*

 - くまのプーさん  - by poohya

Disney’s Christopher Robinティザー予告編感想


『クリストファー・ロビン』ティザー予告編公開|PoohPot
24時間前にはポスターも解禁されていました。


また、出演者も正式発表されました。
『クリストファー・ロビン』主役はユアン・マクレガー。監督&キャスト正式発表|PoohPot

1分10秒のティザー予告。
前半はロンドンの都会らしく暗っぽい風景。
厳しい社会が描かれています。
週末に出かける約束をしていたというシーンでは、親子3人で田舎の森にいる様子が映ります。
都会と田舎の対比、プーと彼が住むイギリスの空気感の表現は見事です。
これだけの要素をティザーに入れてきた時点で、本編も地の部分の描写は間違いないものになるでしょう。
ロンドンに1人残ったクリストファー・ロビンは小さな公園へ。
公園のベンチで悩んでいると、ついにプーが姿を見せます。

プーはジム・カミングスが声優なので、この作品が生む新たな世界観の中で声だけがいつも知っているプーという不思議な気分になります。
見た目はアニメーションの実写版というより、原作の実写版。
『完全保存版』などのオープニングの子供部屋に置いてあるプーのテディベアではなく、実際のクリストファー・ロビン・ミルンが所有していたプーのテディベアに近い造形です。
目と口が寄っていて、正面から見ると若干の違和感があります。
横から見るとそうでもない。
ポスターではプーがアニメーションっぽい黄色になっていましたが、予告編ではよりテディベアっぽい色合いに見えます。


舞台はクリストファー・ロビンが大人になった世界で、彼を取り巻く環境は史実とは全く異なるため、ディズニー版のその後の世界と言えます。
その中でプーの造形は原作寄り(というか当時のテディベアに準拠)。
プーに合わせると、ピグレットやティガーも当時のぬいぐるみっぽくなるのでしょうか。
だとするとティガーの性格が変わってしまう可能性があります。
また、ラビットとオウルはぬいぐるみではなく100エーカーの森に住む動物。
動物である彼らをどう表現するのかも気になります。

ストーリーが見えてきませんが、今のところ空気感は完璧。
プーの造形もしっかりしていて、「幼い頃からの友達のテディベア」に魂が注がれる姿は、アニメーションとはまた違ったファンタジーを与えてくれそうです。

米国では8月3日、日本では秋公開予定。
かなり楽しみにしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加