*

「 日別アーカイブ:2019年05月13日 」 一覧

新規子供向けショー「ジャンボリミッキー!」10/14より城前でスタート

東京ディズニーランドで新しいキッズ向けプログラム「ジャンボリミッキー!」が10月14日(月)よりスタートします。
キャッスル・フォアコートで1日1〜2回公演。
ミッキー、ミニー、ドナルド、デイジー、グーフィー、プルートが出演し、子供とダンスを踊る約25分間のプログラムです。

ダンス動画も公開されましたが、結構長め。
キッズダンスプログラムで25分ってすごいな。
ミッキーマウス・マーチをベースとしながら、ナミナミナ系統の謎ダンスが繰り広げられています。

スタートは10/14体育の日です。
3連休最終日にして年間パスポート除外日。
除外日スタートはどういう光景になるのか気になります。

もう一つ気になるるのは公演場所。
プラザパビリオンステージがなくなり、シンデレラ城前で公演されます。
そのシンデレラ城は改修工事を予定。
フェアリーテイル・ホールやガラスの靴などシンデレラ城の施設が10/1〜2020年4/7までリハブ予定となっており、その期間がシンデレラ城改修工事になりそうです。
キャッスル・フォアコートがショーに使えないからキッズプログラムを導入したのか、来年4月以降もそのまま公演するのか、気になるところです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


USJアルバイト時給がTDRを超える

「ZOZO」アルバイト2000人採用へ 時給1300円 ボーナスも | NHKニュース
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンが4月から時給を1,030円以上にしました。
3月までは1,000円以上で、一斉に30円上げたとのこと。
USJは時給が800円台のイメージだったのですが、近年の世間的な時給上昇でUSJもかなり上げていたようです。
一方、東京ディズニーリゾートの時給は1,000円以上。
もちろん特典が異なるため単純比較できませんが、時給だけ見ると4月よりTDRはUSJより安くなりました。

勤務形態にも違い

雇用形態、時給一覧 – USJアルバイトクルー採用サイト
時給一覧 | 東京ディズニーリゾート キャスティングセンター
それぞれの時給一覧を見ると、TDRは7:00〜8:00、19:00〜22:00の法的な深夜帯ではない朝夜に200円の手当が入るのが特徴。
また、特にTDRで人手不足と言われているフードとカリナリーは時給が高い一方、USJではアトラクションなどと同じ基本給のみとなっています。
勤務形態は、USJは「レギュラー」「カジュラー」「カジュアル」「シーズナル」と4つに分け、勤務日数のほか社会保険などの区分を明確にしています。
TDRは「土日専門」「土日を含む週2,3日」など勤務日数で区分されていますが、大きく「週5」「週2〜4」に分けられています。

最低時給の影響

サンリオピューロランドは985円、最低時給です。
ただ、東京都の最低賃金は近年の上昇ペースからみて今年10月に1,010円ほどに達すると言われています。
そうなると東京都にあるピューロも強制的にTDRを超えることになります。
ちなみに、USJのある大阪は最低賃金が936円。
TDRは千葉県のため、895円。今年10月の改定でも920円程度でしょう。
つまり、10月にはTDRは時給1,000円で問題ないですが、隣駅からの東京都は全ての時給がTDRを超えているという状態になります。
東京都がこの調子なのでチェーン系は千葉県の端にも響いており、ニューデイズ舞浜は1,030円〜の時給、すでに駅前の方がキャスト時給より高い状態です。

2020年問題

TDRも人手不足対策は打っており、正社員枠を増やした長期キャストの囲みこいをはじめました。
新たな雇用区分「テーマパークオペレーション社員」の導入について
準社員の募集も数年前は大規模面接会で一気に数を採用するスタイルだったのが、随時面接や地方面接でやる気ある人を取りに行く形になっています。
35周年からはキャストが遊んでいるかのように楽しそうにしている姿もよく見かけ、時給よりやりがいに振っている印象です。
問題は2020年で、東京都の最低賃金がTDRを超えることに加え、オリンピックが開催されます。
オリンピックのボランティアという千載一遇のやりがい機会があり、やりがい勢はそっちに取られてしまいそう。
そうなると、時給もやりがいも奪われ、さらにパークは拡張され、キャスト足りるのかが心配です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加