*

「 月別アーカイブ:2021年08月 」 一覧

プーミュージカル「Winnie the Pooh: The New Musical Adaptation」パペットを公開

Enjoy an Exclusive First Look at Winnie the Pooh: The New Musical Adaptation – D23

10/21からオフ・ブロードウェイで公演が始まるミュージカル「Winnie the Pooh: The New Musical Adaptation」。
関連:くまのプーさんをミュージカル化「Winnie the Pooh: The New Musical Adaptation」オフブロードウェイで2021年10月から | 舞浜横丁
D23でミュージカル用のパペットが公開されました。

ミュージカルはJonathan Rockefeller氏によるもので、「はらぺこあおむし」や「パディントン」などパペット劇を得意としています。
プーも同様にパペットを用いたミュージカルとなります。

公開された写真は、プー、ピグレット、イーヨー、ティガー、オウル、カンガとルーのパペット。
公式サイトでは、ラビットのパペットも見られます。
写真には、クリストファー・ロビンも写っており、実際の子役が演じるようです。
パペットの高さはクリストファー役の座高くらいで、リアルなサイズ感です。

パペットのデザインは、『プーと大人になった僕』に近いもの。
予告編ではピグレットの服はアニメーション版と同じピンクでしたが、今回の写真ではプー僕や原作と同じ緑になっています。
イーヨーはかなりプー僕に近め。
オウルはぬいぐるみではないためプー僕でも生き物感が出ていましたが、プー僕の羽の感じを残しつつパペットに仕立てています。
ラビットもぬいぐるみではありませんが、かなり独特のパペットに。強いて言えばスプラッシュマウンテンのアニマトロニクスっぽいです。
一方ティガーはプー僕よりアニメーション版に近い色合いや縞々で、「ザ・ブック・オブ・プー」に近め。
「ザ・ブック・オブ・プー」もパペットを用いたテレビシリーズです。
そして、実際に操演するミュージカルのためか、どのキャラクターも口と鼻周りが大きめになっている印象です。

「Winnie the Pooh: The New Musical Adaptation」はオフ・ブロードウェイのロウ劇場で2021年10月21日より上演。
約200席の劇場で、現在2022年1月末までのチケットが販売されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad