*

「 ディズニーチャンネル 」 一覧

Sofia the First: Once Upon A Princessあらすじと感想

11/18に米ディズニーチャンネルで放送されたSofia the First: Once Upon A Princess、その絵本が発売されたので読みました。
Sofia the Firstに関しては該当記事:Sofia the Firstとディズニー新戦略を。
ネタバレ含む内容は続きに書いています。
また、TVシリーズの放送開始が来年1/11に決定しました(詳細は続きで)。

まさにプリンセスの成長物語。
彼女が住んでいる世界もとても魅力的なものでした。
おとぎ話らしい要素に、ディズニープリンセス。
割とディズニージュニア的要素は抑え目で、DCOMというよりDVD単品販売作品のような展開でした。
アニメ版ではこれに曲が入りますから、アニメ版を早く観たいという気持ちが高まります。

ネタバレ含めた感想は続きで。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


Sofia the Firstとディズニー新戦略

Sofia the First: Once Upon the Princess Premieres In November
ディズニージュニア新プリンセス「Sofia the First」について。
11/18に長編「Sofia the First: Once Upon the Princess」が放送。その後来年初旬にテレビシリーズとしてスタート。

過去に長編化されたアニメはDCOM化がキム・ポッシブルとフィニアスとファーブ。
他にもハウス・オブ・マウスやリセスなど長編化されたテレビシリーズはあります。
しかし、どれもテレビアニメーションシリーズが続いた結果長編化という流れ。
それに対して、今回の「Sofia the First」は先に長編を作るというはじめての展開。
つまり今作は今までになく計画的に作られるシリーズだといえます。

お話としては、Enchanciaという世界に住む普通の女の子Sofiaの母MirandaがFreezenbergの王King Roland IIと再婚したためにSofiaが突然プリンセスとなるというもの。
立派なプリンセスとなるために、Royal Prep Academyの先生であるフローラー、フォーラ、メリーウェザーの3人の妖精や、執事のBaileywick、そして喋るウサギCloverや森の仲間たちと共に学んでいきます。
さらに予告編にはシンデレラの姿も。

つまり、ディズニージュニアの対象年齢2~7歳と同年代の普通の女の子が突然プリンセスとなります。
子供たちが親しみを持って見られるプリンセスということです。
さらにディズニージュニアらしく、主人公と一緒に学んでいくという展開が主軸です。

はじめに長編で歌やしゃべる動物たちというディズニープリンセスらしいお話で掴み、テレビシリーズに持っていくという予定でしょう。
ディズニージュニアでは学ぶ時間が多いため、ストーリーを進めることがあまりできません。
そのためプリンセスになるいきさつなどをあらかじめ長編で一気に説明する必要もあるのでしょう。

 

ここで、ReadMe!Girls!の日記・雑記: ディズニープリンセスをめぐる考察「Sofia the First」を。
CNNの「ディズニー初の「中南米系」プリンセスに賛否両論」という記事に対したものです。
この記事タイトルのほとんどが間違いだという指摘が行われています。
(追記:実は中南米系ですらなかったそうです
Hispanics question Disney’s mixed-heritage ‘Sofia’ – Washington Times)
しかし、注目したいのはそれに関連した考察。

ソフィア戦略とともに、ディズニーの新戦略が見えてきます。

まず、アメリカでは「ディズニー アニメーター コレクションドール」が非常に売れました。
商品詳細 ディズニー アニメーター コレクションドール アリエル
今作のソフィアもこの流れに沿った姿のプリンセスとなっています。
子供が同じ目線で親しめるプリンセスの人気は既に商品部門から実証されています。

そしてラセター介入以降のディズニーの新戦略について。
「ディズニー映画の2ものや、TVシリーズへの停止」
「プリンセスもの(またはフェアリーテイルもの)企画の停止」
このルールに対して、抜け道のように作られたのがティンカーベル(スピンオフ)、ジェイクとネバーランドの海賊たち(同世界観)。
ソフィアはジェイクに近いでしょう。

映画続編の禁止は、世界は同じでも主人公を新たに作り別の話にしてしまい回避。
さらにこの続編禁止ルールは、正確には意味合いが異なるようです。
先程のコレクションドールの話でもありましたが、近年商品部門を重視した作品が増加しています。
参考:短編作品がディズニーを救う(物販的な意味で) ほか | dpost.jp
つまり、物販的に成功が予想される続編は作っても良いということ。
そう考えると、ピクサー続編、トイ・ストーリーやカーズの短編シリーズ、そしてラプンツェル(Tangled: Ever After)が許可されるのもうなずけます。

そしてプリンセス企画の停止については、ディズニープリンセスを作らなければいいのです。
ディズニープリンセスとは誰かについては以前まとめました(「ディズニープリンセス」の定義: 舞浜横丁)が、つまりTVシリーズなら正確なディズニープリンセスではないのです。

このように、ソフィアは物販を意識して作られた、最近のディズニーを象徴するような企画だといえます。
今後、ソフィアに過去のプリンセスがどれくらい登場するのか、関連商品はどう展開されるか、日本上陸するか、パークにも進出するのか、注目すべき点が多い作品であることは間違いないでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ディズニータイム終了

ディズニータイム:週間番組表:番組情報:テレビ東京

9/28(金)7:30~8:00
ディズニータイム最終回スペシャル!ハマグチおすすめの東京ディズニーランドの周り方をご紹介!ミッキー登場!豪華プレゼントの発表も!!フィニアスとファーブもお楽しみに

なんとディズニータイムが来週最終回とのこと。
2年前に木曜日の放送が無くなりました(ディズニータイム、木曜なくなり金曜週一放送に)が、ついに番組自体終了してしまう模様。
後継としては、10/5(金)テレ東7:30~8:00ヴァンガードアジア(再)が出ています。
さらに、現在番組内で放送しているアニメ『フィニアスとファーブ』公式Twitterアカウントからも番組終了のお知らせが。

ディズニータイム(Disney Time)は2000年10月放送開始。
同時間のディズニー番組は1995年4月~のミッキー・キッズ、後のディズニー・トゥーンタウン、フライデー・ディズニーと続いてきました。
ミッキーたちがスタジオで進行したり、トゥーンタウンでミッキーたちがロケしたりと、なかなか他の番組にはできないことをやっていたこの番組、アニメーションシリーズの放送も世間へのテレビシリーズ認知という大きな役割を果たしました。
この番組が終わってしまうのは残念でなりません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


ディズニージュニア10/1開局

あさも、よるも、まほうのじかん。 新チャンネル ディズニージュニア 10月1日(月)ひる3時 開局! | ディズニージュニア | ディズニー・チャンネル
現在ディズニーチャンネルの子供向け枠であるディズニージュニア(旧プレイハウス・ディズニー)が10/1にスカパー!e2で開局。
今年2月に総務省「東経110度CS放送に係る衛星基幹放送の業務の認定」で開局が認めらたもの。
スカパー!e2では、これと入れ替わる形でディズニーXDが放送終了。
これにより、
ディズニーチャンネル
ディズニーXD(スカパー!e2以外)
ディズニージュニア(e2のみ)
Dlife(無料BS)
というラインナップとなります。

そしてこのディズニージュニア開局月10月の番組情報が発表されました。
メインレギュラー放送は
ミッキーマウス・クラブハウス
リトル・アインシュタイン
スタンリー
みんなヒーロー!~ヒグリータウンのなかまたち~
おたすけマニー
リトル・マーメイド
午前と午後(夕方~夜)に一回ずつの放送の模様。
午後の回は英語字幕で観られるとのこと。

ほかのレギュラー放送は
アート・アタック
あそぼう!イマジネーション・ムーバーズ
マイ・ディズニージュニア
これらは昼に放送。

また、開局の10/1は
15:00~,23:00~ダンボ
16:10~,24:10~ふしぎの国のアリス

特別編成「ディズニージュニア ぎゃおぉ!ハロウィーン」(10/13)
ジェイクとネバーランドのかいぞくたち
ジョジョ・サーカス
ローリー・ポーリー・オーリー
ワード・ワールド
などのハロウィンエピソードが放送されます。
これらの番組もレギュラー放送される可能性が高いでしょう。

ちなみに、ディズニーチャンネルでのディズニージュニア枠は存続。
今後の編成がさらに楽しみです。
(続きにディズニーチャンネル10月の特別編成)

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フィニアスとファーブにマーベルヒーロー登場

First Disney – Marvel Crossover Announced — And It’s Phineas and Ferb! | GeekDad | Wired.com
ついにマーベル×ディズニーが始動・・・しかも最初はフィニアスとファーブ!

2009年夏にディズニーが買収したマーベル、しかし今のところディズニーキャラクターとマーベルキャラクターの直接の共演はありません。
そんな中、来年夏についにディズニーアニメーションにマーベルキャラクターが登場するとの発表がありました。
“Phineas and Ferb: Mission Marvel”

Phineas and Ferb: Mission Marvel will premiere next summer on Disney Channel, and will see classic Marvel heroes Spider-Man, Iron Man, Hulk, and Thor being transported to Phineas and Ferb‘s Danville and immobilized by, of course, one of Dr. Doofenshmirtz’s many “inators.” Consequently, Phineas and Ferb (along with their friends and Agent P, one must assume) have to find a way to help the heroes and to fight the classic Marvel villains Red Skull, Whiplash, Venom, and M.O.D.O.K., who are (of course) working with Dr. D to create mayhem and destruction.

フィニアスとファーブの舞台はアメリカのダンビル。
スパイダーマン、アイアンマン、ハルク、マイティ・ソーがダンビルに登場。
既に予告動画も出ています。

ドゥーフェンシュマーツはDr. Doofenshmirtz。略してDr.D。
この元ネタはドクター・ドゥームでしょう。
さらに、フィニアスとファーブの過去エピソードにも、彼らのヒーロー漫画好きが多く出てきます。キャンディスもオタクっぷりを披露してくれそうな予感。
アニメーション・ヒーローやザ・ギークを踏まえても、フィニアスとファーブファンの側からすれば安心して観ていられそうです。

エピソードとしては、30分×2or3話になるのか、DCOMとなるのかは不明。
日本での放送も不明。しかし、来夏の劇場版について日本でもちょっと動きがあるので、そこの宣伝を兼ねる意味を考えると割りと早い段階での放送も期待できます。

ちなみに、ディズニーチャンネルテレビシリーズでの他キャラクター共演としては、リロ・アンド・スティッチ・ザ・シリーズにキム・ポッシブルやリセスが登場した例があります。
今回は30分エピソードではありませんし、越える垣根も大きいですから、一体どのような話になるのか、そして今後のディズニーとマーベルがどうなるのか、楽しみです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加