*

「 月別アーカイブ:2017年08月 」 一覧

ディズニーキャラクター年賀2018はミッキー1種類。発行枚数は過去最低

2018(平成30)年用年賀葉書等の発行及び販売

今年も年賀はがきのデザインと発行枚数が発表されました。
ディズニーキャラクター年賀は今年もミッキー。
戌年ということでプルートも登場します。

デザインは市販の年賀状イラストと同じ和服のミッキー&ミニーと富士山。
消印部分がプルートのお皿です。
お年玉部分にはミッキー、ミニー、プルートとデイジーが顔を出しています。
宛名部分の大きなミッキーシェイプを含め、隠れミッキーなど計8つのミッキーシェイプが描かれています。
例年に比べてかなり普通のデザインになった印象。ちょっと寂しいです。

2017年はインクジェット写真用が全てミッキーデザインでしたが、2018年はなくなり、ディズニーキャラクター年賀は1種類のみ。
当初発行枚数は、ディズニーキャラクター年賀が332,900,000枚。
総発行枚数が2,586,008千枚で、ディズニーキャラクター年賀の占有率は12.9%です。
3億枚台は2008年以来。
ディズニーキャラクター年賀が本格導入されてから最低の発行枚数です。

これまでの当初発行枚数
H20:9000万枚(ミッキー/70円×5枚セット) link
H21:1億1000万枚(インクジェット1億+写真用1000万)(プー初年度/発売後即売り切れlink再入荷) link
H22:3億5500万枚(3.2億+3500万) link
H23:4億6930万枚(4.15億+5400万+香り付き30万)(香り付き70円) link
H24:5億2900万枚(4.6億+6900万) link
H25:5億8000万枚(5.07億+7300万)(ウォルト110th柄) link
H26:6億1200万枚(5.28億+7600万+吹き出しシールセット800万)(Happiness is a state of mind柄)(吹き出しシールセット5枚入り300円) link
H27:5億5800万枚(4.93億+6500万)(インクジェットミッキー,写真用プー) link
H28:5億947万枚(4.4958億+5989万)(インクジェットミッキー,写真用プー) link
H29:4億9116万枚(4.1204億+7911万)(ミッキー) link
H30:3億3290万枚(ミッキー) link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


ファイアボール第3期「ユーモラス」放送決定


二度あることは三度ある。

ファイアボールの第3期がDlifeで放送決定!
Dlife愛してる!!

「ファイアボール ユーモラス」として、10月から12月まで毎月1話ずつ放送されます。
つまり全3話。計6分か。
2期「チャーミング」はチャーミング人類を表したタイトルでしたが、「ユーモラス」はどうなるのでしょうか、3話でそこまで詰め込むとチャーミング以上の濃度になるのでしょうか。
放送は10月6日(金)21:55。
1ヵ月半後。もう待ちきれません。

さらに放送を記念して過去2シーズン26話の無料配信がスタート!
とんだ太っ腹。
Twitterでは「夏休みファイアボール視聴感想文コンテスト」も開催。
26話全て観ても1時間かからないので、ぜひ皆様ご覧ください。
ハイペリオン派人類の方々は感想文の投稿に勤しみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TDRクリスマス2017詳細発表、パレードは2回停止に


クリスマス・ファンタジー、クリスマス・ウィッシュの詳細が出ました。

パレード、ハーバーショー共に再演。
新プロジェクションマッピング「ディズニー・ギフト・オブ・クリスマス」が新規です。
ギフト・オブ・クリスマスの鑑賞方法(抽選ありかなしか)は9月下旬発表。

シーはパーフェクト・クリスマス3年目。やったね!
新たにデイジーがお菓子を紹介するシーンが加わるとのこと。
デイジーはショッピングでしたが、そこは無くなるのかな?
カラー・オブ・クリスマスにはステラ・ルー登場です。

グリーティング

ちょっと気になるのがグリーティング。
ランドでは「トゥーンタウンを中心に、クリスマスアイテムを身につけたディズニーの仲間たちが登場します。」という表記が出ました。
わざわざトゥーンタウンを中心にと書く理由とは…
シーはシェリーメイがエントランスでグリーティングです。
どういう運営になるのでしょうか。

パレード2回停止

イースターに続き日本航空のスポンサーが決まった「ディズニー・クリスマス・ストーリーズ」。
内容は変わらないようですが、「※パレードは、1ウエスタンランド/ファンタジーランド、2プラザの2カ所で停止します」という表記が。
つまり、トゥモローランド/トゥーンタウン、いわゆる3rdの停止がありません。
これはおそらく10月にスタージェットが閉まる影響。
スタージェットのふもとはちょうど中央のフロートが停止する場所で、特にクリスマス・ストーリーズはやたら豪華なフロートが停止します。
どのような対策を取ってくるのかと思ったら、3rdは丸ごと通過という結果でした。

すると、「ハロウィーン・ポップンライブ」が7箇所停止になった(昨年は9箇所停止)というのも、8箇所目以降は通過ということでしょう。
ポップンライブの特殊な停止方法がここで多少は役立ってきました。
来年は35thでイースターが開催されない見込み。
すると、フローズンファンタジーを乗り切れば来年のハロウィーンまで3rdの停止は必要ありません。
さすがに35thはキャパシティ確保したいでしょうから、トゥーンタウン門のように一旦撤去して更地で戻すとは思いますが、半年くらいは余裕があります。
この間に3rdのイン側もトゥモローランドからファンラジーランドに変えてしまえるかも…

クリスマスには直接関係ないところが気になりますが、クリスマス・ストーリーズもパーフェクト・クリスマスも好きなので楽しみ。
プロジェクションマッピングもクリスマスソング豊富そうですでに100点出しそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


Goodbye Christopher Robin本予告編公開。WW1の影響を強く意識した内容に

フォックス・サーチライト・ピクチャーズ製作、史実を基にしたミルン親子の伝記映画「Goodbye Christopher Robin」の本予告編が公開されました。

2分半もの予告編はクリストファーとナニーがお祈りをしているシーンから始まります。
セリフからしても、明らかに「おやすみのおいのり」(Vespers)を表したシーン。
「クマのプーさん」より前に出版された、「プーもの」1作目と言われる詩集「クリストファー・ロビンのうた」(When We Were Very Young)の中でも最も有名な詩です。
クリストファー・ロビンの行動として一番イメージされるものといえます。

その後は、第一次世界大戦の影響がかなり強調されています。
戦争の辛い気持ちが世間に蔓延する中、童心が作り出した100エーカーの森がミルンと人々の心を癒すといった展開になるようです。
以前公開された予告編では、原作やアッシュダウン・フォレストの雰囲気を再現することに重きが置かれていましたが、史実とされる部分よりも映画としてのストーリーを重視した内容になっています。

後半では、プー出版後の様子も描かれました。
想像を遥かに上回る人気っぷりで困惑してくる様子が見えます。

実際にA.A.ミルンは平和主義者でしたが、平和のための戦争という当時の主論には同調。第一次世界大戦で通信兵として従軍し、後に忘れたいと語るほど辛い経験となりました。
それが原因で劇や児童文学に方向転換し、プーが誕生しました。
プーは大ヒットとなりミルン親子の関係も良かったものの、徐々にプーの人気が呪縛となり苦しめられていきます。
そして再び平和のための戦争という名目で行われた第二次世界大戦と通じて親子の仲は決定的に崩れ、一生絶縁状態となります。
予告編では第一次世界大戦後の心情が強調されていますが、後半のプー大ヒット後についてはよく読み取れません。
どこまでフィクションが加わり、クリストファーが何歳くらいまで描かれるのでしょうか。

イギリスで2017年9/29、アメリカで10/13公開予定。日本では未定です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加