絶対にクローズできないアトラクションがあるディズニーパークなんて終わってる

ストームライダーはポートディスカバリーのストーリーの根幹になっているためなくすなんてありえない。
という声が大きい。
ねとらぼも取り上げているが、OLCメディア既定に反した記事のリンクは貼らない。

映画『トゥモローランド』を観終わって携帯の電源を付けたときにこのニュースを知った僕としては、「トゥモローランド観ろ」の一言で終わらせたいところだが、スクラップ&ビルドを許さない理由を考えていたら絶望的な気持ちになったので書いておく。
なんかこの前からシーが嫌いな人みたいになっているが、シーは大好き。舞浜駅から遠いところは除く。

なぜストームライダーがクローズしてはいけないのか。
ポートディスカバリーはストームライダーありきでストーリーが作られているため、このアトラクションがなくなるとテーマポートが崩壊する。
らしい。

ちょっと逸れるけれど、新アトラクションがポートディスカバリーに合わないってなんで『ファインディング・ドリー』のストーリー知ってるの?
僕が現在知っている限りの『ファインディング・ドリー』情報だとタートルトークやトイストーリーマニアよりはましなストーリー作れそうだけれど…まあ1年あればストーリーなんていくらでも変わるし…
「未来」は微妙だけれど。

そもそもタートルトークやトイストーリーマニア、そしてタワーオブテラーなど、とにかく複雑で細かな設定が多いシー。
特にアメリカンウォーターフロントは各地の設定が入り乱れ、もう矛盾点だらけ。
そもそもなぜ特定の年号を設定に置こうとしたのかが不明。しかもそれを絶対と信じて疑わない人がいる(そりゃ出てくるわな)。
もうストーリーとしてはひどいありさまだ。
あの時代のテディベアあんなもふもふじゃねーよ!!!

どうしてシーはこんなにがちがちなのか。
ランドでアトラクション1つなくなると大問題なんて…いやスプラッシュマウンテンなくなったらクリッターカントリーの存在意義は疑われるけれど、代わりに小動物の国らしいアトラクションできるなら問題はない。
トゥモローランドの半分が削られてファンタジーランドになるような世界なわけで、ふわっとしたテーマの上に成り立っている。

シーは何かを変えるとたちまちストーリーに問題が起こる。
スクラップ&ビルドができないという恐ろしいパークだ。
逆に言うと、スクラップ&ビルドを行わなくても最初から素晴らしい世界観を持ったパークだった。
「海」をテーマに、7つの海での冒険とイマジネーションが楽しめる、日本人の尽力によって創造された、世界に誇るべき素晴らしいパークだ。

そこが間違っていた。
東京ディズニーシーはオープンの時点で完璧に「完成していた」。
永遠に完成せず進化し続けるはずのディズニーパークでありながら、東京ディズニーシーは完成していた。
この世にどんなイマジネーションがあっても、新たな冒険をしてはいけない。
ディズニーパークとして最大の失敗をしてしまったパークが東京ディズニーシーだ・・・

・・・
とは思わない。
まだまだシーには未来がある。
開拓されていない場所がある。
未開の地にイマジネーションを持って冒険しなくてはならない。
何も捨てずに冒険なんてできないし、それは進化とは言わない。
ポートディスカバリーのストーリーだって完成されたものじゃない。

オープン後に公開された映画の世界が新たな海に広がっていくなんてわくわくする。
僕は新たな世界への航海に全力でついていきます。
冒険とイマジネーションの海なんだから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です