*

「 東京ディズニーリゾート 」 一覧

新ファンタジーランド着工 新イメージ公開で気になったポイント


新ファンタジーランドこと大規模開発事業がいよいよ着工。
イメージイラストに動画も公開され、全貌が少しずつ明らかになってきました。

模型も公開

起工式ではプレス向けに模型も展示されました。
模型の写真とそれぞれのポイントについてはここに書いたのでご覧ください。
【TDL新エリア】美女と野獣&ベイマックスはどうなる? 新ファンタジーランドを模型&イラストから徹底分析 – ウレぴあ総研ディズニー特集

基本情報


ファンタジーランドを倍の大きさに拡張、トゥーンタウン、トゥモローランドも改装する計画。

美女と野獣エリアのメインアトラクションはお城の中。
WDWのBe Our Guestレストランはなく、代わりにガストンの酒場レストランができます。
ショップは古い本が陳列されたベルの行きつけのお店をイメージしたショップなど、ベルズ・ビレッジ(ベルの住む村)の商人や職人たちの個性が反映された、趣の異なる3つのショップで構成。
さらに新屋内型シアターがオープンします。

トゥーンタウンはミニーのグリーティング施設。
トゥモローランドはベイマックスのアトラクションと、ポップコーン専門店がオープン。

その中でも気になったポイントを挙げておきます。

それぞれの高さ


美女と野獣のお城は高さ約30m。
お城の中に作られるライドもかなり大きいものが見えます。
また、隣の屋内型シアターも客席が2階まであり、かなり高くなっています。
一方、2階建説が出ていたベイマックスのアトラクションは1階の模様。
アトラクションもルイージ式ではなさそう?
美女と野獣ライドもライドシステム予想が続いていますが、ベイマックスもまだよくわかりません。

高さが目立つのは、ミニーのグリーティング施設&ガストンの酒場。
どちらが2階建なのかはわかりませんが、大きさがあります。
ミニーが複数部屋でのグリーティングになるなら、ミッキーの家と同様2階設備が必要。
一方、キャンプ・ウッドチャックを考えるとグリーティング施設よりレストランに2階を充てる気もします。

テーマランドを超えた繋がり


建物を見ていくと、ミニーのグリーティング施設&ガストンの酒場レストラン、美女と野獣ショップ&ポップコーン店が一体の建造物になっています。
どちらもテーマランドを跨いだ建物。大規模開発を象徴する作り方です。
特にミニー&ガストン棟はバックステージが必要な施設が集まっていて、面白い建物です。

どうなるパレードルート


スタージェットの跡地にある赤い家がベルの実家で確定しました。
この施設が何になるのかは不明。なぜここに施設が必要なのか…
村の方を向いていますが、両サイドに橋がかけられ、ちょっと隔離されているのが気になります。
家の裏側には「グーフィーのペイント&プレイハウス」のQラインに似たスペースが。
ここはパレードルートに面しています。

そして、パレードルートの現トゥモローランド部分(いわゆる3rd)は、模型では美女と野獣エリアと同じ地面の色に塗られていました。
現在のトゥモローランドはプーさんのハニーハント横までパレードルートに沿うように続いていますが、少なくともここはファンタジーランドになることが確定しています。
ということは、どこかのタイミングでパレードルートの改装(地面塗り直し)が必要なのは確実です。

パーク縮小の本格工事はいつ?

パーク側は2017年10月のスタージェット閉鎖からいよいよ工事に入りそう。
これまでもトゥモローランドテラス周辺で囲いを設けた改修(スペースの確保)は行われてきましたが、秋以降も断続的な囲いを設けることでしばらくの工事は進みそうです。
2020年春のオープンを考えると、遅くとも2019年頭の35周年フィナーレ頃からは本格閉鎖が考えられます。
そして、前述の通りどこかでパレードルートも閉鎖しなければなりません。
2018年春(35周年オープニング)にイースターがないことからして、2019年春は「うさたま大脱走!」再演でしょう。
35周年は新デイパレードがあるため、2019年3月までにパレード休止期間があるとは考えられません。
夏秋冬の繁忙期に重要な通路まで閉鎖するのはダメージが大きすぎそう。
そうすると、2020年頭から新ファンタジーランド開業までの閉鎖が考えられます。
フローズンファンタジーが2018年で終了、2019年冬は35周年フィナーレで、2020年頭はパレードルート3rd側を閉鎖。
2020年春の新ファンタジーランドの開業までのスケジュールがなんとなく見えてくる気がします。


イメージ動画は、トゥーンタウンの入り口から美女と野獣のお城までを歩いていくもの。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


TDR35周年テーマは“Happiest Celebration!” 2018年4/15〜2019年3/25開催


(c)Disney

東京ディズニーリゾート35周年のテーマが発表されました。
2018年4月15日(日)から2019年3月25日(月)までの345日間、アニバーサリーイベント「東京ディズニーリゾート35周年“Happiest Celebration!”として開催されます。

ソアリンや新ファンタジーランドを控え、新たな夢の始まりの年である35周年のテーマは、「Happiest Celebration!」。
ゲストとともにたくさんのハピネスを生みだしてきた東京ディズニーリゾートは、これまで以上のハピネスであふれるパークで、最高に幸せなディズニーの夢の世界をお届けする、史上最大の“Happiest”な祭典を開催します。
とのこと。

公開された画像はメインイラストではなく、ミッキーたちが準備中というイラスト。
ちょっとだけ見える新衣装と、準備をするミニーたちのシルエット。
期待感を煽る良いイラストです。

新パレードがスタート

4月15日には新デイパレードがスタート。
5年毎の入れ替えが定着してきた昼パレードは、30周年の「ハピネス・イズ・ヒア」に代わり、「驚きに満ちた色鮮やかなフロートに乗って登場し、ディズニーならではのイマジネーションあふれる『夢』の世界へゲストをいざな」うものに。
よく違いがわからない…
ちなみにアニバーサリーイベントがスタートするは4月15日は日曜日です。

Happiest CruiseがHappiest Celebrationに復活

さらに、「春」にはイッツ・ア・スモールワールドがリニューアルオープンします。
イッツ・ア・スモールワールドといえば、「世界一幸せな船旅」(The Happiest Cruise That Ever Sailed)というキャッチフレーズがあり、まさにHappiest Celebrationにぴったり。
というかスモールワールドにアニバーサリーを寄せていった感すらあります。

スターライトが観たい

そして、夏には新しい夜のエンターテイメントがスタート。
「キャッスルプロジェクションに新たな効果を加えた、今まで以上のスケール感をお楽しみいただける新しいナイトエンターテイメント」で、「魔法にかかったシンデレラ城を舞台に、ミッキーマウスが35周年のために用意した素晴らしい音楽や映像とともに、パークでの楽しい1日の思い出のひとつとなる幻想的なナイトエンターテイメント」。
ワンス・アポン・ア・タイムが11/6で終了し、クリスマスには「ディズニー・ギフト・オブ・クリスマス」を公演。1月〜3月のフローズン・フォーエバーの後、新規プロジェクションマッピングが予想されていました。

下一桁5周年の夏といえば、15周年の「スターライト・マジック」、25周年の「スターライト・ドリームス」。
35周年は「スターライト・ハピネス」をやるべきだと勝手に主張してきましたが、ちょっと可能性が上がりました。

今のところシー側での施策が全く見えておらず、まだまだ発表が続きそうな35周年。
曲など大きな部分は2月のD23 Expo Japan 2018での発表になりそうですが、それまで情報の小出しが楽しみです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OLC非正規キャスト約2万人も労働組合(OFS)に加入。人手不足対策、実効性は

オリエンタルランドの労働組合は約2万人いる非正規従業員を4月1日付で組合員にする。組合員は現在の約2900人から2万2000人程度に増える。対象はアルバイトやショーの出演者、嘱託社員などで全従業員の8割以上を占める。テーマパークで働く従業員の賃金や働き方の待遇改善を進め、人手不足に対応する。
オリエンタルランド、非正規2万人を組合員に 人手確保|日本経済新聞

これだけの人数が一気に労働組合に加入するのは珍しいと、各紙大きく取り上げています。

キャスト不足に備えて待遇改善へ

同社が入社時に労組への加入を義務づけている対象を、非正規従業員にも広げる。労使は2月、そのために労働協約を改定することで合意していた。(中略)
組合側は4月以降、アルバイトの時給アップやシフト制度改善、育児・介護への配慮も経営側に求めていく方針だ。
経営側は「今後も採用環境は厳しくなる。雇用区分に関係なく従業員の声を聞くことは会社側にもメリット」(広報)としている。人手不足が進んでおり、せっかく仕事に慣れた非正規従業員をつなぎとめたい狙いもありそうだ。
非正規従業員1.9万人を組合員に オリエンタルランド:朝日新聞デジタル

最近のOLCは人手不足に対するキャスト待遇改善にかなり神経を使っているようで、その一環として労使交渉を決めた模様。
参考:TDRキャスト時給19時〜22時が200円増しに|舞浜横丁
日経では見出しに「人手確保」とある上、1月に初の大阪面接会が開かれたこと、昨年のテーマパークオペレーション職新設が触れられています。

労組執行部は「人事、制度、職場環境の三つの視点から交渉を進めていきたい」としている。
非正規従業員の労働条件の改善交渉は来年の春闘からとなる。労組執行部は、新たに加わる組合員の意見を聞いた上で具体的な要求事項を固める方針だ。
オリエンタルランドが非正規2万人を組合員に 労使で合意 – 産経ニュース

4月1日から加入するので、具体的に動くのは来年の春闘から。

オリエンタルランド・フレンドシップ・ソサエティーに加入

オリエンタルランドの労働組合といえば、以前「オリエンタルランド・ユニオン」の活動が目立っていましたが、今回のはこれとは別。
OLCの社員・非正規社員は原則として「オリエンタルランド・フレンドシップ・ソサエティー(OFS)」に加入することになります。
OFSは今年30周年。
この節目ということもあり、大きな改革となったようです。
たくさんの組合員が加入するのに備え、ホームページ(ほとんど準備中)も作られています。
https://j-union.com/-/ofs/
OFSチェアマン 石橋 慎哉さんのメッセージ付き。
朝日が報じている通り、2月18日時点で労使交渉中であることが伺えます。

オリエンタルランド・ユニオンの対応

一方のオリエンタルランド・ユニオン。
3月3日にチラシ(リンク先PDF)を公開しています。
4月以降は非正規社員が全員OLCの労働組合に入る必要がありますが、入る組合はOFSに強制されるのではなく、オリエンタルランド・ユニオンを選ぶことも可能だと解説するチラシです。

ユニオンショップ協定が結ばれた会社で働く人は、労働組合には加入しなければならない。しかし、OLC に二つの組合が存在している場合、どちらの組合に加入するかは、個人が選択できるということです。

ユニオン側からすると、非正規社員がごっそりOFSに奪われる可能性があり、警戒しているようです。

OFSは一般的にいう「労働組合」とは全く違う、どちらかといえば社員会に近いスタンスで運営されている。労使関係は円満(UIゼンセンの方針により労使協調路線)。
オリエンタルランド – Wikipedia

このように、OFSは成り立ちからして社員会に近く、強い労使交渉が行えないという主張もあります。
その視点から見ると、非正規社員をみんなOFSに入れてしまうことで、ユニオンなどの活動を抑える目的がある、という見方もできそうです。

「人事、制度、職場環境」の改善が来年の春闘でどこまで行えるのか、注目です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


TDRキャスト時給19時〜22時が200円増しに

お知らせ | 東京ディズニーリゾート キャスティングセンター

2017年4月1日からキャスト時給が改定。
全職種に対し19時以降の割増賃金のほか、一部職種に調整給が出ます。

19時〜22時が200円増し

全ての職種において19:00〜22:00の間、1時間あたり+200円の手当てが支給されます。
22時以降は元々深夜手当があります。
例えばアトラクションキャストは

7〜8 8〜19 19〜22 22〜1 1〜7
時給 1,200 1,000 1,200 1.550 1,450

という時間別の時給になります。

フードなど一部職種の調整給増額

調整給(職種や専門的な業務内容にひもづいて加算)が改定。
フードサービス 100円(+50円)
パーキングロット 150円(+50円)
カリナリー 150円(+50円)
ディストリビューション 150円(+50円)
ショーサービス(操船) 150円(+50円)

調整給はナースキャスト(450円)など、専門職に多く払われる時給。
基本時給1,000円に、職種ごとの調整給が加わっています。

フードとカリナリーは2年前にも50円の調整給が出ています。
フードサービス・カリナリーキャスト時給50円増額へ|舞浜横丁
「好評」で「期間延長」したというプラズマ・レイズ・ダイナーのオープニングキャスト募集(フードとカリナリー限定)
☆ご好評につき期間延長☆【オープニングキャスト募集】東京ディズニーランド 「プラズマ・レイズ・ダイナー」
操船も募集を頻繁に見かけます。【急募】タグ付き。
ショーサービスキャスト(操船)募集中!
今回の調整給増額職種は、キャスト面接案内でよく見かける職種が多い印象です。
つまり、人手不足(不人気)職種。

最近のキャスト募集は、数年前の大規模面接会方式をやめ、TDRに興味がある積極的な人を採る方針に見えます。
大規模でない事前予約の面接を随時行い、キャストからの紹介も増やそうとしています。
これは、大規模面接で採用しても離職率が高く、離職しなさそうなTDRファンを増やそうということでしょう。
人手不足と最低賃金増額が続く社会で、1,000円では大人数のキャストを保ち続けられない状況。
時給増額は断続的に続いていきそうです。特に現場が回っていないフードとカリナリー。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「プラズマ・レイズ・ダイナー」3/25オープン、パレード鑑賞席拡張も?


プラザ・レストラン跡地の「プラズマ・レイズ・ダイナー」オープン日が発表されました。
3月25日、土曜日のオープンです。


メニューは4種類のライスボウル、つまり丼。
ベジタリアン向けのカレーなど妙に配慮のあるメニューが並びます。
これら丼はオリジナルのパッケージに入って提供。サイズ感が気になる。
(c)Disney

レストランは幾何学模様がデザインされ、お店の宣伝ポスターが貼られます。
小柄の宇宙人「プラズマ・レイ」氏のチェーン店。
彼は時空を超え宇宙の隅々にまで広がる巨大な料理帝国を築き上げました。
そんな彼が地球初出店の先に選んだのがトゥモローランドというわけ。

なんか…すごく……パンギャラティック・ピザポート。
ストーリーが被っているとか、イクスピアリの「千葉県初出店」感が漂うとか色々ありますが、オーナーに「レイ」という名前を付けるのは、今後スター・ウォーズの展開がある時に邪魔にならないのかな?と思います。
最新3部作の主人公持ってきちゃって大丈夫?スター・ウォーズ展開する気ないのかな…

そして、もう一つ気になる記述
「なお、2017年3月25日(土)は、一部の区画を除くオープンとなり、2017年の夏に、 全ての区画がオープンする予定です。 」
プラザ・レストランの跡地であり、内装(耐震?)工事の2ヶ月半でリニューアルが完了するレストラン。
そこから更に3,4ヶ月の工事をする区画があるということ。
今の工事壁を見ると、プラザ・レストランの範囲だけでなく、パレードルートぎりぎりまで覆われています。
これを合わせると、旧プラザ・レストラン区画が3月にオープンし、川からパレードルートにかけての区画を増築と考えるのが自然でしょう。
キャンプ・ウッドチャック・キッチンも2階建てで作られ、席数の多い快適なレストランを整備することが喫緊の課題の中、プラズマ・レイズ・ダイナーもスペースを確保したいところです。
仮にパレードルートまで増築すると、旧「ありたい姿」計画にあった、パレードが鑑賞できる飲食施設になり得ます。
そういえば、ちょうど該当部分にあたるオムニバス乗り場は、イースターのパレード「うさたま大脱走!」でJALパック専用鑑賞エリアになります。
(JALが「うさたま大脱走!」のスポンサーに就任)

バケーションパッケージやツアーパッケージの鑑賞エリア、海外のダイニングパッケージ(東京だとオチェーアノのテラスが近い)のような簡易課金エリアが作れるのでは…?
場所は飛びますが、新ファンタジーランドの予想図、スタージェット跡地に見えるベルの実家らしき建物、スタージェット跡地なら3rd中央フロートの停止位置。
ここもパレード鑑賞エリアになったりしないかな?と思っています。

個人的にはレストランよりハブの拡張をしてほしい…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加