*

ギフトパスポート

まずは、こちらを参照。
パークのパスポートにあらかじめ決められたメッセージの中から好きなものを選んでパスポートに印字することができるというサービス。
すごいのは、パスポートの種類は日付指定/オープン券と選べるのに加え、値段は通常料金+送料(730円)だけということ。
そのうち、ディズニーストア受け渡しだと送料がかからない!とかになりそう。
販売は4/15の9:00~バケーションメーカーだそうです。
メッセージは以下のとおり。

  • Happy Birthday!
  • 結婚記念日おめでとう。
    いつまでも仲の良い夫婦でいてね。
  • 長い間お疲れさまでした。
    これからも充実した日々を
    過ごしてください。
  • いつもありがとう。
    これからもよろしくね。

の4つ。
驚いたのは、意外と③の文章が長いこと。
あと、見本のところで25thデザインのパスポートがあった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


コスト削減を社長が明言

08年度入園者数、過去最高を上回るか並ぶ水準に=オリエンタルランド -ロイターより。
入園者数がどうとかっていうことよりも、「価値のあるものを提供しながら、コストを下げていく。そういう知恵を出していくことが必要」という言葉が引っかかる。
つまり、シルクとかTDHは儲かるから作るけど、キャッスルショーとかは費用の割りに集客が見込めないのでやんない。ってことか。
ジュビレーション!はDDOPが5年もねばったので(←もうEパレレベルの長さ)、仕方なく変えるのでしょうね。
ランドはキャッスルショー抹消の傾向ですし(シンデレラブレーションも終了)、シーはTOTのせいだとか何だかでウォーターフロントパークのショーも無くなりました(だからリズムオブワールドもドラマティックディズニーシーもやらなくなった)
ま、儲け主義ですな。
なんかこの言葉はディズニーの意志と違うような気がするんだけどなぁ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TVチャンピオン2、ぴーさん親子優勝

昨晩放送された「TVチャンピオン2」見ましたか?
今回は「親子ディズニー通選手権」
問題はこの前の「ガリベン!」とは違い、難問ぞろい。
そして、その戦いを制したのが…
 
舞浜横丁と相互リンクのHIDDEN Mickeyの管理人、ぴーさん親子です!![E:sign03]
さすがです。(一応言っておきますが、ぴーさんとは束田さんのことです)
問題は本当に難しいものばかり。
カチューシャのシュルエットを見てそれを買ってくるという問題なんて難しすぎます。
シュルエットだけなのに加えて、何でも売っている(ように見せかけている)店のタウンセンター・ファッションでは売っていない。
売っているのはアドベンチャーランドの1店舗のという超難問でさえぴーさんは正解されました!
すごいです。
これがディズニーファンサイトの実力だって喜んでいました。テレビの前で騒いでただけのくせに。そーいう人です。舞横の管理人は。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


リゾートライン1日券が25th仕様に

リゾートラインの1日券が25th仕様になります。
各ステージ1枚ずつ、合計5枚が発売されるそうです。
柄は25th衣装のBig5がそれぞれ1人ずつです。
(くわしくはこちら)
また、5つのステージのうち、異なる4つのステージの券(使用済み)を集めると、オリジナルピンバッジがもらえるそうです。
こちらの記事でもありましたが、東京でピンが再び出回ってくるような気がします。
頑張ってピンもらうかどうかはピンのデザインを見てから~と思ってたら、画像が公開されてないし、初めてお目にかかれるのは11/7で、そこで始めてももう遅いのでやるかやらないかは2ndには決めなきゃいけないんだって気づいた。
やるな、OLC。
それとも㈱舞浜リゾートライン? 

でも、リピーターにとっては1ステージ1回くらい簡単だろうから、ここは1ステージにつき各駅1種類作って、5ステージ×4駅=20種類くらい作っちゃった方がいいんじゃない?
ささやかな提案でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京にピン、再来

まずはこいつを確認!
プレゼントカレンダーが、25周年プレゼントカレンダーになっています。
しかも、、、
キャラクターピンの再来
これは、年パス組に対するものですね。
ピンもらうために3分だけ入園というものを防止しようということと、毎回1000円のピンを買ってもらうことによる収入、一石二鳥ですね。
このパターンは25周年後も続くのではないでしょうかね。
多分、儲かるから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加