*

「 東京ディズニーリゾート 」 一覧

イッツ・ア・スモールワールド、キャラクター40体が追加され2018年春リニューアル

%e8%bf%bd%e5%8a%a0%e3%81%95%e3%82%8c%e3%82%8b%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%a9%e3%82%af%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%81%ae%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8

世界中で張り合っているのかというほどの新要素ラッシュ。
東京ディズニーランドのイッツ・ア・スモールワールドが2018年春にリニューアル。
ディズニーキャラクター約40体が登場するバージョンへと生まれ変わります。

アナ雪も登場

今回のリニューアルで、海外パークでも採用されているディズニーキャラクターバージョンに生まれ変わります。
ヨーロッパでは、『ふしぎの国のアリス』や『シンデレラ』、『ピーター・パン』、『塔の上のラプンツェル』など
アジアは『ムーラン』や『アラジン』
アフリカでは『ライオンキング』
などディズニーキャラクターが約40体登場。
また、ヨーロッパのスカンジナビアには、映画『アナと雪の女王』のエルサ、アナ、オラフが登場します。

個人的には、ディズニーキャラクターバージョンも好きだけれど現行バージョンも捨てがたい…
海外でキャラ版に乗れるなら東京は現行のままが良いかも…
そんなことよりベリーメリーホリデーが帰ってくるなら何も文句はない!
といった感じです。
キャラ追加よりもリニューアルで超長期リハブに入るデメリットの方が大きいよなと思っていたので、どちらにしろ更新工事が必要ならリニューアルという流れは普通でしょう。

35周年の目玉?

2018年春といえばランド35周年のオープニング。
通常アトラクションはアニバーサリー明けでオープンすることが多いですが、2019年はソアリン、2020年は新ファンタジーランドが控えており、35周年の目玉アトラクションとしてリニューアルするようです。
元々、初期の新ファンタジーランド構想では、イッツ・ア・スモールワールドはスペースマウンテン横に移転する予定でした。
ここで改装をかける予定だったものが変更となり、現在に至っていました。

オープン当初からの施設が限界に…?

イッツ・ア・スモールワールドのリニューアルについては、計画変更後も「開業から33年が経過しており、どうすべきか検討している。一度にはリニューアルできないが、足元のプロジェクトとは別枠で考えていく。」と言及されていました。
参考:東洋経済OLC上西社長インタビューから見る2020年以降のTDRの姿|舞浜横丁
拡張計画とは切り離して考えても、築33年たつオープン当初からのアトラクションは大改装をかける必要があるのでしょう。
一昨日には「プラザレストラン」のリニューアルも発表されたばかり。
プラザレストランのリニューアルも非常に短くイメージイラストもないリリースで、急いでこしらえたような印象を受けました。
時期的に直接の因果関係はないと思いますが、先日プラザレストランの天井が雨漏りで落下したことも話題になりました。
「ジャングルクルーズ:ワイルドライフ・エクスペディション」の辺りから、オープン当初のアトラクションに更新の必要が出ていると指摘されてきましたが、この流れが本格化しそう。
となると、アトラクションでリニューアルせずに残っているのはアメリカ河、白雪姫やピノキオ、そしてホーンテッドマンションでしょうか。
2020年以降の全テーマランド改修はこの辺りがターゲットになってきそう。
特にホーンテッドマンションはWDWでのリニューアル例があるので可能性は高そうです。

ついでにスペースマウンテンにスピーカー付けてカリブも上海版に…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


香港ディズニーランド大拡張発表。どうなるTDSアナ雪エリア

hkdl_castle_0_original
香港ディズニーランドでかなり大規模な拡張が発表されました。

眠れる森の美女の城、建て替え

HK Castle Front Elevation-end of day-
冗談だろと言っていた噂は本当でした。
2019年、眠れる森の美女の城がリニューアル。
イラストでは既存のお城に増築しているようですが、一応日経は「建て替え」と報じています。
すごく上海っぽいステージと噴水もついて、すごく上海っぽいショーも始まります。
ディズニーランドでシンボルのお城の作り直しとかありかよ…

マーベルエリア

marvel_super_hero_attractionc5059_0_original
ついにディズニーパークがこの手を使う時が。
2017年1月オープンの「アイアンマン・エクスペリエンス」に加え、バズを改装して新シューティングアトラクション、そしてオートピアを潰し、計2つのマーベルアトラクションが登場します。
バズ跡地が2018年、オートピア跡地が少し飛んで2023年です。それでも以前の「ありたい姿」の最終年度なんだよな…

モアナ新ショー

adventureland_show_placebaf2e_0_original
2018年、アドベンチャーランドではモアナの新ショーがスタート。
フェスティバル・オブ・ライオンキングなくなる?と思ったら別の場所に新設のようです。
インタラクティブなショーということで、確かにゲストがモアナの横にいたり、波を持っていたりしています。
ジェダイ・トレーニングとかWDWベルの家みたいな感じ?インタラクティブすぎてよくわかりません。
プア(豚)もいる。

アナ雪エリア

frozen_kingdom_of_arendelle_0_original
今回のメインの議題、世界初のアナ雪エリア。
2020年オープン。
オーケンのソリのアトラクション(DCAのルイージやTDRのベイマックス形式と思われる)と、EPCOTのFrozen Ever Afterの2アトラクションが導入されます。
東京ディズニーシーではロストリバーデルタの横に「北欧」エリア開発が予定されていましたが、延期。
その隙に、まさかの香港に抜かされる結果となってしまいました。

地図でおさらい

hkdl_siteplan_0_original
発表を地図でおさらい。
アナ雪エリアはファンタジーランドの奥に作られます。

東京の北欧エリアは何だったのか

単純に考えれば、東京の計画がとん挫して、それを香港に持って行ったのがこれということになります。
なぜ東京は世界初のアナ雪エリアを香港に譲ってしまったのか。
OLCの言い分としては、「アナ雪というコンテンツをより大きく展開するため、より広い用地での開発を目指して延期」したとのこと。
参考:東洋経済OLC上西社長インタビューから見る2020年以降のTDRの姿|舞浜横丁
この「延期」は最短でも2020年以降の開発計画になりますから、香港が世界最速のアナ雪エリアになることは間違いありません。
本来ならば「2023ありたい姿」で建設されるはずだった北欧エリア。
そのまま香港にスライドしたなら2020年オープンもおかしくありません。

イメージ図を見比べてみましょう。
frozen_themed_area_0_original
こちらが香港のアナ雪エリアのイメージ図。
024803
こちらが東京の北欧エリア。

配置変えただけでほぼ一緒じゃん…

シーの航空写真と香港の建設予定図を同縮尺で重ねてみました。
tdsfrozen
これが「アラビアンコーストと同程度」の広さなのか…

OLCがアナ雪を延期させた理由は「広さ」です。
香港はOLCが納得いかない広さのまま作ることになります。
とすると、
アナ雪エリアを開発しようとするも、アトラクションは「オーケン(ルイージ式親子向けライド)」と「Frozen Ever After(ボートライド)」の2つだけになる。
それはコンテンツとして弱いのではないか…ということでより大きな計画(=新規アトラクション)を求めて延期。
というのが香港に世界初のアナ雪エリアを譲ることになった理由でしょうか。

そう考えると、ありたい姿時代の「北欧エリア」案は香港に渡ったものの、東京ではこれとはかなり違った形でより大きなアナ雪エリアが構想されているのではないかと思います。
それが動くころまでにアナ雪2がうまいこと当たっていればいいのですが…

パリ25thがソフトチェンジばかりな一方、香港は第2パークをあきらめたのか超大型投資。
USではスター・ウォーズランドが控え、EPCOTも開発予告、DCAもマーベル拡張の兆し。
パリは本当に大丈夫なのか、東京はどのような道をたどるのでしょうか。

まあとりあえず快適なレストラン環境の確保を優先してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京ディズニーシー 自然と人が築いた15年

(c)Disney

(c)Disney

東京ディズニーシーが15周年を迎えました。
9月4日は朝から開園15周年記念セレモニーを開催。
その模様はウレぴあでレポートしています。
【ディズニー速報】TDS15周年! ミッキーも登場のスペシャルな開園記念セレモニー開催!【写真39枚&スピーチ全文】 – ディズニー特集 – ウレぴあ総研
3ページ目4ページ目にはスピーチ全文の文字起こしもしていますのでよろしければ。

神々しいアニバーサリー

朝から祝祭ムード満点のパーク。
ミラコスタ通りにシャボン玉が舞う中、約65人のキャストがお手振り。
ディズニーシー・プラザのステージではミッキーたちがお出迎え。
開園直前、パワー・オブ・ミュージックCMのようにミッキーを中心に円陣組んでいたのが印象的でした。

ミラコスタを抜けるとエリアミュージックも特別版。
アンバサダー今枝さんのアナウンスで、15年間のイベントソング15曲が流れます。
セレモニー開始は9:05。
しかし、8:45頃から雨が…
いきなり大粒の雨で、ハーバーは一気に傘だらけに。
曲は皮肉にもサマーオアシススプラッシュ。
それでもレーダーを見る限りは雨が抜けそう、ランドは雨が降っていない、などと話していると、徐々に太陽が顔を出してきました。
今枝さんが最後の曲として15thテーマソングを紹介し、When Your Heart Makes A Wishが流れると、みるみる雨が上がっていきました。
その場にいた誰もが、15年前の開園セレモニーで晴れ間が差し込んだ“伝説”を思い出しました。

しかし短時間といえども降ったのは大粒の雨。
セレモニー5分前に止んだ状態では、普通なら上陸なしバージョンです(この時点で9:30からのクリスタル・ウィッシュ・ジャーニー雨バージョンは決定していました)。
そこに登場したのが、雑巾を持ったキャスト。
ステージを拭き、公演できるようにしてくれる光景はよく見るものです。
しかしこの日は人数が違いました。キャストの数はどんどんどんどん増えていき、気付けばプレスエリアを案内していた広報部員もみんなステージにいました。
ハーバーにいたキャスト、そして社員が総出で、セレモニーのためにステージを拭きます。
60人を超えるその光景に、ゲストからは思わず拍手が。
こうして5分遅れで無事セレモニーが始まりました。
そして、セレモニー後には雨予報を全く無視したような晴天がハーバーを照らしました。

自然によって生み出された伝説、そしてそれを支えてきた人々の力を感じました。
その場にいた誰もがこのパークを心から愛している、そんな空間に感動していました。

自然と人が築いたパーク

セレモニーのスピーチで何度も述べられていたこと、それは世界で唯一「海」をテーマにしたディズニーパークであること。
壮大な自然と共に暮らす人々による文明が東京ディズニーシーを作っています。
スピーチの中でも、ビル・アーネストによる

私たちと一緒に旅をし、東京ディズニーシーを皆さまに愛されるほかのどこにもない場所に作り上げてくださったたくさんのゲストの皆さまにお礼を申し上げます。

という言葉が印象的でした。

たとえアメリカンウォーターフロントがずっと1912年だったとしても、その1912年の中で毎年毎年歴史的が刻まれてきています。
それは、東京ディズニーシーとそこの住人、旅をしてきたゲストたちによる冒険とイマジネーションが築いた歴史です。

ディズニーパークは永遠に完成しないとは言いますが、東京ディズニーシーは15年前の時点で完璧なパークでした。
そこに手を加えることは逆に完成から遠ざかってしまうのではないかというほど美しい世界です。
しかし、ディズニーパークとしての魅力は、その完璧な世界の上で新しい冒険とイマジネーションによる歴史が築かれていくことです。
ゲストがパークで過ごした思い出、パークがゲストと過ごした思い出、それぞれが15年間蓄積された結晶が「ウィッシュ・クリスタル」であり、みんなを次の15年へと導いてくれます。

この美しい場所の歴史を一緒に体験できることの幸せさが伝わる15周年当日でした。
これからどんな冒険とイマジネーションの海ができていくのか、とても楽しみです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


東洋経済OLC上西社長インタビューから見る2020年以降のTDRの姿

51SLbxxPoHL
週刊東洋経済 2016年9/3号 [雑誌](不滅のリーダー 松下幸之助)

東洋経済の最新号にてオリエンタルランドの上西社長インタビューが掲載されています。
ちなみにインタビューが載る11ページはdマガジンの電子配信ではカットされていたので紙版で読みました。
1ページのインタビューですが、今後の開発計画について、2020年以降の開発を中心に、これまでにない展望が示されています。
というわけでインタビューの内容をもとに色々想像してみます。

追記(9/9):ディズニーリゾート”大幅改装見直し”の真相 | レジャー・観光・ホテル | 東洋経済オンラインに雑誌版にはないインタビュー内容が含まれていたため追記しました。

開発計画をざっくりおさらい

そういえば開発計画をまとめていなかったので、ざっくりおさらい。
まず、2014年10月にファンタジーランド拡張(通称:新ファンタジーランド)とシー8つめのテーマポートの建設を発表。→参考記事
2015年5月、新ファンタジーランドが「美女と野獣」と「アリス」、8つめのテーマポートが「アナ雪」を含む「北欧」テーマと発表、コンセプトアート公開。→参考記事
その後、計画見直しが発表され、暫く音沙汰無し(10月に建設通信新聞が新ファンタジーランドの工事計画を報じる→参考記事)。
2016年4月、「2023ありたい姿」を撤回し新計画を発表。
新ファンタジーランドは美女と野獣をつくり、アリスや既存アトラクションの移転は没。新たに屋内型シアターとトゥモローランド「ベイマックス」アトラクションとトゥーンタウンのミニーグリ施設を建設。計画を前倒し2020年春オープン。
シーは「北欧」テーマランドを中止、ソアリンをメディテレーニアンハーバーに建設し2019年度オープン。
2020年以降はランドの全テーマランドを対象に開発を行う。シーは複数の拡張用地を活用。アナ雪エリアは将来どこかに建設予定。

アナ雪エリアはより広い用地で

シー第8のテーマポートとして計画されながら、延期となってしまった「北欧」エリア。
今回のインタビューでは『アナと雪の女王』エリアとしてより広い用地での開発を目指すと述べられています。
当初案では旧ストームライダー奥、インディ横のロストリバーデルタ空き用地に「アラビアンコーストと同程度」の広さで建設予定でしたが、アナ雪というコンテンツをより大きく展開するために延期したとのこと。
4月時点で今後「北欧」エリアがロストリバーデルタ空き用地で展開される予定はないことが発表されていましたが、理由が広さを求めた結果であることが明らかになりました。
ファンタジーランドの更なる拡張にアナ雪を持っていくのでは?という見方もありましたが、今回のインタビューの文脈ではシーを予定しているっぽい。

本社跡地、R2駐車場がアナ雪エリア?

シーの北側にあるオリエンタルランド本社のエリアについては、事務部門を舞浜に移しており、その他のバッグヤードの整理が終われば、(新アトラクションを建設する)選択肢にはなる。

オリエンタルランド本社の一部機能は舞浜・新浦安に移転が進んでおり、パーク拡張用地に充てられる計画です。
「ありたい姿」案では新ファンタジーランドのアリスエリア(スモールワールドを移転させ跡地にアリスエリアを作る予定だった)の用地にされるのでは?と考えられてきました。
しかしスモールワールドの移転がなくなり、今回のインタビューでも、本社跡地はシー拡張用地の模様。
これがアナ雪エリアかと思いますが、本社跡地のサイズは南に接するアラビアンコーストと同程度であり、ありたい姿でのロストリバーデルタ横案とサイズ感が変わりません。
となると、本社跡地からR2駐車場(レイジングスピリッツ裏/トゥーンタウン裏)をシーの拡張用地として充て、その大部分をアナ雪エリアにする、というのが妥当な計画のようです。

現計画では2020年以降のシーは複数の拡張用地を用いるとされています。
ひとつが本社跡地(とR2)なら、もうひとつは「北欧」計画がなくなったロストリバーデルタ横でしょう。
ここは裏にR3駐車場があり、「ありたい姿」案より広いエリア編成も可能ですが、R3とシー敷地の間にはディズニーリゾートラインが通っているという問題があります。
リゾートラインの軌道を変えるか、モノレールが通ってもおかしくないテーマのエリアを作るか。
個人的にはモアナがいいです(唐突)。
シーでそれ以外に拡張するとしたら、タワー・オブ・テラー奥の駐車場しか残っていないでしょう。

ランドは“東西問題”解決へ

計画が前倒しされ、しょぼくなったランド側。
目玉であった「美女と野獣」「アリス」「スモールワールド移転」のうち、美女と野獣だけが採用され、他はなかったことにされました。
(追記)アリスエリアについてはオンラインインタビューで「白紙の状態」になったとされています。
一方、スモールワールドについては、

開業から33年が経過しており、どうすべきか検討している。一度にはリニューアルできないが、足元のプロジェクトとは別枠で考えていく。

と、今後のリニューアルに含みを持たせています。(追記終)
新ファンタジーランドオープンの2020年以降は、全テーマランドを対象に開発を行っていくと発表されています。
ショーベースのすぐ近くに屋内シアターが作られることから、ショーベースを潰してランド駐車場に道を作り、トゥモローランドを拡張するのでは?という見方が強い現状です。
しかし、今回のインタビューでは、ランド拡張の可能性には触れず「左右のバランス」が強調されていました。

ゲストの回遊の流れを変えることで混雑を緩和してパークの魅力を高めていきたい

つまり、新アトラクションが右(西)側に偏るので、左(東)側を開発していく、すなわちアドベンチャーランドやウエスタンランドを開発するということです。
現状でも東西でファストパス対応アトラクションの数の差が倍くらいあります。
ここで東側を開発し人気を高めることで、パーク内の人口比率を均一化する狙いがあるそうです。

新アトラクションの建設が点対称あるいは線対称で進められるという話は、山口有次先生の「ディズニーランドの空間科学」で述べられています。
しかし、最近はこの法則が崩れてきているという指摘がされています。
東京ディズニーランド以外のディズニーパークでも同様の傾向があるという研究もありますが、東京ディズニーランドの場合ワールドバザールの途中に左右への通路が作られており、左右の人気差がより大きく人の流れに影響を与えます。
というわけで、アドベンチャーランドやウエスタンランド側の開発を進めることで、局地的な混雑を避ける計画のようです。
平日・休日の均一化、パーク内の均一化をすることで、同じキャパシティで人口密度を保ちながら入園者数を増やすことが可能になります。

が、ジャングルクルーズやラッキーナゲットカフェのリニューアルをした後にどこをいじるのでしょうか。
いよいよチキルーム、カントリーベア・シアター、アメリカ河の3大なくなりそうアトラクションが危なくなってきた気がします。
ワールドバザールで左に曲がる流れを作るなら、エントランスに近いアドベンチャーランドに投資したいはずで、カリブの海賊を上海版にしてくれたりするのでしょうか。シアターオーリンズの存続も怪しいという噂も耳にしますが…
個人的にはモアナがいいです(2度目)。

 

というわけで、2020年以降の予想はまだまだ難しい(というか神のみぞ知る)状態ですが、一応進んではいるようですね。
別のインタビューでは2020年まで他の計画も用意しているという話もありましたので、直近ではそこらへんに期待しています。
2018年は35周年、2019年ソアリン(仮)オープンとしても、来年がニモ&フレンズシーライダーとエレクトリカルパレードのリニューアルだけではさすがに厳しいでしょうから…
株価も低空飛行が続いているのでここらでなにかどーんといってほしいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TDR2015年度入園者数は3019万人で歴代3位

東京ディズニーランド・東京ディズニーシー 2015 年度入園者数データ(速報)
新年度がやって来ました。

2015年度の2パーク合計入園者数は30,191千人(前年度比3.8%,1,186千人減)。
2014年度、2013年度に次ぐ第3位となりました。

30thの2013年度、ワンスとフローズンファンタジーが大当たりした2014年度の反動減が見込まれていた2015年度。
時事ドットコムによると、「減少の理由について、夏の猛暑などで客足が鈍ったことを挙げている。」そうです。
確かに、夏は前半が猛暑で行く気が起きず、後半は濡れたくないほどの冷夏で足が遠のきました。
「キング・トリトンのミュージカル」「スティッチ・エンカウンター」の2アトラクションがオープンしたことに加え、シーのイースター、ハロウィーンが好調だったとのこと。
前年比減して当然の要素でしたが、それでも3000万人超えしたということは「恒常的に3000万人」はほぼ達成していると言えるでしょう。
ありたい姿の目標人数が何もせずに達成され前提条件が崩れたことで、パーク拡張計画がどうなるのか。
次期決算発表くらいでは明らかにしてほしいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加