*

 - pooh  - by poohya

プー原作90周年、英博物館で企画展開催決定

Winnie the Pooh celebrates 90 years with philosophical talks around UK | Books | Entertainment | Daily Express

プーの故郷イギリスでは、「クマのプーさん」発売90周年で盛り上がっています。
イギリスでは45%の親がプーを通じて教育を行い、13%の子どもが最初に読んだ本がプーだったなど、イギリス人とプーの密接な関係が示される研究結果が出ています。
また、好きなプーの名言アンケートも行われ、様々な記事でプーがいかに親しまれているかが述べられています。

そんな中、ディズニーがキャンペーンを発表。
「‘Thotful Spot’ bench」というベンチを作り、イギリスやヨーロッパを回るそうです。
ベンチには、赤い風船と(ディズニー版)プーが座っており、プーとお話できるような姿勢になっています。

そして、ロンドンのV&A(ヴィクトリア&アルバート博物館)では企画展の開催が決定。
「Winnie-the-Pooh: Exploring A Classic」と題し、2017年12月16日~2018年4月8日まで開催されます。
プーのスケッチをはじめ、手紙や写真を通じ、ミルンとシェパードの関係性、プーが生まれた背景に迫る内容が予定されています。

10年前の80周年はディズニープー40周年でもあり、折り返しという意味合いも込めてディズニーを中心に大々的に祝われました。
それに対して90周年は、もう一度プーの世界と向き合い、100周年への準備をしていく印象。
いよいよやってくる、クリストファー・ロビンが100歳になるときに向け、プーの世界が再び注目されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加