*

「 日別アーカイブ:2017年05月17日 」 一覧

ディズニーとフォックスが製作中?2つの「プー実写映画」

日本でもじわじわとニュースが出てきて、2つの作品が続編同士だとかめちゃくちゃな記事も上がってきているのでまとめます。

現在、「クマのプーさん」に関する実写映画が2作品、ディズニーと20世紀フォックスで話が出ています。
どちらもクリストファー・ロビンを題材にしたものです。

Goodbye Christopher Robin

フォックス・サーチライト・ピクチャーズが製作中の映画。
米国での2017年11月10日公開が決まっています。

著者A.A.ミルンと息子のクリストファー・ロビン・ミルンの関係を描く作品。
クリストファー・ミルン幼少期の両親やナニーとの関わりと「クマのプーさん」の誕生の背景から、出版後の反響が思春期のクリストファー・ミルンを苦しめていく様子が描かれます。
どこからどこまでの期間を描くかは不明ですが、クリストファー・ミルンの青年期を演じるAlex Lawtherは22歳。
A.A.ミルンが児童文学に転向したWW1から親子が絶縁したWW2あたりを描くのではないかと思います。

A.A.ミルンを演じるのはドーナル・グリーソン。
スター・ウォーズのファースト・オーダーのハックス将軍や、ハリー・ポッターと死の秘宝のビル・ウィーズリー役。

Christopher Robin

ディズニーが準備中と言われている実写映画。
リトル・マーメイドなどと同様、あくまで噂段階で正式発表はされていません。

「Goodbye〜」が史実を基にした伝記映画なのに対して、こちらは完全フィクション。
大人になって夢を忘れたビジネスマンのクリストファー・ロビンが再び100エーカーの森を訪れてプーに出会うという内容になるようです。

クリストファー・ロビンを演じるのはユアン・マクレガー。
こちらはスター・ウォーズのオビワン。
実写版の美女と野獣のルミエールです。
こちらは交渉中と報じられています。

似ていても全く別物

というわけで、2作品は全くの別物。
FOX版は伝記映画、ディズニーはまだ噂段階で完全フィクションです。

FOX版はプーが生まれる過程と、プーによって苦しめられた親子の歴史が描かれる模様。
個人的に特に調べている分野なのでとても楽しみです。
クマのプーさん原作沼へようこそ(colos EXPO 2016 LT&展示)|舞浜横丁

ディズニー版はまだまだ内容がよくわかりません。
実写化の流れにもない別設定で、プーたちがCGで出てくるのかも不明。
史実としてはクリストファー・ミルンは本屋を営み、長年経ってようやく父と和解しています。
それを踏まえて見るとこのストーリーが非常に薄っぺらくなりそう。
当たり外れの差が激しいディズニー実写化プロジェクトの中でどうなるのか、果たして本当に製作されるのか。
こちらはまだまだ全くわかりません。
別にお蔵入りでいいけれど。

原作史入門ならこの本
51e9KxB1cgL._SL500_AA300_
クマのプーさん 世界一有名なテディ・ベアのおはなし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad