クマのプーさん」
考えてみてください、iPhoneとiPod touchだけで8500万台売り上げているそうです、これにiPadが発売されて、その膨大な数の世界中のユーザーがプーを読むんですよ。
 
深読みすると、いよいよあと一年に迫ったくまのプーさん新作への関係があるといえます。
ラセターのものなのでAppleとも関係してくるのでしょうか、そこら辺よく分かりませんが。
新作は原作を基にしたストーリーですし、かなり宣伝になるのは間違いないかと。
 
もう一つ、プーファンの視点で見ると、iBookは文字のサイズ,フォントを変えることができるため、ページ内での文字の配置が変わります。
作者ミルンは、文字の配置にまでこだわってプーを書いていますから、そこが変わってしまうのは非常に残念。
オリジナルのまま出してくれたりはしないのでしょうか・・・
日本のユーザーが英語版プーを手に入れようとしている今、英語版プーの魅力,読み方もこのブログで書いていきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加