*

総括2016:進化を遂げようとする舞浜パレード

ミッキーが出ない、春に運動会、9箇所停止と、何かと新しい試みが目立った2016年のパレードを振り返ります。

フローズン・ファンタジー・パレード


ミッキーの出ない通常規模のパレードなんて何年ぶりでしょうか。
それほどアナ雪のコンテンツ力が凄まじいということですが、昨年に比べるといまいち盛り上がらず予想下回ったかなという印象。
それにしてもトロールやハンスだけで1フロート作れてしまうのだからすごい。

ヒッピティ・ホッピティ・スプリングタイム


恒例、衣装と音楽とフロート順とショーモードを入れ替えての再演。
イースターはキャラクターが乗るフロートも入れ替えてきました。
占いを出してみたり、回ごとの新しさを作るとしてきたヒピホピ。
今年はエッグレースをテーマに、ボンボンと旗という2つの参加グッズを販売。
もはやイースターとは関係なしに運動会の応援をし続けるという不思議なパレードでした。


キャラクターしか見ない派としては、運動会が説明なしにダンサーの間だけで繰り広げられていたので、何が起きているのかさっぱり分かりませんでした。
イベントテーマ無関係の内容と参加グッズとはこのパレードどうなっているんだ…と思っていたらハロウィーンが斜め上にやってきました。

彩涼華舞


分類上はショーだし、構造自体は昨年と変わっていませんが、特殊なパレード。
キャッスルショーの代替として、フロートを用いた城前ショー+プラザ周回という、ロックアラウンドザマウスのようなブレイジングリズムのような方式をとっている夏イベ。
抽選+パレードルートで鑑賞ゲスト数を多くできる利点があります。
水かけショーは一箇所での滞留時間を長くしないと成立しないので、パレードを取り込んで鑑賞者数を増やそうとしてもこの方式が限界かな。

ハロウィーン・ポップンライブ


色々変化のあった今年のパレードの中でも最大の問題児。
9箇所停止という前代未聞の概念を引き下げやってきました。
ハロウィーンの音楽フェスという、これまた関連性がわからないテーマで、音楽フェスで振り回すタオルを販売。
フロートは前半3台、後半3台の計6台。この前にダンスレクチャー(グーフィー)とゴーストタイム(暇つぶし)があります。
パレードルートを9つのブロックに分け、

このように進んでいきます。

この方式によりフロートが停止する場所を1.5倍に増やすことができ、6台という短めの編成ながら、パレードルートの全てでフロートが停止することができます。
さらに、1箇所で2回の停止が見られるため、満足度は上がります。

問題は、レクチャーとゴーストタイム。
この2つもパレード時間に組み込まれています。
各コマはそれぞれ4分あるので、1箇所で観ると16分。これは普通のパレードと変わりません。
しかし、レクチャーとゴーストタイムが半分を占めているので、本編はたった8分。
普通のショーモードくらいの長さです。
レクチャー4分、待機4分、パレード2分、ショーモード2分、パレード2分、ショーモード2分といった具合。
時間的な物足りなさを感じてしまいます。
トゥーンタウンとかパレード本編始まるのは開始時刻の40分後ですからね…

初めての試みで時間に余裕が必要だったと思うので、来年からせめてゴーストタイム削ってショーモードを4分にしてもらえればかなり良くなるのではないかと思います。
内容自体は良かった。
奇数回目の停止と偶数回目の停止で音楽とショーモード内容が変わるのも面白かったです。

ディズニー・クリスマス・ストーリーズ


何が変わったのか探す方が大変という再演。
安定のクリスマス最高です。
参加グッズで鈴売らなかったのが不思議なくらい。
このパレードの恐ろしいところは、ミッキーミニーチップデールグーフィーマックス+プルートという異常に豪華なフロートの存在。
ポップンライブでも、前半ミッキーマックスの停止位置が後半ドナルドになり、ゲストの厚みにかなり偏りが出ましたが、このフロートの豪華さは異常。

ところで、来年は10月にスタージェットがクローズ。
ミッキーたち(中央フロート)はちょうどスタージェットの前あたりに停止します。
ここが囲われると鑑賞エリアとしてはかなり縮小するはず。
ポップンライブは9箇所停止+ミッキーが先頭ということでこれを回避しました。9箇所停止はそのための施策でクリスマスも追随するのかな?と思いきや、あの超豪華フロートのまま再演する模様。
一体どうなるのでしょうか。
余談ですが、新ファンタジーランドに合わせて3rdパレードルートを西側にルート変更し、トゥーンタウンにイン側を作るべきだと思っています。

今年のパレードで一番好きだったところ


ダンスレクチャー時に子供をパレードルートに出す

イースターやクリスマスのトゥモローランドでよく見かけました。
時間に余裕があるからトゥモローランドでやりやすいのかな?単に偶然遭遇しただけ?
パフォーマンス性の高いキャストが頑張ったり、キャラクターを出してダンスレクチャーの時間を設けるよりも、こちらの方が良いと思いました。
キッズエリアがないパレードでも子供が楽しめる施策。ショーモードの参加ダンスがパレードルートでの参加ダンスだった頃を思い出します。パレードの写真よりこの時の写真の方が思い出に残りますよね。
そして親以外もみんなその光景を見てしまうため、ダンスレクチャーへの参加率がかなり上がります。
良いこと尽くめ。
この取り組みは多少人件費かけてでも広げるべきだと思います。

独自進化を遂げてきた東京ディズニーランドのパレードがさらに進化を遂げようとしていた2016年。
来年はイースターがチェンジ。夏祭りもどうなるのか。
そしてポップンライブはどう改善し、クリスマスはスタージェット問題と向き合うのか。
ぜひ子供ダンスレクチャー施策を広げていってほしいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


ネタバレ感想『ピートと秘密の友達』:つまらない。なぜこの映画を作ったのかわからない

『ピートと秘密の友達』を観てきました。
感想は一言で表すと「どうしてこの映画を作ったのかわからない」。
豊作だった2016年どうして最初と最後だけこうなる…
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

総括2016:美しいパークの風景ベスト7

2016年の総括ということで、今年気になったことを何回かに分けてまとめていこうと思います。

今年は2つのディズニーリゾートにはじめて足を踏み入れました。
WDWと上海、どちらも大満足といえるほどたっぷり滞在し、様々なものを見てきました。
そんな2016年にディズニーパークで見たもので「美しい」と感じ脳裏から離れない風景をまとめてみます。

スペースシップアース


元々特にEPCOT信者というわけではなかったのですが、本物のスペースシップアースには何とも言えない神々しさがありました。
スペースシップアースを背景にして見るリフレクションズ・オブ・アースはしばらく言葉を失う美しさでした。

シンデレラ城


フロリダに行って感じたのは、やっぱり僕はシンデレラ城が好きだ、ということでした。
東京でずっと心の拠り所として人生を支えてくれてきたシンデレラ城をフロリダで見たとき、本場の雄大さを感じると同時に東京のお城への懐かしさも感じました。
特にフロリダのシンデレラ城は白く青空に映えます。
フロリダの雲ひとつない青空は、そこにいる者の心もすっきりと晴れわたらせてくれます。
夜になるとWishesの魔法で光輝き、まさにディズニーの夢と魔法を体現する存在です。

東京ディズニーシー


フロリダから東京に帰ってきて、東京ディズニーランドのシンデレラ城に再会するとともに、東京ディズニーシーの美しい風景を再発見できました。
フロリダにもあちこちに水場がありましたが、海をテーマにしたパークの水辺の美しさは格別です。
ぼーっとしているとほっとする、東京が自分のホームであることの素晴らしさを実感しました。

キャスタウェイ・ケイ


クルーズはいいぞ
WDWの滞在は毎日ディズニーだけに囲まれて過ごす幸せな時間でしたが、その途中で行ったディズニークルーズラインはそれを上回る徹底的にディズニーだけの日々でした。
そんなクルーズの目玉がディズニーのプライベートアイランド、キャスタウェイ・ケイ。
真っ青な空と海、遠くに見えるディズニー・マジック号。
そこにいるのはディズニークルーズの乗客とキャストだけ。
空気から何からディズニーしか存在ない楽園でした。

メインストリートUSA


「ディズニーランドに住みたい」という気持ちはずっと昔からもっていました。
あの空気感で生活してみたい、コンフェクショナリーの2階テラスに住みたい、と思っていた僕がフロリダで出会ったショーがメインストリート・トロリーショーでした。
メインストリートUSAに住む住人がトロリーに乗ってやってきて歌い踊る小さなショーです。
ファンタジーランドを臨む街の住人が歌い踊る光景は、この街が生きていて人々が暮らしていると感じさせてくれました。
ディズニーランドが持つ魔法のような空気は、そこに住む人々の笑顔が作り出していると思えた瞬間でした。
これが「住みたい」という気持ちの原点なのだと気付くと同時にメインストリートUSAが大好きになりました。

ボードウォーク

EPCOTとハリウッドスタジオを結ぶボートが通るボードウォーク。
ボートクラブリゾートなどが並びます。
上に挙げた、僕が好きな要素「水辺」「生きる街」の両方があったのがボードウォークです。
一度船で通っただけで虜になってしまいました。
ボートが通る街並みと砂浜が広がるリゾートの風景はたまらなく美しいものでした。
あの街並みに浸りすぎて1枚も写真を撮っていなかったことに今気づきました。

上海のトゥモローランド


最後は上海ディズニーランドのトゥモローランド。
上海は最初パークを一周する間「すごい」と「かっこいい」しか言葉が出てきませんでしたが、中でも素晴らしいのがトゥモローランドです。
今やレトロフューチャーになってしまったこれまでのトゥモローランドに対して、上海のトゥモローランドは『トロン:ライジング』『トゥモローランド』『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』を思い出す風景。
まさに現代が夢見る近未来の風景がそこに広がっていました。
未来の優美さ、イマジネーションの美しさを感じる風景でした。

というわけで7つの風景を振り返りました。
初めてWDW、DCL、そして上海に行き、ディズニー好きで良かったなと心から思えることが多い幸せな1年でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


ピューロランドのパレードはハーバーショーの上位互換である #d_advent

この記事はディズニー関連ブログアドベントカレンダー2016の1日目の記事です。

dsc_0599
12月が始まりました。
これから毎日、アドベントカレンダーのようにディズニーブログの記事が公開されていきます。
初日は12月にスタート一周年を迎えたサンリオピューロランドのパレード「ミラクルギフトパレード」の話です。

現在のハーバーショーとは

ピューロの話を始める前にまずは現在のハーバーショーとはなにか確認しましょう。
巨大なメディテレーニアンハーバーで行われるハーバーショーは、「ファンタズミック!」に至るまで、壮大な水上エンターテイメントを見せてくれています。
一方、シーズンイベントでのハーバーショーはゲストの要望に応えて進化を遂げ続け、オープン当初とはすっかり違った姿になりました。
「ミッキーのファンタスティック・キャラバン」ではパレードを公演。
さらに「スタイル!」ではパレードとハーバーショーを組み合わせました。
時代は進み、キャラクター需要に応えるようにハーバーショーは進化。
「ホリデーグリーティング・フロム・セブンポート」ではザンビ前、ミキ広、リドアイルと全員で移動していくスタイルになりました。ハーバーショーの皮をかぶった徒歩パレードです。
そして埋め立て工事と共にステージが誕生。
バージが停泊し、ステージがあるザンビ前、ミキ広、リドアイルを起点に、キャラクターがあちこち移動し続けるというショーになりました。

パレードの概念を超えたピューロのパレード


一方サンリオピューロランドでは毎日デイパレードが公演されています。
現在のパレードは「ミラクルギフトパレード」。
サンリオピューロランド25周年をお祝いするパレードです。
パレードの舞台はパーク中央にそびえる知恵の木。
知恵の木を囲むようにパレードルートが設定され、それを取り囲むようにゲストが鑑賞します。
いわゆる「アウト側」からしか見られません。

ミラクルギフトパレードの展開はざっくりこんな感じ。
ダンサー登場→フロート登場→キティとダニエル登場→参加ダンス→闇の女王登場→解決→フィナーレ→退場
ピューロのパレードはパレードと言っておきながら大半がショーモードです。
退場は入場に比べてかなりあっさりで、フロートに乗れる主要キャラクター以外はさっとはけていきます。
この辺りもショーのフィナーレと退場が別に必要なハーバーショーと重なります。
ピューロがハーバーショーと重なるポイントは、ミラクルギフトパレードで採用された「3ヶ所のメインステージ」という表現方法と、ピューロのパレード元々の特性である「めちゃくちゃ移動する」ということが挙げられます。

・3ヶ所のメインステージ
ミラクルギフトパレードでは、パレードオリジナルの重要キャラクター闇の女王が3ヶ所に登場します。
女王は3つ子で見た目同じ。ほぼ同じ役割の3人が3ヶ所に登場するので、パレードのストーリーがよく見える場所が3ヶ所生まれることになります。
ハーバーショーのステージと同じく、3つの拠点を中心に、他の死角も埋めるようにキャラクターやダンサーを配置、移動していきます。

・めちゃくちゃ移動する
ハーバーショーはどの場所でもキャラクターが来るという環境を作るためにパレード化していきました。
ピューロのパレードは(そもそも本来パレードなので当然ですが)、ショーモード中もがんがん回ります。フロートから降りたキャラクターも自力でぐるぐる回ります。
ダンサーはその倍くらいの速さで回ります。しかもフロートと逆方向に回ったりするので、人がたくさんいる感が出ます。
さらに、キャラクターを乗せて登場したフロートは、キャラクターを降ろし、その後は別のキャラクターやダンサーを乗せて回ったり止まったり、はたまた舞台になったりと、ショー中もあれこれ活躍しています。
ハーバーショーでも、バージはキャラクターを乗せて登場するだけでなく、途中でステージになったり、リドアイルとザンビ前を短時間で移動させる交通手段になったりと、ショーを物理的に支える存在になります。

そしてピューロはハーバーショーを上回る

知恵の木をメディテレーニアンハーバーだと思えば、中央のミキ広、左右翼のように広がるリドアイルとザンビ前ステージの姿が重なってきます。
ピューロのパレードルートは知恵の木を一周していますから、ぐるぐる移動がしやすくハーバーより利便性が高くなっています。
そして、ピューロのパレードには、屋内パークだからこそできる表現があるのです。

常識を逸脱した登場方法

パレードなのにダンサーは知恵の木の中から登場する時点で何かおかしい気はしますが、ピューロのパレード序盤の見せ場はキティとダニエルの登場です。
初見で誰もが目を疑う登場シーンは、キティの只者じゃなさを際立たせます。

屋内ならではの“デイ”パレード

ピューロは完全屋内型テーマパークのため、パレードも屋内で行われます。
そのおかげで、お昼に行われるパレードなのに電気を消してレーザーもLEDもがんがん焚くことができます。
さらに参加グッズとしてミラクル♡ライト、つまりマジカルドリームライトみたいなやつがあります。
舞浜では常連がエレクトリカルパレードやファンタズミック!が行われる時間まで残ることが少なく、参加率が非常に低いという問題点があります。
しかしピューロはデイパレード。常連の多くがこのパレードを見ます。
さらにピューロでは知恵の木で行われる他のショーでも積極的にミラクル♡ライトに対応させます。
その結果、みんな常にミラクル♡ライトを持ち歩くようになり、パレードでのライト所持率が大幅に向上しているのです。
撮影に余念がない方々も手元のバッグにライトが刺さっていたりします。

OMOIYARIが最高

他にも、雑技団、ダンスレクチャーが動画付きなどなど、ピューロのパレードには他では真似できない魅力がいくつもあります。
個人的には、ミラクルギフトパレードの前に公演されていた「OMOIYARI TO YOU」が大好きで、世界のデイパレード史上最高だと思っていました。
2段重ねのゴンドラ登場や、ショー構成など、ピューロのパレードでしかできない魅力をしっかり出していたからです。
ミラクルギフトパレードをはじめてみた時の違和感は、これじゃシーと変わらないじゃん…でした。
しかし、レギュラーショーとして始まり、ミラクル♡ライトの効果が増幅されていき、色と光のパレードという新たな魅力を獲得していきました。
そしてハーバーショーの上位互換という存在に達しました。
パレードもショーも中途半端なものが多い現在、サンリオピューロランドのパレードはかなり満足度の高いエンターテイメントとして輝いています。

ちなみに、同じくピューロで公演されている「ぐでたま・ザ・ム~ビ~ショ~」は「スティッチ・エンカウンター」の上位互換です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イッツ・ア・スモールワールド、キャラクター40体が追加され2018年春リニューアル

%e8%bf%bd%e5%8a%a0%e3%81%95%e3%82%8c%e3%82%8b%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%a9%e3%82%af%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%81%ae%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8

世界中で張り合っているのかというほどの新要素ラッシュ。
東京ディズニーランドのイッツ・ア・スモールワールドが2018年春にリニューアル。
ディズニーキャラクター約40体が登場するバージョンへと生まれ変わります。

アナ雪も登場

今回のリニューアルで、海外パークでも採用されているディズニーキャラクターバージョンに生まれ変わります。
ヨーロッパでは、『ふしぎの国のアリス』や『シンデレラ』、『ピーター・パン』、『塔の上のラプンツェル』など
アジアは『ムーラン』や『アラジン』
アフリカでは『ライオンキング』
などディズニーキャラクターが約40体登場。
また、ヨーロッパのスカンジナビアには、映画『アナと雪の女王』のエルサ、アナ、オラフが登場します。

個人的には、ディズニーキャラクターバージョンも好きだけれど現行バージョンも捨てがたい…
海外でキャラ版に乗れるなら東京は現行のままが良いかも…
そんなことよりベリーメリーホリデーが帰ってくるなら何も文句はない!
といった感じです。
キャラ追加よりもリニューアルで超長期リハブに入るデメリットの方が大きいよなと思っていたので、どちらにしろ更新工事が必要ならリニューアルという流れは普通でしょう。

35周年の目玉?

2018年春といえばランド35周年のオープニング。
通常アトラクションはアニバーサリー明けでオープンすることが多いですが、2019年はソアリン、2020年は新ファンタジーランドが控えており、35周年の目玉アトラクションとしてリニューアルするようです。
元々、初期の新ファンタジーランド構想では、イッツ・ア・スモールワールドはスペースマウンテン横に移転する予定でした。
ここで改装をかける予定だったものが変更となり、現在に至っていました。

オープン当初からの施設が限界に…?

イッツ・ア・スモールワールドのリニューアルについては、計画変更後も「開業から33年が経過しており、どうすべきか検討している。一度にはリニューアルできないが、足元のプロジェクトとは別枠で考えていく。」と言及されていました。
参考:東洋経済OLC上西社長インタビューから見る2020年以降のTDRの姿|舞浜横丁
拡張計画とは切り離して考えても、築33年たつオープン当初からのアトラクションは大改装をかける必要があるのでしょう。
一昨日には「プラザレストラン」のリニューアルも発表されたばかり。
プラザレストランのリニューアルも非常に短くイメージイラストもないリリースで、急いでこしらえたような印象を受けました。
時期的に直接の因果関係はないと思いますが、先日プラザレストランの天井が雨漏りで落下したことも話題になりました。
「ジャングルクルーズ:ワイルドライフ・エクスペディション」の辺りから、オープン当初のアトラクションに更新の必要が出ていると指摘されてきましたが、この流れが本格化しそう。
となると、アトラクションでリニューアルせずに残っているのはアメリカ河、白雪姫やピノキオ、そしてホーンテッドマンションでしょうか。
2020年以降の全テーマランド改修はこの辺りがターゲットになってきそう。
特にホーンテッドマンションはWDWでのリニューアル例があるので可能性は高そうです。

ついでにスペースマウンテンにスピーカー付けてカリブも上海版に…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加