*

「 日別アーカイブ:2021年10月14日 」 一覧

オリジナルの「プー棒投げ橋」約2000万円で落札 今後100エーカーの森で展示か


落札されたプー棒投げ橋(ポージングフォード・ブリッジ)が完成した当時(1907年頃)の写真

「プーさんの橋」競売、2000万円で落札 英 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News
Winnie the Pooh: Poohsticks Bridge sells for more than £131k – BBC News

「プー棒投げ橋」として知られる橋が競売にかけられ、13万1625ポンド(約2000万円)で落札されました。
サマーズ・プレイス・オークションズによると、予想落札額は6万ポンドほどで、予想の倍の価格になったそうです。

日本語ニュースがやや誤訳気味なのですが、今回落札されたのはオリジナルのプー棒投げ橋。
現在アッシュダウン・フォレスト(100エーカーの森)にかかっているプー棒投げ橋ではありません。
プー棒投げ橋が架け替った経緯は昨年書きましたが、今回のは1907年に建設された橋です。
「プー棒投げ橋」の危機—クリストファーとディズニーを動かした聖地の歴史|舞浜横丁

ポージングフォード・ブリッジとしてアッシュダウン・フォレストに1907年に架けられた橋は、1925年からクリストファー・ロビン・ミルンの遊び場になりました。
この橋をモチーフにA.A.ミルンが「クマのプーさん」でプー棒投げの舞台として登場させ、後にプー棒投げ橋と呼ばれるようになりました。
橋が架けられ70年経ち、観光客が増えたことで老朽化が進み、1979年に修繕を実施。
しかし老朽化の進行は避けられず、2000年に完全な架け替えが行われました。
ちなみに架け替え費用は3万ポンドとされており、今回の落札額の4分の1以下です。

この架け替えの際に、元の橋が保存されており、これが今回落札された橋です。
元の橋はケント州のペンズハーストに移築され、所有者Mike Westphalさんはケント州のオーク材で修復を行いました。
そしてこれが競売にかけられ、De La Warr卿が購入しました。
De La Warr卿はバックハーストパークを所有する貴族です。

落札者が所有するバックハーストパークは、元々プー棒投げ橋があった場所のすぐ近く。
アッシュダウン・フォレストに隣接しています。
De La Warr卿が先祖代々1076年から900年以上にわたり所有している土地で、現在は邸宅と牧場などがあり、一般公開も行われ、結婚式などにも使用されています。
落札したDe La Warr卿の父、第10代De La Warr卿(故人)は、1921年生まれ(クリストファー・ミルンの1歳下)で、クリストファーやプーと一緒に遊んだこともあった人物だそうです。
プーとプー棒投げ橋に対して非常にゆかりの深い場所とそこを所有する貴族の系譜であることがわかります。

落札されたオリジナルのプー棒投げ橋は、バックハーストパークに移設される見込みで、プー目当ての観光客を誘致する目的としても購入する価値があったのでしょう。
オリジナルのプー棒投げ橋は、アッシュダウン・フォレストを訪れる観光客に新たなプーの聖地をもたらしてくれることでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad